手荒れで悩むあなたに。「天然由来」・「植物系」の表記にはご用心!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

手荒れしやすい合成界面活性剤の中でも、食器洗剤に使われることが多い、アルキル硫酸エステルナトリウム
別名、ラウリル硫酸ナトリウムは、手荒れしやすいだけでなく、その他の危険性の高さも問題視されています。

実は、アルキル硫酸エステルナトリウムは、石油からでもヤシ油からでも作ることができる、合成界面活性剤です。

でも、石油から作られようと、ヤシ油から作られようと、できた合成界面活性剤がラウリル硫酸ナトリウムであれば、どちらも同じ危険な合成界面活性剤に違いありません。
ヤシ油から作った方が、石油から作ったものより安全性が高い、ということはありません。
どちらも同じ安全性ですし、危険性も同じなのです。

 

さらに、アルキル硫酸エステルナトリウムは、一昔前は、石油から作られることが多かった成分です。
でも、今では、ヤシ油から作られることが増えました。
そのため、パッケージ表記に「天然由来」「植物系」を表記し、消費者を惑わせ、みなさんの購買意欲を誘っています。

 

洗剤を選ぶ際は、パッケージで判断せずに、必ず成分をチェックするように心がけましょう。

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!