ミニマリストの家を、業者さんが徹底的にハウスクリーニングした話。

■ハウスクリーニングを体験したい人気ミニマリストのおふみさんを取材
■プロのキッチン・換気扇・トイレ・お風呂クリーニングの技術を解説
■掃除用具を買う必要のないプロの掃除は、ミニマリストにうってつけ!

もりちゃん

更新日:2018年12月26日


みなさん「ミニマリスト」という言葉、最近よく目にしませんか?

ミニマリストとは
持ち物をできるだけ少なくし、必要最小限の物だけで暮らす人のこと

 

モノや情報が溢れている今の生活に疑問を持ち、必要最低限のモノだけで生活を送る人が増えてきています。

その中の1人がおふみさん

2014年からミニマリストとしての生活を始め、自身のブログであるミニマリスト日和インスタグラムは高い人気を誇り、「夢をかなえるノート術」や「ミニマリスト日和」といった書籍も発売中です。


夢を叶えるノート術/ミニマリスト日和     

そんな彼女は、「換気扇・お風呂の掃除を業者さんに依頼すること」が2018年のうちに終えておきたいことの一つだそうです。

そこで今回、ハウスクリーニングを体験したいおふみさんに、取材をさせていただきました。

ミニマリストになったきっかけやその後の変化とともに、ハウスクリーニングのプロが行うお掃除の凄さも紹介していきますよ!

おふみさんについて

おふみさんの自宅に到着。温かく、優しい笑顔で迎えてくれました。

それでは早速、おふみさんがミニマリストになったきっかけや、ミニマリストになってからの変化を聞いていきましょう!

偶然に偶然が重なってミニマリストに

– 元々ミニマリストの生活に憧れていたのですか?

いえ、ほんの数年前までモノは多い方がいいと思っていました。夫と2人暮らしなのに、一軒家に住み、クローゼットも洋服でいっぱいだったんですよ。

– え、今の生活とだいぶ違う…じゃあモノを減らそうと思ったきっかけがあるんですね!

最初のきっかけは2014年の秋です。当時、働いていた会社でトラブルが頻発していました。自分の力ではどうしようもできず、今考えると非常についてない時期だったなぁと思います。

そこで、運が悪い理由を知りたくて、「運悪い なぜ」って検索したんですよ。その時に、掃除がしっかりできていないと、運気が下がることを知ったんです。

– それで掃除を始めたんですね!

まずはトイレ掃除から始めました。すると不思議なことに、会社で発生していたトラブルも良い方向に進むようになったんです!「掃除は運気を上げる効果がある」と初めて実感しました。

– お掃除の力すごい…!

この経験があったので、トイレ以外の場所も積極的に掃除するようになりました。そうなると、掃除前にモノで散らかっている現状に、嫌気が差したんです。

そこで、掃除をより簡単するために、断捨離を行う決心をしました!

– でもまだミニマリストという言葉は知りませんよね。どうやって知ったのですか?

これも本当に偶然なんです。その頃、夫と2人で住むための新しい家を建てる計画がありました。場所は夫の実家がある県です。
ただそうなると、そこに住み続けないといけなくなります。

だったら、好きな時に好きなところで暮らせる「家を持たない暮らし」の方が良いんじゃないかってふと思ったんです。

それである日夫が、パソコンで「家 持たない暮らし」と検索していました。

そのパソコンを見た私は、太陽の光が反射したんですかね、「家 持たない暮らし」が「持たない暮らし」と見えてしまったんですよ!

– まさか…

「持たない暮らし」って言葉を見たときにすごくいいなって感じたんですよね。

そこで新しく検索バーを開いて「持たない暮らし」と検索したら、ミニマリストのブログがたくさん出てきました。ミニマリストを知ったのはこの時が初めてです。

すでに断捨離を始めていた私は、すぐにこれだ!って思いました。

・会社でのトラブル
・検索した言葉の見間違え

この2つがあったから私はミニマリストを目指すようになったんです。

ミニマリストになってから変わったこと

– そこからミニマリストとしての活動を始め、今ではかなりのモノを断捨離しました。モノが減ってから変わったことはありますか?

1番の変化は夫との喧嘩が少なくなったことです。

以前は、モノが多いために、家事を夫婦で分担しないといけませんでした。

その時に、どちらかが家事を怠るといつも喧嘩に発展していましたね。


よく旦那さんもインスタやブログに登場します

それが今では、モノが減って一つ一つの家事が楽になり、「全部自分でやってもいいかも」と思うようになったんですよ!

この気持ちの変化が、夫婦喧嘩を劇的に減らしました。

– 夫婦円満になったんですね!他にも何かありますか?

以前は、休みの日に部屋の片付けをすることが苦痛で仕方ありませんでした。「あーいつ片付けようかな」って思っているといつの間にか夕方になってしまうこともありましたね。

あの時は、本当に人生のあらゆることにおいて腰が重かったです。今はモノが少ないので、5分くらいでサッと掃除して、活動し始めることができるようになりました。

なぜ換気扇やお風呂の掃除を依頼した?

–「2018年に終えておきたいことリスト」の中で「換気扇・お風呂の念入り掃除」を挙げていました。これはなぜですか?

家の換気扇にカバーやフィルターがついていなくて、どうやって掃除すればいいのか全く分からないからです。

このように換気扇のファンがむき出しで、フィルターがついていないんですよ。

– 確かに僕もこのタイプは初めて見ました。

自分で掃除をして壊してしまうのは嫌だったので、これは業者さんに頼んだ方が良さそうだと思いました。

お風呂はなんで掃除しようと思ったんですか?

私、カビアレルギーなんです。だから、カビが生えているかもしれないお風呂に入るのは不安だなと思っていました。

特に湯船と床の間の掃除は手が届くところまでしかできません。そこにカビが発生していたら…いつも不安でした。

この不安感を取り払うために、業者の方に依頼しようって決めたんです。

来ていただいたのはハタナカ美掃さん

さて、そんなおふみさんの依頼を引き受けてくれたのはハタナカ美掃の畠中さん!

東京・神奈川・千葉県の関東エリアでご活躍されているハウスクリーニングのプロです。

今回は、せっかくなので換気扇やお風呂のお掃除だけでなく、キッチンや洗面器、トイレなどの水回りの掃除もまとめて依頼しています!

畠中さんは普段、洗濯槽のクリーニングをされていますが、水回りのお掃除も完璧にこなす、オールラウンドな方です。

おふみさんのお家に「こんにちは。今日はよろしくお願いします」と明るい声で部屋に入ってきた時の笑顔がこちら。

写真からも分かるように、とにかく優しい方です!

プロが行うキッチン周りのお掃除

まず初めに行ったのは、キッチン周りのお掃除。シンク・ガスコンロ・換気扇は、料理の際に発生する水垢油汚れが目立つ場所です。

お掃除前のシンクやガスコンロはこちら。たしかに水垢や油汚れがありますね。

「これでも、一般家庭より綺麗なキッチンだと思いますよ」畠中さんはそうおっしゃっていました。

おふみさんは今年の6月に今のご自宅に引っ越してきたばかり。それでもこんなに汚れが目立ってしまうんですね。

 用意するもの 

・アルカリ性液体洗剤の詰め替え用(1)
・アルカリ性液体洗剤のスプレー(2)
・ブラシ(3)
・ステンレスのスポンジ(4)
・キッチンペーパー(5)
・バケツ(6)
・粉のアルカリ性洗剤(7)
・電気ポット(8)

アルカリ性の洗剤は、市販で売ってないかなり強力なものです。

では、掃除を始めていきましょう!

   手順   

1. ガスコンロの部品や換気扇のファンを分解する

さすが、プロ。慣れた手さばきでどんどん部品を取り外していました。

そして、この分解した部品達を

・頑固な汚れがついているもの
・簡単に汚れが落ちるもの

に分けます。

2.アルカリ性洗剤で漬けるor吹きかける

頑固な汚れがついた部品は、アルカリ性洗剤を溶かした約60℃のお湯に1時間漬け込み、
汚れが落ちやすい部品は、アルカリ性洗剤をスプレーで吹きかけていきます。

換気扇のファンにアルカリ性洗剤を吹きかけるとすぐに、畠中さんはそれをこちらに見せてきました。

「こういう油汚れは指でサッと撫でると簡単に落ちるんです」

緑色で囲んだところ:指で撫でる前
赤色で囲んだところ:指で撫でた後

違いがはっきりわかりますね!

3. ガスコンロ台を拭く

バケツに入れた部品の汚れが取れるまでに、ガスコンロ台の掃除を始めます。

1. アルカリ性洗剤を含ませたタオル
2. ステンレスのスポンジ
3. 乾拭きタオル

この順番に使用することが、キッチン周りのお掃除での鉄則だそうです。

そして、もちろんタオルはアルカリ性洗剤用と乾拭き用で使い分けています。

畠中さんはタオルの色で見分けをつけているそうです。

4. 漬けていた部品を取り出す

畠中さんとお話しているうちに、部品の漬け置きが完了しました。汚れの程度にもよりますが、30分〜1時間程度漬け置きすると良いでしょう。

バケツの水からわかるように、かなりの汚れが取れています。ガスコンロですが、こんなに汚れている状態でお料理していると思うと少しぞっとしますね。

5. シンクの水垢を落とす

漬け置きが終了したら最後にシンクの水垢掃除。

ここでもガスコンロと同じように、

1. アルカリ性洗剤を含ませたタオル
2. ステンレスのスポンジ
3. 乾拭きタオル

の順で使用していくことがポイント。

掃除開始1時間後、べっとりついていた水垢が綺麗に取れましたね。ピカピカです!

ガスコンロはこちら。掃除前は油汚れやゴミが目立っていましたが、それらも綺麗に除去できました。

これでまたキッチンで快適にお料理できそうです。おふみさんも非常に喜んでいました。

プロが行うトイレのお掃除

僕とおふみさんがキッチン周りの変わり様に驚いているのもつかの間、

「では、トイレの掃除に入らさせていただきますね!」

プロの方は常に時間との勝負。いかにお客さんを待たせないようにするかも大事なことだそうです。

おふみさんの家のトイレです。「え、すごい綺麗だな」と思ってしまいました。特に汚れが目立っていませんよね。

ただ、畠中さん曰く、「トイレには目に見えない尿石が溜まっている」のだとか。

尿石とは
トイレに付着した尿が時間をかけて固まったもの

「私はトイレの洗浄剤を使用しているから大丈夫」と考えている方、要注意です。

ブルーレットのような市販のトイレ洗浄剤は、尿を完璧に落とすことができないので、どうしても尿石が発生してしまいます。

ブラシで掃除してもなかなか落ちません。この際、定期的にプロの方に依頼するのが良さそうです。

 用意するもの 

・ゴム手袋(1)
・紙やすり(2)
・酸性の業務用洗剤(3)

頑固な尿石は、目の粗い紙やすりで削って除去するのが良いそうです。

尿はアンモニアを含んでいるため、アルカリ性。そのため、使用する洗剤は、業務用の酸性洗剤です。

   手順   

1. 酸性洗剤を便器に吹きかける

水が出てくる箇所は、汚れが溜まりがちなところ。酸性洗剤を便器全体に吹きかけていきます。

2. 紙やすりで尿石を落とす

酸性洗剤を吹きかけた後は、紙やすりで尿石を落としていきます。便器が少し黒ずんでいるのが見えますね。

あれが、トイレに潜んでいる見えない尿石の汚れです。こんなに隠れていたんですね。

3. トイレの洗面器も磨く

トイレの洗面器も尿石が溜まってしまう場所です。ここも紙やすりで研磨していきます。

これまで、トイレの洗面器は汚れが目立たない限り、掃除していませんでしたが、しっかり掃除した方が良かったんですね。

これでトイレ掃除は完了です。

おふみさんの家のトイレはもともと綺麗に見えるので、目で確認することはできませんが、便座にこびりついていた尿石もしっかり取れています!

便器のフタについていた垢も無くなりました。汚れやすいトイレをここまで徹底的にきれいにしてくれるなんて、本当に嬉しいですね。

プロが行う洗面台・お風呂のお掃除

おふみさんの家は、洗面台とお風呂が一つの部屋の中にあるため、一緒に掃除を行います。

まずは洗面台の写真から。洗面台の鏡の水垢は、水道水に含まれているアルカリ性のミネラル分が固まったものです。そのため、酸性洗剤が有効になってきます。

お風呂場の壁の隙間には、黒いカビがこびりついています。やっぱりお風呂場のような湿気が高い場所ではカビが発生しやすいですね。

お風呂場の床はこんな感じ。特別汚いわけではありませんが、湯船と床の隙間には、汚れが潜んでいそう。

おふみさんはカビアレルギー。不安にもなりますね。

 用意するもの 

・業務用塩素系洗剤(1)
・ブラシ2本(2)
・業務用スリッパ(3)
・ゴム手袋(4)
・高圧洗浄機(5)
・サンダー(6)

今回、湯船を持ち上げることができなかったので、高圧洗浄機を使い、水の勢いで湯船と床の間の汚れを落としていきます。

サンダーは電動工具の一つです。裏面にダイヤモンドパッドと呼ばれる、スポンジの表面に人工ダイヤモンドの研磨材をくっつけた道具がついています。

この機械が振動し、ダイヤモンドパッドで鏡を研磨することで、水垢を除去できるんです。

   手順   

1. 塩素系の洗剤をまく

畠中さんがまず始めたのはカビ掃除。業務用の塩素系洗剤をまいていきます。匂いが強いので、マスクは忘れずに。

「この洗剤は強力であまりに危険なので、家庭で使用するとかなりの危険が伴います」

畠中さん曰く、業務用洗剤の塩素濃度は12%だそうです。それに対して市販の洗剤は一度蓋を開けてしまうとたったの2%の濃度しかないのだとか。かなりの差がありますね。

2. シャワーで洗剤を洗い流す

10分~20分程度経ったら、シャワーで洗剤を洗い流します。

注意
塩素系洗剤の洗い残しは絶対しない

この後、酸性洗剤を使用するため、塩素系洗剤を確実に洗い流しましょう。でないと、人体に有害なガスが発生してまい、とても危険です。

シャワーで洗い流した結果がこちら。カビによる黒ずみが消えていますね。ちなみに、作業後にも残ってしまっている茶色いものは、お風呂の壁自体が変色してしまったものだそうです。

2. サンダーで鏡の掃除をする

続いては鏡の掃除です。鏡にこびりつく水垢はアルカリ性のものなので、酸性洗剤を吹きかけます。

その後、先ほど紹介したサンダーを起動します。

振動で洗剤が泡立っていきますね。みるみる汚れが落ちていきます。

シャワーで泡を流すとこんなにピカピカに。さっきは水垢でかすんでいた鏡の中の景色がはっきりと映るようになりました。

3. 蛇口やガス栓を磨く

蛇口やガス栓の水垢は、酸性洗剤をステンレスのスポンジに含ませて磨いて除去します。

水垢がなくなっていますね。こういう細かいところまで、徹底的に掃除をしてくれました。

4. 高圧洗浄機で湯船と床の隙間に水を発射する

最後は湯船と床の間の掃除。高圧洗浄機で奥の汚れを落としていきます。果たしてどれほど汚れているのでしょう。

今回はあまりに衝撃の写真なので、お見せすることはできませんが、おふみさんも「え…」と声が出てしまうほどの、黒いカビが流れてきました。

おふみさんが不安に思っていた通り、湯船の下には黒いカビが潜んでいたんですね。

これでハウスクリーニングは以上です。畠中さん、本当にお疲れ様でした!

ハウスクリーニングを終えて


おふみさんのお部屋はモノが少なくて綺麗

「今日は本当にありがとうございました!」

畠中さんにそう伝えたおふみさんはとても嬉しそうでした。具体的に感想を伺っていきましょう。

自分の安心できる空間が増えていく感覚

– プロに掃除をしてもらっていかがでしたか?

カビアレルギーだったので、以前はお湯を張って浸かっているときに、カビ菌を吸い込んでしまわないかと、とても不安でした。

今回、そのカビを畠中さんに除去していただいたため、安心して過ごせる陣地が広がった感覚です。

– 家の汚れに不安を感じている人にはオススメですね。

そうだと思います。

ただ掃除をしていただいただけでなく、家の施工の問題点と解決策も指摘してくれた点も良かったです!

私の家のキッチンは施工の問題で、少し傾いていました。これだと壁の裏の木材の部分に水や油がたまりやすくなり、劣化する原因となってしまうそうです。

畠中さんはそこを指摘して、シンクを取り替えるか、キッチンペーパーで定期的に水を吸った方が良いと、一言アドバイスをしてくれたので、非常に助かりました!

ミニマリストがプロに依頼する理由

–ミニマリストの方々がプロに掃除を依頼するメリットって何だと思いますか?

掃除道具を買わずに、家がピカピカになることだと思います。

自分で掃除をしようと思うと、年に数回しか使わない専用の洗剤や器具を買わないといけません。
特に高圧洗浄機なんてかさばる上に高そうですしね。

ミニマリストは、そういう新しいモノを買う時に、長い時間をかけて悩む人種だと思います。

–そういえばおふみさんも以前、靴下を掃除道具として利用したブログを更新していましたね。

はい、できるだけ掃除道具を購入しないで掃除したいですね。

ただ、掃除道具を節約して掃除ができる範囲には限度があります。仮に市販のモノを買ったとしても、全てが綺麗になるわけでもありませんし。

その時は、業者の方に掃除を頼んだ方がいいなと思いました。

– それはミニマリストの方々に共通したメリットですね。

そうですね。

掃除道具を買わずに家をより綺麗にするために、業者さんに掃除を依頼するというのは、ミニマリストにとって魅力的だと思います。

私も今後は年に1, 2回はお願いしたいです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はミニマリストのおふみさんにインタビューをしました。おふみさん、本当にありがとうございました!

もともと多くのモノを持っていたおふみさんがミニマリストになったきっかけや、ミニマリストになった後の変化は非常に興味深かったです。

ハウスクリーニングをプロに頼む理由の一つに、「掃除道具を買わずに、家が綺麗になるから」があったことも意外でした。

そして、プロのハウスクリーニングを間近で初めて見ましたが、本当に感動します。

諦めていた頑固な汚れや目に見えない汚れまで、掃除を知り尽くしたプロの方なら徹底的に落としてくれますよ!

今回、ハウスクリーニングをしてくださったのは、ハタナカ美掃の畠中さんでした。畠中さん、ありがとうございました!

あなたのマイスター」では、全国のハウスクリーニングのプロをご紹介しています。
あなたのご希望に合った業者さんにきっと出会えるはずですよ。

エアコンクリーニングのプロを探す

関連記事

NEWサラサーティの人気の秘密を大究明!ラインナップも実はこんなに?!

  敏感なお肌を優しくいたわり、かぶれにくいおりもの専用シート「サラサーティコットン100」。 天然コットン100%で日本アトピー協会推薦製品です。 お肌への優しさにこだわったサラサーティコットン100は空気を […]

私たちについて

ちょっとしたことだけれど、叶えたい思い、ありませんか。 ・いつもキレイに整ったお家で暮らしたい・お洗濯を時短で簡単にしたい・いつまでも大好きなカバンや靴を使いたい・地球に優しく暮らしたい 自分の大切なモノを大切に、そして […]

暮らしの3メディア初コラボ!お掃除グッズ総選挙2020開催決定!

 今回、年末の大掃除シーズンに向けて『ユアマイスタースタイル』『LIMIA』『暮らしニスタ』の3つのメディアのコラボレーションが決定しました! その名も「お掃除グッズ総選挙」 みなさんが「実際に使ってよかった」と感じた洗 […]

花粉対策グッズで花粉症への勝利を目指す!今年はこのグッズで戦おう

  春が近づいて暖かくなると、多くの人にとっては過ごしやすい時期になりますが、花粉が舞いはじめ、花粉症の人にとっては地獄のシーズンの始まりですよね。 そんな嫌な花粉症を軽減するさまざまなアイテムが、毎年販売され […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

五徳のお掃除は汚れに合わせて重曹三変化!サラダ油で焦げサビ予防

ガスコンロについている五徳、きちんと洗ったことってありますか? 鍋からの吹きこぼれ、油の飛び散り、と、五徳に汚れはつきもの。 料理し終わった後の五徳は、とても熱くなっていて触るのは危険です。 食器のように、使った後すぐに […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

お住まいの地域から選ぶ