おそうじ革命 奈良学園前富雄店

店長: 加藤 雅基

質問回答数251

おそうじ革命 奈良学園前富雄店さんの回答一覧

1~10件を表示 / 全251

業者さんにお風呂クリーニングを依頼するのに最適な時期はいつですか?またどのくらいの周期でみなさん頼まれますか?

お風呂クリーニングの最適な時期というのは特にありません。強いて言えば、やろうと思った時がクリーニングの時期ということになります。 お風呂は非常に汚れの付きやすい場所でもありますので、お客さまによる日常のお掃除は欠かせません。その頻度によって業者に依頼されるクリーニングの周期は変わります。もし、日常のお掃除を一切しなければ、一か月に一回の周期が目安です。また、定期的に日常のお掃除をされていたとしても、年に一回は業者によるクリーニングをおすすめします。

プロのお掃除業者さんでも落とせないお風呂の汚れはありますか?

パッキン(コーキング)の奥深くまで浸潤した黒カビについては、クリーニングしても色が完全に落ちないことがあります。但し、この場合でもカビの菌は死滅していますのでご安心ください。また、経年劣化による鏡の腐食で水あかが鏡の内部まで浸潤している場合も同様に完全に汚れがとれない場合があります。

業者さんでも落とすのが難しいキッチンの汚れがあれば教えてください。

油汚れは、炒め物や揚げ物で飛び散った油がおもな原因です。はじめは拭けば落ちる程度のサラサラした状態ですが、時間の経過とともにベタベタ汚れ、カチカチ汚れへと状態が変化していきます。そのため、放置している時間が長ければ長いほど、どんどん頑固になり汚れを落としにくくなってしまいます。一度もクリーニングされないまま10年以上経過した設備の油汚れについては、油が熱により炭化し、完全に汚れを落とすのは困難です。塗装部分も剥がしても良いのであれば強力な洗剤を使用して相当程度汚れは落ちますが、それでも完全に油汚れを除去するのは難しいです。

トイレクリーニングをお願いする場合、事前にに自分でやっておくべきことはありますか?

特別な準備は必要ありませんが、可能であればトイレ前の作業スペースを空けていただければ助かります。トイレの中の備品については作業員にて一旦トイレの外に移動し、お掃除が終われば元の位置に戻します。

業者さんでも落とすことができないトイレの汚れはありますか?

落としにくい汚れはやはり尿石(便器内の黄ばみ)です。特に便器内の狭い部分に発生した尿石はブラシやスポンジが届かないため完全に除去するのは難しい場合があります。

浴室クリーニングの業者さんが使う専門の洗剤・道具がどのようなものか、具体的に教えてください。

浴室クリーニングには多くの種類の洗剤が必要です。石鹸カスを落とすアルカリ性の洗剤、水あかを落とす酸性の洗剤、カビを落とす塩素系漂白剤、金属部分の汚れを落とすクレンザーなどは最低限必要な洗剤です。道具については、一般的なスポンジやブラシに加えて、水あかを落とす専用のパッドや汚れを物理的に除去するスクレーパーなども使用します。

業者さんが勧める、洗面台の鏡の掃除法を教えて下さい。

鏡に水あかがついていなければ通常のガラス用洗剤で拭き上げることでキレイになりますが、水あかで白っぽくなっている場合はクレンザーを使用します。鏡が乾いている状態でクレンザー適量を布につけて擦ります。力を入れてゴシゴシと擦っていくと徐々に水あかが取れていきますが、かなり根気のいる作業となります。また、曇り止め加工のしてある鏡については曇り止め効果が薄れるまたはなくなるのでこの方法はお勧めできません。通常のガラス用洗剤での清掃方法に留めてください。

トイレ掃除を自分でやった場合と、トイレクリーニングを業者さんにお願いした場合では、仕上がりにどのような違いがありますか?

一番の違いは尿石(便器内の黄ばみ)がキレイに取れているかどうかです。 尿石は市販の洗剤を使ってもそう簡単には落ちません。業者にクリーニングを依頼した場合尿石は徹底的に落としますが、お客さまご自身でお掃除された場合はなかなか難しいと思われます。

自分で洗濯機の掃除をする場合と、業者さんに洗濯機クリーニングをお願いする場合では、仕上がりにどのような違いがありますか?

もっとも異なる点は、洗濯機を分解して洗濯槽を取り外して清掃するかどうかです。洗濯槽を取り外さずに清掃しても、細かい部分のカビ汚れを完全に除去することは出来ませんので、ここが一番の仕上がりの違いになります。一般のご家庭にある道具で洗濯槽を取り外すことはまず不可能です。洗濯槽のカビ汚れを完全に落とすなら、業者にクリーニングを依頼するほうが良いでしょう。

定期的にお風呂掃除をしているのですが、普段からお風呂掃除をしていても、業者さんにお風呂クリーニングをお願いする必要はあるのですか?

 浴室の汚れはカビと水あかの二つに大きく分かれます。  普段からマメにお掃除されているのであれば、カビの繁殖は少ないかと思いますが、水あかの場合は一度付着すると簡単には取れませんので、その場合はやはり業者によるクリーニングが必要かと思います。  浴室が完全に乾いている状態で他の場所に比べて白っぽくなっている部分があればそこに水あかが付着してます。特に水栓の金属部分や鏡のウロコ状の白っぽい水あかは通常の洗剤ではなかなか取れません。水栓の金属部分の光沢がなくなってきたり、鏡がキレイに映らなくなってきたら早めにクリーニングされることをおすすめします。

カテゴリーから探す