屋根掃除って必要?業者の費用相場と見積もり時のチェックポイントは

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2021年09月21日

 

雨や風、強い日差しなどから、家や家族を守ってくれる「屋根」。

みなさんは、屋根の掃除を定期的に行なっていますか?

屋根は、雨や風などの外気の影響を受けやすく、汚れがたまったり、経年劣化しやすい箇所のひとつです。

普段、なかなか屋根を見る機会がないので、汚れに気づかずに放置してしまっているという人も多いかもしれません。

今回は、そんな屋根の掃除について、自分で行う方法や業者に依頼した場合の費用相場などについてご紹介します。

なぜ、屋根の掃除が必要なのか?

屋根の汚れは、普段なかなか目にすることがないので、定期的に掃除しなくてはいけないと言われても、ピンとこない人も多いかもしれません。

しかし、屋根の汚れを放置してしまうと、汚れがたまるだけでなく、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

屋根には、もともと防水シートなどの防水層が設けられているため、雨水が内部まで侵入することがなく、勾配によって下へ流れる仕組みになっています。

しかし、屋根や雨樋などに汚れがたまっていると、この排水機能が妨げられてしまい、雨漏りを引き起こしてしまう可能性も出てきます。

また、排水機能が妨げられ、うまく雨水などを排水できなくなってしまうと、コケや藻が生える原因にもなり、屋根材を劣化させる原因にもなりかねません。

このような状態にならないようにするためにも、屋根は1年に1回程度を目安に、定期的に掃除をすることが必要なのです。

屋根掃除、自分でやる方法は?

では、次に屋根の掃除方法について、見ていきましょう。

屋根の掃除は、自分でも行うことができますが、高所の作業になるため、十分に注意が必要です。

自分で行う場合には、無理のない範囲の掃除に留め、危険が伴う箇所については、業者に依頼することも選択肢のひとつに入れておくようにしましょう。

では、実際に自分でやる場合の、掃除方法についてご紹介します。

屋根の掃除方法1 ゴミの除去

屋根の掃除をする際には、屋根本体だけではなく、雨どいの掃除もとても大切です。

雨樋にゴミがたまってしまっていると、雨水が、うまく排水されずたまってしまうため、雨どいにゴミがたまっていないかどうかもしっかりと確認するようにしましょう。

平屋建ての家や軒下の雨樋など手の届く範囲では、軍手をして手で取り除くか、ほうきや火ばさみなどを使って取り除くことができます。

屋根の掃除方法2 ブラシで磨いて屋根の汚れを落とす

屋根に汚れがたまったり、藻などが付着している場合は、ブラシなどで磨いて落とすことができます。

しかし、藻や汚れの付着した屋根は滑りやすくなっていることも多いため、手の届かないところは、無理に掃除をせずに、業者に依頼することがおすすめです。

業者に依頼する場合の費用相場は?

では、業者に屋根の掃除を依頼する場合は、どのくらいの費用がかかってくるのでしょうか。

屋根の掃除を業者に依頼した場合、作業内容や屋根の広さによっても、金額は変わってきますが、各作業の目安の金額は以下の通りとなります。

高圧洗浄機で汚れや藻を除去

高圧洗浄機を使用した掃除は、30坪2階建ての一軒家の場合で、15,000~30,000円前後が相場と言われています。

また、藻などが根強く付着しており、なかなか取れない場合には、バイオ洗浄と呼ばれる洗浄方法を取ることがあります。

バイオ洗浄は、水による高圧洗浄だけでは除去できないカビや苔などの菌の根を洗い落とせる洗浄方法のことで、通常の高圧洗浄のみで掃除をした場合と比べて、費用が高くなります。

雨樋の掃除費用

雨樋の掃除は、30坪2階建ての一軒家の場合で15,000~30,000円前後が相場です。

特殊な道具を使用したり、屋根が急勾配だと追加料金がかかる場合もあります。

足場費用

作業場所が2m以上になる場合は、足場を組んで作業しなければならないため、作業費用に足場費用が加えられます。

足場にかかる費用は、1平方メートルあたり600~1,500円程度が相場で、架ける面積が広いほど費用が、高額になります。

見積もりの際に気をつけたいことは?

最後に、屋根の掃除を業者に依頼する際に、気をつけたいポイントをご紹介します。

掃除を依頼する際は、まず見積もりを取りますが、その際にしっかりと現地を調査したうえで見積もりを出してきているかを確認しましょう。

しっかりと現地を確認していない場合には、足場の金額などが計上されておらず、見積もり金額よりも、請求金額が高くなってしまう場合もあります。

また、見積もりが出てきた際には、内容が明確になっているかを確認することが大切です。たとえば、内訳がしっかりと明記されておらず、『一式』と表記されていたり、諸経費があまりにも高く表記されていたりするなど、表記された金額の妥当性が判断できない場合には、注意が必要です。

しっかりと内容を確認して、内容を理解した上で契約をするように気をつけてくださいね。

まとめ

屋根の掃除についてご紹介しました。

屋根の掃除は、自分でも行える作業もありますが、高所の作業などは、無理して行うのは禁物です。

今回、ご紹介した内容を参考に、自分でできる箇所と業者に依頼した方がいい箇所をしっかりと区別して、安全に掃除を行ってくださいね!