壁紙張り替え

画像

壁紙の張替えには繊細な技術が求められます。 あなたのマイスターの壁紙修理ではたくさんのプロの中からお客様のニーズに合ったプロに壁紙修理を依頼することができます。 経年劣化やカビなどによる壁紙全体の張替えはもちろん、ペットの引っかき傷などによる部分的な補修、壁を突き抜けるほどの穴など、さまざまなケースに対応してもらえるのがプロの壁紙張替えの魅力です。

お住いのエリアのプロを検索する

ちょっとのはがれでも油断ならず!?

はがれた面積が小さくても、時間が経過するとどんどんはがれていってしまいます。

画像
画像

はがれたままにしておくのは危険!

はがれた部分の壁が湿気を吸収してしまい、カビが繁殖してしまいます。

こんなお悩みありませんか?

何度貼り直しても、はがれてしまう

自分で行う壁紙補修として文房具の糊を使われる方が多いですが、壁紙の重さや収縮力に耐えられるほどの接着力がないためオススメできません。また、壁の材質によってはうまく張り付かないこともあります。

隣の壁紙との色のコントラストが気になる

同じデザインの壁紙を補修に充てても、古くから貼っている壁紙との色味の違いから補修部分がツギハギみたいになってしまうため、見栄えが悪くなりがちです。

壁に穴をあけてしまった...

壁穴にもさまざまな種類があり、中には修復するのに専門の知識が必要な場合もあります。特に賃貸の場合、貸主とのトラブルの種になってしまいがちです。

こんな風に解決します!

経験値と実績が可能にするプロの技!

長年の経験や実績によって豊富な知識を蓄えたプロが壁や壁紙の材質を見極め、専門の道具を用いてしっかり補修します。是非プロの技を体感してください。

一目で違いがわかる、プロの補修技術!

食器棚の裏などの目につかない壁紙を移植したり、補修した壁紙に色味をつけてなじませたりなど、プロだからこそできる提案があります。

下地の補修・補強にも対応!

壁を突き抜けるような穴をあけてしまってもご安心ください。プロの壁紙修理であれば、下地の部分から組み立てて壁紙を貼ります。補強を含めた修理を致します。

プロのお仕事の流れ

1

既存の壁紙を剥がす

画像

専用の道具を用いて剥がしていきます。

2

壁補修

画像

下地(壁)に隙間や凹みがある場合は、パテで補修します。補修の必要可否はプロが現場で判断します。

3

新しい壁紙を貼る

画像

一面に新しい壁紙を丁寧に貼っていきます。

4

なじませる

画像

ローラーを用いて壁と壁紙の密着性を高めます。見栄えだけでなく、経年による剥がれにも影響する大事な工程です。

5

継ぎ目処理

画像

はみ出た部分などを丁寧に切り取っていき、継ぎ目が見えないように整えます

お住いの地域を選ぶ

月間ランキング

閲覧履歴

法人のお客様向けサービス

大量注文もネットで簡単依頼。フォームでお問い合わせ後、貴社にぴったりのプロをご紹介します。

注文依頼が初めてで不安な方もお気軽にお問い合わせください。電話での無料サポートも承っております。

予約方法に不安がある方、どの業者さんに予約するかお悩みの方は
お電話でお気軽にご相談ください(お問い合わせフォームはこちら

あなたのマイスターお客様ご相談窓口

 03-6427-8713

受付時間:9:00~20:00

RELIVERS大切なものをもっと大切にしたくなるメディア

RELIVERSはこちら