金魚の水槽のお掃除は大変そう?試しに中の水を全部捨てたら大炎上!

yamachan

更新日:2018年11月29日

 

ゆらゆらと動く姿がなんとも愛らしい「金魚」。夏祭りですくった金魚を、ペットとして育てている方も多いのではないでしょうか。

ふと気がついたら金魚が見えなくなる位、水槽が緑色になっている…。汚れた水槽って見た目が悪いだけではなく、金魚にも悪影響を及ぼしてしまうんです。

金魚がずっと口をパクパクしている時って、実は金魚からの「SOS」なんです。酸欠や水質悪化のサインを見逃さず、定期的にお掃除をするように心がけましょう!

そこで今回は、水槽に付着する汚れの種類や、掃除の方法について紹介します。

金魚が口をパクパクする原因

口をパクパクする原因には以下の通りです。

酸欠

水中内の酸素が不足すると酸欠が起こります。その時は、エアレーションなどで酸素を送ってあげましょう。

水質悪化

水槽内にバクテリアの数が少なく、金魚にとって有害な有機物が充満している時に金魚が口をパクパクさせます。

えらの病気

えら病という病気にかかっており、呼吸が苦しくなっている場合があります。時間が経過すると完治は厳しいです。こまめな水換えが大切です。

エサをねだっている

金魚は人に慣れるため、単純にエサをねだっているパターン などが挙げられます。

「金魚がパクパクしている姿は、よく見かける光景だから」って放置していませんか? 単にエサをねだっている場合は、問題ありません。しかし、水質悪化の場合は金魚の命に関わります。放置せずに迅速な対処を行いましょう。

水槽に付着する種類別の汚れ

水槽内に付着している、主な汚れはずばり「コケ」。ここでは汚れの原因となる3タイプのコケを紹介したいと思います。

水が緑色になる汚れ「藍藻」

見た目が「ドロッと」「ベタッと」しているコケが藍藻(ランソウ)です。

植物のようにみえますが細菌の一種です。濃い緑色をしていて、水槽を緑で埋め尽くします。藍藻は、細菌の一種なので成長がとても速く、悪臭や毒素を発生させる厄介なコケです。水の流れや水槽内の環境が悪いことが原因で発生します。

あっという間に増えるので、見つけたら早めにお掃除をしましょう。

水槽の壁に張りつく汚れ「茶ゴケ・珪藻」

水槽のガラス面につく汚れは、茶ゴケ・珪藻(ケイソウ)と呼ばれます。

水槽を買ったばかりで、生態環境が整っていない初期にできやすいコケです。他の植物が水槽内に存在していたり、時間の経過により殆ど発生しなくなります。

水槽内にバクテリアが定着していなかったり、水槽内の環境が不安定なことが原因になっています。最初の時期を過ぎてから発生した場合は、魚のフンから出る物質に集まって茶ゴケが生まれています。

バクテリアがいれば茶ゴケも生まれないので、日光に当てれば自然と消えます。

細長い汚れ「糸状藻」

糸のような形状が特徴的なのは糸状藻(しじょうそう)です。

糸状藻の形状は、飼っている生物や水槽によって様々です。主な発生の原因は、水槽内にチッソやリン酸などの栄養が豊富になる事です。

光合成により成長をするので、日光があたる場所に水槽を置くと発生しやすくなります。ところ構わず引っ付きまくるので、取り除くには時間がかかる上に、完全に取り除くことができません。特に、水草に付着した時は厄介です。そういう時は、水草を丸ごと水槽から取り除くことしか方法がありません。

水槽内の栄養が豊富になると、ものすごいスピードで繁殖するコケです。繁殖を防ぐためには、日光などの光を当てすぎないようにして適度な水換えを行うことが大切です。

水槽に使われる器具

いざ「掃除をやってみよう!だけどこの道具って、そもそもどんな役割なんだ…?」という方もいらっしゃいますよね。ここでは代表的な水槽内の器具を、簡単に説明させていただきます!

エアレーション

エアレーション」は水槽内に人工的に酸素を発生させます。いわゆるブクブクしてるあれです。エアレーションは必ず必要という訳ではありません。
しかし、エアレーションがあることで金魚の酸欠を防ぎ、元気に活動をする手助けをします。

ろ過装置/フィルター

ろ過装置/フィルター」には水を綺麗にする働きがあります。金魚の糞や枯葉などの目に見える大きなゴミをろ過します。また、アンモニアなどの不純物を無害な物質に変える働きもあります。
水槽内の水質環境が安定しない場合は、ろ過装置を中心に水槽内の環境を確認してみてください。

砂利

砂利」を床に敷くことで水槽の見た目を華やかにして、水草を植える事も出来ちゃいます。また砂利にバクテリアが住み着くので、水を浄化する力がアップします。

水草

水草」には天然と人工の2種類があります。
天然の水草には微々ではありますが、水槽内の浄化を行う働きがあります。光合成をする事により水槽内に酸素も供給してくれるんです。しかし、金魚は天然の水草をエサだと思い食べてしまいます。
その点、人工の水草には浄化作用はありませんが、金魚から食べられる事はないので外観をキープすることが出来ます。

アクセサリー類

アクセサリー類に関しては、必ずしも必要という訳ではありません。見た目を華やかにしたい場合は、石や流木などの装飾品を置くこともオススメです。
金魚が泳ぎやすいスペースを確保して、体を傷つけないような配慮も忘れないでくださいね!

水槽の掃除をする時の注意点

まずは安全の為に、事前に機材の電源プラグは抜くようにしてくださいね。

以下の項目で砂利の掃除と器具や水槽の掃除、水換えの方法を紹介しますが

・砂利の掃除
・水槽の掃除
・ろ過装置/フィルターの掃除
・水換え

この4つをできれば別の日に行うようにしましょう。ろ過器具の掃除と水換えは必ず2週間ほどの間隔を空けて下さいね。

また掃除と水換えは、別の間隔を設けて行いましょう。

砂利の掃除と水槽の掃除の間隔

それぞれ2週間から1か月程度あけて行いましょう。一定の間隔をあけることで、掃除による水槽内のバクテリアの減少を抑えます。途中で汚れが気になる場合は、放置せずにお掃除してくださいね。

ろ過装置/フィルター掃除の間隔

掃除の間隔は決まっていません。ろ過装置を通ってきた水が緑色に濁っている場合は内部が汚れている可能性があります。また、流れ出る水の量が減ってきたときには目詰まりを起こしているかもしれないので、そのタイミングで掃除をしましょう。

水換えの間隔

水換えの頻度は水の方が汚れやすいので、掃除より多いです。2週間から3週間に1回は水を換えましょう。水槽の水が汚れているなと思うタイミングで水換えを行ってください。

このように間隔を空けることで、環境の変化を最小限に抑えることができます。また、水槽内の器具を洗う時などには、できれば水槽の水を使うようにしましょう。

洗剤の使用は避け、水道水は使わないようにしてくださいね。器具の洗浄に水道水を使ってしまったら、水槽内の環境を整えてくれるバクテリアが死んでしまいます。金魚はデリケートなので、生活環境を一気に変えない事が大切になります。

掃除・水換えをする上での準備

まずは、どの項目にも共通する作業手順を説明します!

水道水のカルキ抜きを行う

水槽内に入れる水は必ず「カルキ抜き」をした水を使用するようにしましょう。

カルキとは塩素の事です。プールの水の中にも含まれていて消毒・殺菌をする効果があります。あの独特な匂いって、私は意外と好きなんですよね…。

実は水道水にも微量ではありますが、カルキが含まれています。もちろん人間が飲んでも害はありませんが、金魚となれば話は別です。カルキによる抵抗力が弱いので、この作業は怠らないようにしましょう。

 用意するもの 

バケツ
水道水

   手順   

1. 汲み置き用のバケツを用意する
出来れば汲み置き用の容器は口が広いものを用意しておきましょう。

2. とにかく放置する
日光に日当たりが良い所に置いておくことでカルキが早く抜けやすくなります。

ちなみに置いておく時間は

・屋外では半日(6時間)
・屋内で2〜3日

が目安です。

日差しが弱い時にはこの目安時間よりも長く置くようにして、天候に合わせて調整してみてくださいね。

でも、この方法って時間が掛かるんですよね…。
手っ取りばやくカルキを抜きたい場合は、市販の塩素中和剤を使ってみてください。水道水にカルキ抜きを添加するだけで、簡単に使用する事が出来ちゃいます。

屋外で汲み置きを行うと、水温も下がりやすい為、水温合わせにも手間がかかります。温度調節が可能な給湯器の水を使用することで、希望の水温ですぐに使用することができます。

金魚の避難

掃除や水換えの時には、金魚を一時的にバケツなどの別の場所に避難させましょう。

 用意するもの 

金魚を避難させるバケツ等の容器
ネット

   手順   

1. 金魚を避難させる別の容器を準備する
避難させるバケツの水にも、必ず水槽の水を使用するようにしましょう!水質が変わることは、金魚にとって大変ストレスがかかる行為になります。

2. 金魚をネットで移す
金魚を移す際には、体を傷つけないようにネットなどで優しくすくうようにしてくださいね。

砂利の掃除

では実際に、掃除の手順を説明しますね。

砂利を洗う時には、水槽に入っている水をそのまま使用するようにしましょう。その際に、一旦水槽の水を別の容器に移して作業を行いましょう。
砂利って、表面以外は汚れているかが少し分かりづらいですよね。砂利の中には、フンやエサの食べカスが奥底に潜りこんでいて中は結構汚れているんです…。

いくら水槽内の器具や水換えをしたとしても、砂利の中に溜まった汚れが水に染み出すことで、水槽内が汚れてしまいます。そのため、砂利の中をお掃除することは大切なのです。

金魚を移したらさっそく掃除に移りましょう。

 用意するもの 

水槽の水を移す容器

   手順   

1. 金魚を避難させる
金魚の避難は時間を掛けずにサッと行うことを忘れないで下さいね!

2. 水槽に付属している器具類をとる
器具の電源プラグも同時に切っておきます。

3. 水槽内の水を一旦別の容器に移す
この時に水槽の水は捨てないようにしてくださいね。

4. 砂利を洗う
水槽に残った砂利を水槽内でお米を研ぐように洗い、汚れを書き出しましょう。
すすぎも、取り出した水槽の水を使用するようにしてください。

5. 取り出した水を元に戻す
また、専用の砂利クリーナーを使うことで、水を移す手間が省けます。砂利の中の汚れだけを吸い取る事が可能になります。メリットとしては汚れだけを吸い取ることで、砂利にバクテリアが付着した状態を保つことができます。

ここでは砂利の掃除だけでなく、水換えも出来ちゃうアイテムを紹介しちゃいます。

プラスチックの筒を差し込んで、汚れを吸い取るので、楽に掃除ができます。片手でも扱いやすく流量調節やホースをバケツに引っ掛けるパーツも付属されています。作業が楽になったという事で、評価が高いアイテムです。

水槽の掃除

次に水槽のお掃除方法を紹介します。水槽のガラス面は1番汚れが気になる場所ですよね。金魚の可愛い姿が見えなくなる前に、定期的にお掃除しておきましょう。水槽掃除は主にコケを取り除く作業が中心です。

 用意するもの 

スポンジやたわし

   手順   

1. 金魚を避難させる
金魚の避難はもはや鉄板の作業ですよね♪

2. ガラス面のコケの取る
シンプルに水槽に手を突っ込んでスポンジで水槽をこすりましょう。

こちらの商品の特徴は、軽くこするだけでコケがガンガン取れる事です。洗剤などが使用されていないので、金魚の水槽のコケとりにも問題なく使用する事ができます。

定期的に掃除を行えば、簡単に汚れを取ることが可能です。しかしながら、放置しちゃうと頑固にこびりついて取りにくいかもしれません。

そんな時はへらを使ってそぎ落としてみてくださいね。ガラス面についたバクテリアを完全に取りのぞかないように、見た目が気にならない程度の掃除にとどめましょう。

こちらの商品の特徴はカミソリの刃を使用していることです。そのため、軽く上下するだけで簡単に苔が取れます。また、スポンジなどを使用するときのように腕がびしょびしょにならずに済むのでオススメです。

3. 石や装飾品のコケをとる
石や装飾品を動かさずに掃除したい場合はブラシなどで磨いて、コケなどの汚れを取りましょう。

ろ過装置/フィルターの掃除

ろ過装置に定着したバクテリアを取り除いてしまわないように、時間を掛けずにさらっと掃除を終わらせることが大切です!

 用意するもの 

バケツ
カルキ抜きをした水

   手順  

1. ろ過装置/フィルターの電源プラグを切る
安全のために、忘れないでくださいね!

2. 金魚を避難させる
金魚を別の容器に移さなくても問題はありませんが、念のために避難をさせておきましょう。

3. フィルター内のろ材を、別に容器に移した水槽の水で洗い、元に戻す
ろ過装置のお掃除は、フィルターに詰まっている汚れを取り除いて水ですすぐくらいで十分です。

4. 掃除で減った水注ぎ足す
この時は必ずカルキ抜きをした水をいれるようにしましょうね。

5. ろ過装置の・フィルターの電源をいれる
ろ過装置に定着したバクテリアを取り除いてしまわないように、時間を掛けずにさらっと掃除を終わらせることが大切です!

 

水換え

いよいよ最後は水換えです。

水槽のサイズや金魚の量、ろ過装置のサイズなどによって頻度が大きく変わります。掃除とは別の日に行うことも忘れないでくださいね!

 用意するもの 

バケツやホース
カルキ抜きを行った水

   手順   

1. 金魚を避難させる
ネットなどで体を傷つけないように優しくすくいます。

2. 水槽内の水を捨てる
バケツやホースを使用して水を捨てていきましょう。「約3分の1程度」の水だけを交換するようにしてください。

3. 水槽内の水を捨てる
その際には、水温にも気を付けてみましょう。ちなみに金魚が過ごしやすい温度は「15℃〜28℃」となっています。水温を保つためにも、ヒーターを使用することをお勧めします。

こちらの商品は、他の商品と比較して大きさも手ごろで扱いやすくなっています。また、温度調節のダイヤルが水槽の外に置けるようになっているので便利です。設定もかなり簡単なので、初心者の方に特におすすめです!

水槽内をピカピカに保つために

水槽をピカピカに保つためには、もちろん定期的なお掃除が必要です。でも出来るなら、少しの工夫で日頃から水槽を綺麗に保ちたいですよね。例えば、水槽内にお掃除をしてくれる生き物を入れてみるのはいかがでしょうか。

具体例を出すと
ヤマトヌマエビ」や「ミナミヌマエビ」などの小さいエビ類
フネアマ貝」や「ヒメタニシ」などの貝類 などが挙げられます。
これらは水槽内のコケなどを食べてくれるので、水槽内のお掃除係として大活躍してくれます。

その他の方法としては、フンに含まれている有機物を分解しやすくなるエサの使用や、水草を入れることもオススメになります。水槽内をピカピカに保つためには、バクテリアが過ごしやすい環境作りを目指す事を大切にしてくださいね!

まとめ

水槽のお掃除について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

金魚が元気で健康にいてくれるためにも、水槽内のお掃除は怠らないようにしたいですね。

ですが、お掃除のやりすぎは水槽内の環境としてはあまり良くないので適度なお掃除を心がけましょう!

関連記事

NEWセスキ炭酸ソーダがあなたの洗濯を助けてくれる?使い方を紹介します

  皆さん!いきなりですが、セスキ炭酸ソーダという商品をご存じでしょうか? セスキ炭酸ソーダはキッチンまわり、リビングや衣類の汚れなどをきれいにしてくれるアイテムです! 今回は、その中で、セスキ炭酸ソーダを使っ […]

NEW亀の子スポンジで食器洗いを楽に!本当は教えたくない優秀なアイテム

  亀の子スポンジって知っていますか? 亀の子を洗うスポンジ?私亀好きだよ! そんな声が聞こえてきましたが、全く違いますよ。(笑) 実は亀の子スポンジは、食器用のスポンジなんです! これ、おすすめですよ。 そこ […]

NEW無添加洗剤でも賢く使えば汚れは落ちる!使い方やオススメ商品を紹介

  「無添加洗剤ってお肌には優しいらしいけど、ちゃんと汚れは落ちるのかな」と思っている人いませんか? また、赤ちゃんの洗濯には無添加洗剤が良いって聞くけど種類がたくさんありすぎて、「どれを選べば良いのか分からな […]

NEW粉石鹸でちょっと丁寧なお洗濯!大切な家族のため優しくしっかり洗う

  世の中のお母さん、毎日洗濯ご苦労様です! 大切な家族のために、ちょっとでもいいものを使いたい。 そんなお母さんを応援するべく、とっておきの洗剤を紹介します! 人の肌にも環境にも優しく、でも汚れはしっかり落と […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集