塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!【お掃除業者さん必見の洗剤技】

茂木和哉

2017年09月12日

 

こんにちは! 茂木和哉です。

みなさんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素系漂白剤

とってもリーズナブルなのに、
・白物衣類の漂白
・まな板やおしぼりの除菌
・排水口の黒ずみの洗浄や消臭
・黒カビ落とし
などなど、用途の幅は広いし、何に使っても効果は抜群ですよね。

でも、あの独特のツンとくる臭いって、ちょっと気になりますよね?

 

そこで!
今回は、キツい塩素臭を少しでも抑えて、快適に掃除をする方法をお伝えしたいと思います!

その前に。
塩素系漂白剤の臭いについて、結構多くの方が誤解されているところがあります。

まずはそこから詳しく説明していきます。

その誤解とは、そもそも、塩素系漂白剤自体は、ほとんど塩素臭はしないということです。
実際に、塩素系漂白剤のキャップを空けて、臭いを嗅いで見てもらえればわかると思いますが、ほのかに臭う程度です。

なぜ、それほどしか臭いがしないのかというと、ボトルに入った状態と言うのは、塩素が非常に安定した状態だからです。

「安定している」=「塩素を放出していない」=「塩素臭はほとんどしない」
ということになります。

 

液体タイプの塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、アルカリ側で安定します。

以前、液体酸素系漂白剤の主成分として使われる過酸化水素水は、酸側で安定するとお伝えしました。
その逆ということになりますね。

以前の記事は「過炭酸ナトリウムの洗浄力を劇的に上げる方法を教えます!【茂木和哉】」です。

 

また、アルカリ度を高くした方が安定度が増します。
ほとんどの製品は、強いアルカリ成分を加えて、よりアルカリ度を高めています。

 

こちらは、キッチン用塩素系漂白剤のボトル裏面の成分のところです。
「水酸化ナトリウム」を表記されていますが、これがアルカリ度を高くするためのものです。

 

少し話がそれますが、近年「次亜塩素酸水」と言われる電解水が、除菌剤としてネット通販やドラックストアなどで売られるようになりました。
除菌効果はちゃんとあるのに、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄くて使いやすいというものです。

どれだけ薄いというかと、普通の塩素系漂白剤の塩素濃度は、約5%(50,000ppm)なのに対し、次亜塩素酸水は、約50ppmです。

普通の塩素系漂白剤を、1000倍希釈液したのと同じぐらいの塩素濃度ということになります。
かなり薄いですよね。

しかし、そんなに濃度が薄くても、普通の漂白剤を1000倍希釈したものより、はるかに除菌効果は上というのが電解次亜塩素酸水の魅力です。

 

なぜ濃度は薄いのに除菌力が高いのか?

その理由がpHです。

pHを中性より酸性側にしてあるのです。
いわゆる不安定な状態です。
だから塩素が元気に菌を攻撃してくれるので、効果が高いわけです。

でも、ただでさえ低い濃度なのに不安定なわけですから、すぐに塩素が飛んでなくなってしまうというデメリットがあります。

ですので、次亜塩素酸水を買う場合は、生ものと同じで鮮度が命です。
すぐに使い切るようにしてください。
決して安売りしてたからといってまとめ買いをしたり、ワゴンに入った売れ残り品に手を出したりしてはダメですよ。

 

それと次亜塩素酸水は、不安定な状態でありながら塩素臭がキツくないという特徴もあります。

なぜかというと、そもそも塩素濃度が低いからです。
塩素が不安定な状態の場合、製品の塩素濃度が高いほど、塩素臭はキツくなります。

逆に塩素濃度が低ければ、塩素臭はしなくなります。
普通の塩素系漂白剤は、塩素が安定しているので、製品自体の塩素濃度が高くても臭いはそれほど気になりません。

塩素濃度が高ければ高いほど、塩素臭もキツくなると思っている方もいると思いますが、ほとんど同じなのです。

 

もう少しわかりやすく説明したいので、うちの息子に例えて説明します。(笑)

うちの息子は2人いるのですが、家で1人だけだとそんなにうるさくしないで遊んでます。
しかし、2人そろうと、必ずとっていいほど喧嘩してうるさくなります。

夜は2人そろって静かに眠っています。
起きて騒いでいるときは、2人より1人の方がまだ静かだけど、夜は寝ているので、1人でも2人そろっていても同じく静かです。

それと同じです。

かえって分かりにくくなってしまいましたか?(笑)

 

では、もう1つ具体的にお伝えします。

みなさんのイメージでは、スプレータイプのカビ取り剤の方が、ボトルにはいったキッチン用漂白剤より臭いがキツイと思っていませんでしたか?
実は、スプレータイプのカビ取り用より、ボトルに入ったキッチン用の方が、約5倍も次亜塩素酸ナトリウムの濃度が高いのです。

にもかかわらず、カビ取り剤の方が臭うイメージをお持ちですよね?
なぜかというと、汚れと反応し臭気が強まった塩素臭が、狭い浴室にこもるからです。

 

いよいよここからが本題です!
では、塩素臭が強い弱いは、何が原因なのか?

それは、汚れのひどさです。

先ほど「汚れと反応し臭気が強まった塩素臭が」とお伝えしました。
次亜塩素酸ナトリウムは、カビやヌメリ、皮脂汚れなどの、いわゆる有機物汚れと反応すると、塩素臭を放つのです。

汚れていればいるほど、臭いが強烈なわけです。

 

また、話がちょっとずれますが、皆さんスーパー銭湯には行かれますか?
私は大好きでよく上の息子と行きます。

スーパー銭湯のほとんどが、プールのように、ろ過しながら循環して汚れをとり、雑菌を消毒するために塩素を注入する「循環式」です。
塩素を入れているので、お風呂につかると、ほのかに塩素の臭いがしますよね。

施設によっては、全く気にならないほど塩素臭がしないところもあれば、ものすごくキツい塩素臭がしたりするところもあります。
みなさんも経験したことはありませんか。

塩素臭が気にならないところは、塩素をいれていないわけではありませんし、塩素臭いとこは、大量に塩素をいれているわけでもありません。
どこの施設も、一定量入れています。

なぜなら、公衆浴場法で塩素を入れることはもちろん、塩素濃度いくらで管理しなければだめなのかまで細かく決まっているからです。

では、なぜニオイがしなかったり、キツかったりするのか?

それも汚れです。
浴槽水や配管内の汚れが原因なのです。

もし、そんなに流行っていないのに、塩素臭がキツいような施設があったなら、配管洗浄をちゃんとしていないため、配管内にヌルヌル汚れがべっとりついている様子が想像できます。
ちなみに私は、過去に温泉施設の配管洗浄を長くしてきましたので、このあたりのこともよくわかるんです。

そんな状態で塩素を入れると、非常にキツい塩素臭は発生するんですよね。
それより、そのような状態は、配管にレジオネラ菌が潜んでいる可能性が非常に高いので、もうそこへは行かないようにしたほうがいいです……

そんな、危ない施設でも、しっかり配管内を洗浄することができれば、塩素臭の問題は即改善できます。

 

これは、住まいの掃除でも同じです。

バスクリーナーで落とせる皮脂汚れや軽度のカビを落としてから、カビ取り剤を使うと塩素臭を抑えることができます。
調理器具やまな板、フキンなどの除菌も、一度、台所洗剤で洗って、しっかりすすいでから漂白した方が、塩素臭は抑えられます。

このように、もし塩素臭が、苦手だったり、少しでも臭気を抑えて楽に掃除したいのなら、塩素系漂白剤を使う前に、前洗いすることで塩素臭を軽減できるので、ぜひ参考にしてください。

 

ここからは、プロの方、浴場施設の関係の方へのお話です。

浴場内の清掃に塩素系洗浄剤は欠かせませんよね?
施設の都合上、時間をとって清掃作業ができない場合は、前洗いを省いて、塩素系でささっと済ませる、なんてこともあるかと思います。

でもそれをやってしまうと、塩素臭がしばらく浴場にこもってしまうんですよね。
それがお客様のクレームにつながることもあります。

そんな場合でも、できる限り塩素臭の発生を抑える方法があります。

それが、塩素系洗浄剤を変えることです。

おそらく今お話ししたように臭いにお困りの場合は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムの塩素系洗浄剤をお使いだと思います。
それを、そもそも塩素臭がしにくい塩素剤であるジクロロイソシアヌル酸ナトリウムが主成分のものに変えるのです。

 

例えば、このバスフレッシュのようなものです。

たったそれだけで、次亜塩素酸ナトリウムを比べ、塩素臭を10分の1ぐらいまで抑えることができるのです!
バスフレッシュは、浴槽水の塩素濃度が低くなった時に、スポット的に浴槽に直接投入して、残留塩素濃度をあげることにも使えますので、浴場施設ではとっても重宝する洗浄剤ですよ!

 

ぜひ、試してみてください!

購入はこちら

バスフレッシュ3.5kg


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!

関連記事

水垢汚れはバスクリーナーで落ちるのか?【お掃除業者さん必見の洗剤技】

  こんにちは! 茂木和哉です。 よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリーナーは、一般向け、業者向け問わず、ほとんどのものが「中性」です。 でも、パッケージには、「水垢にも強い!」とか「水 […]

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?【お掃除業者さん必見の洗剤技】

  こんにちは! 茂木和哉です。 浴場施設関係者のみなさん、日々お使いになっているバスクリーナーに不満をお持ちではありませんか? 例えば、 「泡切れが悪くてすすぎに時間がかかる…」 「洗った後でも、ヌルヌルが残 […]

ランキング

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

洗濯機の排水口の「におい」と「つまり」をサッと解消するお掃除方法

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

洗濯機の排水口の「におい」と「つまり」をサッと解消するお掃除方法

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

革靴のシワを取るにはシューキーパー!ヒビになる前に日々伸ばそう!

  スーツに合わせた革靴。 せっかくビシッと決めたつもりでも、シワシワの革靴から普段のお手入れを怠っていること、ばれちゃってますよ? 革にシワが入るのは必然的なことで、シワがあるから味が出て格好いいんだ!なんて […]

鞄のカビを諦めないで!革・ナイロン・布製バッグ全素材を徹底解説!

久しぶりに使おうと思って引っ張り出した鞄に、あれ、白い斑点が。 …もしや、カビ!? なんて衝撃を受けて、鞄を放り投げちゃったあなた。 ちょっと叩けば大丈夫だよね~びっくりした~。 なんて甘い考えをしてはいけません。 まず […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集