靴修理の職人さんはかかとのゴムを新品のように直せるって知ってる?

履いているうちに気づいたらすり減っている、かかとのゴム。自分では直せないからと諦めてしまう前に、靴修理のプロを頼ってみませんか?プロの技を徹底取材。まるで新品のように滑らかになったかかとに、驚くこと間違いなしです。

まっつん

2017年10月10日

気づいたらかかとがすり減っていた…
ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった…

そんな経験、ありませんか?

大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。
でも、かかとのゴムの修理は自分ではできないからなぁ…なんて、諦めていませんか?

実は、お気に入りの靴のかかとゴムの修理は、プロに頼むと新品のように綺麗に仕上がります。

今回は、靴修理のプロ「靴修理かみとり」さんの、かかとのゴムの修理を取材してきました。
職人にしかできない仕上がりに、感動すること間違い無しです!

 

今回の靴修理は…

今回、靴のかかとのゴムの修理をお願いしたのは、靴修理かみとりの大久保さん。

大久保さんは、こちらの写真で一番左の方です。

 

靴修理かみとりさんは、オールソール、ハーフソール、つま先補強、今回のかかとのゴムの修理といった靴修理全般を行っている靴修理のプロ。

・オールソール:靴底全体を交換する修理
・ハーフソール:靴底の前半分を補強する修理

靴の修理を5年間されている大久保さん。
慣れた手つきで、かかとのゴムを綺麗にしていきました。

 

修理したのは、こちらの靴のかかとのゴム。

この靴のかかとは、黄色で囲まれた部分が革、オレンジで囲まれた部分はゴムでできています。

実は、革の部分は、もともと黒っぽく染色されていました。ですが、履いているうちに、完全に色が落ちてしまったのです。
ゴムのかかとの部分も、削れてゴムが薄くなっています。

 

また、今回の修理にはお客さんからリクエストが来ていました。

「この靴は『修理箇所だけ新品のようにならないように、馴染ませてほしい』というご要望を頂いています。かかとの部分だけ浮かないように、修理していきます。」

リクエストに沿った修理をしてもらえるのは、うれしいですね。
大久保さんは新しいかかとのゴムをどのように靴に馴染ませるのか、プロの技が楽しみです。

 

かかとゴム修理のこと

今回やってもらう修理の名前は、「かかとゴム修理」。
まずは、かかとゴム修理のことを、店長の神鳥さんに教えていただきました。

「かかとゴムの修理は、靴の専門用語では、『トップリフト』と呼ばれる部分の修理のことです。」

トゥ(1)
「つま先」と呼ばれる、靴の頭の部分のこと。

アッパー(2)
ヒール以外の、足を包む部分のこと。足の「甲」にあたる部分です。

アウトソール(3)
靴の底のことを指します。「本底」と呼ばれることも。

ヒール(4)
靴のかかと部分の、他よりも厚みがある部分のこと。
「ヒール」というと女性が履くハイヒールのような、高さがあるものを想像しますよね。ですが、男性用の革靴の革を積み上げたものから、女性用の細くて高いピンヒールまで、素材や形も様々なものをすべて「ヒール」と呼びます。

トップリフト(5)
ヒール(4)の更に外側に重なっている、実際に土に触れる部分のこと。革やゴムが使われています。

 

かかとゴムの修理では、古くなり削れてしまったトップリフト(5)を外し、新しいものをつけてキレイにします。

 

かかとゴム修理は、気になったらすぐがいい

かかとのゴムは、履いていると、必ずすり減ってきます。

「ちょっと気になるな、と思った時点で修理を頼んでもらうのがベストです。具体的には、ヒールの中身が見えてしまったときや、その結果、履いていて靴がカツカツ音が鳴るというときですね。

かかとゴムの部分ではなく、ヒールの金属やプラスチックがむき出しになってしまったら、すぐに修理に出してください。かかとが減っているのをそのままにしていると、歩きにくくなるだけでなく、靴の変形にも繋がりますよ。」

 

こちらは、かかとゴムの修理をせずに履きつづけていた靴。
トップリフトの部分だけでなく、ヒールまで大きく削れています。

「ヒールの金属やプラスチックが削れてしまったという場合も、できる限り対応します。ですが、早い段階で修理をした方が費用が抑えられて、もちろん靴も傷みません。トップリフトの部分の交換だけで済むうちに、ぜひ修理に出してくださいね。」

 

大切な靴を長持ちさせるために修理を

では、かかとゴムの修理をすると、靴はどうよくなるのでしょうか。

「かかとゴムの修理をすると、靴が滑りにくくなったり、履き心地が良くなったりという効果があります。結果として、靴自体が長持ちしますね。また、見た目も綺麗になりますよ。」

お気に入りの靴は、こまめに修理をすることで履き続けられるようにしたいものです。

 

かかとゴムの修理の流れ

今回プロにしてもらった靴のかかとゴム修理の流れは、こちら。

1. 靴のかかとのすり減り部分を取り除きます

2. 新しいかかとを、靴に合わせて作ります

ここまでで、かかとを貼り付ける用意はできました。

 

ここから実際に貼り付けの作業に入ります。

3. 靴と新しいかかとにプライマーとのりをつけます

4. 新しいかかとを貼り付けます

5. ハンマーと圧着機を使って、新しいかかとをしっかりと貼り付けます

6. 余分な部分の切り落としやグラインダでの削りをして、調整します

これで、新しいかかとを貼り付けることができました。

 

最後に、仕上げです。

7. 新しいかかとをインクで染色し、靴に馴染ませます

8. バフでツヤを出して仕上げます

こうして、かかとゴム修理は完了。

 

プロが靴修理に使う機械

靴修理を始める前に、プロが使う機械の紹介をしてもらいました。
プロの技術を支える機械を、まずはチェックしてみましょう。

・グラインダ
研磨紙を付けて回転させ、物を研磨する機械。

グラインダは、実は靴の修理には1番といってもいいくらい大切な機械。

目の粗い研磨紙、目の細かい研磨紙、そしてエアペーパーというよりやわらかな研磨紙など、プロは何種類もの研磨紙を削りたい量や靴の箇所などによって使い分けています。

新しいかかとを作るとき、かかとを貼り付ける準備をするときなど、大活躍のプロの機械です。

 

・圧着機
靴を挟んで圧力を加え、強く貼り合わせる圧着機。

今回の修理では、新しいかかとをヒールに貼り付ける際に活躍します。

 

・バフ
靴の底面や側面にワックスを塗りこみ、磨き上げる機械です。

最後のツヤ出しは、こちらのバフにお任せ。フワフワのバフにかけると、ピカピカになります。

 

プロが靴修理に使う道具

次に、プロの道具もご紹介。
職人の手に馴染んで、靴を蘇らせる道具たちです。

釘切り(1)
靴の釘を抜いたり、切ったりするための道具。今回は釘が刺さっていませんでしたが、ゴムの部分に釘が刺さっているかかともあるのだそう。

ソールはがし(2)
靴底をつまんで、剥がすための道具。今回はトップリフトを剥がすのに使います。これを使うと、ぺろりと剥がれます。

ハンマー(3)
部品を靴に打ち付けるのに使います。今回は、新しいかかとをヒールに手作業で貼り付けるときに活躍。

リペアばさみ(4)
ゴムを切ったり、革を切ったりするのに使う、修理用のはさみです。

斜ニッパー(5)
刃が傾斜したニッパーのこと。ソールはがし(3)では取り切れないものを取ったり、釘を切ったり抜いたり、と万能な道具。

 

これで、かかとゴム修理の予習は完璧。
プロの靴修理を、さっそく見ていきましょう。

 

すり減り部分取り除き・かかと部分作成

かかとを靴に貼り付ける前に、まずは準備をします。

1. 靴のすり減った部分を取り除く

靴のすり減ってしまった部分を、専用の道具で剥がして取り除きます。

古いトップリフトを、ソールはがしという道具を使って丁寧に剥がします。
革やゴムのトップリフトをソールはがしで挟み、ぐっと力を入れると、ぺろりと簡単に剥がれてしまう様子には驚きました。

 

古いトップリフトを剥がした靴のヒールは、更にグラインダで表面を削ります。

「新しいかかとを接着するヒールの表面を削ります。のりがつきやすくなり、接着力が高まるんです。」

 

2. 新しいかかとを作る

新しく貼り付けるかかと部分を、靴に合わせて作ります。

革やゴムをリペアばさみで切った後、グラインダで形を整えます。

 

今回作ったのは、こちらのかかと。片足につき2つのパーツができあがりました。

「今回は、ゴムと革のコンビネーションのかかとでご注文を頂いています。革だけでなく革とゴムのコンビネーションにすることで、クッション性が増して履き心地が良くなりますし、雨にも強くなるんです。」

 

かかとの素材や高さも、お客さんの要望に可能な限り応えているという靴修理かみとりさん。

「かかとゴムの修理は、基本的に履いていてゴムが削れてしまった方が多いです。ですが、背を高く見せたいから、と新品の状態でかかとゴムの修理を頼まれるお客様も、実はいらっしゃいますよ。」

 

かかと貼り付け

次の手順は、かかとの貼り付け。先ほど作った新しいかかとを、靴に貼り付けていきます。

1. ヒールと新しいかかとにプライマーとのりをつける

靴のヒールと、新しく作ったかかとにまずプライマーをつけます。

プライマーは、いわば、ものにのりをつけるためののり。このあとつけるのりの接着をよくする下塗り剤です。

「プライマーは、10種類を使い分けています。ゴムや革の違いはもちろん、例えばゴムの中にも天然ゴムや合成天然ゴム、ウレタンゴムなどたくさんの種類がありますよね。それぞれに合ったプライマーを使うんです。」

 

プライマーを素早く塗ったら、下準備は完了。
3種類あるのりから、ゴムと革それぞれの素材に合うのりを選んで、ヒールとかかとにつけていきます。

 

のりをつけたあと、ヒールとかかとをすぐには貼り合わせず、少し乾かします。

のりを少し乾かしてから貼ることで、接着力が高まります。

のりを乾かす時間は、温度や湿度によって異なるので、大体の目安というのはないんです。そこで大切になってくるのが、自分の手の感覚です。触ってみると、接着していいタイミングが分かるんですよ。」

 

2. 新しいかかとを貼り付ける

のりをつけた新しいかかとを、ヒールに貼り付けます。

今回のかかとは、ゴムと革のコンビネーション。1つずつ丁寧に貼り付けていきます。

 

3. 圧着する

ハンマーと圧着機を使い、新しいかかとをしっかりと靴に貼り付けます。

まず最初に、ハンマーで叩いて圧着させる大久保さん。コンコンコン、という力強い音が心地良く響きます。

「最初にハンマーで圧着するのは、だいたい2つの役割があります。仮止めのような役割と、靴のカーブにも対応する役割。圧着機では、平面的にしか接着できませんから。」

 

ハンマーで一通り叩き終えると、次は圧着機の出番。

「ハンマーは、やっぱり人の力によるもの。どうしても圧力が弱いんです。しっかりと接着するために、圧着機で強力にプレスするのが大切です。」

一瞬ですが、しっかりと圧力をかけてヒールとかかとを貼り合わせます。

 

4.  調整する

かかとのはみ出ている部分をリペアばさみで切り落としたら、グラインダを使っての調整です。

ここでグラインダをかけているのは、ヒールの側面。

「アッパーを削らないように、丁寧にエアペーパーをかけます」

アッパーというのは、足の甲を覆っている部分のこと。
エアペーパーという、やわらかくカーブしたものに使える研磨紙を使って、大久保さんは慎重に作業していきます。

 

インク染色・ツヤ出し

かかとを貼り付けて、調整ができました。
最後に、インク染色とツヤ出しをして仕上げです。

1. かかとに色をつける

修理したかかとが靴に馴染むように、インクで染色していきます。

まずは、かかとの側面から。

「かかと以外の部分の状態に合わせて染色します。かかと以外は使いこまれた状態なのに、かかとの側面だけ何度も染色してまるで新品のようだったら、変ですよね。だから今回は、一度塗りです」

 

次に染色するのは、かかとの底面。底面をグラインダで削り、高さを揃えながら底に色を入れる準備をします。

まずは、かかとの高さを揃えます。

「かかとの高さを揃える作業は、長年修理をしてきたので手に感覚が染みついています。定規で測らなくても、ズレることはあまりありません。」

 

左がグラインダで削る前、右が削り後のかかとの様子。
左は薄い膜が張っているような状態で、これを右のように削ると色が入るようになります。

 

次は、エッジを落とします。
エッジは、「端」のこと。靴のかかとの端の部分を、削っているということです。

「このブランドの靴は、エッジを落としたデザインになっているんです。エッジを落として、購入されたときと近い状態に仕上げます。」

 

靴のブランドごとの特徴を把握して、そのブランドの新品に近い状態に仕上がるようにするという大久保さん。靴の全体としての印象を考慮して修理されているのが伝わってきます。

「靴のブランドの特徴は、お店に行ったり、修理品として持ち込まれたものを観察したりして、勉強しているんですよ。」

 

グラインダでの削りの後は、かかとの底面にインクで色を入れます。

誰に見られても恥ずかしくないような、キレイな仕上がりの靴の裏になりました。

 

2. ツヤ出しをする

最後の仕上げに、バフをかけます。

綺麗になった靴底に、バフでワックスを塗りこんで磨き、ツヤが出たら、完成です。

 

 

プロのかかとゴム修理を振り返って

さて、それでは、プロの手にかかったかかとは、どれくらい綺麗になったでしょうか。

すり減っていたかかとも、この通り。

新品と同じように、綺麗なかかとが蘇りました。

革とゴムの境目も分からないくらい、とても滑らかなかかと。

エッジも入れて、元の靴のデザインを保っています。

かかとの側面も、綺麗に染色されています。

かかと以外の部分ともしっかり馴染んで、浮いていませんね。

 

大切な靴を修理して、大切に履くということ

最後に、靴修理かみとりの店長の神鳥さんに、靴を修理することについてお話をお聞きしました。

靴の修理を始めたきっかけは、靴の販売員をしていたときの経験だという神鳥さん。

「靴の販売員をしていたのですが、お客様の修理したい靴を受け取って、修理を外注するということもしていたんです。そのときに、修理で綺麗になって返ってきた靴を見たお客様が本当に嬉しそうで。自分もこんな風にお客様を感動させられたらいいな、と思ったんです。」

修理に出したいような大切な靴には、履いていた人の想いが詰まっているものです。

「靴は一足一足違い、お客様の思いも違います。だから、それぞれのお客様の要望に沿いながら、それぞれの靴の製法やデザインに合わせて修理する、ということを大切にしています。それがやりがいでもあるんです。」

 

「できない」と言わない

靴修理かみとりさんが、ポリシーとしていることがあります。

「他店で修理を断られたという靴、難しい修理でも『できない』と言わないようにしています。」

もちろん、できない修理もないわけではありません。それでも靴修理かみとりさんでは、お客さんの相談に乗り、それぞれの靴に合った修理方法を考えて修理をしています。

「他で修理を断られてしまった靴を持ってきたお客様に、わたしたちが修理して綺麗になった靴を見て喜んでいただけると、やっぱり嬉しいです。

こんな綺麗になると思わなかった、と感動してもらえたら幸せですね。」

 

修理で、大切な靴を履き続けてほしい

「ちょっと靴の状態が気になるなと思った段階で修理をする、ということをしていれば、大切な靴を長く履いていただけます。」

あまり靴の状態が悪くならないうちに修理をすることが、靴の長持ちの秘けつ。

「ですが、壊れてしまった大切な靴、そして下駄箱に眠っている、ちょっと修理は難しいかなという靴でも、修理に出してみてください。わたしたちプロなら、誠心誠意、修理しますよ」

修理を頼まれるのは、お客さんにとって大切な靴。そんな大切な靴を、職人さんはできる限り100%に近付ける修理をしています。その道のプロだからこそできる完璧な仕上がりに、感動でした。

 

そして、今回のかかとゴム修理の様子を動画にまとめました。
ぜひ動画でもプロの靴修理の技を確認してみてください!

 

まとめ

お客さんの要望に寄り添い、一足一足違う靴の個性に合わせた修理。
今回は、かかとは綺麗に修理しているのに、使い込まれた他の部分から浮かないように工夫する修理でした。

革とゴムのコンビネーションのかかとでしたが、2つの素材で作っているとは思えないような滑らかな仕上がりは、まさに職人技。
本当に大切にしている靴は、ぜひプロに靴修理をお願いしたいなと思いました。

今回、靴のかかとゴム修理を担当してくださったのは、靴修理かみとりの大久保さんでした。
大切な靴を大切にして長く履くための修理を、ありがとうございました!

「うちの靴も修理したいけど、いくらくらいなんだろう?」「どうすればいいんだろう?」
以下のフォームから、かみとりさんに見積もりをお願いすることができます!



写真を撮って、フォームから送るだけ。
注文をしなければ料金は発生しませんので、「ひとまず見積もりだけでも」という方も大歓迎です!
ぜひご利用ください。

ぜひ「あなたのマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

あなたのマイスター」はリペア・メンテナンスのプロをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った職人さんにきっと出会えるはずです。

関連記事

NEWヌメ革のお手入れは「日光浴」から!陰干しと乾拭きで湿気にご注意を

使えば使うほど味が出てくるヌメ革。 素敵ですよね。 革の中でも質が高く、「革の中の革」とも呼ばれています。 質が高く、デリケートだからこそ、素敵なヌメ革。 しかしそのデリケートさゆえに、ヌメ革のお手入れ方法ってなんだか難 […]

NEW白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

ランキング

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

大掃除の日に最小限の洗剤と道具で家中まとめてピカピカにする方法!

年末が近づくと、悩みのタネになってしまう大掃除。 お掃除したいところはたくさんあるのに、後回しにしたり、お掃除の方法に迷ったりしているうちに、年が明けてしまった。 そんな経験があるのは私だけでしょうか……。 でも、大掃除 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知っているお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか? 洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。 あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ。 その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです […]

ボロボロになった内袋を交換!美しく仕上げる鞄修理のプロの技を取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだ鞄。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていた鞄。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 そう迷っ […]

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

換気扇のお掃除は、難易度が高いです。 取り外しも面倒で、一度お掃除してもすぐに汚れていきます。 そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかわかんない、って方も多いかも。 「じゃあ、やらなくていいや!」というわけにも […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

靴修理の職人さんはかかとのゴムを新品のように直せるって知ってる?

気づいたらかかとがすり減っていた… ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった… そんな経験、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 でも、かかとのゴムの修 […]

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

大掃除の日に最小限の洗剤と道具で家中まとめてピカピカにする方法!

年末が近づくと、悩みのタネになってしまう大掃除。 お掃除したいところはたくさんあるのに、後回しにしたり、お掃除の方法に迷ったりしているうちに、年が明けてしまった。 そんな経験があるのは私だけでしょうか……。 でも、大掃除 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

換気扇のお掃除は、難易度が高いです。 取り外しも面倒で、一度お掃除してもすぐに汚れていきます。 そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかわかんない、って方も多いかも。 「じゃあ、やらなくていいや!」というわけにも […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

エアコンクリーナーでお掃除を全力でやってみたので写真付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

【五徳】ピカピカお掃除!万能【重曹】の前に「とりあえずビール!」

  ガスコンロについている五徳、きちんと洗ったことってありますか? 鍋からの吹きこぼれ、油の飛び散り、と、五徳によごれはつきもの。 料理し終わった後の五徳は、とても熱くなっていて触るのは危険です。 食器のように […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか? 洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。 あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ。 その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

洗濯ネットの使い方は正しい選択をねっ!と知れば型崩れ・ほつれなし

一人暮らしを始めた当初は、「洗濯ネットとか使う意味あるの?」なぁんて思ってた僕ですこんにちは。 だってほら、ただの袋じゃないですかあれ。 なら別に無くてもいいじゃん? と使わず洗ったのが運の尽き、まだらに青いシャツの完成 […]

服・衣類のカビは白黒2タイプ!早めのエタノール、最終手段は漂白剤

久しぶりにクローゼットから取り出した服に、なんか白いものがついてるな…とか、黒いぽつぽつがあるな…なんていうこと、ありませんか? それ、もしかしたらカビかもしれません。 せっかく大事にしていた洋服に、カビが生えるなんて嫌 […]

布団のカビでガビーンな時の「必殺技」と効果バツグーンな干し方講座

敷布団やマットレス、久しぶりに干してみようかな~と、ふと裏を見てみると…。ん?なんか黒いポツポツがある。ナニコレ。 ってなっている方。 劣化かな、仕方ない。とか言って放置しないでくださいね? その黒いポツポツ、実は黒カビ […]

洗濯物の部屋干しでイヤなにおいを防ぎ速く乾かす8つの方法完全版!

雨が続く梅雨の時期など、太陽の下で洗濯物を干せないときってありますよね。 そんなときは部屋干しをする方が多いと思います。 でも部屋干しだと洗濯物は乾きにくいし、ちゃんと乾かしたはずなのに生乾きの臭いがするということもあり […]

柔軟剤の使い方ひとつで香る香りも香らない!?入れるタイミングが命

いつもなんとなく使っている柔軟剤。 柔軟剤を使うと、手触りがふわふわになって気持ちがいいし、いい香りもしていいことばかりだな。なんて思っていませんか? もちろん、柔軟剤にはいいところも沢山あります。一方で、デメリットもあ […]

振袖のたたみ方を知らないあなたに、手順写真付きでたたみ掛ける解説

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知っているお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

ボロボロになった内袋を交換!美しく仕上げる鞄修理のプロの技を取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだ鞄。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていた鞄。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 そう迷っ […]

靴修理の職人さんはかかとのゴムを新品のように直せるって知ってる?

気づいたらかかとがすり減っていた… ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった… そんな経験、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 でも、かかとのゴムの修 […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

プロの鞄クリーニング・色補修を取材!カビ染みやキズにもう悩まない

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

裾上げはウエストから!?パンツの種類別にポイントも手順も徹底解説

もうちょっと裾が短かったら、このパンツは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

革の鞄のお手入れは、頻度と根気!傷には水拭き、汚れには消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

ふと腕を見ると、そこにいてくれる。 そんな安心する存在、腕時計。 いつでも時間を教えてくれる時計は、便利なのと同時にファッションアイテムでもあります。 きれいなお気に入りの時計を身につけていたら、気分がいいですよね。 逆 […]