塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!【茂木和哉】

茂木和哉

2017年09月12日

 

こんにちは! 茂木和哉です。

みなさんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素系漂白剤

とってもリーズナブルなのに、
・白物衣類の漂白
・まな板やおしぼりの除菌
・排水口の黒ずみの洗浄や消臭
・黒カビ落とし
などなど、用途の幅は広いし、何に使っても効果は抜群ですよね。

でも、あの独特のツンとくる臭いって、ちょっと気になりますよね?

 

そこで!
今回は、キツい塩素臭を少しでも抑えて、快適に掃除をする方法をお伝えしたいと思います!

その前に。
塩素系漂白剤の臭いについて、結構多くの方が誤解されているところがあります。

まずはそこから詳しく説明していきます。

その誤解とは、そもそも、塩素系漂白剤自体は、ほとんど塩素臭はしないということです。
実際に、塩素系漂白剤のキャップを空けて、臭いを嗅いで見てもらえればわかると思いますが、ほのかに臭う程度です。

なぜ、それほどしか臭いがしないのかというと、ボトルに入った状態と言うのは、塩素が非常に安定した状態だからです。

「安定している」=「塩素を放出していない」=「塩素臭はほとんどしない」
ということになります。

 

液体タイプの塩素系漂白剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、アルカリ側で安定します。

以前、液体酸素系漂白剤の主成分として使われる過酸化水素水は、酸側で安定するとお伝えしました。
その逆ということになりますね。

以前の記事は「過炭酸ナトリウムの洗浄力を劇的に上げる方法を教えます!【茂木和哉】」です。

 

また、アルカリ度を高くした方が安定度が増します。
ほとんどの製品は、強いアルカリ成分を加えて、よりアルカリ度を高めています。

 

こちらは、キッチン用塩素系漂白剤のボトル裏面の成分のところです。
「水酸化ナトリウム」を表記されていますが、これがアルカリ度を高くするためのものです。

 

少し話がそれますが、近年「次亜塩素酸水」と言われる電解水が、除菌剤としてネット通販やドラックストアなどで売られるようになりました。
除菌効果はちゃんとあるのに、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が薄くて使いやすいというものです。

どれだけ薄いというかと、普通の塩素系漂白剤の塩素濃度は、約5%(50,000ppm)なのに対し、次亜塩素酸水は、約50ppmです。

普通の塩素系漂白剤を、1000倍希釈液したのと同じぐらいの塩素濃度ということになります。
かなり薄いですよね。

しかし、そんなに濃度が薄くても、普通の漂白剤を1000倍希釈したものより、はるかに除菌効果は上というのが電解次亜塩素酸水の魅力です。

 

なぜ濃度は薄いのに除菌力が高いのか?

その理由がpHです。

pHを中性より酸性側にしてあるのです。
いわゆる不安定な状態です。
だから塩素が元気に菌を攻撃してくれるので、効果が高いわけです。

でも、ただでさえ低い濃度なのに不安定なわけですから、すぐに塩素が飛んでなくなってしまうというデメリットがあります。

ですので、次亜塩素酸水を買う場合は、生ものと同じで鮮度が命です。
すぐに使い切るようにしてください。
決して安売りしてたからといってまとめ買いをしたり、ワゴンに入った売れ残り品に手を出したりしてはダメですよ。

 

それと次亜塩素酸水は、不安定な状態でありながら塩素臭がキツくないという特徴もあります。

なぜかというと、そもそも塩素濃度が低いからです。
塩素が不安定な状態の場合、製品の塩素濃度が高いほど、塩素臭はキツくなります。

逆に塩素濃度が低ければ、塩素臭はしなくなります。
普通の塩素系漂白剤は、塩素が安定しているので、製品自体の塩素濃度が高くても臭いはそれほど気になりません。

塩素濃度が高ければ高いほど、塩素臭もキツくなると思っている方もいると思いますが、ほとんど同じなのです。

 

もう少しわかりやすく説明したいので、うちの息子に例えて説明します。(笑)

うちの息子は2人いるのですが、家で1人だけだとそんなにうるさくしないで遊んでます。
しかし、2人そろうと、必ずとっていいほど喧嘩してうるさくなります。

夜は2人そろって静かに眠っています。
起きて騒いでいるときは、2人より1人の方がまだ静かだけど、夜は寝ているので、1人でも2人そろっていても同じく静かです。

それと同じです。

かえって分かりにくくなってしまいましたか?(笑)

 

では、もう1つ具体的にお伝えします。

みなさんのイメージでは、スプレータイプのカビ取り剤の方が、ボトルにはいったキッチン用漂白剤より臭いがキツイと思っていませんでしたか?
実は、スプレータイプのカビ取り用より、ボトルに入ったキッチン用の方が、約5倍も次亜塩素酸ナトリウムの濃度が高いのです。

にもかかわらず、カビ取り剤の方が臭うイメージをお持ちですよね?
なぜかというと、汚れと反応し臭気が強まった塩素臭が、狭い浴室にこもるからです。

 

いよいよここからが本題です!
では、塩素臭が強い弱いは、何が原因なのか?

それは、汚れのひどさです。

先ほど「汚れと反応し臭気が強まった塩素臭が」とお伝えしました。
次亜塩素酸ナトリウムは、カビやヌメリ、皮脂汚れなどの、いわゆる有機物汚れと反応すると、塩素臭を放つのです。

汚れていればいるほど、臭いが強烈なわけです。

 

また、話がちょっとずれますが、皆さんスーパー銭湯には行かれますか?
私は大好きでよく上の息子と行きます。

スーパー銭湯のほとんどが、プールのように、ろ過しながら循環して汚れをとり、雑菌を消毒するために塩素を注入する「循環式」です。
塩素を入れているので、お風呂につかると、ほのかに塩素の臭いがしますよね。

施設によっては、全く気にならないほど塩素臭がしないところもあれば、ものすごくキツい塩素臭がしたりするところもあります。
みなさんも経験したことはありませんか。

塩素臭が気にならないところは、塩素をいれていないわけではありませんし、塩素臭いとこは、大量に塩素をいれているわけでもありません。
どこの施設も、一定量入れています。

なぜなら、公衆浴場法で塩素を入れることはもちろん、塩素濃度いくらで管理しなければだめなのかまで細かく決まっているからです。

では、なぜニオイがしなかったり、キツかったりするのか?

それも汚れです。
浴槽水や配管内の汚れが原因なのです。

もし、そんなに流行っていないのに、塩素臭がキツいような施設があったなら、配管洗浄をちゃんとしていないため、配管内にヌルヌル汚れがべっとりついている様子が想像できます。
ちなみに私は、過去に温泉施設の配管洗浄を長くしてきましたので、このあたりのこともよくわかるんです。

そんな状態で塩素を入れると、非常にキツい塩素臭は発生するんですよね。
それより、そのような状態は、配管にレジオネラ菌が潜んでいる可能性が非常に高いので、もうそこへは行かないようにしたほうがいいです……

そんな、危ない施設でも、しっかり配管内を洗浄することができれば、塩素臭の問題は即改善できます。

 

これは、住まいの掃除でも同じです。

バスクリーナーで落とせる皮脂汚れや軽度のカビを落としてから、カビ取り剤を使うと塩素臭を抑えることができます。
調理器具やまな板、フキンなどの除菌も、一度、台所洗剤で洗って、しっかりすすいでから漂白した方が、塩素臭は抑えられます。

このように、もし塩素臭が、苦手だったり、少しでも臭気を抑えて楽に掃除したいのなら、塩素系漂白剤を使う前に、前洗いすることで塩素臭を軽減できるので、ぜひ参考にしてください。

 

ここからは、プロの方、浴場施設の関係の方へのお話です。

浴場内の清掃に塩素系洗浄剤は欠かせませんよね?
施設の都合上、時間をとって清掃作業ができない場合は、前洗いを省いて、塩素系でささっと済ませる、なんてこともあるかと思います。

でもそれをやってしまうと、塩素臭がしばらく浴場にこもってしまうんですよね。
それがお客様のクレームにつながることもあります。

そんな場合でも、できる限り塩素臭の発生を抑える方法があります。

それが、塩素系洗浄剤を変えることです。

おそらく今お話ししたように臭いにお困りの場合は、主成分が次亜塩素酸ナトリウムの塩素系洗浄剤をお使いだと思います。
それを、そもそも塩素臭がしにくい塩素剤であるジクロロイソシアヌル酸ナトリウムが主成分のものに変えるのです。

 

例えば、このバスフレッシュのようなものです。

たったそれだけで、次亜塩素酸ナトリウムを比べ、塩素臭を10分の1ぐらいまで抑えることができるのです!
バスフレッシュは、浴槽水の塩素濃度が低くなった時に、スポット的に浴槽に直接投入して、残留塩素濃度をあげることにも使えますので、浴場施設ではとっても重宝する洗浄剤ですよ!

 

ぜひ、試してみてください!
 

 
購入はこちら

バスフレッシュ3.5kg


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!

関連記事

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?【茂木和哉】

  こんにちは! 茂木和哉です。 よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリーナーは、一般向け、業者向け問わず、ほとんどのものが「中性」です。 でも、パッケージには、「水垢にも強い!」とか「水 […]

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?【茂木和哉】

  こんにちは! 茂木和哉です。 浴場施設関係者のみなさん、日々お使いになっているバスクリーナーに不満をお持ちではありませんか? 例えば、 「泡切れが悪くてすすぎに時間がかかる…」 「洗った後でも、ヌルヌルが残 […]

ランキング

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

エアコン室外機の掃除は電気代に効く?自分でできるお掃除方法を伝授

エアコンって、実は二卵性の双子なのです。 お部屋の中にある室内機、お家の外にある室外機。 見た目は全く違いますが、2つあってはじめて動くことができます。 そんなエアコンの室外機、実は、お掃除をしなくても衛生的には問題あり […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う方法|コインランドリーとメリット比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は「50℃のお湯と2倍の洗剤ですぐに洗う」が正解

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!注意点と洗い方とは?

軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じること、ありま […]

タオルの嫌な臭いの原因と7通りの落とし方!においを防ぐ対策も紹介

タオルが臭い。 顔を拭こうとしたとき。お風呂上がりの体を包もうとしたとき。 ふとした瞬間に、タオルからなんとも言えない臭いがすることってありますよね。 使い古したタオルは臭っても仕方ない。と、半ば諦めている方も多いかもし […]

サツキの剪定は花が落ちたらすぐ!成長の妨げになる枝をバッサリと!

4~5月ごろ、可愛い花を色とりどりに咲かせ、私たちを楽しませてくれるサツキ。 「さつきまつり」なんかやっているところも多いですよね。 そんなサツキ、お庭で育てて自分でお世話できたら素敵ですよね? お世話の中でも大事なのが […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

ツツジの剪定は梅雨明け前に!小さめの丸型を目指してチョキチョキ♪

公園や住宅街でよく目にするツツジ。 実際に家でツツジを育てているという方や、引っ越した家にツツジが植えてあった…なんて方も多いのではないでしょうか。 そんな方に聞きたい! ツツジの剪定、きちんとしていますか? 植木の剪定 […]

水筒の洗い方でやってはダメな5つのこと。綺麗にする方法は1つだけ

最近、「水筒」を持っている人、よく見かけませんか? 飲み物を温かいまま、冷たいまま持ち歩くことができる水筒や、ペットボトルのように軽いタンブラー。 外でペットボトルを買いたくない!というときに、とても便利ですよね。 とこ […]

瞬間接着剤の落とし方を完全網羅!読んだら必ず意味なくつけたくなる

壊れたものを瞬時に接着できる、瞬間接着剤。 今や私たちの生活の必需品と言っても過言ではないでしょう。 ただ、すぐに接着できるのが便利な反面、間違った場所につけてしまった時は困りますよね。 たとえば、指や大切な衣類について […]