屋根をリフォームすべし!タイミングから種類と費用までまるごと紹介

かっしー

作成日:2019年09月24日

 

夢のマイホーム。せっかく手に入れたマイホームだからこそ、ずっときれいに保ちたいですよね。

実は、そんな家の雰囲気は屋根によって決まっていると言っても過言ではありません!

そこで今回は、そんな屋根をきれいに保つための「リフォーム」について紹介していきますね。

タイミングや種類、費用までまるごとここに詰まっています!

屋根リフォームのタイミング

そもそも屋根リフォームはどのタイミングでするのがいいのでしょうか?

もちろん、現在雨漏りしているなんてことがあればすぐにでもしましょう。

しかし、特に何も異変がない場合はどうしましょうか。

屋根を確認することはなかなかできないので、大体の目安を知りたいですよね!

一般的に、10年を目安に屋根のリフォームを検討するのが良いとされています。塗装が10年ほどで落ちてしまうからです。

その時に業者さんやプロの方に屋根を見てもらって、リフォームの内容を決定しましょう!

屋根リフォームの種類とかかる時間の目安

一言に屋根リフォームと言っても、様々な種類があります。

・塗装工事
・重ね葺き(ふき)工事
・葺き替え

今回は以上の代表的な3つを紹介していきますね!

塗装工事

塗装工事は、屋根を覆っている屋根材と呼ばれるものに塗装をする工事です。

メリットとしては、

・軽い傷の補修
・比較的安い

軽い傷を補修してくれるので、屋根材の耐久性を高めることに繋がります。

値段も比較的安く、工事期間は2週間ほどと少しかかってしまいますが屋根により変わるので業者さんやプロの方に尋ねてみてください!

デメリットとしては、一回の費用が抑えられる代わりに塗装が落ちたら新しく塗り替えないといけないことが挙げられます。なので、結果的に費用が重なってしまうので認識しておいてくださいね。

重ね葺き工事

重ね葺きというのは、もともとある屋根を覆っているものの上から新しい屋根を被せる工事です。

この工事のメリットは、

・比較的安い
・比較的早い
・断熱性、遮音性が高まる

屋根材を解体することなく工事が進むので、解体費用などが掛かりません。

また、屋根材を二重にすることから、家の断熱性や遮音性が高まります。

さらに、工事期間も比較的短いので嬉しいですね。(1週間ほど)

デメリットとしては、工事の都合上外気を取り込む必要が挙げられます。そのための換気口を作る工事費用が追加でかかってしまいます。

葺き替え工事

葺き替え工事は、新しく屋根を覆っているものを取り外して新しく取り付ける工事のことです。工事期間は、1週間ほどになります。

この工事のメリットは、屋根材を新しいものに変えるので耐久性が最も高いことです!

デメリットとしては、費用が最も高いことが挙げられます。

以上が屋根リフォームの代表的なものです。他にも、屋根の部分工事もできるので詳しくは業者さんやプロの方に確認してみてください。

屋根リフォームにかかる費用の相場

先ほど屋根リフォームの種類について紹介しましたが、続いて気になるのがその費用。相場をご紹介していきます!

塗装工事→25~40万円ほど
重ね葺き工事→50~120万円ほど
葺き替え工事→70~140万円ほど

もちろん、どのリフォームも使う材料や条件によって変わるので大まかな費用としてとらえてください。

正確な費用は必ず業者さんやプロの方に見積もりしてもらいましょう!

中には悪徳なところもあるので、複数見積もりをしてもらって検討するのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は屋根のリフォームについてご紹介しました。

代表的なリフォームは、

・塗装工事
・重ね葺き工事
・葺き替え工事

でした。費用の相場は紹介しましたが、鵜呑みにせず業者さんやプロの方に見積もりをしてもらいましょう!

悪徳業者さんにはご注意ください。