小型の業務用シュレッダー6選!1台で情報漏えいをバッチリ防ぎます

むらかみ

2018年07月25日

 

個人情報や重要書類の管理は、会社の規模にかかわらず慎重に取り扱う必要があります。

顧客の住所や名前などが記載された書類を、うっかりそのままゴミ箱に捨ててしまうと、誰かに悪用されてしまう可能性も。

そこで大切な情報漏洩を防ぐためにも、シュレッダーがあると安心です。

今回は、業務用小型シュレッダーのおすすめ商品を6つ紹介します!

シンプルで使いやすい!「Amazonベーシックシュレッダー」

出典:https://www.amazon.co.jp

 容   量    25.4L

最大裁断枚数   12枚

CD/DVD/カード ホッチキス   対応

不要な書類を一気に処理したい!という時に便利なのが「Amazonベーシックシュレッダー」。

1度に12枚までに対応できるだけでなく、小さなペーパークリップやホッチキスの処理までできる優れもの。

また、CDやDVD、クレジットカードなども断裁できるため、安心して廃棄処分ができます。

ミニクロスカットという一般的なクロスカットよりもさらに細かくカットできる裁断方法を採用しているので、重要書類も安全に廃棄できます。

実際にシュレッダーを使ってみた感想は?

width=128
アイス箱のような厚紙や、CD、クレジットカードも紙同様に粉砕してくれます。縦横裁断によって復元性も悪く安心して使えます。

 

復元性が悪いため、機密文書などの処理にも使えそうです。個人情報がたっぷり詰まったクレジットカードの処理にも対応できるのは魅力的ですね。

パワフルで長時間連続使用可能!「サンワダイレクト 業務用 電動シュレッダー  400-PSD036

サンワダイレクト 業務用 電動シュレッダー クロスカット 120分連続使用 A4 20枚細断 ホッチキス対応 CD/DVD / カード 対応 400-PSD036

出典:https://www.amazon.co.jp

 容   量    26.5L

最大裁断枚数   20枚

CD/DVD/カード ホッチキス   対応

こちらは、とってもパワフルな業務用シュレッダーです。

なんと最大まとめて20の裁断ができるだけでなく、容量も26.5Lと大容量です。消費電力は550wと少し多めですが、たくさんの紙を一度にたくさん効率よく裁断したい人にはピッタリです!

キャスター付きで移動が簡単なだけでなく、連続運転時間も120となので、長く裁断を続けることができますよ。

果たして、本当にたっぷり裁断できるのか?

width=128

非常に静かで、かつ加熱や噛み込みがなくストレスの無い処理ができます。使用時間やパワーがかなりあるのでたくさん入れても使えます。この値段でこのパワフルさ、申し分なしです!

 

シュレッダーを使う機会の多いオフィスで大活躍しそうですね。

音が気にならない静音設計!「コクヨ シュレッダー S-tray」

出典:https://www.amazon.co.jp

 容   量    12L

最大裁断枚数   6枚

CD/DVD/カード ホッチキス  対応

使いたい時にすぐ使えるように、オフィスの中にシュレッダーを置きたい。でも、作動音が気になりますよね。

「コクヨ シュレッダー S-tray」は、デスクサイドでも気になりにくい静音設計が特徴。静音モーターを使用することで作動音を抑えています。

デスクの下にも収まるコンパクトサイズですが、コンパクトサイズには珍しい紙詰まりを防ぐオートリバース機能付きというのも魅力です。

実際にシュレッダーを使った感想は?

width=128
日中しか使わないので、静音という点は重視していませんでした。耳障りな音はせず、ゴゴゴ…グルグルといった低い音がするだけで、使用の際に音が気になりません。引き出しタイプのダストボックスも使いやすいです。

 

作動音が気になりにくいため、仕事中でも安心して使えそうですね。ダストボックスの形状など、使いやすさにも工夫が見られます。

ロック付きの投入口で安全!「コクヨ シュレッダー RELISH」

出典:https://www.amazon.co.jp

 容   量    8L

最大裁断枚数   5枚

シュレッダーにうっかり服や髪の毛、ネクタイなどが挟まってしまうことも考えられます。

「コクヨ シュレッダー RELISH」は、投入口にロック付きのシャッターを搭載。2回操作をしないとシャッターが開かない仕組みになっているので、安心安全に使うことができます。

オフィスはもちろん、小さな子供がいる家庭用としてもおすすめです。

連続して10分間使用できるため、溜った書類を処理したい時にも便利に使えそうです。

実際にシュレッダーを使ってみた感想は?

width=128
音も静かな上、処理スピードもよかったです。引き出し式のため重いシュレッダー本体を持ち上げなくて済むので、ゴミ捨ても以前に比べると楽になりました。

 

使用後の処理もシュレッダー選びのポイントとして抑えておきたいですよね。引き出し式で簡単にゴミを捨てられると、ストレスなく使い続けられそうですね。

裁断時間も大幅カット!「アイリスオーヤマ シュレッダー AFS150C-H

出典:https://www.amazon.co.jp

 容   量    23.5L

最大裁断枚数   150枚

CD/DVD/カード ホッチキス   対応

「あ~~~!たくさん書類を裁断しなきゃいけないのに、11回手で入れているといつまでたっても終わらない!」

そんなお悩み、ありませんか?だけど、そんなストレスの種もこのシュレッダーが解決してくれます!なんと、このシュレッダーは手で入れなくても置くだけで自動で紙を裁断してくれるんです。まさにシュレッダー界の革命児ですね。

さらに驚きなのが「スイングアーム機能」。裁断してダストボックスに溜められた紙をスイングアームが平らに慣らしてくれるんです。ダストボックに透明な小窓が付いているので、それだけゴミが溜まったかも一目瞭然です。

果たして、シュレッダー界の革命児の実力はいかに

width=128

放っておくと勝手に裁断してくれるのでとっても楽です。動作音も小さく紙詰まりもあまりしないので満足です。スイングアームのおかげで箱の中の密度も高くたくさんの処理ができるので気に入っています。

 

ちなみにオートフィルダーだけでなく手入れでの裁断も可能なので、少しだけ裁断したい場合も便利ですよ。

<本人登場!>

ここで、本人登場のコーナー。

こちらはユアマイスタイル編集部オフィスの一角にある、アイリスオーヤマのシュレッダーくんです!

じゃじゃーん!

細かいポイントですが、背面の溝部分に配線コードがスッキリ収まるので壁にピッタリとくっつけて置けるようになっているんです!

上から見た図

オープンした図

蓋を開けると、ローラーが登場。紙を置いたあとに蓋を閉めると、上に置いた紙が吸い込まれるように裁断されていきます。

もちろん、手差しでも大活躍!!

以上、毎日オフィスで大活躍しているシュレッダーくんの登場でした。小型タイプでたくさん紙を裁断したい方にはおすすめですよ!

オシャレなのに秘密をしっかり守る!「アイリスオーヤマ シュレッダー P3GM-C

アイリスオーヤマ シュレッダー 細密 ベージュ P3GM-C

出典:https://www.amazon.co.jp

 容   量    8.9L

最大裁断枚数   3枚

こちらは、オシャレでスリムなデザインのシュレッダーです。

このシュレッダーの特徴は、なんといってもそのデザインのカジュアルさと紙のカット方法にあります。

一般的なシュレッダーは4×30mmのクロスカットが主流ですが、こちらのシュレッダーでは2×12mmのマイクロクロスカットを採用しているので、より精密なカットが機密情報を安全に処理してくれます。カットが細かくなることで機密情報が守られるだけでなく、ゴミのかさも大幅に減らすことができますよ!

さらに、モーターが過熱すると自動的にストップし、本体からダストボックスを外すと作動せず、紙が詰まった場合はカッターを逆回転させて簡単に取り外せるようにもなっているので簡単に取り外せます。

マイクロカットはどうですか?

width=128

裁断が本当に細かく、個人情報が書いてあっても安心して捨てられるシュレッダーです。一度に裁断できる枚数が少ないので、あまりシュレッダーを使わないオフィスや家庭におすすめできます。値段が安く、オシャレなところは嬉しいポイントですね。

 

これだけ細かくカットされれば、もし自分の部屋を掃除していて黒歴史が出てきても大丈夫ですね。これでゴミ箱のなるべく下の方に隠しながら捨てる必要もありませんよ!

ちなみに、シュレッダーは長く使っていると刃が弱くなってきてしまうことがあります。

でも、シュレッダーのお手入れってどんなことをしたら良いのかわかりませんよね。そんなときに使ってほしいのが、こちらの商品。

なんと、紙を裁断する時と同じようにシュレッダーにこちらを入れるだけで簡単に刃のお手入れをすることができるんです!これを使うことで刃の劣化を防ぐだけでなく、使用時の騒音も軽減することができるんですよ。ぜひ使ってみてください!

まとめ

今回は、オフィスの必需品である「業務用シュレッダー」のおすすめ商品を6つ紹介しました。

スマートにおけるコンパクト設計や、細かく断裁してくれるものなど、シュレッダーといってもそれぞれに異なる特徴があります。

重要書類を安心に処理するためにも、シュレッダーはオフィスには欠かせないアイテムです。

大きさや機能面はもちろん、見た目のデザインなど、自分にとって使いやすいシュレッダー選びの参考にしてください!

1億円超えの名画など、大事な書類は裁断しないようにご注意を!

関連記事

小型の業務用シュレッダー6選!1台で情報漏えいをバッチリ防ぎます

  個人情報や重要書類の管理は、会社の規模にかかわらず慎重に取り扱う必要があります。 顧客の住所や名前などが記載された書類を、うっかりそのままゴミ箱に捨ててしまうと、誰かに悪用されてしまう可能性も。 そこで大切 […]

トイレヒーター10選!足元が冷えるのを防ぐ速暖・人感センサーつき

  真冬のトイレは、昼間でも底冷えしてしまうもの。とはいえ、その対策に防寒着をもう一枚羽織るのは面倒…。 そんな時、トイレヒーターを活用するのはどうでしょうか。 トイレヒーターの存在がメジャーになったのは、まだ […]

【2018】メーカー別おすすめ洗濯機13台厳選!迷ったら日立だ!

  「最近の電化製品なんてみんな同じもの、洗濯機もどれも似たり寄ったりでしょ?」なんて考えている方いらっしゃいませんか? そんな方はおそらく「どれも同じだから何でもいいや!」と考えたり、「どれを選べば良いのか分 […]

日々の疲れをスッキリ解消!おすすめのマッサージチェア10選をご紹介!

  日々の疲れが溜まって辛い…そんな方はいませんか。 毎日マッサージが受けられたら疲れが取れるのにな、と考える方も多いはず。そんなとき、マッサージチェアがあれば毎日の疲れを自宅で簡単に癒すことができ […]

ランキング

シューキーパー選びの決定版!職人が本気でおすすめする14選を公開

シューキーパーって、みなさん使っていますか? もしかすると、使っていない人もいるかもしれませんよね。 靴をきれいにするブラシやクリームは持っていても、なかなかシューキーパーまでは手が出ない、という方も多いのです。なんとな […]

アタッチメント、防水、吸引、持ちやすさ、機能で選ぶバリカン4選!

  ちょっと髪が伸びてきたけど、美容院に行くまでもないなーという時、 家にちょっと切れたら便利ですよね。 そういう時に役立つのがバリカン。 えっ、バリカンって坊主にする時に使うのでは?という印象の方もいらっしゃ […]

【2018年】おすすめの冷蔵庫12選!容量別に機能を比較して紹介

  冷蔵庫を買い替えようと思っても、いろんなものがあって、どれがいいの分からず、悩んでしまうこともありますよね? お店に行って見る時間はなかなか取れない、行っても店員さんに話しかけられると嫌だななんてこともある […]

ホットプレートのおすすめ18選!煙や油ハネを抑えて楽しい調理を!

最近注目を浴びているホットプレート。ホットプレートといえば焼肉というイメージが強いですが、今ではグラタンやパエリアなど、様々な料理ができる万能の調理家電として知られています。 一家に一台あれば、何かと便利ですよね。ホット […]

洗濯ネットを特集!靴・布団・帽子も守る11人のガードマンを紹介!

みなさんは、どのような洗濯ネットを使っていますか? 最近、洗濯ネットの種類はますます増えてきており、より便利になったものがたくさんあります!今日は、そんなたくさんある洗濯ネットの中から、11個の洗濯ネットをご紹介したいと […]

大切なiPadを傷から守ろう!素材と機能で選ぶiPadカバー10選!

  みなさん、iPad使ってますか? 本を読んだり絵を描いたり、大画面で動画を見たり、スマートフォンではできないことも、iPadならたくさんできますよね。ビジネスにおいても、プライベートにおいても有効活用できる […]

人気のお絵かきボード14選!ペーパーレスで数や文字の学習にも最適

  1歳ごろになると、筆記用具に興味を持ち始めるお子さんが多いですよね。 でも、クレヨンやペンを持たせると、壁や床などに落書きしてしまい、あとあと大変なことに…。 とてもじゃないけど、目が離せませんよね。 たく […]

庭のお手入れの必需品!手をしっかり守るガーデニング手袋5選を紹介!

  ガーデニングは素手でやると、爪に土が入ってしまったり、植物にトゲや繊維に手をこすってしまって、出血してしまうなど思わぬ怪我をしてしまうことがあります。 そのため、手袋・グローブはガーデニングにおいて必須の道 […]

おすすめの自転車用ライト13選!ナイトランをする人には必須のアイテム!

  夜間にライト無しで自転車に乗るのは、とても危険です。 道路交通法は、自転車が夜間や暗いところでライトを付けることを義務づけています。 そのため、もしもライトなしで事故を起こしてしまうと、自転車側の責任になっ […]