パッキンに生えた黒カビを落とすには?ラップして半日以上放置が◎!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月12日

こんにちは!
茂木和哉です。

茂木和哉のカビ退治って本当にパッキンの黒カビまで落とせるの?」
「値段が高いだけで普通のカビ取り剤と変わらないんじゃないの?」
と思っていて購入に踏み切れない方、ご安心ください!

茂木和哉のカビ退治の洗浄力は、普通のスプレータイプのカビ取り剤とは、比較にならないほど強力です!

その根拠が、中に含まれている洗浄成分である「次亜塩素酸ナトリウムの配合量です。
茂木和哉のカビ退治には、次亜塩素酸ナトリウムが、普通のスプレータイプのカビ取り剤と比べ、なんと!6倍も多く含まれているんです!

だから桁違いに落ちるんです。

 

パッキンやコーキングに生えた頑固な黒カビでも、残さず落とせます。

結構ひどい黒カビが、コーキングについてますよね。
ちなみに、普通のスプレータイプのカビ取り剤では、落とすことができませんでした。

こんな状態でも、茂木和哉のカビ退治なら問題なくキレイに落とせます。

 

実際に洗った後の様子です。

どうでしょうか?
黒カビがしっかり落ちていますよね?

茂木和哉のカビ退治を使うと、ここまでスッキリ落とすことができるのです。

 

パッキンやコーキングに生えた、このぐらいひどいカビをスッキリ落とすには、使い方に少しコツが必要です。
ポイントは、2つ。

長く放置すること
乾かないようにラップして放置すること
この2つです。

放置時間は、30分ぐらいの放置では全然ダメです。
普通のスプレータイプのカビ取り剤は、「ひどいカビは20分から30分放置」となってますが、それでは落ちません。

ちゃんと落としたいなら、最低でも半日できれば丸1日は放置しなければ落ちません。

長時間ずっと放置すると、洗浄液が乾いてきます。
乾いてしまうと効果なくなるので、乾きにくくするためにラップで洗浄液を覆います。
もっと効果的なのは、洗浄液をペーパーで湿布し、それからラップで覆う方法です。

パッキン全体が黒くなっているほどひどい状態の時は、湿布した方がいいです。
今回の写真のカビは、カビにスプレーしてからラップで覆い、そのあと半日放置したらスッキリ落ちました。

まだまだ、カビが生えやすい季節が続きます。
うっかりパッキンやコーキングにカビが生えてしまってお困りの方、ぜひ茂木和哉のカビ退治をお試しください!

 

購入はこちら


茂木和哉のカビ退治 400ml


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!