ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

nissy

更新日:2020年03月13日

 

ご家庭に1着はあるであろうジャケット。

最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。

でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう洗えばいいのか、などなど疑問が多いアイテムですよね。

一口にジャケットと言っても、素材も様々あり、悩んでしまうはずです。

間違ったお手入れをしてしまうと、生地を痛めてしまって、お気に入りのジャケットがダメになってしまうなんてことも…。

クリーニングのイメージが強いジャケットですが、扱い方さえ分かってしまえば、実はおうちでも洗濯できるものもあるんです!

今回は、ジャケットの洗濯方法を、素材別に紹介していきます!
お気に入りのジャケットの素材を確認して、正しいお手入れをしましょう!

洗う前の下準備

早速洗濯の方法を紹介!
といきたいところなんですが、ジャケットを洗う前に、簡単な下準備が必要です。

洗濯表示の確認

これはどのタイプのジャケットにも言えることなのですが、洗濯表示の確認はマストになります。
素材に関わらず、水洗いできないものはできないし、場合によっては、逆に水洗いできることもあります。

まずはこの表示をしっかり確認して、適切なお手入れ方法を見極めることが大切です。

洗濯機マークや手洗いマークがある場合は、ご家庭で洗濯することができます。

逆に水洗い不可マークとドライマークが併用されている場合は、ご家庭での洗濯はできません。
ドライクリーニングという特殊な技術が必要な洗濯方法になるので、クリーニング店に依頼しましょう。

POINT
表示の裏もしっかり確認するようにしましょう。

洗濯表示の裏面には、洗濯にあたって何か特別な条件などが書いてあることがあります。
特に、ジャケットの場合はイレギュラーな洗濯方法もあるので、注意して確認しましょう。

色落ちを確認

白いタオルに洗剤を少しつけ、ジャケットの目立たない裏地などを軽く擦ってみましょう。
タオルに色がうつったら、色落ちする証拠です。

ご家庭での洗濯は難しいので、クリーニングをお願いするのが良いでしょう。

細部の前処理

ジャケットは、襟やポケットなどの細部が汚れやすく上、普通に洗濯するだけではなかなか汚れは落ちてくれません。

汚れを確認したら、部分洗い剤をつけ、軽く叩きましょう。

汚れに直接スプレーして洗うだけで、汚れを落としてくれます。また、塩素や漂白成分を含まないので、素材へのダメージも抑えられます。ジャケット以外の洋服にも使える優れものです。

部分洗い用の洗剤はアルカリ性のものが多いので、もし、ジャケットの洗濯表示に「中性」と書かれていたら、中性のおしゃれ着用洗剤で代用して軽く叩きます。

この段階では汚れを完全に取ることが目的ではないので、汚れが残っている状態でも大丈夫です。
ですが、この前処理をするかしないかで、汚れの落ちは格段に変わってきます。

ジャケットの基本的な洗い方

まずは、どの素地にも共通するジャケットの洗い方を、手洗いと洗濯機洗いの2つに分けて紹介していきます。

素材ごとのポイントや注意点については次の段落で確認していくので、そちらも合わせて確認してみてください!

手洗いの方法

ジャケットの素材は、デリケートなものが多いです。
手洗いは、最低限のダメージで洗うことができるので、ほとんどのジャケットにオススメです!

用意するもの

・水(温度は素材によって変わります)
・洗面器
・おしゃれ着用洗剤
・洗濯ネット

  手 順  

1. 洗面器に水を張り、中性洗剤を入れる

畳んだジャケットが入るくらいの洗面器に洗剤を2〜3滴入れましょう。
軽く泡立つくらいがちょうど良いです。

2. 押し洗いする

軽く畳んで、洗浄液の中に入れましょう。無理に揉んだりこすったりせず、
水の中に押し入れる→浮かんできたものをもう1度押し入れる
という行程を30回程度繰り返しましょう。

3. 洗濯機で脱水する

洗濯ネットに入れ、10秒程度脱水しましょう。
必要以上の刺激は毛玉や型崩れの原因となるので、短時間にとどめておきましょう。

注意
手洗いの後、ねじって絞らないようにしましょう

絞ってしまうと、伸びてしまいます。

4. 綺麗な水ですすぐ

洗面器に再び綺麗な水を用意して、洗剤が落ちきるまでしっかりすすぎましょう。

5. 日陰で干す

色落ちの可能性があるので、日光に長時間当てないようにしてください!
また、厚みのあるハンガーを使うようにしましょう。用意できない場合は、普通のハンガーを3個ほど重ねて使うなどして対応しましょう。

6. 必要に応じてアイロンがけする

シワが気になる場合、ピシッと仕上げたい場合は、アイロンを使いましょう。
当て布を使うことで、柔らかく仕上げることができます。

洗濯機洗いの場合

手洗いをオススメしますが、時間がない場合もあると思うので、洗濯機での洗い方も紹介しておきます。

用意するもの

・洗濯ネット
・中性もしくは酸性のおしゃれ着用洗剤

  手 順  

1. 畳んで洗濯ネットに入れる

ダメージをできるだけ抑えるために、洗濯ネットに入れて洗います。

POINT
ボタンやファスナーは全部閉めましょう

ファスナーの故障やボタンが取れてしまうのを防ぐことができます。

2. 手洗いコースで洗う

洗濯機によって名称が異なるかもしれませんが、弱水流のコースを選択して洗いましょう。

3. 脱水する

脱水の前に1度洗濯機を止め、そのまま10秒程度脱水しましょう。

4. 日陰で干す

手洗い同様に、日陰で干しましょう。
厚みのあるハンガーを使うのも忘れないでください!

5. 必要に応じてアイロンがけする

どうしてもシワが気になる場合は、しっかり当て布を使ってアイロンをかけましょう。

以上が、基本的なジャケットの洗い方になります。
手洗いは手間になりますが、面倒くさがらずやることで、よりジャケットを長持ちさせることができます。

次は、素材ごとに注意するポイントや注意点を紹介していきます。

それぞれ注意するポイントがいくつかあるので、必ず目を通してみてください。

ウールのジャケットを洗う際のポイント

ウールとは、羊の毛のことです。

暖かいので、寒い冬に大活躍する素材である反面、吸湿性も高く、暑い夏でも涼しく過ごせるので、1年を通して人気の素材です。

また、ウール素材は、基本的に手洗いをオススメします。

理由は2つで、

・縮みやすいから
・お洗濯しながらウールの縮み具合を確認できるから

ということです。

洗濯機を使ってしまうと、開けてみたら取り返しがつかないレベルで縮んでいたなんてこともあるかもしれません…。

では早速、抑えるべきポイントを紹介していきます。

ぬるま湯で洗う

まずは、水の温度について。

ウールは、熱すぎるお湯も冷たすぎる水もよくありません

25〜30℃くらいのぬるま湯で洗いましょう!

アルカリ性の洗剤禁止!

ウールは羊の皮なので、人間の髪の毛と同じように、表面がタンパク質で覆われています。アルカリ性の洗剤を使ってしまうと、表面のタンパク質が溶け落ち、ゴワついてしまいます。

アルカリ性の洗剤は使わないでください。

スチームアイロンを使う

スチームアイロンを使うことで、縮んだ部分を若干ながら矯正する効果が期待できます。
1センチほど離しながら蒸気をかけていきましょう。

蒸気をあてたら、引っ張らず、叩くようにして伸ばしていきます。

あくまで、蒸気の熱の力で伸ばすので、無理に力を加える必要はありません。

綿のジャケットを洗う際のポイント


秋から初冬にかけての、肌寒い時期に活躍する綿のジャケット。スタイリッシュな見た目で、フォーマルな場でも着用されることが増えています。

綿ジャケットの中には、手洗いのみ可のタグがついているものも多くあります。必ず確認してから洗濯するようにしましょう。
洗濯機洗いがOKな場合も、時間が取れるようであれば、手洗いの方がオススメです。

綿のジャケットの洗濯のポイントは、次の2つになります。

脱水は10秒が限度

脱水時間に関してですが、綿ジャケットは特にシワになりやすいので、脱水を短めに設定して、シワを軽減しましょう。

目安は、10秒だとちょっとやりすぎ!
という感じです。

脱水時間は、長ければ長いほどシワがつくと考えておくのが良いです。

平干しをする

脱水したらすぐにシワを伸ばし、形良く干しましょう「平干し」と呼ばれる干し方がベストです。

平干しとは、ハンガーにかけず、平らな台などの上に広げて干す方法で、平干しをすることで、水分の重さを分散でき、型崩れを防いでくれます

綿のジャケットは、濡れると素材のコットンが水の重みで下に引っ張られ、伸びてしまうため、普通にハンガーで干すのではなく、平干しが最適です。

麻のジャケットを洗う際のポイント

麻という素材は、古くから愛されている素材で、通気性が良いのが1番の特徴です。

麻のジャケットは、涼しく、羽織るだけでオシャレになるので、春や夏に着られることが多いですね。
タグを確認する必要はありますが、基本的には洗濯機洗いができます。

 

洗濯のポイントは次の2つです。

ぬれ干しで対応

ぬれ干し」とは、あえて濡れたまま干すことで、水分の重みでシワを取る干し方です。
洗濯機の脱水はもってのほかですが、綿のように平干しするわけでもなく、麻のジャケットは脱水をせずぬれ干ししましょう。

用意するもの

・幅広タイプのハンガー
・ビニールシートなど、水が受けられるもの

  手 順  

1. 洗濯機から取り出し、軽く水を切る

洗濯を終えたジャケットを洗濯機から取り出し、水がポタポタ落ちてこないくらいに、軽く水を切ります。

2. そのままハンガーにかけて干す

濡れたままでいいので、ハンガーにかけて干します。
水が垂れてくる恐れがあるので、干したジャケットの下にビニールシートなどをひいておくことをオススメします。
幅広タイプのハンガーがオススメですが、ない場合には、通常のハンガーを3枚程度重ねることでも対応できます。

アイロンがけ

次にアイロンがけについてです。
ぬれ干しをした場合はシワが綺麗に伸びているので、あまりアイロンの必要性はありませんが、よりピシッと仕上げたいときは、アイロンがけも必須です。

麻のジャケットは、乾いたままアイロンがけをしてもうまく伸びてくれません。

半乾きの状態でかけるか、霧吹きをかけて少し濡らしてからアイロンがけするのもありです。
ある場合は、スチームアイロンで対応することもできます。

掛け方のコツとしては、縫い目を重点的に伸ばすことです。

縫い目は1番シワができやすい箇所なので、他の箇所よりも多めに、しっかりと伸ばしてください!

麻ジャケットは、洗濯機洗いをするとシワがつきやすいです。

ぬれ干しなどをうまく使って、ピシッとした仕上がりを目指してみてください。

ジャケットを長く使うためのポイントは?

洗い方は学べたので、ついでにジャケットを長持ちさせる方法も知っておきましょう♪
お気に入りの服が長持ちするのは、やっぱりうれしいことです。
ちょっとした気遣いで変わってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

正しい畳み方・保管方法

常にジャケットを着ている人なんていませんよね。
当たり前のことを言います!
服は着ている時間より、保管されている時間の方が長いんです。
言われてみれば当然ですが、意識していますか?
多くの方は盲点だったと思うので、これを機に改善していきましょう!

正しい畳み方

目的地に着いたら、一旦脱いでしまうジャケット。
正しい畳み方をするだけでも、シワが付きにくくなります。
どこでも使えるテクニックなので、覚えておいて損はないですよ♪
手順は以下の通りです。

手順
1
片方の肩部分を裏返す

まず左右どちらかの肩部分を裏返します。

2
左右を合体

裏返した方がポケットのような形になっていますね。
そこに反対側の肩部分を入れましょう。
裏地が表面になり、サイズも半分になるはずです。

3
形を整える

前合わせの部分でズレを直し、左右のバランスを整えます。
シワもこの時に直しておきましょう。

4
半分に折る

あとは半分に折ってしまえば終了です。
内側にタグの付いている服は、そちらが外側になるように折ると良いでしょう。

全体の流れを知ってしまえば、10秒程でできてしまう畳み方です。
ぜひこの記事を読みながら、実践してみましょう。

正しい保管方法

基本的には、ハンガーにかけて収納することをおすすめします。
型崩れしにくいですし、シワも付きません。

注意点はポケットに入っているもの。
数シーズンそのままですから、重いものが入っているとジャケットに負担がかかります。
必ず収納前にポケットの中をチェックして、ものが入っていたら出すようにしましょう。

外から帰ってきたら毎回やりたいこと

ジャケットが汚れてしまうのは、主に外出中。
空気中のゴミはもちろん、ふとした瞬間に服は汚れているものです。
帰宅後に毎回やりたいこともまとめてみたので、合わせてどうぞ!

ブラッシング

先ほどお話した空気中の汚れ。
目には見えませんが、ホコリやチリは確実に付着しています。
その他にも花粉などの細かい汚れが付いているので、帰宅後ブラッシングをするようにしましょう。

難しく考えなくても大丈夫。
軽くブラシで擦るだけでも効果はありますよ♪

ハンガーにかける

帰宅後にソファーへ脱ぎすててしまうのはNG。
先ほど、保管方法の大切さについてもお話しましたね。
それは脱いだ直後から同じことが言えます。

よくやってしまいがちな「脱ぎすて」ですが、余計なシワが付いてしまうのは当たり前。
ブラッシングの話に出てきた汚れもソファーに付いてしまうのでおすすめしません。
疲れているとは思いますが、そこはひと手間。
しっかりハンガーにかけてあげましょう。

ブラッシングとハンガーは、おそらくセットで行うようになるかと思います。
面倒に感じてしまう方は、どちらか一方だけでも習慣にしてしまえると楽ですよ♪

まとめ

いかがでしたか?

今回は、4種類の素材別に紹介しましたが、いずれの素材にしても、ジャケットは一般的な洋服よりもデリケートです。
ですが、適切な方法で洗濯すれば、クリーニングに出さずともご自宅で洗濯することができます。

それぞれの素材における1番ポイントとしては

・ウール素材はスチームアイロンでシワ伸ばし
・綿素材は、脱水時間を短く、「平干し」
・麻素材は「ぬれ干し」

です。

どの行程も、シワを無くし、綺麗な見た目を維持する上で重要なポイントになります。

素材によって適切な温度や干し方なども微妙に違ってくるので、まずは適切な方法を知って、実行してみてください。

衣替え時の収納に
お家にいたまま冬服をクリーニング
しばらく着ないコートやジャケット、わざわざクリーニング屋さんまで持っていくのってとっても大変ですよね。ユアマイスターの宅配クリーニングなら、かさばる衣類も専用ボックスに入れて送るだけ。往復送料無料、シミ抜き、再仕上げも無料です。冬服をベストな状態で保管しつつ、スッキリとしたクローゼットを手に入れましょう!

関連記事

重曹は洗濯に大活躍!ぬるま湯を使えば効果抜群臭い汚れもスッキリ!

毎日の洗濯で落ちない汚れが…と困った経験ありませんでしたか? 沢山の洗剤を買って試してまた買って、試行錯誤してる人もいると思います。 そんな人には、万能アイテム「重曹」。 今や重曹は、洗濯に大活躍でみんなの味方なんです。 […]

毛玉取りは「切り取る」が正解!ニット・セーターを傷めない方法5つ

冬のおしゃれの必需品、ニットやセーター。しかし、この「ふわふわ、もこもこ系」の服、毛玉ができやすいのが難点! 着て、洗濯して、を繰り返しているうちに、いつの間にか毛玉が大量発生。表面に毛玉がついているだけで、見た目も肌触 […]

アイロンの当て布は160℃以下で!テカテカを防ぐ手順を徹底解説!

パリッとアイロンのかかったシャツ。 清潔感がでるのはもちろん、着ていても気持ちがいいもの。 第一印象をあげる第一歩として、アイロンがけはマストです。 自宅でアイロンがけをする方はたくさんいると思いますが、「当て布」を使っ […]

洗濯ネットの使い方・選び方ひとつで、色移り・型崩れ・ほつれ知らず

一人暮らしを始めた当初は、「洗濯ネットとか使う意味あるの?」なぁんて思ってた僕ですこんにちは。 だってほら、ただの袋じゃないですかあれ。 なら別に無くてもいいじゃん? と使わず洗ったのが運の尽き、まだらに青いシャツの完成 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

宅配クリーニングのプロのサービスを探す

おすすめ特集

プロを探す

衣替え時の収納に
お家にいたまま冬服をクリーニング
しばらく着ないコートやジャケット、わざわざクリーニング屋さんまで持っていくのってとっても大変ですよね。ユアマイスターの宅配クリーニングなら、かさばる衣類も専用ボックスに入れて送るだけ。往復送料無料、シミ抜き、再仕上げも無料です。冬服をベストな状態で保管しつつ、スッキリとしたクローゼットを手に入れましょう!

お住まいの地域から選ぶ