ハクビシンの駆除を特集!業者さん選びから被害内容、予防策まで紹介

macchan

更新日:2020年02月18日

 

ハクビシンはパンダの顔の模様を真逆にしたような色合いの顔をしています。

そんな顔の中でも特に目立つのが、鼻ですよね。

その白い筋が一本通った鼻にハクビシンという名前の由来があります。
ハクビシンを漢字では「白鼻芯」と書きます。あまりにそのままで笑ってしまいます。

ユニークな名前で、見た目もかわいらしいハクビシンなのですが、その実態は害獣なんです。

そんなハクビシンは自分で駆除ができるのか、そして対策の仕方までご紹介していきますので、是非読み進めてみてください。

ハクビシン駆除は自分でできるの?

結論から言えば、難しい、これにつきます。

ハクビシンは外来種の害獣ですが、害獣だからって自分の手で勝手に殺していい、捕獲していいということにはなりません。
日本ではネズミなどを除いて、ほとんどの外来種の害獣は鳥獣保護法と、外来生物法によって駆除に許可が必要になっています。

では、なぜ自分で駆除するのが難しいのか、適用されている法律も含めて、駆除に至るまでにある壁を一つずつ見ていきましょう。

第一の壁:鳥獣保護法、外来生物法の壁

まず駆除するには、駆除したい害獣が、ここではハクビシンですが、

・家屋に侵入している
・作物を食べる
・近くの空き家に住んでいて鳴き声がうるさい

などの具体的な被害を及ぼしているなど、自治体によって確認される必要があります。それから、駆除する許可をもらうことができるのです。
この許可が下りるまで、2週間程かかります。

第二の壁:狩猟免許の壁

駆除の許可が自治体からようやく下りて、いざ駆除しようと思い、意気揚々と箱罠を設置しようとします。

しかし、罠を使うには、鳥獣保護法で定められた狩猟免許が必要になります。
この免許は一種の国家資格であり、勉強してようやく取れるものです。

第三の壁:素手で捕まえることの多大なリスク

免許を取るのは難しいから、素手で捕まえようと考えるかもしれません。
しかし素手で捕まえるのは絶対にやめた方がいいです。

ハクビシンで検索すると毛が抜けきった画像が出てくることがあります。
これは疥癬症(かいせんしょう)にかかっているハクビシンです。
それが人に移っても、ハクビシンほどの重症にはなりませんが、それでも一定の症状がでます。
また疥癬症ウイルスだけでなく、様々な病気のウイルスを移されるかもしれません。

だからこそプロであっても、素手では絶対に捕まえずに罠で捕まえるのです。

第四の壁:再発する可能性がある

狩猟免許を持っていて、罠で捕まえられたり、もしくは素手で捕まえることが勇敢にもできたにしても、1匹駆除しただけでは十分ではなく、再発する可能性があるのです。

再発する可能性をできるだけ低くするためには、ハクビシンが侵入したルートを割り出して、侵入口をふさぐこと、住処となった屋根裏などを薬剤で処理するということが必要になります。

ルートの正確な割り出しや、薬剤による処理は素人では知識も経験もないため、これを完璧にこなすのは難しいのです。

以上が、ハクビシンを駆除する時に立ちはだかる壁でしたが、ハクビシンの自力駆除は難しいことを納得していただけましたか?

業者さんに頼む際に注意すべきポイント

ハクビシンを駆除するには市町村自治体からの許可と、狩猟免許を持っていなければならないことはこの記事の冒頭でも述べたとおりです。

ハクビシンの完全駆除は素人ではほとんど不可能に近いため、主に業者さんが駆除を行なっています。

そのような状況につけ込んだ、悪徳業者が一定の数いるということは、残念ながら事実です。例えば、作業の質が低かったり、様々なオプションがついて、最終的に請求される代金が異常に高い、といったことがあります。

ここではそのような、悪徳業者の見分け方をいくつかご紹介していきます。

悪徳業者かもしれないというポイント

悪徳業者には共通点があります。その共通点を学ぶことで、悪徳業者に騙されることはなくなると思うので、ここは必ずチェックしてくださいね。

表示価格が異常に低い

これは、ハクビシン駆除の業者さんに限らず、他の害獣駆除業界での、悪徳業者の共通点です。

ハクビシンの駆除には、追い出し、進入路をふさぐ、糞尿の掃除、捕獲した場合の、処分、再発防止のための薬剤散布など、一回の作業でやるべきことが沢山あります。

そのようなサービスを全部注文すれば、目安としては、低くても1LDKの住宅で10万円ほどかかります。

ネットの表示価格だけで判断するのは、あまりにもリスクが高いので、気を付けてください
他社と比べて、あまりにも安すぎる場合には、作業代がオプションとして後からついてきて、最終的な金額が異常に高くなることがあるのです…

狩猟免許を持っていない

狩猟免許は、ハクビシンを捕獲する場合のみ、必要になるものなので、追い出しを選ぶ場合には、問題ないと思う方もいるでしょう。しかし、それは違います。問題大ありなのです。

狩猟免許を持っていない業者さんというのは、それだけ受けられる依頼が少ないということです。

その分、利益を出すためには、1作業、1作業の単価を高くするという手段を足らざるを得なくなります。

そして、そもそもハクビシンに関する知識が不足していることもあるので、免許の所持は必ず確認しましょう。

見積もり時に契約を執拗に迫ってくる

上の二つはネットの情報だけでも判断できるようなポイントでした。では、実際に会ったときに判断できるようなポイントをここでは紹介していくことにしましょう。

悪徳業者は見積もり時に、様々な言いぐさで、危機感を煽ってきます。

他の業者さんに見積もりをお願いされると、自分たちが悪徳業者であったことがばれてしまうので、急ぎの判断を迫ってくるというわけです。

そして契約が決まってしまえば、あとはやり放題です。決して、焦って契約するということはしないように注意しましょう。

いい業者さんに巡り合うためには

ハクビシン駆除に限らず、害獣の駆除には、最初の追い出しの作業から、その再発予防、そしてアフターサービスまでしっかりしている業者さんに頼むことに越したことはありません。

ではそのような業者さんにめぐり合うにはどうすればいいのでしょうか。

良い業者さんに巡り会うためにはずばり

色々な業者さんに見積もりをいらいし、その時の対応で比較する

 

という、ネットの情報だけでは判断できないポイントを見るしかないのです。普通の業者さんと、良い業者さんの間の差は数値的、データ的なものでは判断できないからです。

どんな作業をするのか、その作業はどのような効果があるのか、使う道具はどのようなものなのか、家屋に対して悪影響はないのか、など気になることは何でも聞いて、その応対の比較で判断できるということです。

良い業者さんは、どんな質問もされても、素人にも分かりやすいように説明してくれます。それは長年の経験と確かな知識があるからこそできることなのです。

大抵の業者さんは無料で訪問見積もりを行ってくれます。色々な業者さんに訪問見積もりを依頼して比較してみましょう。

多少手間はかかりますが、この手間を惜しまなければ、必ず良い業者さんに巡り合えます!ぜひやってみてください!

ハクビシンの生態

ハクビシンの被害は近年では、都会での被害も、うなぎ登りに増加しています。

ここにハクビシンの生態の大きなヒントが隠されています。

その特徴的な生態としては

・行動範囲が広く、どこでも寝床にする
・一年中繁殖期

ということがあげられます。

行動範囲の広さ

ハクビシンのような森林にすむ動物の天敵は、オオカミや熊など大きな肉食動物だけだと思いますよね。

しかし、いまでは人間も、多くの動物にとっての天敵になっていて、それはもちろんハクビシンも同じです。

そのためにハクビシンは天敵の人間には見つからないように暮らさねばならないのですが、それならなぜ人口の多い都会に増えているのかと疑問に思いますよね。

それにはハクビシンの行動範囲が広く、寝床を一か所に定めないからという理由があります。
寝床を一か所に定めていないと、人の多い都会でも、1度見つかっただけでは、容易に居場所が特定されることはないので、捕獲されにくいということなんです。

繁殖力の強さ

これはハクビシンが今都会で急増中であることの大きな原因です。

一回の出産では2~3匹しか生みません。

しかしその妊娠期間が1〜2ヵ月と短く、そして、大人になるまでわずか10ヵ月しかかかりません。
ということは1年で子世代が大人になってしまう、そのサイクルの早さで、次の年には、倍、その次の年にはさらに倍というように、急増していくということです。

そして、都会では、ハクビシンの天敵が少ないので、余計に繁殖してしまうということなんです。

家屋、家庭への被害

では、ハクビシンが家に住みついてしまった場合に及ぼす、家庭への被害とは何によってもたらされるのでしょうか。

それはハクビシンがだす糞尿です。家に野生の動物の糞があるなんてぞっとしますよね…

糞尿が家のどこかにあるとイメージとしただけで、もう気分が悪くなってきます。
しかし嫌悪感という精神的なダメージ以外にも、家屋、家庭に与える実害があるのです。

それは

・天井が抜ける
・ノミが出て、咳や喘息などを発症する原因となる

 

といったことが挙げられます。

天井が抜ける

彼らの住処は人から見つかりにくい天井で、その住処を清潔に保つために、糞をする場所を一か所に定めます。

一か所に積もって溜まっていくので、天井の木材を腐食させ、脆くなったところに積もった糞の重みがさらなる負担をかけて、その結果、天井が抜けてしまうことになるのです。

ノミ被害

さらに彼らの糞尿は、ノミだらけです。
放置しておくと、糞尿からでたノミが家に繁殖してしまうことになります。

家に、赤ちゃんや小さな子どもがいたり、ペットがいる場合には、そのノミの被害を直接受けてしまいます。

具体的には、アレルギー反応が出て、咳が止まらなくなってしまったり、痒くなったところをかきむしって、皮膚炎を起こしてしまったりと、様々な症状を引き起こすのです。

お金をかけずにできる予防法

業者さんに頼んでも、またハクビシンが侵入してくるのでは意味がありません。再発を防ぐためには、ハクビシンが家に侵入してこないような、家の周りの環境作りが必要になってきます。

ここで紹介する予防法はお金をかけないので誰でもできるようなことなので、業者さんに頼む、頼まないに限らず、皆さんやってみてくださいね!

では早速紹介していきます。

お金をかけずにできる予防法とは

・えさ場を作らない
・庭の草木をきちんと処理する

 

という2つの対策が具体的に挙げられます。

ではその二つを順に見ていくことにしましょう。

えさ場を作らない

えさ場を作らないとはいったいどういうことなのでしょうか。

それはかみ砕くと

・えさを放置したままにしない
・ゴミ捨ての規則を守る

 

ということです。

これだけでは全然分からないと思うので、詳しく見ていきましょう。

えさを家の周りに放置しない

ハクビシンを近づかせないようにするための最も効率の良い対策は、彼らのえさとなるものがある場所を屋外に作っておかないことです。

ハクビシンは基本的に何でも食べることができます。特に棲みつかれたときに彼らのえさとなるものは、放置したままのペットフードや、庭で育てた回収し忘れの作物などです。

このようなものを安易に庭先においておかないということが、ハクビシンを家に棲みつかせないことの第一歩になります。

注意
収穫する前のまだ全く熟していない状態でも食べられてしまうときは、もうその家にすみついてしまっている可能性が高いです。なので、その時には業者さんに依頼して対応してもらいましょう。

 

そもそもハクビシンの好物は甘いものであり、また行動範囲も広いので、そのような熟していないような作物は、基本的には食べる必要はないのです。

それでもそのような作物を食べるということは、家にすみついている可能性があるということです。

だからこそ、この場合には、業者さんに依頼した方がいいということになるのです。

ゴミ捨ての規則を守る

生ゴミや、洗ってないまま捨てられたペットボトル、缶が回収場所に残っていると、それをにしたり、しっかり洗い切れていない匂いにつられて、ハクビシンが集まってくることがあります。

必ずゴミの回収日の朝に出すということを守ってください。回収日でもないのに、ゴミを先においておくのが良くないというのは常識ですが、それは害獣のえさになってしまうこともあるからなんです。

上のような常識は必ず守るようにしましょう。

庭の草木をきちんと処理する

ハクビシンは賢い動物です。状況判断能力が高いので、人が住んでいるということが分かれば、その家に寄りつくことは少なくなります。

たとえば、庭のがぼーぼーに生い茂っていたり、庭に生えている木の枝が伸びきっていたりする家には、ハクビシンが侵入してくる傾向があります。
なぜなんでしょうか。仕組みを解説していきます。

草が生い茂っている場合

雑草が生い茂っている場所はハクビシンの絶好の隠れ家になります。
この隠れ家になるような場所が多いスポットはハクビシンにとって、絶好の生活環境なんです。

ハクビシンは家屋では屋根裏に巣を作ることからも分かるように、見えづらい位置を好むのです。

だからこそ庭の雑草をきちんと処理しておけば、家に入り込むという可能性は低くなるということです。

木の枝が伸びきっている場合

また木の枝が伸びきっていると、その枝から、家屋に開いた隙間に入ってくる原因になります。

木の枝をきちんと、家にかからないくらいに剪定してれば、そこから侵入されるということはありません。
ハクビシンは木に登れるくらいには運動神経は良いのですが、猿のように木から木へ飛び移ったりすることはありません。

だからこそ木の枝を家にかからないくらいに剪定しておくのはとても効果的なのです。

市販の便利グッズを使った予防法

上では、お金をかけずに習慣としてやれる、ハクビシンを事前に予防する方法を見ました。
ここからは、害獣なんて絶対に家に寄せ付けたくないという方に、便利グッズを用いた対策法をご紹介していきます。

その便利グッズはハクビシンを家から追い出すために「臭い」を使います。

ウルフピー

ハクビシンは嗅覚が非常に優れています。そんな嗅覚を刺激して、ハクビシンを寄せ付けないようにする、便利グッズがあります。それは「ウルフピー」と呼ばれるものです。

「ウルフ(狼)ピー(尿)」はその名の通り、狼の尿なのです。狼からでた尿を採取したものが、売られているのです。
本物のウルフピーは化学薬品などの不純物が混じっていないので、少々お高めですが、害獣全般の予防には最適な便利グッズとなっています。

それはオオカミが山林に生息している害獣にとって天敵であるからです。ハクビシンと並んで、有名な、イタチアライグマなどの害獣にも、高い効果を発揮するのです。

 

ここからはウルフピーの簡単な使い方をご紹介していきます。

用意するもの

・ウルフピー
・専用の容器

  手順   

どう使うかといえば、その尿を専用のボトルに入れて、吊るして使います。ウルフピーの専用の容器は取っ手にかけて使えるようになっているものが多いのです。

取っ手をかける引っかけが使いたい場所にない場合には、家庭菜園で使うような支柱を立てて、そこにかけるなどしてみてください。

そのボトルはウルフピーを買ったときに大抵ついてきます。そしてその容器は注ぎ口が開いており、そこからにおいが出ます。

このウルフピーから出るにおいで、ハクビシンを撃退させるのです。

POINT
3m〜6m間隔で侵入を防ぎたいところに置く
高さ30cm~60cmのところに設置する

3m〜6mの間隔で置くと、ウルフピーの効果のある範囲が重ならないので、最も効率的な置き方になります。
そして、設置する高さの30cmから60cmとは、狼の地面からの高さのことなのです。

1か月ほどで効果がなくなるので、新たに注ぎ足して使ってみてください。

また、ウルフピーを使うには注意するべきことがありますのでそれを見ていくことにしましょう。

注意
ご近所さんが近くにすんでいる場合には断りを入れましょう。

ウルフピーはいわゆる野生動物の尿なのでにおいがとてもきついです。

ご近所さんが、そのにおいの影響を直接受けそうな場合には、事前に断りをいれるか、影響の少なそうな場所に置くかしましょう。
そうしないと、トラブルが発生してしまうことがあるからです。

充分に注意して使うようにしましょう。

このウルフピーは近づかせないようにするグッズとしては、とても高い効果を発揮するのですが、せいぜい入ってこないようにする予防処置にしかなりません。

ハクビシンがすみついてしまっているのであれば、是非業者さんに駆除を依頼してください。


こちらの商品は日本で唯一、効果が認定されたウルフピーです。そして海外から直接輸入された化合物の入っていない純正品としては唯一の商品です。純正品のためにお値段は少しお高めですが、その分の効果は保証されています。専用の容器も6個ついていて、この商品だけで完結しているので、届いた後にすぐに使えますよ!

まとめ

ハクビシンを家から遠ざける方法から、業者さんに頼む際の悪徳業者の見分け方まで、見てきました。基本的には業者さんに頼むのが良いです。

駆除をするには自治体からの許可と免許が必要ですし、市販の便利グッズでは、完全に駆除しきることができないからです。

ハクビシンは近年都会でも被害が拡大しています。

被害に遭わないためにも、上であげた、お金をかけずにできる予防法はやっておいても良いと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

関連記事

ダイソーは大掃除前に行くべし!掃除道具から洗剤までALL100円

  年末に近づくと、気になってくるのが大掃除ですよね。 最近はお家にいる時間も増えているので、年末に大掃除して新年を向かえることにこだわらずに、半年に一度や、寒くなる前の秋に大掃除をするという方も増えているようです。 大 […]

暮らしの3メディア初コラボ!お掃除グッズ総選挙2020開催決定!

 今回、年末の大掃除シーズンに向けて『ユアマイスタースタイル』『LIMIA』『暮らしニスタ』の3つのメディアのコラボレーションが決定しました! その名も「お掃除グッズ総選挙」 みなさんが「実際に使ってよかった」と感じた洗 […]

ふすまの張り替え方を解説!DIYならおしゃれなアレンジも楽しめる

襖(ふすま)。 畳や障子と並ぶ、和のテイストには欠かせないアイテムの一つでしょう。 障子が破れやすいのは周知の事実ですが、襖も紙なので破れやすいし汚れも目立ちます。 小さいころは色々やって、襖をステッカーだらけにしたもの […]

草刈りに最適な時期や手順、道具を紹介!業者さんに依頼する判断基準も解説

広いお庭や畑を持っている方、「雑草」に悩まされていませんか? 何度草むしりをしても、気が付くとまたポツポツと生えていたり…。 放っておいたらいつの間にか雑草だらけになっていた、なんてことも。 雑草が広範囲に生えている場合 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

エルメス・グッチ・Diorのブランドバッグ修理は二子玉川美靴工房

HERMES(エルメス)のバーキン・ケリーをはじめ、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)……大切にしている鞄や財布はずっと綺麗に使いたい。 誰もが思うそんな想いに応 […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]