ウッドデッキのお手入れは水洗いが基本!塗装にはてるてる坊主が必須

■ウッドデッキのお手入れは種類別にやろう!天然木か人工木かチェック
■天然木のウッドデッキは水洗いと塗装の塗り替えをしてお手入れしよう
■人工木のウッドデッキは水洗いだけ!乾かす時間もいらず簡単

雪の宿

更新日:2018年10月12日

おしゃれの権化みたいなもんですよねあれ。

だって本来ウッドデッキが無くても家として成立しますからね。
それでも付けるということは、なおこだわる何かがあるってことです。

そういう趣のある家に住みたいものです……。

 

そう、今回はウッドデッキのお話。
広い家の特権ではありますが、外に出てるものなので汚れやすいのも事実でしょう。

外壁ほど丈夫にはできていませんし、放置しようものなら、すぐに被害が出てきますからね。

最近は透明な壁で囲えるようなウッドデッキもあるみたいですが……その場合はあんまり関係ない話かもしれません。
よく野ざらしにしちゃうなら別ですけど。

 

カビが生えたウッドデッキじゃのんびりできませんからね、手入れはしっかりしておきましょう。

ウッドデッキは大きく「天然木ウッドデッキ」「人工木ウッドデッキ」の2種類に分けられます。
材質によってお手入れのしかたも異なるので、分けて紹介しますね。

ウッドデッキの汚れをお掃除する方法

ここではウッドデッキの材質に関係なく必要な知識を紹介しましょう。

野ざらしなだけあって色々飛んで来ますからね、家の中よりは頻繁に掃除しなきゃいけません。
そんな大掛かりにしては続きませんからね、簡単なものを忘れずやるようにしましょう。

 

とは言っても、さほど汚れていなければ、ホウキをかけるだけで問題ありません。
ただし、なるべく毎日やるようにしないと汚れが付きやすくなってしまうので気を付けましょうね。

軽い汚れ、ちょっとした泥ハネ程度ならモップと水で、木目に沿ってざっと拭き取るだけで大丈夫です。

それなりにしっかりした汚れ

ケチャップこぼしたりしてしっかり汚れちゃったりしたら……中性洗剤を使います。
食器洗うのとそう変わらない方法で大丈夫です。

濡らした床に洗剤を落として、水をふくんだスポンジで擦りましょう。

木目に沿うように洗うのを、忘れないようにしてくださいね。

 

どう考えても落ちそうにない汚れ

カビとか生えたら細かい木目に埋まったりしますからね。

そういうときは、しょうがないので紙ヤスリで削ってしまいます。

木目にそって削り、そこだけ塗装し直す……というのは難易度が高いので、削るのは塗装を剥がすのといっしょにやっちゃうといいかもしれません。
剥がすタイミングについては下にあるので、そのままスクロールするのです。

これも必ず『木目と同じ方向』に削りましょう。

 

天然木ウッドデッキの手入れは、水洗いと塗装

つぎは、天然木のウッドデッキのお手入れのしかた。

天然の木製だと腐ったりもしますし、シロアリにやられたりしたら取り返しが付きません。

取り扱いは難しいかもしれませんが、やはり格好がいいですからね。
人工木がいくら流通しようと、人気が消えることはないでしょう……。

 

必要なのは水洗い塗装の塗り替え

特に塗装は手入れが多く必要になりますが、書き上げてみるとします。

水洗い

靴の汚れなんかはどうしても溜まってきますから、水洗いで落としたいとこです。
水洗い、といっても簡単なのでそんなに身構える必要はないんですけど……

手順にするほど難しいものでもないのですが、書いておきますね。

   手 順  

1. 水で全体をしっかり濡らす
ウッドデッキ全体にバケツやシャワーで水をかけて、濡らしちゃいます。
豪快にいきましょう。

 

2. デッキブラシでこすって洗う
デッキブラシでこすっていきましょう。
こするだけで結構汚れは落ちるもんです。

 

3. 2日くらいかけて乾かす
2日くらいそのまんまにしてたら乾いちゃいます。

 

これだけですから。
そもそも元は自然に生きていた素材ですし、あまり過剰に洗わなくていいんですけどね。

 

塗装を変える

変えるというか、2年もしないうちに剥がれてくるのがほとんどだと思います。
剥がれ始めたらさっさと塗り直す予定をたてちゃいましょう。

 

木製のものは湿気による膨脹が天敵です。

湿気対策として数日置くので、湿度の高い夏場は避けるのをおすすめします。

塗装剤のこと

ちょっとまずは、塗装剤の話をしましょうか。

塗装剤には
・上から被せるタイプ(造膜タイプ)
・染み込ませるタイプ(浸透タイプ)
の2種類あって、環境によって選ぶといいです。

雨が多いなど、水に縁がある場所なら、上から被せる造膜タイプがいいでしょう。
コーティングなので、防水みたいな効果があるのです。

大して問題もない環境なら染み込ませる浸透タイプがおすすめ。
木材は加工されてもまだ呼吸しますから、コーティングは少し都合が悪いのです。

シロアリなどの虫が怖い場合は、防虫塗料という種類のものを使うといいです。
もし、色合いにこだわりがあって使えなくとも、外のふち部分に塗るだけでも違いますよ。

塗装のしかた

さて、塗装剤は決まりましたか?
それでは塗るとしましょうか。

用意するもの

・デッキブラシ

・紙ヤスリ2種(目が粗いものと細かいもの)
ヤスリは前の塗装を剥がすのに使います。
それと同時に、木材を傷つけて塗装剤がのりやすくできるのです。

・塗装剤
・ハケ
・(ゴミ袋などのビニール)
・(剥がしやすいテープ)

こちらのハケは、毛が抜けにくくおすすめです。コスパもとてもいいため、何色か使うという方はこちらを色ごとの数ごとに買うのがおすすめ。
ウッドデッキ以外にも様々なDIYに使うことができるため頻繁に作業する方にはマストです!

(てるてるぼうず)

   手 順  

0. 晴れの日を用意する
つまりですね、連続した晴れの日がないと困るわけです。
最低でも2日は雨が降らなさそうな日を狙いましょう。

 

1. デッキブラシでしっかり水洗いする
これやっとかないと、ゴミを保護することになりかねません。

 

2. 乾くまで2日ほど待つ
この間はウッドデッキを使わないようにしましょう。

 

3. 粗い目のヤスリ→細かいヤスリの順でかけていく
くれぐれも木目の方向にかけることを忘れないように

 

4. 一度ホウキをかける
ヤスリのカスが飛んだり、ホコリがのってたりしますので。

 

5. 塗りたくない場所をビニールで保護する
家に隣接してる場合なんかだけの話ですね。
ゴミ袋なんかを切って、塗料が飛ばないよう覆っておきます。

 

6. 木目に沿って塗装する
木目の方向に沿って、塗装剤を塗っていきましょう。

ウッドデッキに上がるときは、裸足になるか室内履きに替えると、ゴミがのらなくて安心です。
室内履きは、ホコリを落とすのをお忘れなく。

 

7. 2日ほど乾かす
最初にもいいましたが、この間にぜっっっっっったい雨が降らないようにしたいんです。
少し降っちゃう程度なら大丈夫かもしれませんが、もしガッツリ濡れたらやり直しまであります。

てるてる坊主を吊るしておいてくださいね。

 

8. 同じようにもう一度塗装する
一度だけでは効果が薄いものなので、2回は確実にやりましょう。
必ず2日後じゃなくても良いので、完全に乾いてる時を狙うのです。

 

最初の塗装は剥がすほうがいい

買った時は、ある程度の塗装がされてる(たぶん)と思いますが、半月も使ったら剥がしちゃった方がいいです。
理由は簡単、どんな塗装か分からないから。

 

塗装はなるべく剥がす前と同じ方が良いので、さっさと統一しちゃった方がいいのです。
別の塗装剤を使うと、色が変わっちゃいますからね。

最初は、何を使ってるか分からない以上、塗装剤を統一できません。

あと、もともと塗ってある塗装はだいたい薄いですからね。
自分でやっちゃった方が安心でしょう。

 

という感じに、最初の塗り替えは剥がれるまで待つ必要はありません。
天気を考えて、いい具合の日取りに決行しちゃいましょう。

 

人工木ウッドデッキは、洗うだけ

人工と名についてはいますが、実は完全な人工物じゃなく木屑を混ぜこんであるのが、人工木ウッドデッキ。
だからヤスリをかけても表面は変わりませんし、木目もある程度は不自然になりません。

そして木じゃないので、塗装が不要なのです。

つまり洗うだけ。
そりゃ人工木だらけになりますよねぇ。

水洗い

靴の汚れなんかはどうしても溜まってきますから、水洗いで落としたいとこです。

手順にするほど難しくもないんですが……

   手 順  

1. 水で全体をしっかり濡らす
豪快にいきましょう。
しっかり濡らします。

 

2. デッキブラシで洗う
あとはデッキブラシでこするだけ。
これだけですから。

……お気付きの方もいるでしょう。
そう、天然木との違いが乾かさなくて良いだけです。

 

というか、人工木として書くことってこれだけなんですよ。
さすがメンテナンスフリー。

 

まとめ

いやぁ、文量に差が出ちゃいました。

祖母の家に天然木のウッドデッキがあったので、大変なのは知ってたのですが……まさかこれほど考えることが多いとは思いませんでした。

……え?
あれは屋根の下にあったからウッドデッキじゃなくて縁側?

そんなことはいいのです。手入れが大変なのに違いはないのです。

 

ウッドデッキはおしゃれですが、汚いと周りも巻き込んで台無しに見えます。

目立ちますからね、そういうリスクもひっくるめて大事にしてあげなきゃいけません。
年単位での管理になりますが、その分しっかり使ってあげてくださいね。

関連記事

NEW窓ってリフォームできるの?施工可能な箇所・費用・注意点を大解説!

  冬が近づいて来ると、家の中が寒くなりますよね。 窓が厚なればもっと家の中も暖かくなるのにな…と考えている皆さんに朗報です! 実は、窓もリフォームができるのです! ですが、窓のリフォームってメジャーではないの […]

エアコンのリモコンが壊れた!3つの原因と今すぐできる対処法を解説

  最近、エアコンのリモコンの調子が悪い…。 もしかして壊れた…? なんてお悩みの皆さん。 まずは落ち着いてリモコンが壊れた原因を調べましょう! 原因によって対処法も変わってきますよ♪ 今回は、 ・エアコンのリ […]

サーキュレーターと扇風機の違いは、見た目ではなく目的にありました

  サーキュレーターと扇風機。 羽を回すことで、風が出るもの。 どっちも一緒でしょ!?と思いますよね。 実はその目的や構造はちょっと違うんです。 出している風の種類が違うため、無理に代用すると体調を崩してしまう […]

【プロが認めた匠の技】煉瓦の名門 三代目・髙山 登志彦さん

  目次1 理に叶った美しさを紡ぎだす2 煉瓦の名門として3 イギリスで知った「本物の煉瓦建築」4 職人の矜持を伝えていきたい5 日本の煉瓦技術を世界へ6 取材後記7 私が推薦します 理に叶った美しさを紡ぎだす […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集