powered-by-relivers

リュックの洗濯は洗濯機で?それとも手洗い?3つの注意点つきで解説

リュックは収納力抜群で、とても便利ですよね。
通勤通学に使っている方も多いと思います。

日々の生活で大活躍なリュックですが、使っているうちに汚れてしまうものです。特に夏場は背中も汗をかくので、匂いも気になりますよね。

リュックが汚れてしまった時は、諦めて新しいものを買うことが多いと思います。でも実は、リュックもお洗濯できるんです!リュックのお洗濯方法を知れば、お気に入りのリュックを長く使うことができますね♪

今回は、洗濯機や手洗いでリュックをキレイにする方法を紹介します。

 

消しゴムでキレイに

軽い汚れの場合は、消しゴムでキレイになります。
消しゴムは、普段筆箱に入っているものでOK。

文字を消すように、消しゴムを使って汚れを落としていきましょう。
上履きをきれいにする時に、消しゴムを使ったことがある人もいると思いますが、リュックの汚れにも効果的なんですね!

劇落ちくんで有名なメラミンスポンジも便利です。洗剤を使わず、水だけで綺麗にできます。

おすすめ商品はこちら↓
レック 激落ち ポイポイ ( メラミンスポンジ )

すでに切り込みが入っていて、使いやすいのでこちらのスポンジがおすすめです。汚れが気になった時、すぐにお掃除に取りかかれます。リュックのお掃除だけでなく、蛇口の水垢や茶しぶもよく落とすので、いろいろなところのお掃除に使えます。

洗濯機を使ったリュックの洗い方

軽い汚れは、消しゴムなどで綺麗になりますが、落ちない汚れもあります。そんな時は、リュックサックを丸洗いしましょう!

まずは、洗濯機を使ってリュックサックを洗う方法を紹介します。

   手 順  

1. 洗濯絵表示を確認

洗濯絵表示を確認しましょう。

水洗いできるマークがあれば、お洗濯できます。
素材としては、ポリエステル・ナイロン・布製のリュックサックは、基本的には洗うことができます。

しかし、取れやすい装飾やウェーブなどの加工がされている場合には、洗濯機で洗濯するのは危険です。

後ほど紹介する「手洗い」で綺麗にしましょう。

 

2. 取り外せる部品を全て外す

ファスナーの引き手やレインカバーなど、洗濯の前に外せるものは、外しておきます。

このとき、汚れが気になる部分は、部分洗いをしておきましょう。洗剤とスポンジで先に洗っておくと、汚れが気になっていた部分もちゃんと綺麗になります。

 

3. 裏返してネットに入れる

本体だけになったら、裏返してネットに入れます。
ネットに入れるのは、型崩れ防止のためです。
リュックが入るよう、大きめのネットを用意してくださいね♪

 

4. 「手洗い」コースで洗濯機を回す

 

リュックを洗う時は、「手洗い」コースなど優しく洗えるコースを選びましょう。

洗剤は中性洗剤を使います。

 

5. 洗濯機で「脱水」はせず、取り出して水気を切る

型崩れの原因になりやすため、洗濯機での脱水は行いません。

脱水の前に取り出し、タオルを使って水気を切ります。

背面パッドなど、水を吸いやすいところは、手で水を押し出して水分を拭き取りましょう。

 

6. 干す

水気を切ったあとは、リュックを干していきます。

干し方を解説する前に、手洗いでの洗い方を紹介します。

 

手洗いでリュックを洗う方法

ダム

洗濯機で洗濯すると、やはり型崩れが心配ですね。

洗濯機を使うのは楽ちんですが、手洗いがおすすめです。

用意するもの 

・容器(リュックが浸かるサイズのもの・浴槽も可)
・中性洗剤

 

   手 順  

1. 洗濯絵表示を確認

洗濯絵表示を確認しましょう。
水洗いできるマークがあれば、お洗濯できます。

洗濯絵表示がない場合には、素材で判断するしかありません。基本的には、ポリエステル・ナイロン・布製のリュックサックは洗うことができます。

皮などの素材でできたリュックは自分では洗濯できません。プロにクリーニングを依頼しましょう。

 

2. 取り外せる部品を全て外す

洗濯機で洗う時と同様に、外せるものは外しておきます。
同時に、汚れが気になる部分は、部分洗いをしておきましょう。

 

3. 容器に水をためる

リュックが浸かるくらいの量の水をためます。
汚れがひどい場合には、水よりぬるま湯を使った方が綺麗になりますよ。

 

4. 水に中性洗剤を加え、リュックを浸ける

容器に中性洗剤を加え、洗濯液を作ります。

そこに、リュックを浸けて洗っていきます。

 

5. リュックを押し洗いする

 

容器の中でリュックを押し洗いします。
手で優しく洗っていきましょう。

 

6. 水を替えて、すすぐ

汚れが落ちたところで、水を替えてすすぎに入ります。
汚れた水が出なくなるまで、リュックを優しく押しながらすすぎを繰り返します。

 

7. 水気を切る

すすぎが終わったら、リュックをよく絞り、水気を切ります。
背面パッドなど、水を吸いやすいところは手で押して、水を出します。

 

リュックを干すとき

洗濯ばさみ

手洗いのやり方を紹介したところで、いよいよリュックの干し方を解説します。

リュックは、風通しのよい日陰で乾燥させましょう。
直射日光は繊維を傷めることがあるので、注意してください。
干す時には、リュックの内部に水が溜まらないよう、リュックを逆さにして干します。

生乾きは臭いの原因にもなるので、しっかり乾燥させましょう。

 

注意すること

紅葉 

リュックを洗う時には、3つの注意点があります。

◎ 色落ちすることがある
色の濃い部分から、色の薄い部分に色移りすることもあります。
洗濯の前に色落ちするかどうかを確かめておきましょう。

 

◎ 熱湯を使わない
熱湯は繊維を傷めますし、洗濯するには危険です。使わないようにしましょう。

 

◎ 漂白はしない
色物のリュックを使っている方が多いと思います。漂白はしないようにしましょう。

 

以上3点、お洗濯をする時には、気をつけてくださいね。

 

まとめ

リュックの洗い方を紹介しました。
しかし、中には洗えない素材のリュックもあります。
また、色落ちが心配なこともあると思います。
そんな時は、クリーニングに出しましょう。自分では綺麗にできなかったシミも、しっかり綺麗にしてくれるはずですよ!

  • お掃除する

    Cleaning

  • お洗濯する

    Washing

  • お手入れする

    Maintenance

  • おっ?!

    Surprised

プロの技を動画でチェック