シマトネリコの剪定はこまめにしよう!花を見るなら春のうちに切る!

■シマトネリコの剪定は3月にばっさり切れば6月にお花が見れる
■成長が早いので、こまめに気になる枝を切っちゃうのが大切
■水やり・肥料・置き場所・虫対策もまとめて紹介します

RELIVERS編集部

更新日:2018年10月12日

シマネ…シネマ…シマトリ…?なんて、ちょっと名前がややこしい、シマトネリコ

洋風のおしゃれな庭やナチュラルな雰囲気の庭など、様々なテイストに合わせやすく、とても丈夫なので、人気が高い木です。
植木としてご家庭にある方も多いのではないでしょうか?

あまり枯れず、病害虫も少ないといわれているシマトネリコ。
ですが1つ、気をつけなきゃいけないことがあります。

それは、剪定
シマトネリコは、放っておくと自分ではもう切れないくらいおっきくなっちゃうんです。

そこで今回は、シマトリネコの剪定の方法、そして普段のお世話についても一通り紹介します!
といっても、かなり丈夫で初心者向けの木。安心してくださいね♪

シマトネリコってどんな木?

初夏に小さな白い花を咲かせる、シマトネリコ。
トネリコ属、という木の種類の中で唯一、冬に葉が落ちない常緑樹です。
日本だと離島の沖縄が原産なので、「シマ」トネリコってわけです。

小さいですがツヤのある綺麗な葉と、風に軽やかになびく姿がとっても素敵です。

沖縄や中国の南の地方、台湾など、東アジアの南地域から、東南アジア、南アジアなどが原産の樹で、寒さに多少弱いですが、寒冷地でなければ元気に育ちます。

ややカブトムシなどを集めやすい以外は、丈夫で、普段のお世話も楽な木です。

ただし、野生では10m以上の高さに育つんです。
おうちではこれほど大きくなってしまうとお世話できなくなってしまうので、3mくらいにとどめて管理していきます。

それに必要なのが、剪定。
しっかり剪定のしかたを学んでいきましょう♪

 

いつ剪定する?

さて、そんなシマトネリコ、いつ剪定すればいいのでしょう?

シマトネリコは、放っておくと一年になんと50~60cmも伸びるんです。
野生では10m以上になるらしいですよ。そんなに大きくなってしまったら、手に負えませんね。

ただし、こまめにお手入れをしていたら、きちんとお世話できる大きさを保つことができます。

年に1回必ず大きな剪定をし、それ以外の時期にも気になったら少し手を入れるようにしましょう。
こうすることで害虫も防げますし、サラサラと爽やかな雰囲気を保つことができます。

剪定は3月に!

 

大きな剪定を年に1回、そしてこまめに軽い剪定を、といいましたが、具体的に1年のうちのいつ?ということが気になる方も多いはず。
こちらのカレンダーが、簡単に剪定の時期をまとめたものです。

 

ズバリ、大きな剪定をするオススメ時期は3月です!と言いきっちゃいますね。
ちなみに大きな剪定、というのは1つの根元から出てくる複数の幹から整える「株立ち」をやる剪定のことです。

シマトネリコが比較的成長しないのは11~3月ごろのため、このあたりの時期がダメージを与えずに大きな剪定が行える時期。

しかし、シマトネリコは寒さがちょっと苦手。沖縄や東南アジアから来た子なんですもん。
ほかの観葉植物よりは強いのですが、真冬に切っちゃうとそこから弱って枯れてしまうかも…。

ということで、次第にポカポカ暖かくなっていくであろう3月ごろに大きな剪定をするのをオススメします。

 

シマトネリコについて調べた方は、シマトネリコの剪定時期について、「各情報ごとに、かなりバラバラじゃない?」と思われているかも。
そんな情報のバラバラさは、やっぱりちょくちょく剪定しないといけない追いつかない木ということだったり、ここ20年くらいで流行るようになった新しい木なので情報が少なかったりというのが原因です。
11~3月のうちなら、大きな剪定をやって大丈夫。あまり神経質にならずに、トライしてみてくださいね♪

 

 

こまめな剪定は、6月より前にしよう

11~3月以外の時期には、小規模にお手入れ、という感じで剪定をしていきます。
後から方法を紹介するので、気になった枝にはさみを入れていきましょう。

ただし1つだけ注意したいことが!
6~7月ごろは花ができるので、かわいいシマトネリコの花が見たい人は、その時期はやめておきましょうね。

 

 

普段の剪定はどうやったらいい?

さて、これでシマトネリコの剪定の時期はばっちりですね。

それではここからは、具体的な剪定のやり方を紹介していきます!

剪定は、

普段からやりたい、気になる枝を切っていくだけの剪定
年に1回やりたい、株立ちから整える剪定

の2つ。

まずは、普段のお手入れの剪定の方法からです♪

 

剪定で切るのはこんな枝

見つけたら切るくらいの気持ちで、次のような枝を切っていきましょう!
切らないと、お化けみたいににょきにょき成長していってしまうのがシマトネリコなんです。

枯れている枝

枯れている枝は必ず切りましょう。根元から切り落としてしまってください。

古くて太い枝

枯れているわけではないけれど、もう成長しない古くて太い枝。外側のものはいくつか切って、なるべく新しい枝にそろえましょう。

徒長枝(とちょうし)

他より2、3倍長く真上に飛び出るように生えてしまう、細めの枝です。
害虫の温床になりやすいです。根元から切りましょう。
見つけたら剪定の時期以外でも切っておきたいものです。

細すぎる枝

細すぎる枝には、

・株元から生える「ひこばえ
・幹から生える「幹吹き

などがあります。

他の枝に比べて不自然に細い枝は、剪定しましょう。
栄養がうまくいきわたらなくなってしまいます。

生えている方向がおかしい枝

生えている方向がおかしい枝には、

・内向きに生えてしまう「内向枝
・枝が絡み合ってしまう「絡み枝
・枝の一部分から複数の枝が出て車輪状になってしまっている「車輪枝
・複数の枝が平行に生えてしまっている「平行枝

などがあります。

このような枝は、栄養がいきわたらない原因になります。
また風通しも悪くなってしまうため、病害虫を引き寄せてしまうんです。

複数に枝わかれした枝

シマトネリコはぐんぐん生えてしまうので、複数に分かれた枝のうち1本は切ってしまいましょう。

葉っぱが重なってしまうところ

透かし剪定と呼ばれることをやっていきます。葉っぱが重なってしまうところはその部分を切ってしまいます。芽や枝の分かれ目の数mm上で切りましょう。

おまけ:なぜ芽や枝の分かれ目の数mm上で切るの?

芽や枝の分かれ目の数mm上で切るのは、剪定の基本の方法。剪定するときのダメージを少なくするためにこうするのです。
付け根から切っていくような枝(徒長枝など)は、枝そのものが植物にとって栄養を無駄に奪ったり病気の原因になったりする、健康に悪い存在なので、付け根から切っちゃいます。

 

以上が切らなきゃいけない部分でした。結構多かったですね。
シマトネリコは生命力が強いので、迷ったら切っちゃうくらいでいいと思います。

 

 

切るときに注意したいポイント

紹介した枝を剪定するときに、気をつけることはこちら。
そんなに多くないので、ぜひ徹底してくださいね♪

少しずつ切る

数本ずつ枝を切って、全体の形を楕円型や扇形になるようにていねいに整えていきましょう。
剪定中はひもで縛ると形が整います。

きれいな剪定はさみを使う

他の木の剪定でも同様ですが、清潔な剪定はさみを使いましょう。
病原菌が枝を切ったときに入るのを防ぎます。

最後に癒合剤を塗る

切った枝の切り口に、癒合剤を塗りましょう。
傷口を保護して、雨水や雑菌が入るのを防いでくれるんです。

 

これだけ押さえればあとは実践あるのみ。
気軽にやってみてくださいね♪

 

しっかりした剪定の方法

次に、一年に一度やりたい、大規模な剪定のやり方です。

 

用意するもの

・剪定ばさみ
おすすめの商品はこちら↓↓

径40mmまでの太枝を一発切断できちゃう、強力な剪定ばさみ。太枝を滑らずにガッチリはさんで切断しちゃいます♪グリップも、軽い力で握りやすいグリップです。

 

・癒合剤
おすすめの商品はこちら↓↓

枝を剪定したときに心配なのは、切り口で菌や害虫に攻撃されて、腐ったり枯れたりしてしまわないかどうかです。そこでこちらの癒合剤を使いましょう!チューブで手を汚さずに使えるので便利ですよ♪

 

   手 順  

1. 幹から出てる真ん中の強い枝を切る
幹から上に出ている強い枝は、切ってしまって成長を抑制します。

 

2. 切るべき枝を切る
切るべき部分で説明した切るべき枝を切っていきます。
具体的には「枯れている枝」「古くて太い枝」「徒長枝(とちょうし)」「細すぎる枝」「生えている方向がおかしい枝」「複数に枝分かれした枝」です。これらの枝は基本的には付け根から切ってしまいます。

 

3. 幹に生えてる枝をそろえる
幹に生えてる枝もバラバラにならないように、高さや長さをある程度揃えましょう。この時は枝の分かれるところや芽が出ているところの数mm上で切ります。

 

4. 全体を縛る
幹をひもで囲むように縛ります。ピンとひもが張る程度に、緩くなくきつすぎず。形を見やすくするためです。
ここでぐるっと木の周りを見てみて、全体のバランスを見ましょう。左右でバランスはとれてますか?葉や枝が混みすぎているところはないですか?ここから、全体を見て長さを整えていきます。

 

5. 高さをそろえる
まず幹同士の高さをそろえましょう。芽や枝の分かれ目の数mm上で切っていきます。

 

6. 葉っぱが重なるところを切る
葉っぱが重なるところを切っていきます。外側のやつが残るように切っていきます。芽や枝の分かれ目の数mm上で切ります。

 

7. バランスを整える
ここまでやってまだバランスが悪ければ、バランスを整えるように切っていきます。木を真上から見て、楕円やひし形の形が理想です。

 

8. 癒合剤を塗る
切り口に癒合剤を塗り、保護しましょう。

 

 

これで、剪定は完了です。お疲れさまでした!

やっぱりシマトネリコを育てるうえで、一番大変なのが、剪定なんじゃないかなと思います。
その分きちんと剪定すれば、元気で涼し気な姿がいつでも楽しめますよ♪

 

 

シマトネリコのそのほかのお世話

シマトネリコの剪定後は、「剪定で切るのはこんな枝」で紹介したような枝が生えたらちょくちょく剪定しつつ、普段のお世話をしてあげましょう。
水やり、肥料、置き場所、虫対策について解説します。
あんまり難しくないので、安心してくださいね♪

水やり

ほとんどの場合お外に出しているでしょうから、水やりは基本的には不要。

がしかし、意外と乾燥には弱い子です。
夏の乾燥しているときなどは、水がからからに無くなってしまわないよう、朝夕に水やりしてあげてください。

肥料

基本的に「肥料がいらない」という珍しい観葉植物。
もし元気がなさそうだったら、液体肥料を与えるとよいでしょう。

置き場所

南国の植物だから日光をたくさんあげなきゃ!と思ってる方、多いと思います。

それ、間違いなんです。
どちらかというと日陰でも大丈夫という植物。
半日陰がベストで、西日が直接当たったりするのは絶対避けましょう。

虫対策

シマトネリコは丈夫な木なのですが、シマトネリコを狙う虫は結構多いです。きちんと対策して、美しい木を守りましょう。

アブラムシ

いろんな植物につきやすい、代表的な害虫です。オルトラン系の薬が効きます。


花と野菜の害虫に効く、オルトラン系の錠剤です。ばら撒くだけで、葉につく害虫と土の中に潜む害虫を同時に駆除してくれるという優れものです。とても細かい顆粒タイプで、土の表面にパラパラ撒いてもよく溶けてくれます。

ハマキムシ

シマトネリコに深刻な被害をもたらす害虫です。
葉を食べつくしてしまいます。葉がまるまったりしているような、見つけにくい場所にいるので、スミチオン乳剤なんかを中までたっぷりかけましょう。


花や庭木類の害虫退治に使える、スミチオン乳剤。水で薄めて散布するタイプです。ただし薬害を避けるため、換気の良い所で開け、使用の際はマスク、手袋、眼鏡、服装、風向きに注意しましょう。暑い日中の使用も避けたいもの。

カブトムシ

・周囲にカブトムシの幼虫がいそうな環境(堆肥や腐葉土がある)
・なのに周りに樹液を吸えるような木がない
・シマトネリコの幹がある程度太い

 

という条件が重なると、大量に出現してしまうよう。本来樹皮をはがす虫ではないのですが、シマトネリコの樹皮は弱く剥がしやすいため、必死なカブトムシが剥いでしまうんですね。
カブトムシに剥がれると、シマトネリコのその部分は弱ってしまいます。

樹皮は自然にはがれることもあり、その時ははがれた後のところも固く、弱りません。はがれ方もまだらです。カブトムシがはがすと、柔らかいところがむき出しになっています。

対策としては一番は、シマトネリコを植える前に周囲の環境をよく調査しましょう。

 

もしカブトムシが来てしまったら、樹皮を保護できるよう、ビニールシートのようなもので幹を隙間なく巻いてみてください。
サランラップをまいてみるのもありですね。
8月の間だけなので、シマトネリコのためにちょっと頑張ってみましょう…!

 

まとめ

シマトネリコの剪定の方法、紹介させていただきました!いかがでしたか?

大きな剪定をするのは3月で、ほかの剪定はちょこちょこやるんでした。
清潔な剪定ハサミを使うことと、癒合剤を使うのを、忘れないでください!

厳しい直射日光を避けて、乾燥と害虫に気を付けてお世話してあげてくださいね!

丈夫にぐんぐん育つシマトネリコ。
剪定でさわやかな美しさを保ちつつ、ぜひおうちのシンボルツリーとして大事にしてあげましょう!

関連記事

アンスリウムの育て方!根腐れ・根詰まりに気をつけることがコツ!

  みなさん、アンスリウムって植物知っていますか? アンスリウムは、鮮やかな色とツヤツヤとした光沢感が特徴的な、南国の植物です。 色鮮やかなハート型は、お家に飾れば、存在感間違いなしです! 「もともと暑い地域に […]

ヤマボウシの剪定方法!気を付けるべきは時期と花芽を見分けること!

白い花を咲かすヤマボウシ、とっても綺麗ですよね。 お家のシンボルとして育てている人も多いと思います。 そんなヤマボウシのお手入れに、困ったことはありませんか? すくすく成長してるからいいやー!と放置していると、衛生的によ […]

モッコウバラの剪定は夏前にやるべし!初めてでもわかる方法を大公開

  突然ですが、みなさんはモッコウバラを知っていますか? モッコウバラというのは、白色と黄色のお花を咲かす、とてもかわいらしい植物です。 庭のアーチやフェンスを華やかにするために使われることが多いですが…。 い […]

クワズイモの育て方ならこれを読め!剪定と植え替えは樹液にご注意を

  大きなハート型の葉っぱを付けることから、「復縁」というロマンチックな花言葉がつけられているクワズイモ。 みなさんは見たことありますか? 明るいグリーンで、パラソルみたいな葉っぱを1度は見たことがあるはず。 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集