リーバイスのジーンズを修理!プロのリペアで一生モノに生まれ変わる

よっすん

更新日:2019年02月27日

 

有名なジーンズメーカーは、LeeEDWINヌーディージーンズ、DIESEL、A.P.Cなど様々ありますよね。

その中でも特に私が大好きなのが、リーバイス(Levi’s)。その理由が、リーバイスの歴史にあります。

リーバイスは発展途上国に学校を作るなどの社会に貢献を重視する会社でした。

しかし、そんな中、学校を立てる資金があるなら、株主に還元するべきではないかと株主から反対が…。

そこでリーバイスは、社会的責任を追求する経営を貫くため、上場直前に、上場を取りやめます。企業としてはかなりリスクがあることなのにです。

そんなかっこいい歴史のあるリーバイスのジーンズ。持っている方も多いのではないでしょうか?

ジーンズは、履きつぶして色落ちを楽しむもの。長年連れ添ったジーンズは、もはや一生の相棒ですよね!

もし、擦れ穴あきが出てきてしまっても、新しいものは買わず、修理に出してあげたいと思う方も多いはず。

ただどこに頼めばいいのかわらからない、どのくらいかかるのかわからないという方のために、

今回はリーバイスの中でも人気が高い

・501
・501xx
・502
・527
・702

の5つのモデルの修理事例を紹介していきます!

リーバイスとはどんな会社?

リーバイスという名前は知っているけど、どんな会社か詳しく知らない人に向けて、改めて歴史を振り返ります。

なんとリーバイスは、ジーンズ発祥の会社。
誰もが一本は持っているジーンズは、このリーバイスから生まれたものなんです!

18世紀、ゴールドラッシュに湧くサンフランシスコで、生地や洋品雑貨の会社としてリーバイス・ストラウス・カンパニーが誕生しました。

ある日リーバイスの生地を仕入れていた職人が、木こりの奥さんから「絶対に破れないズボンを作って」と注文を受けます。そこで思いついたのが、リーバイス501の原型。

それはベルト通しがなかったり、チャックではなくボタンだったりと今のジーンズとはちょっと違う部分がありますが、それが変形して今の形のジーンズとなりました。

リーバイスは、このようにジーンズの歴史を作った会社なのです。すごいですよね!

歴史を学んだところで、さっそく修理を見ていきましょう。

修理を見せていただくアトリエ革作さん

今回修理を見せていただくのは、アトリエ革作さん。

ジーンズソムリエの資格をもつ川畑さんが、一本一本丁寧にジーンズを修理してくれます。

ジーンズソムリエなら、安心してジーンズの修理を任せることができますよね。

長年履いて愛着のあるジーンズにできてしまった擦り切れや穴あき。ぜひアトリエ革作さんで修理をお願いしてください!

リーバイス501の修理

先ほどの歴史にも出てきた、すべてのジーンズの原点と言えるリーバイス501。

もしリーバイスを買うなら、まずはこの一本を選んでいただきたいです。

501には様々な種類がありますが、やはりおすすめはオリジナル(原型)。

コインポケットがついた5ポケットや、防縮加工をしていないシュリンク・トゥ・フィット、ジーンズの前開きがボタンになっているボタンフライなど、ジーンズの原点となった形が、そのまま残っています。


(ちなみにボタンフライはこんなかんじ)

このように昔の形のままである501は、洗ったときの縮みや、色落ちを存分に楽しむことができますよ。


LEVI’S リーバイス 501 ORIGINAL シュリンクトゥフィット (501-0000) W31L32

リーバイス501の擦れ切れ修理

もともと擦れていたとは思えないほど、丁寧に修理されていますね!こちらの修理料金は、4,000円とのこと。

自転車やバイクによく乗る人は、股が擦れやすいそうです。股は擦れているとちょっと恥ずかしいですから、少しでも気になったら修理をしてみてはいかがですか?

リーバイス501XXの修理

501xxの「xx」とはエキストラエクシード(最も優秀な生地ですよ)という意味。元々は、リーバイスの廉価版デニムとの差別化のためにつけられました。

ただ、今では廉価版デニムは作っていないため、「xx」マークは廃止されています。(1966~67年頃の話)

そのため、501xxは、その頃のビンテージモデルか、その復刻版になります。


(リーバイス) LEVI’S ヴィンテージクロージング 501XX 1947モデル 47501-0143 メンズ 32 ミッドカラー (0143)

リーバイス501xxの擦れ修理

こちらもまるで擦れなどなかったかのように、修理されていますね。修理料金は、4,000円とのこと。

こちらのお客様は、何度もジーンズを修理に出されているそうです。たとえ小さい擦れでもお気に入りのジーンズをお手入れしてあげるのは、素敵ですね!

リーバイス502の修理

501とはとは違い、ジッパータイプの502。ボタンフライには抵抗があるという方にはおすすめ。

501よりも股下が2cm浅く、太ももが4cmほど細くなっているので、スマートなシルエットで今どきのジーンズです。


(リーバイス) Levi’s 502 クラシック レギュラーストレート 00502-0222 ダークカラー 30 デニム ジーンズ

リーバイス502の穴あき修理

綺麗に穴が補正されていますね。こちらの修理料金は、4,000円

最近は、ダメージジーンズなども流行っていますが、履いているうちに穴が広がってしまった…という方も多いのではないでしょうか。

また大人になってからキレイ目なコーディネートが好きになり、ダメージを塞ぎたいと思う方もいるみたいです。

リーバイス527の穴あき修理

スニーカーにもブーツにも合わせやすいブーツカットの527。

スリムなデザインで、持っていれば重宝すること間違いなしです。


(リーバイス) Levi’s 527T SLIM BOOT CUT FESTIVAL RAIN 12.68oz 05527-0532 Medium Indigo – Worn In 32

リーバイス527の穴あき修理

こちらも綺麗に穴あきが修理されていますね!こちらの修理料金は、3,000円。

ちなみにこのお客さんは、後ろポケットの穴は修理しなかったそう。

このようにお気に入りの擦れや穴あきなどはそのままにすることもできます。

リーバイス702の修理

リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイスの日本法人)が作った501の復刻版。

501をモチーフにしていますが、日本法人が作っただけあって、日本人の体型に合わせて作られています。

リーバイスの中では低価格でもあるので、最初の一本におすすめです!

リーバイス702の穴あき修理

修理前はひどい穴あきでしたが、見違えるように綺麗になっていますね。これならまたジーンズを楽しめます!こちらの修理料金は、5,000円とのこと。

このようにもう履けないな…と思ってタンスに入れてしまうようなジーンズも生まれ変わらせることができます。

お気に入りだったジーンズを、修理してもう一度履いてみませんか?

修理の見積もりをだすには?

ここまで見てきて、リーバイスの修理を頼みたくなったのではないでしょうか?

修理は頼みたいけど、

・お店まで行く時間がない
・修理にいくらかかるのかが不安
・修理可能なものなのか分からない

と悩んでしまうことがありますよね。
そこで、おすすめしたいのが「見積もりをお願いすること」です。

あなたのマイスター」なら、

・ネットで今すぐ
・職人さんに直接
・無料で

リーバイスの修理の見積もりをお願いすることができます。

手順もとっても簡単♪
写真を撮って必要な項目を入力するだけです。
一度に複数の職人さんに見積もりをお願いすることもできます。

後日、依頼した職人さんから修理メニューや費用などの見積もり内容の連絡が届きます。

見積もりアプリ「ミツモ!」が出来ました!

この度、ネットで職人さんへの依頼が出来るスマホアプリ「ミツモ!」ができました。

アプリをダウンロードして、写真を撮るだけで複数の職人さんへの見積もりができちゃいます。

もちろん見積もりは無料!あなたの大切なものを、インターネットを使って簡単に修理してみませんか?

まとめ

何年間も経年変化を楽しめるリーバイスのジーンズ。一生の1本にしようと思い購入した方も多いのではないでしょうか。

ただ何年間も履いていると、擦れや穴あきは避けることができません。

そんなときは捨てたり、タンスにしまってしまうのではなく、ぜひ修理に出してあげてください。

修理をしてきれいに生まれ変わった姿で、履き続けてあげてください。

アトリエ革作さんがお待ちしています。

関連記事

色あせたジーンズは染め直すことができる!意外と簡単なその方法とは

  丈夫で汚れにも強いジーンズは、1着持っていると重宝するアイテム。 カジュアルなコーディネートの代名詞ともいえ、冠婚葬祭以外ならどこでも使えるのが魅力でしょう。 使い勝手が良いのでついついヘビロテしてしまうジ […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴下の穴は簡単補修でなかったことに!縫ったり貼ったり自力で解決!

靴下に穴が! 誰しもに経験があることかと思います。 穴があると履く前にわかればいいですが、外出先で穴が開くとどうしたものか困りますよね。 それがお気に入りの靴下なら大いに悔やまれます。「ああ、昨日の夜爪を切っておけば…。 […]

ジーンズの穴補修はミシンとアイロン!接着芯を使って自分で簡単修理

  みなさんのジーンズには、どんな思い出が詰まっていますか? お気に入りのジーンズほど、ヘビーローテーションして履き込んでしまうもの。 ダメージがお気に入りで買ったジーンズも、履き込んでいくうちに弱ってしまうの […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集