エアコンクリーニングを頼む前に読みたい!3分でわかるプロのお仕事

エアコンクリーニングを頼んでみたいけど、何をするのか分からず不安…。そんなお悩みを3分で解決!プロによるお掃除の様子やBefore/Afterを写真つきで詳しくお伝えします。プロのエアコンクリーニングの本当の凄さがわかります!

たってぃ

ポストカードが好きです。便利なもの以外も大切にしたい、そんな今日この頃。...

2017年04月15日

エアコンのお掃除をする時、フィルターを綺麗にしただけで満足していませんか?
しかし、本当に怖いのはその奥!
フィンファンという部分だったんです。

スプレーを使っているから、うちは大丈夫!
なんて思っていても、スプレーではまだまだ不十分…。
奥の汚れまで徹底的に綺麗にするには、プロの技が必要です!

そこで、今回はお掃除のプロである、マイスターエアコンクリーニングに密着しました!

マイスターとは?
みなさんのおうちをプロの技で綺麗にしてくれるハウスクリーニングのプロのこと。

読了目安は3分です。

エアコンクリーニングの流れ

はじめに、エアコンクリーニングの流れを説明します。

エアコンクリーニングでは、まずエアコンを分解します。
フィルターやカバーを取り外していきました。
続いて、養生です。周りの壁や床を汚さないように保護します。

養生の後は、エアコンの内部を洗浄します。フィンやファンに洗剤をスプレーしてから、高圧洗浄機というプロの道具で汚れを洗い流し綺麗にしていきます。
そして、暖房運転で内部を乾かしながら、はじめに取り外した部品をお風呂場で洗います。

最後に組み立てて、動作確認をしたらお掃除完了です。

養生、フィン、ファンなど、すでにわからない用語ばかりで不安…
そんな人も安心してください!
エアコンクリーニングの手順を詳しく説明する中で、用語解説もしていきますよ♪

分解 / 養生する

さっそく、エアコンを分解していく様子から見てみましょう!

1. エアコンを分解する(かかった時間:10分間)

 

まずは、エアコンを分解していきます。

(1)はフィルターを外しているところです。
フィルターを外すくらいなら自分でやったことがある方もいると思います。
でも、プロの技はここからです。

(2)では、エアコン本体のカバーを外しています。
さらに(3)では、エアコンのユニットを取り外しています。

ユニットとは?
エアコンのカバーを取り外した時にみえる、機械の塊。
(3)の写真で、マイスターの左手の奥にある部分です。

 

エアコンを分解すると、なんとこんな姿に!見たことのないエアコンの姿ですね…。
自分でここまで分解するのは難しいと思います。

 

2. 養生する(かかった時間:5分間)

 

分解の後は養生をします。

養生とは?
汚れないように(壊れないように)作業現場の周りを保護すること。

写真は、エアコンの養生が完了した状態です。
汚水が下のタンクの中に貯まるように調整されています。

マイスター’s voice
エアコンから出た汚水を家で流されることを嫌がるお客様もいらっしゃいます。そのため、汚水はタンクに溜めて持ち帰るようにしています。

 

内部の洗浄と乾燥

養生まで済んだら、いよいよエアコンの内部を綺麗にしていきます。

1. エアコンの内部に洗剤をかける(かかった時間:6分間)

エアコンの内部洗浄では、まず全体に洗剤を吹き付けます。写真のように、洗剤を勢いよく吹きかける専用の道具を使っていました。

使う洗剤は、2種類。
ホコリや油の汚れをよく落とすアルカリ性の洗剤と、カビに効果的な塩素系の洗剤です。

マイスター’s voice
基本的にエアコンクリーニングで使用するのは、アルカリ性の洗剤。カビがひどい時には、薄めた塩素系洗剤も使用します♪

 

 

エアコンのフィンファンにもまんべんなく洗剤をかけていきます。

フィンとは?
空気を温めたり冷やしたりする部分。熱交換器とも呼ばれます。
ファンとは?
回転して風を起こす部分。

 

2. 内部を高圧洗浄機で綺麗にする(かかった時間:9分間)

スプレーして5分ほど時間を置いてから高圧洗浄をします。先ほど洗剤を吹きかけていた道具とは違って、管の色が水色ですね。これが高圧洗浄機です。

 

高圧洗浄機とは?
タンクに溜めた水を勢い良く噴出することで汚れを落とす道具。

 

写真の中の、赤いモーターのようなもので、水に勢いをつけます。
上に見える青い容器に水を溜めて使っていました。

汚れが中で詰まらないよう、多めの水で洗い流します。もちろん洗剤を流すことも大切です。
高圧洗浄機は水を出した状態で位置をずらしながら、エアコン内部の全体を綺麗にしていきます。

もちろん、汚れた水は下に落ちていくので、上から順に水をかけていきます。下までいったら、もう一度、上から高圧洗浄をして、確実に汚れと洗剤を落とします。

 

すると、汚い水がエアコンの送風口から流れてきました。

タンクの中にたまった汚水は、真っ黒。写真ではわかりにくいかもしれませんが、タンクの底に黒っぽく見えるものが汚水です。

お母様’s voice
うちのエアコンは年に3回ほどスプレーで掃除していたんです!
それなのに、こんなに汚れているなんて…!ショックでした…。

 

内部洗浄が終わったら、エアコン本体の周りを養生していたビニールは取り外していました。
続いて、内部を乾燥させます。

 

3. 暖房運転で乾燥させる(かかった時間:15分間)

 

内部を洗浄したら、しっかり乾燥させます。乾燥には暖房運転を使っていました。時間的には、15分ほど。
このときも、送風口は養生しておきます。中に残っていた汚水が出てくるからです。

マイスター’s voice
洗浄後は暖房運転で内部を乾かしますが、完全には乾きません。そのため、お客様に作業後1時間ほど暖房運転をしておくようにお願いします。乾いていないまま放置すると、かえってカビの原因になってしまうんです。

部品洗浄(かかった時間:15分間)

エアコンの内部を乾燥させている間に、フィルター、ルーバー、カバーなど、取り外した部品洗います。
部品はお風呂場に運び、高圧洗浄機を使って掃除していました。

(1)は、部品に洗剤を吹きかけている様子です。
洗剤は、エアコンの内部洗浄でも登場した塩素系の洗剤を使っていました。よく見ると同じ道具であることがわかりますね♪

(2)では、高圧洗浄で汚れを流しています。

高圧洗浄だけでは落ちない、細かい部分の汚れは、(3)のようにブラシを使って落とします。

(4)の写真から分かる通り、フィルターも高圧洗浄していました。
よく見ると、フィルターの上半分と下半分で色が違うことがわかると思います。掃除機でただホコリを吸い取るよりも、徹底的にきれいになります!

今回は、エアコンクリーニングと同時にお風呂クリーニングもしていただいたので、浴室に流れたホコリもしっかり綺麗にしていただけました。

エアコンクリーニングだけの場合も、浴室にゴミを残すことはないので、ご安心ください♪

組み立て / 動作確認(かかった時間:15分間)

洗った部品の水気を拭き取ってから、エアコンを組み立てていきます。
慣れた手つきで作業し、ぱぱっと元どおりです!
写真のように、(1)ユニット、(2)カバー、(3)フィルター、(4)前面グリルを取り付ければすっかり元どおりです。

前面グリルとは?
フィルターを覆っている部品のこと。
(4)でちょうどプロが手に持っている部品です。

最後に動作確認をします。
暖房、冷房などを使ってみて、ちゃんと動いたらエアコンクリーニング完了です!

 

お掃除を振り返って

エアコンクリーニングの結果、エアコンがどれだけ綺麗になったのか気になりますよね?
さっそく確認してみましょう。

《Before》

上がフィン、左下がフィルター、右下がファンのエアコンクリーニング前の様子です。フィンはカビで黒くなり、フィルターやファンにはホコリが溜まっているのがわかります。

 

《After》

フィルターはもちろん、フィンやファンまでピカピカになりました♪
お掃除後のエアコンからは爽やかな風が感じられました!

 

そして、今回のお掃除の様子を動画にまとめました。
ぜひ動画でもプロのエアコンクリーニングの技を確認してみてください!

 

まとめ

ハウスクリーニングといえば、エアコン!といっても過言ではないエアコンクリーニング。シーズンになると、1日になんと3件以上のエアコンクリーニングをこなすこともあるんだとか!
その分、マイスターの手際も良く、あっという間にエアコンが綺麗になっていました。

エアコンが汚れたままだと、肺炎などの病気につながることもあるそうです!
マイスターの徹底的なお掃除を定期的に行った方が良さそうですね…。

ぜひ、この機会にエアコンクリーニングを頼んでみてはいかがでしょうか?

今回お掃除を担当してくださったのは、ハウスウォッシュブルーポートさんです!
ありがとうございました!

ぜひ「あなたのマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

あなたのマイスター」はハウスクリーニングのプロをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った業者さんにきっと出会えるはずです。

関連記事

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

エアコンが冷えないのは汚れが原因?!修理する前に掃除するが正解◎

夏の暑〜い日。 エアコンをつけたのに全然涼しくならない!なんて時はありませんか? 私たち編集部は、エアコンの効きが悪いなと感じたことがある人はどれぐらいいるのか、アンケートをとって調べてみました!(対象:20~50代の女 […]

エアコンの電気代をカットする工夫を一挙15連発!夏も冬も節約上手

日本の夏は暑いです。 熱帯夜という言葉もあるぐらいで、最近は夜も寝苦しくて困ってしまいます。 そんな日本の夏に欠かせない文明の利器といえば、エアコンですよね。 下のグラフを見てください。 編集部では、20~50代の女性1 […]

エアコンの室外機のお掃除は表・裏・周りの3ヶ所で節電効果も狙え!

室外機のお掃除をしたことがありますか? 実際どれぐらいの人が室外機をお掃除しているのか気になったので、アンケートを取ってみました。 答えてくれたのは20~50代の女性100人。 なんと室外機のお掃除をしたことがあるのは、 […]

エアコンのフィルター掃除には3つのポイント!月1回でキレイが続く

エアコンのフィルターをこまめにお掃除していますか? 汚れたフィルターを放っておくと、たくさんの嫌なことがあるんです。 例えば、エアコン内部にカビが生えたり、水漏れが発生したり…。 お掃除機能付きエアコンを使っていても安心 […]

エアコンクリーナーでお掃除を全力でやってみたので写真付きで解説!

夏になって、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい!なんてことはありませんか? 吹き出し口を覗いたら黒いポツポツが見えたり、もっとひどいとエアコンの吹き出し口からホコリが落ちてきたりすることも! それはエアコンか […]

エアコンからの水漏れの7つの原因と解決策!フローチャートに注目!

エアコンをつけてみたら、ポタポタと水漏れが! そんな経験はありますか? 編集部が調査した結果がこちら↓↓↓ 「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」という質問に対して、「はい」と答えたのはなんと29%です! 4人 […]

エアコンのカビに要注意!2つのお掃除パターンと3つの予防法&秘策

エアコンが臭いな、と感じることはありませんか? 実はそれ、エアコンのカビが原因かもしれません。 エアコンの中って、実はカビが繁殖しやすいんです!知っていますか? しかも最悪なことに、エアコン内部のカビは部屋中に飛び散りま […]

あなたにおすすめの記事

その他の人気記事