柔軟剤の使い方ひとつで香る香りも香らない!?入れるタイミングが命

■柔軟剤は繊維のコーティング剤。手触りも持ちも良くなる
■敏感肌の方は要注意。使いすぎは吸水性の低下の原因にも
■柔軟剤の使い方は「すすぎ」の時に適正量を入れるが◎

RELIVERS編集部

2017年04月26日

いつもなんとなく使っている柔軟剤。

柔軟剤を使うと、手触りがふわふわになって気持ちがいいし、いい香りもしていいことばかりだな。なんて思っていませんか?

もちろん、柔軟剤にはいいところも沢山あります。一方で、デメリットもあるのです。

使い方によっては、メリットよりもデメリットが強くなってしまうこともあります。
正しい使い方を知らないまま、柔軟剤を使い続けるのはもったいないです。

というわけで今回は、柔軟剤とはそもそも何なのか、柔軟剤を最大限生かす使い方はどんなものなのか、を解説しました。

そもそも柔軟剤って必要なの?

柔軟剤とは、トリートメントに含まれるカチオン界面活性剤を使用して作られたもの。洗濯をする時に柔軟剤を使うことにより、衣類の表面に薄い膜ができます。
そして、繊維同士の摩擦を防いで静電気を防ぎ、衣類がふっくらして手触りが良くなるのです。これはトリートメント前後の髪を触ったことがあれば、なんとなーく分かるんじゃないでしょうか。

さらに、柔軟剤には防臭効果があるため衣類についた食べ物やタバコの臭いが気になる場合にとても効果的。また、摩擦を防いでくれるから衣類の持ちを良くする役割もあります。要するにコーティング剤なのです。

まあ実際それだけなので、付けなくてもさほど問題はないんですけどね。

 

柔軟剤のメリット・デメリット

タオル

宣言しましょう、タイトル詐欺をします。だってメリットは上の段落に書いたのでほぼ全部なんですもん。実際は『柔軟剤のデメリット』ですね。

 

先ほどもお話した通り、柔軟剤には繊維の表面に膜を作って衣類の摩擦を防ぐ働きがあります。しかし、大量に入れたり入れるタイミングを間違えたりすると、衣類の吸水性がどんどん低下してしまうのです。
ハンカチやタオル、ブラウスやキャミソールみたいな、汗を吸収する衣類の場合は特に注意が必要です。


また、肌の弱い人や敏感肌の人の場合は、柔軟剤の成分が刺激になることも。小さな子どもの服に使うのもNGです。

理由はすばりカチオン界面活性剤。そう、前の段落で話した、柔軟剤の成分です。シャンプーなんかがマイナスイオンで作られている界面活性剤なのに対して、柔軟剤は『プラスイオンで出来た界面活性剤』です。で、なにが問題かというと『プラスイオン』であること。

柔軟剤には殺菌効果があります。仕組みを簡単に説明すると

  • 細胞の中は、セルロースというマイナスの電気をもつものが多い
  • プラスイオンは、マイナスの電気に磁石が如く吸い寄せられる
  • 界面活性剤は、タンパク質やセルロースを変質させる効果がある

ここまで書けば分かってもらえたでしょうか? そう、細菌も人間の皮膚も作りでいえば同じ細胞。肌が強くないと普通に殺菌されてしまうのです。

 

ところで近年「スメハラ」といって、柔軟剤に限らずタバコや香水の臭いが不快感を与えるハラスメントも存在します。香りの強い柔軟剤によって、自分が気がつかないだけで周囲を不快な気持ちにさせてしまう可能性も秘めているのです。

というかそもそも、『におい』を感じる仕組みからして…… という感じはしますね。鼻の臭いを感じる部分に物質が引っ付いたときにそれを『におい』として感じているわけです。つまり柔軟剤のにおいっていうのは化学物質が鼻のなかに付着して……。

このように、衣類の持ちを良くしたり、静電気を防いだり、肌触りをよくする一方でマイナス面もあるということを心に留めておきましょう。

 

……ちょっと脅しすぎましたかね?

 

柔軟剤を入れる正しいタイミング

柔軟剤

それでは、柔軟剤の正しい使い方について見ていきましょう。
洗剤と一緒に洗濯槽に入れる、という人がほとんどなのではないでしょうか?

柔軟剤を入れる正しいタイミングはすすぎのときです。洗濯の手順をおさらいしながら、説明します。下記の通りです。

   手 順  

1. 洗濯物を入れる

洗濯機の中に洗濯物を入れます。フリルやレース、ファスナーが付いている洋服はそれぞれ洗濯ネットに入れましょう。

 

2. 洗剤を入れる

洗濯物の量、水の量に合わせて洗濯洗剤を計量し、注入します。

 

3. 柔軟剤をセット

スタートボタンを押す前に、柔軟剤専用の投入口に柔軟剤をセットしましょう。

最後のすすぎのタイミングで、洗濯槽の中にセットした柔軟剤が自動的に投入されます。また、セットする柔軟剤の使用量は、商品に記載された分量を入れてください。

 

4. コースを洗濯

洗う衣類の素材や量にもっとも適したコースを洗濯し、洗濯をスタート。

 

5. 干す

洗濯が終了したら、すぐに洗濯槽の中から衣類を取り出しハンガーに吊るして干しましょう。そのまま放置しておくと、雑菌が繁殖して臭いやカビの原因となります。

 

あとは風通しが良い場所でしっかり乾かしましょう。

ちなみに、ブラウスやスタッズがついたTシャツなどを手洗いする場合は、汚れを落とし終わってすすぐ際に洗面器の中に柔軟剤を1〜2滴垂らしてください。

すすぎ終わったら軽く絞ってタオルで水分を飛ばし、ハンガーに干して乾かしましょう。

 

柔軟剤を使う時の注意点

メモ

柔軟剤の本来の効果を最大限発揮するためには、この5つの注意点を守りましょう。

 

柔軟剤の量を守る

商品のラベルに記載された量を守りましょう。柔軟剤の量が多いからといって、香りが強くなるわけではありません。

むしろ、入れすぎによって繊維や素材が傷ついて衣類の持ちが悪くなる可能性があります。また、吸水性が悪くなったり肌触りが悪くなってしまうことも……。

また、毎日柔軟剤を使うのもあまりよくありません。お洗濯3~5回に1回ぐらいの頻度で使うようにするのがおすすめです。

 

柔軟剤と洗剤を一緒に投入しない

上でもお話をしましたが、柔軟剤と洗剤は一緒に投入しないようにしましょう。一緒に投入することにより、互いの効果を打ち消しあってしまうからです。

洗剤は衣類の汚れを落とし、柔軟剤は衣類同士の摩擦を防ぐというそれぞれに役割があります。

 

すすぎ1回での使用は避ける

すすぎの回数は2回に設定しておきましょう。すすぎ1回だけでは、どうしても衣類の汚れが落としきれなかったり、洗剤が残っている場合があるからです。

 

脱水をかけすぎない

脱水をかけすぎると、柔軟剤の成分がどんどん排出されて効果が薄れてしまう可能性があります。脱水は1回までに留めておきましょう。

悪天候が続いてどうしても我慢ならない場合は、タオルに包んで水分を吸収させると良いでしょう。

 

洗濯物を詰め込みすぎない

私がよくやりがちなのですが、洗濯物の詰め込みすぎは避けましょう。汚れが落ちにくくなるだけではなく、柔軟剤の成分が全体に行き渡らずムラができてしまう可能性があるのです。

 

柔軟剤の香りを持続させたい

タオル

誰しも、良い香りに包まれたい、人にいい香りがする人だと思われたいと思うもの。柔軟剤の香りを持続させる一番手っ取り早い方法は、ズバリ1回の洗濯量を少なめにすることです。

繰り返しとなりますが、1回の洗濯物の量が多いとどうしても柔軟剤が行き渡らずムラになります。要は、洗濯物の量が少なければその分、全体に行き渡る柔軟剤の量が安定するため、香りが定着しやすくなるというもの。

また、汗の臭いや汚れが気になる衣類は予洗いしておくと良いでしょう。事前に洗っておくことで菌の繁殖を防いで柔軟剤の香り効果が格段にアップします。

まあそれが良いことだとは、口にしませんがね?

 

まとめ

柔軟剤は繊維をコーティングしてくれるのですね。そのおかげでいろいろな嬉しいことがあります。
静電気を防止したり、手触りが良くなったり。さらに、衣類の持ちも良くなるのです。

一方で、吸水性が悪くなるというデメリットも。
敏感肌の人は、柔軟剤の成分で肌荒れしてしまうこともあるので注意してくださいね。

柔軟剤を使うときは、すすぎのときに適正量を入れるようにしましょう。
いまどきの洗濯機は、専用投入口が用意されていると思うので、そこを使えばOKです。
手洗いをするときは、「すすぎのときに入れる」ということを忘れないようにしましょう!

洗濯物の量は少ないほうが、柔軟剤の香りが長持ちするのでおすすめですよ。

あ、今まで使い方間違っていたかも、という方はこの機会に使い方を見直してみてください。
柔軟剤も上手く使いこなせれば、お洗濯ももっと楽しくなるはず。柔軟剤を最大限に生かして、お洗濯しましょう。

関連記事

NEWスーツを自宅の洗濯機で洗う方法!クリーニングに出した方が良いけど

あー、スーツを洗濯機で洗いたい!って心の底から思うことってありませんか? え?あ、ないですか、そうですか。 でも、スーツを洗濯機で洗うと何より節約になるというメリットがあるのです。 手間がかかる、プロ並みの仕上がりにする […]

7割の人が知らない!スーツクリーニングの最短は即日仕上げサービス

スーツをクリーニングにだしたとき、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか。大体2〜3日程度かかるそうです。 でも、それでは間に合わない!ということもありますよね。例えば、急にスーツが必要になった時とか、クリーニングに出 […]

ランキング

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

大掃除の日に最小限の洗剤と道具で家中まとめてピカピカにする方法!

年末が近づくと、悩みのタネになってしまう大掃除。 お掃除したいところはたくさんあるのに、後回しにしたり、お掃除の方法に迷ったりしているうちに、年が明けてしまった。 そんな経験があるのは私だけでしょうか……。 でも、大掃除 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか? 洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。 あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ。 その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです […]

ボロボロになった内袋を交換!美しく仕上げる鞄修理のプロの技を取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだ鞄。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていた鞄。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 そう迷っ […]

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

換気扇のお掃除は、難易度が高いです。 取り外しも面倒で、一度お掃除してもすぐに汚れていきます。 そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかわかんない、って方も多いかも。 「じゃあ、やらなくていいや!」というわけにも […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

靴修理の職人さんはかかとのゴムを新品のように直せるって知ってる?

気づいたらかかとがすり減っていた… ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった… そんな経験、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 でも、かかとのゴムの修 […]

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

大掃除の日に最小限の洗剤と道具で家中まとめてピカピカにする方法!

年末が近づくと、悩みのタネになってしまう大掃除。 お掃除したいところはたくさんあるのに、後回しにしたり、お掃除の方法に迷ったりしているうちに、年が明けてしまった。 そんな経験があるのは私だけでしょうか……。 でも、大掃除 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

換気扇のお掃除は、難易度が高いです。 取り外しも面倒で、一度お掃除してもすぐに汚れていきます。 そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかわかんない、って方も多いかも。 「じゃあ、やらなくていいや!」というわけにも […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

エアコンクリーナーでお掃除を全力でやってみたので写真付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

【五徳】ピカピカお掃除!万能【重曹】の前に「とりあえずビール!」

  ガスコンロについている五徳、きちんと洗ったことってありますか? 鍋からの吹きこぼれ、油の飛び散り、と、五徳によごれはつきもの。 料理し終わった後の五徳は、とても熱くなっていて触るのは危険です。 食器のように […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

新しい洗濯表示を覚えられないあなたのためにイラスト付きで徹底解説

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか? 洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。 あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ。 その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

洗濯ネットの使い方は正しい選択をねっ!と知れば型崩れ・ほつれなし

一人暮らしを始めた当初は、「洗濯ネットとか使う意味あるの?」なぁんて思ってた僕ですこんにちは。 だってほら、ただの袋じゃないですかあれ。 なら別に無くてもいいじゃん? と使わず洗ったのが運の尽き、まだらに青いシャツの完成 […]

服・衣類のカビは白黒2タイプ!早めのエタノール、最終手段は漂白剤

久しぶりにクローゼットから取り出した服に、なんか白いものがついてるな…とか、黒いぽつぽつがあるな…なんていうこと、ありませんか? それ、もしかしたらカビかもしれません。 せっかく大事にしていた洋服に、カビが生えるなんて嫌 […]

布団のカビは「エタノール」で殺菌!カバーも床も徹底的に消毒しよう

敷布団やマットレス、久しぶりに干してみようかな~と、ふと裏を見てみると……。 ん?なんか黒いポツポツがある。 ナニコレ。 ってなっている方。 劣化かな、仕方ない。 とか言って、放置しないでくださいね? その黒いポツポツ、 […]

洗濯物の部屋干しでイヤなにおいを防ぎ速く乾かす8つの方法完全版!

雨が続く梅雨の時期など、太陽の下で洗濯物を干せないときってありますよね。 そんなときは部屋干しをする方が多いと思います。 でも部屋干しだと洗濯物は乾きにくいし、ちゃんと乾かしたはずなのに生乾きの臭いがするということもあり […]

柔軟剤の使い方ひとつで香る香りも香らない!?入れるタイミングが命

いつもなんとなく使っている柔軟剤。 柔軟剤を使うと、手触りがふわふわになって気持ちがいいし、いい香りもしていいことばかりだな。なんて思っていませんか? もちろん、柔軟剤にはいいところも沢山あります。一方で、デメリットもあ […]

振袖のたたみ方を知らないあなたに、手順写真付きでたたみ掛ける解説

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

ボロボロになった内袋を交換!美しく仕上げる鞄修理のプロの技を取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだ鞄。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていた鞄。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 そう迷っ […]

靴修理の職人さんはかかとのゴムを新品のように直せるって知ってる?

気づいたらかかとがすり減っていた… ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった… そんな経験、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 でも、かかとのゴムの修 […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

プロの鞄クリーニング・色補修を取材!カビ染みやキズにもう悩まない

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

裾上げはウエストから!?パンツの種類別にポイントも手順も徹底解説

もうちょっと裾が短かったら、このパンツは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

革の鞄のお手入れは、頻度と根気!傷には水拭き、汚れには消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

ふと腕を見ると、そこにいてくれる。 そんな安心する存在、腕時計。 いつでも時間を教えてくれる時計は、便利なのと同時にファッションアイテムでもあります。 きれいなお気に入りの時計を身につけていたら、気分がいいですよね。 逆 […]