ピーピースルーで排水口のつまりもスルー?実際に使って検証してみた

sakura

更新日:2020年06月22日

みなさん!ピーピースルーって知っていますか?

ピーピースルーとは、排水口掃除専用のアイテムのこと!
最近では、テレビやSNSでも話題になっていますよね!

徹底的に排水口の掃除をしたはずなのに、なんとなく水の流れがよくない…。

そんな悩みを一瞬で解決してくれるアイテムこそが、この「ピーピースルー」なんです!

今回は、そんなピーピースルーの実力を、実際に使って調査してみました!

良いところから悪いところまで、包み隠さず大公開しちゃいます!

そもそもピーピースルーって何者なんじゃ!

そもそも、「ピーピースルー」って何者なのでしょうか!

繰り返しになりますが、「ピーピースルー」とは、和協産業さんが販売する、排水口掃除専用の洗浄剤のこと。

自分でゴシゴシしなくても、放置しているだけで汚れを落とすことができると人気なんです!

また、他の排水口用の洗剤との大きな違いは、粉末タイプだということ。

その他にも、今までの商品にはなかった驚きの効果がたくさん!

このピーピースルー、とにかく凄いんです!

それではさっそく、実際に排水口掃除に使っていきましょう…。

…と、いきたいところですが、その前に、まずはピーピースルーの凄さを、もっと詳しく紹介していきます!

ピーピースルーって一体どこが凄いんだ!

なんとなーく凄いのは分かったけど、具体的に何が特徴なのか、もっと知りたくなりましたよね?

そんなあなたに、ピーピースルーの何が凄いのか、さらに深掘りして見てきたいと思います!

ピーピースルーの他にはない凄さは大きく、

・強力な漂白作用
・自ら発泡する

・自ら発熱する

の3つがあります!それぞれ詳しくみてきましょう!

強力な漂白作用

まずあげられるのは、超がつくほど強力な漂白作用

一般的なクリーナーは、基本的には薄めたものが使われていますが、このピーピースルーは、液体で薄められずにパックされています。

また、3種類の成分がミックスされており、漂白だけでなく、除菌作用もあるのが魅力の一つ。

粉末タイプという特徴が、従来のクリーナーには出せなかった強力な洗浄力を可能にしたんです!

自ら発泡する

次にあげられるのは、水に溶かすと発泡する能力。

酸素の力で発泡することで、細かな汚れにも入り込んで浮かすことができるんです!

これも今までのクリーナーにはない特徴の一つです!

自ら発熱する

さらにピーピースルーは、水に濡れると発熱するという驚きの特性を持っているんです!

その熱によって汚れを浮かせ、流しやすくすることができちゃいます!

今までにはなかった「発熱」という特徴を取り入れることで、汚れを効果的に分解し、除去する効果があるんですよ♪

2種類のピーピースルー

実はピーピースルーには2種類あります。

それぞれ効果や使えるシーンが変わってくるので、用途にあわせて選んであげてくださいね!

ピーピスルーF


ピーピースルーF 600g 業務用排水管洗浄剤

まずは一番オーソドックスなタイプの「ピーピスルーF」
排水口のクリーナーでは珍しく粒状なのが特徴です!

一般家庭用に作られているので、使い勝手が良く、成分の危険度がかなり低いんです!

むやみに使っても排水口を痛める心配がほとんどないので、手軽に使えちゃうのがいいですね。

ピーピースルーシリーズの入門におすすめですよ顆粒状!

ピーピースルーK

こちらの「ピーピースルーK」は、先ほどの「ピーピスルーF」よりも、もうワンランク強力な洗剤。

ホームセンターでもほとんど売られていない、まさにプロ仕様のアイテムです!

洗浄力が高く、冷水で流しても効果がある、などなど普通のピーピースルーに比べて強みも多いんです!

ただ、その洗浄力の強さ故に、溶かしたくないものまで溶かしてしまうことも…。

「医薬用外劇物」に指定されるほどの劇薬なので、ご家庭で使うのはあまりオススメしません!

基本的には「ピーピースルーF」で十分だと覚えておくと良いでしょう!

ピーピスルーを使う際の3つの注意点

ピーピースルーを使う前に、必ず見ていただきたい注意点があります。

注意点を守らないと、十分な効果が得られなかったり肌に危険が及んでしまったりする恐れも

そんな自体にならないように、今回はピーピスルーを使う際の3つの注意点を解説していきます!

必ずゴム手袋をして使用する

繰り返しにはなりますが、ピーピースルーは、その強力な効果の代償として、かなり刺激の強い成分が使われています。

素手で触れてしまうと、人によっては炎症やかぶれを起こしてしまうことも…。

効果が強い分、人肌に影響があるのは仕方ないこと。

作業する際は、必ずゴム手袋をつけてくださいね!

直接吸い込まないよう工夫する

繰り返しになりますが、ピーピースルーは刺激の強い成分が使われています。

発泡している泡自体は酸素なので問題ありませんが、ピーピースルーの粉自体を謝って吸い込んでしまうのは、体によくありません

適度に換気したり、マスクをつけたり、換気扇を回したり、できる限り直接吸い込まないように工夫してくださいね!

溶かすお湯の温度に注意!

ピーピースルーを使う際は、溶かすお湯の温度にも注意しなければなりません。

具体的には、40〜50℃のお湯に溶かすのがベスト!

熱すぎると発泡しすぎて使いづらくなりますし、冷たすぎるとうまく溶け込んでくれません。

仕上がりにも影響してくるので、お湯の温度には慎重になってくださいね!

ピーピースルー、実際に使ってみた

ピーピスルーの凄さが分かったところで、実際に使ってその効果を検証していきましょう!

説明書を読んでみると、

「全量の4分の1をいれ、お湯500〜600mlを注ぎ入れる」とあります。

4分の1?意外と多いなあ、と思いつつ、今回はその方法に習って使ってみました!

あ、ピーピスルーは使われている成分がかなり強力なので、蓋を開けてからは、絶対にゴム手袋をはめて作業してくださいね!!

用意するもの

・ピーピースルーF
・ゴム手袋
・計量カップ

まずは、排水口をあけてみます。

汚い上、水の流れも悪いので、ピーピスルーの出番ですね!

ピピースルーを全体の4分の1(150g)を排水口に撒いたら…

お湯500mlを静かに注ぎます。

お湯の温度は、だいたい50℃前後と、ちょっと熱めのお風呂くらいの温度が最適です!

すぐに発砲してくるので、そのまま30分〜1時間ほど放置します。

ちょっと分かりにくいですが、泡が汚れを浮かせて、少し汚くなっているはずです!

十分に放置したら、水で流していきます。

ピーピースルーはかなり強い成分が使われているので、しっかり洗い流してくださいね!

写真では伝わりにくいですが、汚れを落としてくれただけでなく、スゥーーーと水が流れるようになったんです!

ピーピースルーおそるべし!

ピーピースルーにも倒せない相手はいる

ここまで、ピーピースルーの完璧な姿をお見せしてきました!

ピーピースルーならどんなつまりでも大丈夫!

…。実はそんなこともないんです!

キッチン、お風呂、洗面台…。

どんなつまりもどんとこいのピーピースルーでも、トイレのつまりだけは倒すことができないんです。

理由は簡単で、トイレのつまりはほとんどの場合、汚れが原因というわけではないから。

つまり掃除に大活躍のピーピスルーも、トイレのつまりにはお手上げということですね!

ピーピースルーを他のパイプクリーナーと比較!

排水口

とはいえ、ピーピースルー以外にもパイプクリーナーはたくさんあります。

そこで今回は、お値段と洗浄効果の2点を比較したいと思います。

その結果を見比べたうえで、どれを選ぶか検討してみて下さいね♪

※ピーピースルー以外に有用な顆粒タイプが見つからなかった為、今回の比較は有名メーカーの液体タイプ商品を用いています。

ピーピースルーのお値段を比較

お値段は気になるところですよね。

しっかり比較して見ていきましょう!

ピーピースルーF 600g 業務用排水管洗浄剤

まずはメインであるピーピースルーについて。

お値段は600g 1,482円なのでグラム当たり2.47円。

1回の使用量は150gなので370.5円になります。

コチラを基準に比較していきましょう。


ピーピースルーF 600g 業務用排水管洗浄剤

花王 パイプハイター 高粘度ジェル 業務用

お次はパイプクリーナーとしてメジャーなジェルタイプのパイプハイター。

顆粒タイプではありませんが、比較してみましょう。

お値段は2kg 518円なのでグラム当たり0.26円。

詰まり解消には400g使うようなので、1回当たり104円です。


花王 パイプハイター 高粘度ジェル 業務用 つけかえ用 2kg パイプクリーナー / 61-8509-56

パイプユニッシュ 排水口・パイプクリーナー 液体タイプ

パイプクリーナーとして最も有名な商品はこれですかね。

今度は液体タイプとなっております。

お値段は800g 303円なのでグラム当たり0.38円。

詰まり解消には5目盛り(半分)使うようなので、1回当たり151.5円です。


パイプユニッシュ 排水口・パイプクリーナー 液体タイプ 大容量 800g

お値段の比較結果

単純なお値段比較で言うと、花王のパイプハイターが一番安いですね。

やはり顆粒タイプと液体タイプでは差が出るのでしょうか?

理由は定かではありませんが、選ぶ基準にはなりそうですね。

次は効果の比較です。

正直一番大事なポイントになるので、必見ですよ。

ピーピースルーの効果を比較

せっかくの比較なので、同じ商品で見ていきましょう。

ピーピースルーF

繰り返しになりますが、ピーピースルーF最大の特徴は3つ。

・強力な漂白作用
・発砲作用
・発熱作用

そしてこの他にも

・アルカリの力
・酵素の力

など数多くの洗浄作用を有しています。

やはり詰まり原因の多くは油や脂分なのでアルカリ性は有効。

液体にはない発泡や発熱作用も、浮かせて剥がす効果として有用です。

流石はプロが認めた洗浄剤と言ったところでしょうか。

花王 パイプハイター

お値段では最安値だったこちらの商品。

効果が弱いのかと言われると、そうでもありません。

高粘度のジェルはパイプにしっかりと密着し、髪の毛などを溶かしてくれます。

一般的な洗浄剤としては十分な性能。

しかし口コミを見ると、詰まりの解消までは至らない事があるようです。

ピーピースルーと比べると溶かす力は弱いみたいですね。

詰まる前に、定期的に汚れを落としていく場合には良いと思います。

パイプユニッシュ

最後はお値段でもパイプハイターとあまり差の無かったこちらの商品。

詰まり解消効果も同じくらいかと思いきや、評判は良いですね!

髪の毛は勿論のこと、詰まり解消の効果もなかなかに高いようです。

しかし発泡、発熱作用が無い点で若干劣る様子です。

効果の比較結果

やはり作用が多いだけあって、ピーピースルーは効果が高いですね。

実際に評価も高かったです。

液体洗浄剤には無い強みが出た結果となりました。

比較まとめ

結論としては、パイプユニッシュを試して、ダメな場合はピーピースルーFですね。

お値段の観点から、いきなりピーピースルーは敷居が高いです。

なので、評価も高いパイプユニッシュを試してからでも遅くはないと感じました。

詰まりが酷そうな場合は試しても無駄になってしまう可能性があるので、いきなりピーピースルーFを購入していいと思いますよ。

ご自宅の詰まり具合を見て、洗浄剤を選んでみて下さいね♪

ピーピースルー、やっぱり凄かった

話題のピーピースルー、噂以上の凄さでした!

排水口って、とってもとっても汚れがたまるし、汚れが頑固だし、嫌になっちゃいますよね。

そんな排水口掃除も、このピーピースルーがあるだけで、簡単にスルーできちゃうんです!

みなさんも一度試してみてはいかがですか?