鞄のカビを諦めないで!革・ナイロン・布製バッグ全素材を徹底解説!

■鞄には「栄養源」「雑菌」「押入れ」のせいでカビが生えやすい!
■革製・ナイロン・布製の3種類のバッグのカビを取る方法を紹介
■鞄を保管する時は汚れを落とし、通気性の良い場所で湿気を防ぐ!

よっすん

作成日:2019年02月02日

久しぶりに使おうと思って引っ張り出した鞄に、あれ、白い斑点が。
…もしや、カビ!?

なんて衝撃を受けて、鞄を放り投げちゃったあなた。
ちょっと叩けば大丈夫だよね~びっくりした~。
なんて甘い考えをしてはいけません。

まずは鞄を拾って、見て見ぬ振りをせずこの記事を読んでみてください。
あなたの鞄は革?ナイロン?布バッグ?

素材ごとにカビを除去する方法を詳しく解説していきます!

鞄にカビが生える3つの理由

まず、なぜ鞄にカビが生えるのでしょうか?

・カビの栄養源を含んでいる
・雑菌が付着しやすい
・押入れなどに保管している

こちらの主な3つの理由をお教えします。

カビの栄養源を含んでいる

カビが発生するには、気温、湿度などの条件もありますが、そこにカビが増殖するための栄養源があるかという点も重要です。

特にカビやすいと言われる革製品は、タンニン油脂といったカビの大好物を含んでいます。
さらに、持ち手などに付着した手の油や、皮革用のクリームなども栄養源となり、カビが増殖するのです。

 

雑菌が付着しやすい

鞄は外で使うことが多いため、カビが付着しやすく、ついたカビがそのまま増殖していってしまいます。

 

押入れなどに保管している

もちろん毎日使っているという方もいると思いますが、押入れなど、カビが繁殖しやすい場所に保管している方が多いのではないでしょうか。

カビは気温20~30℃、湿度70%以上の空間に発生しやすく、空気の流れの少ない押入れなどはカビが発生しやすくなってしまいます。

 

さて、カビが生える原因もわかったところで、さっそく鞄についてしまったカビを落としてしまいましょう!

革製バッグに生えたカビの落とし方

まずは革製バッグです。
1番カビやすいと言われる革製品、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

革製のバッグのカビには上の4つの落とし方があります。

それぞれご紹介していきますね!

「天日干し」でカビを撃退!

まずは1番手っ取り早いカビの落とし方をお伝えします。

 用意するもの 

・水気をきった濡れタオル
・乾拭き用のタオル
・革製品用の保湿クリーム
・布(コットン地)

   手 順  

1. カビを優しくふき取る

かたく絞った濡れタオルで、カビが生えてしまった箇所を優しくふき取っていきます。

注意
乾拭きだとカビが空気中に広がってしまう!

濡れタオルで抑えるようにふき取っていきましょう。

 

2. 天日干し
太陽光は殺菌能力に優れているため、カビ菌の殺菌や除菌をするのに効果的です。バッグがしっかり乾くまで干します。

POINT
10時から14時の紫外線が多く降り注ぐ時間帯に干すのがベストです!

 

3. 保湿クリームを塗る

自分が持っている革の種類に合ったクリームを、鞄全体にまんべんなく塗り込みます。

 

使い古したTシャツの切れ端などを使って、薄く均一に塗り広げます。
表面に薄い膜を張るようなイメージです。

塗り方や使う分量は、鞄の大きさやクリームの種類によって変わってきます。
クリームに書かれている説明書きをしっかりと読んでから使ってくださいね♪

 

4. 乾拭き
クリームを塗ったまま保管してしまうと、カビが再発する原因となってしまいます。

最後に乾拭きをしてからしまうようにしましょう。

 

「重曹水」を使ってカビを取り除く方法

天日干しだけでは物足りないな…と思う方には重曹水を使うことをおすすめします。

 用意するもの 

・重曹
・お酢 or クエン酸
・オリーブオイル or 椿油
・布

   手 順  

1. 重曹水でカビをふき取る

水100mlに対して重曹を小さじ1入れてよく溶かしましょう。
これだけで重曹水が出来ちゃいます♪

乾いた布に重曹水を含ませ、カビをふき取ります。

 

2. 油分を補給する
重曹水でカビをふき取っただけでは、革が白っぽくなってしまいます。
そのため、しっかりと油分を補給する必要があります。

お酢またはクエン酸と、オリーブオイルまたは椿油を1:1の割合で混ぜ合わせます
それを布に含ませ、バッグ全体に塗り込んでいきます。

 

3. 乾拭き
油分が表面に残ったままだと、カビが再発する原因となってしまいます。
乾いた布で拭いてから収納しましょう。

 

しつこいカビには「消毒用エタノール」

天日干しをしてもすぐにカビが生えてきてしまった…という場合は、カビを殺菌する効果の高い消毒用エタノールを使ってみましょう。

注意
消毒用エタノールを使うと革が変色してしまう可能性があります。

先に目立たない箇所で試して、色が変わらないか確認してから使うようにしましょう。

用意するもの 

・布
・綿棒
・革製品用の保湿クリーム
・消毒用エタノール

鞄だけでなく、衣類のカビ取りやキッチン周りにも使える優れものです。しっかりと殺菌できるので、掃除のときに大活躍しますよ♪ただ、エタノールを使う時は部屋の換気を忘れずに行いましょう。手が荒れやすいという方は、手袋をしてから使うようにしてくださいね。

   手 順  

1. 消毒用エタノールでカビをふき取る
乾いた布に消毒用エタノールを含ませ、カビが生えている箇所を軽く叩くようにふき取っていきます。

POINT
鞄の縫い目や金具付近などの細かい部分は、消毒用エタノールを含ませた綿棒などを使って取り除きましょう。

 

2. 天日干し
紫外線でしっかりとカビを殺菌します。

 

3. 保湿クリームを塗る
自分が持っている革の種類に合ったクリームを、鞄全体にまんべんなく塗り込みます。

使い古したTシャツの切れ端などを使って、薄く均一に塗り広げます。
表面に薄い膜を張るようなイメージです。

塗り方や使う分量は、鞄の大きさやクリームの種類によって変わってきます。
しっかりとクリームに書かれている説明書きを読んでから使用してくださいね♪

 

4. 乾拭き
最後に余分なクリームを丁寧にふき取りましょう。
クリームを塗ったまま保管してしまうと、カビが再発する原因となってしまいます。

 

最終手段は「カビ取り専用クリーナー」

実は、革製の鞄を水洗いするための洗剤があるのです!
革なんて洗っちゃっていいの?…って思いますよね。

革るんという洗剤を使うと、革製バッグを丸洗いできるのです。
スエードやムートンなどの素材に使うことができます。
バッグ以外にもレザージャケットの丸洗いなどにも使えちゃいます。

ただし、クロコダイルなど使えない素材もあります。

もしお手持ちのバッグが使える素材なら、ぜひ試してみてくださいね♪

 用意するもの 

・鞄が入る大きさのバケツ
・スポンジ
・タオル
・柔らかい布
・革製品専用洗剤セット「革るん」

少し高いかな…と思われる方もいるかもしれませんね。でも、洗剤と柔軟剤とクリームがセットになっているので、カビ落としはこれ一つだけで済みます。さらにカビが生えにくく、カビ臭さもなくなるという利点もあります。

また、鞄だけでなく革ジャンや革のブーツのカビも水洗いできます。革製品をたくさん持っている、という方は持っておいて損はないと思いますよ!

   手 順  

1. 洗剤液を作る
「革るん」の洗剤50mlと水500mlを鞄が入る大きさのバケツに入れ、よくかき混ぜます。

 

2. バッグを洗う
作った洗剤液にスポンジを浸します。
洗剤液のついたスポンジで、バッグをゴシゴシ洗います。
外側だけでなく、内側や取っ手部分も洗いましょう。

洗い終わったら、シャワーや水道の水でよくすすぎます。

 

3. 柔軟剤につける
バケツに新しく2Lの水を張り、「革るん」の柔軟剤50mlを加えます。
柔軟剤の入った水に鞄全体を浸します。

柔軟剤が鞄についたら、バケツから取り出して流水でよくすすぎましょう。

 

4. クリームでお手入れ
タオルなどで水分をふき取りましょう。

水分をふき取ったらクリームでお手入れをしていきます。
「革るん」の仕上げクリームを柔らかい布に適量とり、全体に薄く塗り込みます。
伸びのいいクリームなので、少量ずつ取って塗り伸ばしていきましょう。

あとは乾かしたら完了です!

 

ナイロンバッグに生えたカビの対処法

日常的によく使うナイロンバッグ。
使い勝手が良いからとついつい買いすぎて押し入れにしまい込んでる…という方も多いのではないでしょうか?

ナイロンは比較的カビの生えにくい素材です。
それでも、汚れがついたまま放置していたり、押し入れなどカビが生えやすい環境に置いておいたりすると、カビが発生してしまいます。

ナイロンバッグに生えたカビは

・「エタノール
・「酸素系漂白剤

の2つの方法でやっつけましょう。

消毒用エタノールで手早く殺菌

革製品の鞄のカビを除去する際にも紹介した消毒用エタノールを使います。

注意
消毒用エタノールを付けても変色しないか目立たない部分で確認します。換気した部屋で、気になる方は手袋マスクを付けて使うようにしましょう。

 

 用意するもの 

・消毒用エタノール
・スプレーボトル
・濡れタオル
・洗濯ネット
・中性洗剤

   手 順  

1. 消毒用エタノールを鞄に吹き付ける

消毒用エタノールを使って、カビをある程度まで落としていきます。

スプレーボトルにいれた消毒用エタノールを鞄に吹き付けましょう。
スプレーボトルがない場合には、通常の消毒用エタノールを布に含ませ、カビが生えている箇所につけます。

 

2. カビをふき取る

鞄にエタノールがついたら、濡れタオルでこするようにしてカビを落としていきます。

 

3. 洗濯機で洗う

洗濯機で洗濯していい素材であれば、洗濯ネットに鞄を入れて洗濯します。

洗う時は生地が傷まないように、中性洗剤を使い手洗いコースで洗濯しましょう。

注意
脱水は1分ほどに設定してください。

 

4. 天日干し
外側だけでなく、内側もしっかり乾くように干します。
日焼けが気になるという方は、風通しのいいところで陰干ししましょう。

 

つけおきでカビをしっかり除去

消毒用エタノールを持っていないという方や、根深いカビにお困りの方は、漂白剤を使ってみましょう。

 用意するもの 

・ゴム手袋
・酸素系漂白剤
・バッグが入る大きさのバケツ
・スポンジ
・洗濯ネット
・中性洗剤

   手 順  

1. 漂白液を作る
鞄が入る大きさのバケツに、ぬるま湯をためます。
そこに酸素系漂白剤を大さじ2杯加え、よく溶かします。

注意
塩素系漂白剤を使うと変色してしまいます。

必ず酸素系漂白剤を使うようにしましょう。

 

2. 鞄を漂白液に1~2時間くらいつける
作った漂白液に、鞄をひたします。
手荒れ防止のためにもゴム手袋をはめて、作業をしましょう。

そのまま1~2時間くらいつけておきます。

 

3. スポンジでカビをこする
時間が経ったら漂白液から鞄を取り出します。
つけおきした後もカビが取れていないようなら、スポンジを使って優しくこすり落とします。

 

4. 洗濯機で洗う
カビを完全に落としたら、鞄を洗濯ネットにいれてから、洗濯機で洗います。
生地が傷まないように中性洗剤を使い、手洗いコースで洗いましょう。

脱水は1分くらいに設定するのがポイントです。

 

5. 天日干し
紫外線にはカビを殺菌する効果があります。
外に干して完全に乾かしましょう。

 

布製バッグに生えたカビを取り除く方法

折りたためたり、軽かったりとサブバッグとして便利な布製バッグ。
しまい込んでいると、いつの間にかカビだらけになっているかもしれません。

布製バッグのカビは

・「重曹水
・「エタノール

の2つの方法で落とすことができます。。

重曹水でカビを簡単に除去

革製バッグの時にも登場した重曹水がここでも活躍します!
すぐに落とせそうなものはこの方法で試してみましょう。

 用意するもの 

・重曹水
・スプレーボトル
・布 or スポンジ

   手 順  

1. 重曹水を吹き付ける

スプレーボトルに重曹水を入れ、カビが生えている箇所に吹き付けましょう。

重曹水は、水100mlに対して重曹を小さじ1杯ですよ!

 

2. カビをこすり落とす

かたく絞った濡れ布巾やスポンジでカビを優しくこすります。

 

3. 天日干し
鞄を重曹水で湿ったままにしておくと、カビが発生する原因となってしまいます。
きちんと外で乾かしましょう。

 

布製品のカビにも消毒用エタノールで対処します

結局どの素材でも登場しました、消毒用エタノール。
カビ取りにはかかせません!

 用意するもの 

・消毒用エタノール
・スプレーボトル
・布

   手 順  

1. 消毒用エタノールを吹き付ける

通常の消毒用エタノールをスプレーボトルに入れて、鞄に吹き付けましょう。
スプレーボトルがないときは、エタノールを布に含ませ、カビが生えている箇所につけます。

 

2. カビをふき取る

カビをかたく絞った濡れ布巾で優しくふき取ります。

 

3. 天日干し
太陽光でさらに殺菌し、完全に乾かしてからしまいましょう。

鞄にカビが生えるのを防ぐためにできる7つのこと

一度カビが生えたら取り除くのも大変で、確実に生地を傷めてしまいます。
そのため、カビの予防法を知っておくことがとても大事なのです。

鞄をしまっておく場所の湿気を防ぐ3つの方法
鞄をしまうときに気をつける4つのこと

合計7つの方法をご紹介します。

鞄をしまっておく場所の湿気を防ぐ3つの方法

鞄がきれいでも、しまっておく場所がジメジメしていては、カビが生えてしまいます。
まずは、鞄を収納しているクローゼットや押入れの湿気を取り除きましょう。

【No.1】衣類は詰め込みすぎない

衣類を隙間なく詰め込んでしまうと、空気が通りづらくなってしまいます。
きちんと循環するように、余裕のある収納を心がけましょう。

 

【No.2】ときどき、空気の入れ替えをする

クローゼットの扉や押し入れのふすまを開けて、扇風機やドライヤーを使って、風を送りましょう

ただ扉を開けているだけでは、クローゼットや押入れの中の空気は循環しません。
気が付いた時に、風を送って空気を循環させるようにしましょう。

風を送るとき、箱にしまっている鞄は、箱から出して空気に触れさせることも忘れないでくださいね!

 

【No.3】除湿剤は床に置くタイプ

クローゼット専用の除湿剤は、扉にかけるタイプなどさまざまな種類があります。
その中でもおすすめは、床に置くタイプ
どんどん下に溜まっていく湿気をしっかりと吸収してくれますよ♪

 

鞄をしまうときに気をつける4つのこと

さて、クローゼットと押入れの受け入れ態勢を万全にしたら、大事になるのはしまい方!
鞄をしまう時に気をつけて欲しい4つのことをお伝えします。

【No.4】収納する前に汚れを落とす

汚れはカビの栄養分となるので、要注意です。

汚れがついているのなら、しっかりと汚れをとる。
雨に濡れたなら、しっかりと乾かす。

それからしまいましょう。

 

【No.5】バッグは隙間をあけて置く

衣類をしまう時と同じですが、空気の通りを良くすることが大事です。
特に革製バッグを隣り合わせにおくと、湿気で革同士がくっついてしまうことがあります。
気をつけましょう!

 

【No.6】袋に入れて収納する場合は不織布で

鞄を袋に入れて収納する場合は、通気性に優れた不織布で包みましょう。

高級バッグなどは、購入した時に布バッグに入っていることが多いですよね。
商品によっては、湿気の溜まりやすい分厚い布バッグに入っていることもあります。
その場合は、通気性のいい袋に変えるようにしましょう。

 

【No.7】新聞紙を詰める

鞄の中に新聞紙を丸めたものを詰めると、新聞紙が湿気を吸収してくれます。
箱にしまう場合は、さらに鞄を新聞紙で包むとより効果的ですよ♪

 

どうしても落とせないカビは、プロに頼みましょう

ここまでカビを自分で落とす方法をご紹介してきましたが、どうしてもカビが落とせないという場合は、プロに「クリーニング」や「色補修」を頼みましょう。

ん?「色補修」を知らない?

色補修とは、色落ちや色褪せしてしまった鞄を元の色に戻すこと。
色補修では、表面についた擦り傷を直すこともできますよ。

上の画像は、カビを色補修で直してしまったもの。そのスゴさがわかりますね!

もっとプロの技を見たいという方は、こちらの記事ご覧ください。

そして、鞄クリーニング・色補修の様子を動画にまとめました。
ぜひ動画でもプロの鞄修理の技を確認してみてください!

「うちのカバンだとどれくらいかかるんだろう?」「破れているのもお願いできるかな?」

以下のフォームから、二子玉川 美靴工房さんに見積もりをお願いすることができます!


写真を撮って、フォームから送るだけ。
注文をしなければ料金は発生しませんので、「ひとまず見積もりだけでも」という方も大歓迎です!
ぜひご利用ください。

まとめ

大切な鞄にカビが生えていたらショックですよね。でも、生えていることを確認したらすぐにカビを取り除かないと、カビはどんどん根強いものとなって、取れなくなってしまいます。

自分のバッグの素材に合わせて、正しい手順を踏んでカビを撃退しましょう!

そして、もうカビを生やさないために通気性のいい場所で保管し、たまにはお手入れをするようにしましょうね♪

 

修理の世界を、もっと身近に。Instagramで大切なモノをもっと大切にする世界を知ろう!

関連記事

ランドセルは革小物にリメイク!思い出を自分だけの特別なアイテムに

  1年生になったら♪1年生になったら♫友達100人できるかな? 大きなランドセルを背負う1年生。期待に胸を膨らませて小学校に入学します。 それから6年。卒業してから、思い出のたくさん詰まったランドセルは押入れ […]

リュックは自宅で洗える!洗濯機・手洗い、コーティング方法まで紹介

  旅って素敵ですよね。 初めて見る風景。 知らない言葉。 美味しい食事。 旅はする度に新たなことを知ること出来る素敵な機会… そんな旅のお供にしたいのはスーツケース? 私は断然リュック派です。 荷物も運びやす […]

スーツケースのキャスターを自分で修理する!長持ちの秘訣は傾けない

  旅の想い出がいっぱい詰まったスーツケース。旅行の時には不可欠ですよね。 そんなスーツケースに必ずあるのがキャスター。荷物運びの負担を減らしてくれます。 そんなキャスターの車輪にヒビが…歪みが…運びにくくなっ […]

革財布の傷には補修クリームとマニキュア!裏技はクレヨンにライター

  愛用の革財布に傷がついている! そうなったらショックですよね…。 でも安心してください! その傷、深刻なものでなければ直したり、目立たなくできるかもしれません。 ということで、革財布の傷へのお手入れの方法を […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集