整理収納アドバイザーってどんな資格?取得方法や資格の活かし方は?

YOURMYSTAR STYLE編集部

2021年08月01日

Top page

最近テレビや雑誌で目にする「整理収納アドバイザー」。

手早く片付けをして、おしゃれに収納する様子は真似してみたいと思いますね!

整理収納アドバイザーとはどのような資格なのでしょうか。

今回は整理収納アドバイザーについてご紹介します。

整理収納アドバイザーとは?

整理収納アドバイザー検定は、「ハウスキーピング協会」という団体が運営をしている民間資格で、3級・2級・1級の3つの階級があります。

1級を取得すると「整理収納アドバイザー1級」の肩書をつけてプロとして活動することができます。

1級を受験するには2級と準1級の認定証が必要なので、プロを目指す人はまず2級を取得しましょう。

資格取得のメリット

整理収納アドバイザーの資格を取ることは、整理整頓術を学ぶばかりではありません。

・片付けることにより、ものを探すタイムロスをなくすことができる

・ものが整理されていることにより、無駄な買い物をすることがなくなる

・片付いた空間により心にゆとりを与えることができる

という、生活空間での「ものとの向き合い方」を学んでいきます。

整理収納アドバイザーの資格習得で得た知識は、日常生活の中ですぐに生かすことができます。

整理収納アドバイザー資格の取得方法

資格を取得するためには認定機関の「ハウスキーピング協会」が行う講座を受講します。

2級の試験は1日分の講座とセットになっているため、「試験だけ」を受験する事はできません。

1級を受けるためには2級の資格が必要です。

整理収納アドバイザー3級

整理収納に関する様々なテーマの中で、自分の希望するものを選び受講します。

自分のライフスタイルにあった身近なテーマを学ぶことができ、すぐに生活に生かすことができますよ。

3級は試験やテストがありません。

協会指定の講座を受講することで資格を取得することができます。

整理収納アドバイザー2級

ハウスキーピング協会が主催する講座を受講します。

講座はオンラインに加えて、全国各地で開催されているので自分の好きなタイミングで受講できますよ。

1日の受講で資格を取ることができます。

※詳しい日程は整理収納アドバイザー協会HPをご確認ください。

整理収納アドバイザー2級講座では、基本的な整理の考え方、具体的な整理の方法、実践的な収納のコツを、事例を交えながら学んでいきます。

整理収納アドバイザー準1級

準1級認定講座は、整理収納アドバイザー2級取得後に受けられる2日間の講座です。

整理収納についてもっと詳しく学びたいという方にお勧めです。

整理収納アドバイザー1級

1級は整理収納の知識をより深めたい、整理収納が苦手な人にアドバイスをしたい、スキルを活かして仕事をしていきたいという人におすすめです。

1級を取得することでプロの整理収納アドバイザーとして活動できます。

1級の試験を受けるためには2級合格後に「準1級」の2日間の認定講座の受講が必要です。

2級までは講座を受講することで資格が取れますが、1級は試験があり合格率80~90%ほどと言われています。

1級の検定試験内容

1次試験…マークシート式の「筆記試験」90分

2次試験…グループでのプレゼンテーションによる「研究発表」

※1次試験に合格すると2次試験の受験資格が得られます

通信教育で資格を取る

在宅で資格を取得したい場合はユーキャンなどの通信講座で資格を取ることもできます。

ユーキャンで取得できるのは2級から準1級資格までです。

ハウスキーピング協会で受講する場合は2級で1日間、準1級で2日間なので早く取得はできますが、在宅でマイペースに学びたいという人や仕事の合間に資格を取得したいという人にはおすすめです。

ユーキャンはキャンペーン割引などでお得な期間もあるので、チェックしてみてくださいね。

資格を活かす方法

インテリアのアドバイスや家事代行業として働く

社員・パートタイマーとして企業に所属して整理収納アドバイザーの知識を生かして働くことができます。

会社によっては資格の手当てがつくこともありますよ。

フリーランスで働く

個人事業主として、個人のクライアント宅を訪問して整理収納のアドバイスをしたり、セミナーを開催することもできます。

最近ではSNSで発信することで活躍の場を広げることもできますよ。

まとめ

人気の資格である整理収納アドバイザー。

最近は不要なものは持たず、身の回りをシンプルにすることに関心が高まっています。

まずは「きれいな部屋をキープしたい」「使いやすい収納にしたいとい」という基本的な気持ちから整理収納を学んでみてもいいですね。

整理収納アドバイザーは、自分自身の生活を見直すきっかけとなる資格です。

整理整頓の仕方だけでなく、ものとの向き合い方を学ぶことができます。

必要なものがすぐに取り出せる、無駄なものは買わないということで生活がスムーズに豊かになりますね。

自分自身の整理整頓ために、まずは2級を取得してみるのもおすすめです。

整理整頓好きの方はプロとして活躍できる1級にチャレンジしてみましょう!

関連記事

整理収納アドバイザーってどんな資格?取得方法や資格の活かし方は?

Top page 最近テレビや雑誌で目にする「整理収納アドバイザー」。 手早く片付けをして、おしゃれに収納する様子は真似してみたいと思いますね! 整理収納アドバイザーとはどのような資格なのでしょうか。 今回は整理収納アド […]

ベランダストッカー10選!素材や容量、強度でお気に入りを選べる!

ベランダストッカーはあると便利な収納BOXです。 一般的には屋外のみで使用されると思われがちですが、キッチンや車の中などにも置くことができ、シーンに応じた収納物を入れることが可能です。 そんな実用的なベランダストッカーの […]

ウォッチスタンド特集!収納本数や機能別におすすめな厳選商品を紹介

腕時計を置く場所は決まっていますか? お気に入りの腕時計を買っても、外している時はテーブルや玄関にそのまま置きっ放しにしてしまいがちですよね。 そこでおすすめしたいのがウォッチスタンドです。 ウォッチスタンドがあれば、腕 […]

収納に便利な押入れ用本棚を4つご紹介!スペースを有効活用しよう!

いつの間にか増えてしまった本や漫画の収納に困っているという方に、おすすめしたい収納方法があります。 それは、押入れのスペースにコンパクトに入れてしまう方法です。 今回は、押入れに使える本棚を4つご紹介します。 たっぷり収 […]

ランキング

シューキーパー選びの決定版!職人が本気でおすすめする14選を公開

シューキーパーって、みなさん使っていますか? もしかすると、使っていない人もいるかもしれませんよね。 靴をきれいにするブラシやクリームは持っていても、なかなかシューキーパーまでは手が出ない、という方も多いのです。なんとな […]

アタッチメント、防水、吸引、持ちやすさ、機能で選ぶバリカン4選!

ちょっと髪が伸びてきたけど、美容院に行くまでもないなーという時、 家にちょっと切れたら便利ですよね。 そういう時に役立つのがバリカン。 えっ、バリカンって坊主にする時に使うのでは?という印象の方もいらっしゃるかもしれませ […]

【2018年】おすすめの冷蔵庫12選!容量別に機能を比較して紹介

  冷蔵庫を買い替えようと思っても、いろんなものがあって、どれがいいの分からず、悩んでしまうこともありますよね? お店に行って見る時間はなかなか取れない、行っても店員さんに話しかけられると嫌だななんてこともある […]

ホットプレートのおすすめ18選!煙や油ハネを抑えて楽しい調理を!

最近注目を浴びているホットプレート。ホットプレートといえば焼肉というイメージが強いですが、今ではグラタンやパエリアなど、様々な料理ができる万能の調理家電として知られています。 一家に一台あれば、何かと便利ですよね。ホット […]

洗濯ネットを特集!靴・布団・帽子も守る11人のガードマンを紹介!

みなさんは、どのような洗濯ネットを使っていますか? 最近、洗濯ネットの種類はますます増えてきており、より便利になったものがたくさんあります!今日は、そんなたくさんある洗濯ネットの中から、11個の洗濯ネットをご紹介したいと […]

大切なiPadを傷から守ろう!素材と機能で選ぶiPadカバー10選!

みなさん、iPad使ってますか? 本を読んだり絵を描いたり、大画面で動画を見たり、スマートフォンではできないことも、iPadならたくさんできますよね。ビジネスにおいても、プライベートにおいても有効活用できること間違いなし […]

人気のお絵かきボード14選!ペーパーレスで数や文字の学習にも最適

  1歳ごろになると、筆記用具に興味を持ち始めるお子さんが多いですよね。 でも、クレヨンやペンを持たせると、壁や床などに落書きしてしまい、あとあと大変なことに…。 とてもじゃないけど、目が離せませんよね。 たく […]

庭のお手入れの必需品!手をしっかり守るガーデニング手袋5選を紹介!

ガーデニングは素手でやると、爪に土が入ってしまったり、植物にトゲや繊維に手をこすってしまって、出血してしまうなど思わぬ怪我をしてしまうことがあります。 そのため、手袋・グローブはガーデニングにおいて必須の道具です。 ただ […]

おすすめの自転車用ライト13選!ナイトランをする人には必須のアイテム!

  夜間にライト無しで自転車に乗るのは、とても危険です。 道路交通法は、自転車が夜間や暗いところでライトを付けることを義務づけています。 そのため、もしもライトなしで事故を起こしてしまうと、自転車側の責任になっ […]