シロアリ駆除を特集!自分でできる対策と、業者さんの選び方を紹介!

macchan

更新日:2020年02月18日

 

シロアリというと、大事な家をぼろぼろにしてしまう、すぐにでも駆除しなければいけない恐るべき害虫であるというイメージを持っている方がいると思います。
そしてそのようなイメージに踊らされて、しばしば焦って自分で駆除しようとしてしまうということがあります。

しかしシロアリ駆除で大切なことは、1に冷静に対応2に業者さんへ依頼、ということなんです。

なぜ業者さんに頼むのが吉なのか、なぜ自分でやってみようとすることはおすすめできないのかは私たちには分かりづらい問題です。
ですが、業者さんに依頼する、自分でやってみるというそれぞれの選択肢を比較しているので、業者さんに依頼することの良さが、わかると思います!

それ以外にも、習慣として簡単にできるシロアリ予防策や、シロアリ駆除の初心者の私たちにもできる本格的な作業まで網羅しています。

この記事を最後まで読み進んでいただければ、シロアリの駆除に関する確かな知識がつくこと、そしてシロアリに対して、むだにおびえる日々から脱却できるようになると思います!

ぜひ、最後まで読んでみてください!

シロアリがいるかもしれないサイン

実はシロアリ被害の進行というのは年単位で進んでいくものです。
だから、1日早く発見したか、していないかくらいでは、被害の大きさは大して変わらないんです。

とはいえ、被害が進行して、取り返しのつかないところで初めて気づくとなっては、リフォーム代も高くついてしまうので、取り返しのつかないところにいってしまう前に、シロアリが巣くっていることを、知っておくことは大切です!

それでは早速、シロアリがいるかもしれないサインを3つご紹介していきます。

床がぎしぎしと音を立てたり、フローリング床が浮いていたりする

シロアリが床下の木材などの素材を、食べてしまって、木材がスカスカになってしまったことで床に異常が起こります。
床がぎしぎしと音を立てたり、フローリング床が浮いていたりするような、床の異常があって、なおかつ建ててから、5年以上たっている場合は、シロアリが巣くっている可能性が高いです。

春から夏にかけて、羽蟻をみた

羽蟻は、黒アリのイメージがあるかもしれませんが、実はシロアリも羽蟻になります。

家の中、家の庭、近所で羽蟻を5月から6月に見たという方は要注意です。

それが黒アリか、シロアリか見分けるのは難しいので、とにかく5から6月に羽蟻を見たというのであれば、業者さんに無料で調査してもらえるところがあるので、一度、依頼してみるのも良いかもしれません。

水漏れがある、もしくはあった

シロアリは湿気が多い環境を好むため、水漏れを起こしていた場合、その湿気に集まってきている可能性があります。

床、羽蟻、水漏れで判断できる可能性があるということを覚えておいてください!

このようなサインはあくまで、一つの指標にしか過ぎません。
疑わしければ、シロアリがいるかを無料で見に来てくれる業者さんに調べてもらっても良いでしょう。

シロアリの駆除は自分でできるのか

そもそも、シロアリは自分で駆除できるのか気になりますよね。

冒頭でお伝えしましたが、基本的には業者さんに依頼するのがベストなんです。

理由を簡単にいうと、ある程度のことまではできるけど、できることも少ないし、その道のプロではない私たちが、完全な駆除をするには限界があるからです。

では、どこまでができて、どこからができないのかということと、自分でやることのメリットデメリットをざっと紹介していきます。

できること、できないこと

まずは私たちでも、ある程度の効果を出すことができるものと、手をつけるのはやめておいた方がいいものを紹介していきます。

できること:床下に潜らずに行うことのできる作業
できないこと:床下に直接潜って行う作業

上のできること、できないことに差を生んでいる要因とはおおざっぱにいうと、作業の難易度です。床下にもぐって行う作業と、床下にもぐらずに行う作業の難易度は天と地ほどの差があります。

床下でしか行えない作業とは、床下の支えとなる木材や床下の土壌を薬剤で処理するというような作業です。
床下はとても狭く、そこで慣れない作業をしたときに、引っかかって出られなくなってしまうといったことや、誤って感電してしまうということなど、様々なリスクがあります。

このリスクの詳しい内容は「プロの業者さんがしてくれること」という項目に書かれています。

また床下にもぐらずにできる作業の内容は、下の「自分でもできることがあるならやりたいという方」という項目で詳しく紹介しているので気になる方はそちらを読んでみてください。

自分でシロアリ駆除をやることのメリット、デメリット

次に、自分でシロアリを駆除することのメリットとデメリットを簡単に、見ていきましょう。

メリット

・財布に優しい
・悪徳業者に騙される可能性が全くない


・財布に優しい
財布に優しいという点について、詳しく解説していきましょう。

それはシロアリ駆除が、長くつきあっていかなければならないものであるということを裏を返せば意味しています。

業者さんに任せて、床下木材処理や、土壌処理をしたとしても、その効果は5年ほどで切れてしまうのです。

このようなことから、自分で全ての作業ができるのであれば、業者さんに依頼する料金がそのたびに抑えられ、お財布に優しいということです。

・悪徳業者にだまされる可能性が全くない

シロアリ駆除の業者さんは、年々増加しているのですが、その中には、いわゆる悪徳業者も少なからずいるというのが、悲しいですが、業界の現状です。

めんどくさがらずにきちんと質問したりするなど、対策をすれば、悪徳業者は私たちにも見分けがつくのですが、自分で全てできるならしてみたいと思うような方は、そんなちまちましたことなんてやりたくないと思うのかもしれません。

デメリット

・中途半端に終わってしまうことがある
・手間がかかる

 

・中途半端に終わってしまう可能性がある

自分でできる方法であっても、なかなかプロと同じ仕上がりを実現することは難しいです。

シロアリ駆除のプロは、その分野に特化した専門職です。
さすがに、私たちがインターネットで情報を集められるだけ集めてからやったとしても、経験と知識の豊富なプロの仕上がりには及びません。
薬剤1つとっても、その種類は膨大であるなど、道具の種類があまりに多いことや、シロアリの生態が複雑であることが、プロには及ばない原因になっています。

・手間がかかる

シロアリは巣の中で群れをなして生活しており、その数は最低でも1万匹という大群です。
被害が大きい場合にはそんな巣が、いくつもあります。

そうすると、合計で何百万という単位の膨大なシロアリを駆除しなければならないのです。
一方で、その中の数千、数万匹を駆除できたとしても、シロアリにとっては何の痛手もありません。

シロアリを家からいなくさせるためには徹底的な仕事が求められます。

この徹底的な仕事は、相当大変な重労働です。
これが一回の作業で終わるなら良いですが、それを何回か継続してやらなければいけません…。

一回の作業では駆除しきれなかったシロアリが、また巣を作ってしまうので、完全にいなくなったと確認できるまでやらなければならないのです。

シロアリ駆除は業者さんに任せたいという方

ここまで、できること、できないことと、メリット、デメリットを見てきて、シロアリ駆除は業者さんに頼みたいな、と思った方もいると思います。

ただ、業者さんに頼む際に最も気を付けてほしいのが、悪徳業者に騙されないということです。

シロアリ被害は、再発する可能性が大いにあるために、作業中から、その後の保証まで、すべてを網羅した徹底的な仕事が求められます。
そしてシロアリ駆除には、長期的にお金がかかります。

お金を無駄にしないためにも、徹底的な作業を行ってもらうためにも、悪徳業者には頼んではいけません。

では、悪徳業者はどう見分ければいいのか、ポイントを見ていきましょう。

悪徳業者の見分け方

悪徳業者には共通点がいくつかあります。
それは

・気になることを質問しても応対が丁寧ではない
・機材を売りたがる
・危機感を執拗に煽ってくる

というものです。
では、それぞれの点を、詳しく見ていきましょう。

気になることを質問しても応対が丁寧ではない

悪徳業者は、とにかくどうすれば、より多くのお金が稼げるかというように、お金を第一に考えており、お客さまへのサービスは二の次です。
そのため何か気になることがあって、それについて聞いてみてもきちんと応対はしてはくれません。

そのため、道具の説明を求めてみたり、どのような作業をしていくのかを聞いて、その応対を業者さんごとに比較してみると、どの業者さんに依頼すればいいか見分けがつくと思います。

機材を売りたがる

現場を見てから、後日の作業の料金を見積もった後、換気扇の購入を強く薦められる場合があります。

シロアリは湿度の高いところに住みつくから、湿気を取り除かなければならないという理由で薦めてきます。

しかし、床下の湿気が少なくなったからと言って、それだけでシロアリが来なくなるということはありません。発生する可能性が少し低くなるくらいの影響にとどまります。

そもそも、シロアリは蟻道という湿気の高いトンネルの中を移動しますし、土の中に巣を作ってもいるので床下の湿気が直接、シロアリの発生に大きな影響を与えるということは少ないんです。

このような説明もないまま、押し売りのような形で、機材を売ってくるときには、悪徳業者の可能性を疑った方がいいかもしれません。

危機感を執拗に煽ってくる

今すぐにやらないと、取り返しのつかないことになる、地震が来たら大変な被害に遭うといって、危機感を煽って、契約の決断を迫らせるところは、悪徳業者の可能性が高いです。

そもそも年単位でシロアリの被害は広がっていくものです。1週間、1ヶ月契約を遅らせたからと言って、被害が格段に進むということはもちろんありません。

じっくり、慎重に考えてから、契約をおこなっていいんです!

冷静な判断を心がけましょう。

安心して頼める業者さんとは

シロアリ駆除は、長い目で見て、つきあっていかなくてはならない問題です。
一回、駆除をしただけで、それ以降シロアリの被害がなくなるということはありません。

だからこそ、保証期間もしっかりしていて、ちゃんと作業を行ってくれる業者さんを選ぶのに越したことはないんです。

そこでいい業者さんを見分けるポイントをご紹介します。

日本シロアリ対策協会に所属している

日本で唯一のシロアリ協会で、ここに所属している業者さんは信頼していいと思います。

国家資格ではありませんが、日本シロアリ対策協会が発行しているしろあり防除施工士の資格を持っている作業員がいる業者さんであれば、なお良いです。

注意
坪単位価格だけで比べて、判断するのは良くないです。その価格の中にどれだけのサービスが入っているのか、保証体制はどうなっているのかなど総合的に見て、判断してみてください。

シロアリの生態

ここまでは、業者さんに頼むのがいいのか、自分でやるのがいいのか、そして、業者さんに頼む際の注意する点といったシロアリ駆除の「外身」の話を見てきました。

では、ここからはシロアリ駆除の「中身」の話である、実際の対策の話へと移っていくことにしましょう。

と、まずはその前にシロアリの生態をみていきます。

シロアリの好む環境、えさ、どのような生活を送っているのかが、ちょっとでも分かると、今後、ご紹介していく自分でもできる対策、業者さんのやってくれる対策がどのような意味を持っているのかが、より理解できると思います。

環境

シロアリが好む環境とは湿気があって、強い太陽光に晒されない環境です。

彼らが家の中で住みつく場所はたとえば、キッチン、トイレ、など水場の床下の、壁、土の中や、湿ったダンボールの裏です。
そのような目に触れづらい場所にシロアリは巣を作っているのです。

シロアリは湿った木の外皮や、湿ったダンボールを好んで食します。
しかしそれしか食べないというわけではありません。

餌がなくなってしまった場合には、コンクリート、プラスティック、電気コードという人工物までも食べることがあるのです!

だからこそ、昔ながらの木造住宅でない現代づくりの家屋にもシロアリは湧いてしまうため、シロアリ被害が都市部まで拡大しているということなんです。

巣と蟻道

シロアリは黒アリとは違って、独特な巣を作ります。

そしてシロアリ特有の建造物である、巣からえさ場まで続く蟻道と呼ばれるトンネルを作ります。
この蟻道は土で作られており、日光を遮る役目があります。

この生態も、シロアリが家にいてもわかりづらいという理由の1つでもあるのです。

シロアリの種類

この先紹介するシロアリの種類は、知らなくても対策の理解度に影響を与えるものではありません。
ですが、業者さんに頼んだ時に、家に巣くっているシロアリの種類によって作業代が変わるので、それは心に留めておいてもいいかもしれません。

日本に生息しているシロアリは主に2種類です。

それはヤマトシロアリイエシロアリといわれるシロアリです。

ヤマトシロアリ

巣を、湿気が高い蟻道の中につくります。彼らは食べてできた穴を広げて、そこを自分たちの住処とします。
食べられた部分が巣になってしまうので、シロアリ被害が大きい場合には、その巣の数は未知数です。

日本に生息している大半のシロアリがこのヤマトシロアリで、攻撃性は低く、巣は数千から数万匹で構成されています。

イエシロアリ

自ら水を運ぶことができるので、ヤマトシロアリのように蟻道中に巣を作る必要がありません。
そのため、ヤマトシロアリのように湿度の高い蟻道中にしか巣を作れないというわけではないので、家屋の天井裏にまで侵入して家全体に被害を及ぼします。

そしてイエシロアリはヤマトシロアリよりも攻撃性が高く、巣は数万から、数百万という大群で構成されています。
イエシロアリは九州四国に生息しています。

イエシロアリが巣くっていた場合には業者さんに頼んだときに、ヤマトシロアリが巣くっていた場合よりも作業代が高くなることが多いのです。

自分でもできることがあるならやりたいという方

何度も申し上げますが、基本的には業者さんに頼んでほしいのです。

しかし、それでもやれることはやっておきたいという、とても意欲的な方のために、シロアリ駆除の初心者の私たちでも、ある程度効果のでる方法を2つあげていきます。
(勿論、ここでご紹介する方法も業者さんがやる場合の出来とは、大きく異なることがあります。)

その方法とは

・ベイト工法:毒餌が設置された罠で、シロアリの巣全体を壊滅させる

・シロアリ専用殺虫スプレー:あくまで応急処置、スプレーしたところにはシロアリを寄せ付けない

という二つです。

その二つの方法の大きな違いは、作業の簡単さと、期待できる効果です。

・簡単さ
ベイト工法シロアリ専用殺虫スプレー
・効果
ベイト工法シロアリ専用殺虫スプレー
です。

つまり、ベイト工法のほうが、手間はかかるけど、効果は高く、逆にシロアリ専用殺虫スプレーは簡単にできるけど効果もほどほどというような違いです。
ベイト工法はうまくいけば、巣全体のシロアリを壊滅させることができる可能性を秘めているのですが、スプレーにはその可能性がほとんどありません。

ではここからは作業の具体的な方法と効果について、ご紹介していきます。

ベイト工法

ベイト工法は簡単にできるものでありながら、シロアリの駆除には絶大な効果を発揮します。

ベイト工法のメリットととしては

・毒のある餌の入った罠を設置するだけの簡単さ
・散布剤とは違って、人、ペットに無害で環境にも優しい
・うまく使えれば、巣全体のシロアリを壊滅することができる

といったことが挙げられます。

ポイントを抑えれば、とても強力な効果を発揮するのでおすすめです。

ではここからはベイト工法の仕組みから、設置場所、使い方まで見ていきましょう。

ベイト工法の仕組み

ベイト工法は容器に毒のある餌を入れて、その餌をシロアリに食べさせて駆除するというものです。

しかし、単に、毒餌を食べさせて、その場でシロアリを殺してしまうというものではないんです。
その方法ではシロアリは一部しか殺すことができません。
なぜかと言えば、シロアリは賢くそれが毒餌であることが分かれば、それ以降食いつかなくなってしまうからなんです。

ベイト工法はそんな賢いシロアリに対して、もっと面白い方法で巣全体のシロアリを駆除してしまうんです。

まずはそのベイト工法の仕組みを見ていくことにしましょう。

STEP1:シロアリに毒餌を巣に運ばせる
巣へこの毒餌を運ばせます。このとき、もしシロアリが餌を食べてしまっても、そのシロアリはすぐに死ぬということはありません。
この毒餌はシロアリが脱皮するのを防ぐ餌なので、効果が出るまでには時間がかかります

STEP2:巣のシロアリに流行らせる
シロアリの巣の中では、餌が共有されます。
シロアリは餌を見つければ、お互いに情報を交換し合うのです。

だからこそ一旦その毒餌がシロアリに食べられたとなれば、すぐにその餌は巣全体に広がることになります。

巣全体に餌の効果が広がるようにするために、わざと効果遅く出るように作られているんです。

STEP3: 働きアリが死んでいく
働きアリは巣の全体の95%を占めています。

彼らは餌を巣に運んで、女王アリ兵隊アリに捧げる役割を担っています。
そんな働きアリがまずは死んでいきます。

この働きアリが死んでしまえば、巣の壊滅まで、後もう少し!

STEP4:女王アリが死ぬ
働きアリが巣からいなくなっていくことで、シロアリの巣はほぼ機能停止状態に陥ります。
そして働きアリがいなくなることで、えさの供給が絶たれてしまって、子孫を作る役目の女王、王、兵隊アリが餓死します。

これをもって、晴れて巣を壊滅することができたことになるというわけです!

ベイト剤の設置場所

ベイト剤の設置場所は大きく分けて

・水回り
・木、古木

の2つです。水回り、木、古木がある場所には積極的に設置していきましょう。

・水回り

水回りといっても直接家の中に置くというわけではありません。
ベイト剤は土を少し掘って、そこに仕掛けるというものなので、家の外に設置します。

キッチンやトイレ、洗面所といった水場の近くの壁を挟んだ外の、土に埋めておきましょう。
また、意外に玄関もシロアリの侵入経路になりやすいので、玄関横にも置くと良いです。

・古木や、切り株の根元

シロアリが、餌にするものは主に木材でしたよね。そして、彼らにとって切り株などの古木は絶好の餌です。

そのような木には、少し盛り上がった砂の線が見つかることがあります。これが蟻道です。
この蟻道と土とが接触している部分にベイト剤を仕掛けます。

この二つの場所に重点的にベイト剤を設置してみてください。

ベイト剤の点検方法

ベイト剤を仕掛けてから、その効果がでているのかを点検する必要があるのですが、その方法として

・最短でも1ヶ月に1回のペースで確認
・確認する際には、注意深く慎重に
・半年、シロアリがかかっていなければ他に場所を移す

ということに気を付けてください。

・最短でも1ヶ月に1回のペースで

ベイト剤を設置してからというもの、どれくらいシロアリが罠にかかっているのか、すごく気になってくると思います。
でも、その欲求のまま、すぐに確認してはいけません!

シロアリは賢くて、慎重な生き物であることをここで再び思い出してください。

もしそのベイト剤を何回もいじるというようなことをしていれば、それがであることがシロアリに勘づかれてしまって、以降寄りつかなくなってしまうことがあります。
ですので、確認したくても、最低1か月は、期間をあけるようにしてください。

・ベイト剤の確認は慎重に

幸いなことに、ベイト剤にシロアリが集まっていた場合は、慎重に確認をおこなってください。
大きく動かしてしまうと、シロアリが逃げてしまいます。

逃げてしまうとまた新しく他の場所に置かねばならなくなるので、慎重に行ってください。

・半年かかっていなければ、設置場所を移す

この「半年」というのはあくまで、目安です。

シロアリが活発になる時期は、湿気があって、ある程度の暖かさもある時期です。
そのような季節といえば梅雨から夏の終わりの時期です。この時期に罠をしかけていないと、シロアリはかかりません。

もし秋にかけた場合、本当に効果がないのかの判断ができるには、最低でも8か月くらい待たなければいけないでしょう。

このシロアリが活発になる時期が梅雨から夏の終わりであることを頭に入れてください!
そして効果がないということが判明すれば、ベイト剤を移動してみてください。

こちらの「イカリ消毒 シロアリハンター」は高い効果と、高い安全性を誇っており、プロも御用達の1品となっております。
そしてこのシロアリハンターの効果のある期間は、設置してから2年という長さ。初めてベイト剤を使う方はじっくりと試行錯誤しながら、使えるようになっています。

シロアリ専用のスプレーを使う

具体的な仕組みに入る前に、軽くメリットを見てみましょう。

シロアリ専用駆除スプレーのメリットとしては

・とにかくスプレーをするだけなので簡単
・お金も安く済む
・業者さんが来る間の応急処置には最適

ということが挙げられます。

メリットからも分かるとおり、こちらの方法は、あくまでも応急処置にしかならないので、これを使ったからといって満足してはいけません。

シロアリ専用駆除スプレーの仕組み

スプレーでも、ベイト剤のように、巣の壊滅を期待できるようなものがありますが、スプレーではその効果は低めです。
スプレーは、シロアリのお互いになめあう習性を活かして、体についたスプレーを伝染させることで、巣の壊滅を目指すものです。
そのため、餌は全員で共有することができますが、なめるという行為で全員に伝染させることはランダム性が高いので、ベイト剤ほど効果は期待できないのです。

注意
手当たり次第にそのスプレーをシロアリに噴射するということはやめましょう。

それこそ効果があるからといって手当たり次第に散布してしまうと、シロアリの被害範囲が広がってしまうのです。

そうなるのは、下のような流れがあるからです。

STEP1:シロアリにスプレーをすると、その場にいるシロアリが一定数死にます。

STEP2:シロアリのいやがる薬剤がまだ残っているので、次に来たシロアリが、そこにはもう近づかなくなります。

STEP3:今までのえさ場にいけなくなってしまったシロアリたちは他の場所に餌を探しに行きます。

STEP4:シロアリが他のえさ場を探しに行ってしまうことが、今までは何の被害もなかったところに、被害を新たに与えることになる

というわけです。

以上の理由から手当たり次第にスプレーをしてしまってはだめなんです。
たとえば、シロアリを見つけても、スプレーをするのは本当に支障が出る場合だけにして、それ以外の場合には静観しているというのも1つの手です。


「カダン シロアリ用 殺虫スプレー シロアリジェットプロ」はベイト剤と同じように、脱皮阻害剤を混ぜてあるので、ともすれば、巣の壊滅ができることがあります。
そして、木材の防腐剤も同時に入っていて、この持続期間が9か月と市販のスプレーの中では、最も効果期間の長い部類に入ります。
お値段はほかの商品よりも300円ほどお高めですが、その分の効果は保証されています。

プロの業者さんがしてくれること

シロアリ駆除をお願いした時、プロの業者さんは、一体どんなことをしてくださるのでしょうか?
あなたのマイスターでは、シロアリ駆除の業者さんに、「どうやってシロアリを駆除するのですか。大まかな作業の流れを教えてください。」と聞いてみました!たくさんの回答の中から、一部をご紹介します。

ホームプロテクトさん(東京都)

室内の養生→被害箇所、床下全体に薬剤散布→床下の無い場所は外部から薬剤注入→玄関、浴室、勝手口、室内に被害がある場合は被害箇所に加圧薬剤注入が大まかな流れになります。

 

株式会社熊本美水さん(熊本県)

下部での養生作業。土台・大引き・束柱等に木部穿孔注入処理。薬剤散布処理(床下木部から土壌・基礎)。お風呂場(タイル張り)玄関・ポーチ部タタキ処理。 その他処理・清掃作業 との流れになります。 処理前後に関しては分かりやすく写真で施工後に作業内容を郵送させていただきます。

 

簡単にまとめると、シロアリの被害があるところに薬剤を散布して、駆除します!ということですね。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
シロアリ以外の害虫や害獣に悩んだときにも、役に立つこと間違いなしです!

もっと詳しく知りたい方のために、
・床下の処置
・ベイト工法
について、さらに解説していきます!

ベイト工法

ベイト工法というのが、つまり薬剤散布のこと。プロのベイト工法では、業務用の特別なベイト剤を使いますが、基本的には、私たちが行うベイト工法とやり方はほとんど変わりません。
ですが、ベイト剤をどこに仕掛ければ、最も高い可能性で駆除できるのかを、業者さんは長年の経験で理解しているので、その効果は私たちがやったものとは当然ながら違います。

床下処置

さて、床下の処置は初心者の私たちでは難しいということを紹介しました。
では、なぜ床下の処置はプロでなければできないのでしょうか。

・木材処理の、蟻道を見極めてそこに薬剤を注入するという作業が難しい
・木材処理、土壌処理の薬品に種類がありすぎる
・感電の危険性がある

ということを理由として挙げることができます。

それでは、床下の処置が難しいという3つの理由を、ここからは詳しく見ていきましょう。

木材処理の、蟻道を見極めてそこに薬剤を注入するという作業が難しい

プロが行う木材処理は、単に床下の木材の表面に薬剤を散布するわけではありません。

アリが巣からえさ場まで行くための蟻道は、木材の中に作られていることがあります。

このような場合に木材の中に薬剤を注入して、シロアリをそこに近づかせないようにします。
これを行うために木材に沢山の穴を開けます。これを穿孔(せんこう)処理といいます。

この穿孔処理は蟻道を的確に把握して、ピンポイントで穴を開けなければなりません。

これが経験と知識のあるプロの業者さんにしかできない仕事なんです!

木材処理、土壌処理の薬品の種類が多すぎる

市販で売られている木材処理、土壌処理の薬品でさえも、とてつもない種類の薬品があります。

その薬品の中身がアリの体にどのように作用するのか、人間、ペットにどのように作用するのか。
それらのことは、その薬品の成分を見なければ、詳しい違いはわかりません。

そして人間にとって、強い毒性をもつ薬品を使うときに、どのような装備をすればいいのかとか、床下の空気が住居内に侵入しやすいような場所では、できるだけ毒性の弱いものを使う、といったことを初めとして、注意するべきことは沢山あるのです。

感電の危険性がある

床下が湿気で充満しすぎていて、水たまりができていることがあります。

このような環境で、電気工具を使っていると、感電することがあります。

プロの頑丈な装備を身につけていても、それを貫通して電気が流れていくことがあるんです。
私たちが用意できる服装では、余計に被害が大きくなることでしょう。

以上が床下の作業はプロの領域ということの理由でした!

手軽にできるシロアリ予防法

ここまでシロアリの生態から駆除方法まで、様々なことを見てきました。
そこで分かったのは、「シロアリってめんどくさい!」ということだと思います!

そんな面倒なシロアリを発生させないことができるなら、それに越したことはありませんよね。
ここからは、誰にでもできるシロアリの簡単な予防策をご紹介していきます!

シロアリにとって絶好な環境とはどのような環境だったでしょうか。

・暗所
・朽ちた木がある
・湿気が充満している

の3つがそろうとシロアリにとって絶好な環境になります。
そしてシロアリが発生しないようにするには、上の条件をできるだけ取り除けばいいということになりますよね。

ここでは、シロアリが巣を作ることの多い庭をどう改善すればいいのかをご紹介していきます。

庭をシロアリにとってすみづらい環境にすれば、シロアリが家に侵入してしまう可能性を低くさせることができるので、ぜひやってみましょう。

庭で改善するべきポイント

まずは庭で改善するべきポイントを上げていきます。

・コンクリートにあいている換気口を閉じない
・朽ちた木、腐食した木を取り除く

家の基礎コンクリートにあいている換気口を閉じない

基礎コンクリートとは地面と家をつないでいる土台のコンクリートです。このコンクリートには床下の湿気を取り除くための通気口があいています。

ここをなにか荷物でふさいでいたり、室外機で塞がれていたりすることがあります。

この通気口が唯一の床下への換気口となっていて、とても重要なものなので、障害物は取り除きましょう。

庭にある朽ち木や生け垣の杭木を取り除く

シロアリの主な餌とも、住処ともなりうるこれらの木は取り除きましょう。

ずっと放置していたりする切り株も、地中から掘り起こします。

また生け垣ができるまでの接着剤として使われる杭木は、充分に草が生い茂って、生け垣が固定された場合には、もう必要ありません。

目安としては生け垣を作ってから5年ほどであれば、抜いてしまって問題ありません。

まとめ

シロアリの探知の仕方、シロアリ駆除を自分でできること、できないこと、自分でやることのメリット、デメリットを見ました。
そして業者さんに頼む場合に気を付けるべきこと、自分でできる作業のやり方や効果をご紹介しました。

自分でできるシロアリ駆除法も記事の中で紹介しましたが、シロアリ駆除はとても難しいので、基本的には業者さんに頼んでほしいんです。

そして、業者さんに依頼するにしても、自分でできることはやってみようという選択肢を取るにしても、注意すべきことがそれぞれにあるので、急がずじっくりと考えながら行動に移してください。

シロアリ被害は年単位で進行していくものなので、そこは安心して、自分にとって最良の選択ができるように、冷静な判断を元にシロアリに対応してみてください。

関連記事

雨漏りとはお家の危険信号!適切な応急処置や修理で安心な住まいに!

「突然、天井から雨漏りが…」 「大雨のとき、壁にシミができる…」 「雨の日、ポタポタ、という大きな音がする…」 気になる雨漏り。どうして雨漏りしているのかも、どうしたらいいのかもよく分 […]

柿の剪定時期は11〜2月が吉!手順や実がなる枝を残す方法を伝授!

  秋になるとついつい食べたくなる柿。 そのまま食べても、スイーツにしても、サラダにしてもおいしい、なんとも言えない味が魅力ですよね。 そんな柿を自宅のお庭でとれるなんて、なんともうらやましい限り。 ただ、おい […]

ダイソーは大掃除前に行くべし!掃除道具から洗剤までALL100円

  年末に近づくと、気になってくるのが大掃除ですよね。 最近はお家にいる時間も増えているので、年末に大掃除して新年を向かえることにこだわらずに、半年に一度や、寒くなる前の秋に大掃除をするという方も増えているようです。 大 […]

暮らしの3メディア初コラボ!お掃除グッズ総選挙2020開催決定!

 今回、年末の大掃除シーズンに向けて『ユアマイスタースタイル』『LIMIA』『暮らしニスタ』の3つのメディアのコラボレーションが決定しました! その名も「お掃除グッズ総選挙」 みなさんが「実際に使ってよかった」と感じた洗 […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]