画像

エアコンクリーニング

一般的な家事のレベルでは、エアコンカバーの奥や分解を要する内部の掃除は困難です。特に「お掃除機能付きエアコン」は、作業の難易度が高いため、プロ専用の特殊な洗剤や高圧洗浄機などを使用することで、隅々まで綺麗に仕上げる事ができます。

エアコンを使う季節の前に、お掃除してますか?

画像 画像

お掃除をしないとエアコンの汚れはたまる一方です。

エアコンクリーニングなんかしなくても・・・という気持ちが落とし穴に。普段エアコンをお掃除しているつもりでも中は、実はこんなに汚れがあります!

こんなお悩みありませんか?

エアコンから出る空気が臭い。

久しぶりにエアコンのスイッチを入れると、臭い空気が部屋中に蔓延・・・「ずっとつけていれば直るでしょ」と思っていても、汚れていては臭いはひどくなるばかりです。

エアコンの効きが悪い。

エアコンをつけていても、全然涼しくならない。むしろ生ぬるい風が出てきて気持ち悪い。夏の蒸し暑い時期はエアコンの効きが悪いと、気持ち良く生活できません。

エアコンの奥に見える汚れが気になる。

エアコンの手に届かない場所に見えるカビやホコリが気になる。けど、自分でお掃除するにしても届かないし、何より壊してしまいそうで怖い・・・

こんな風に解決します!

エアコンに溜まったホコリやカビを取り除きます!

エアコンが臭いと感じる主な原因は、中に溜まってしまうホコリやカビです。プロならフィルターだけでなく、エアコン内部までしっかり除去してくれます。

エアコン内のガス不足、ガス漏れが原因です!

エアコン内のガスが不足している可能性が考えられます。これが原因ならば、プロにガス漏れの対策をして補充をする必要があります。また、室内機のフィンの汚れが原因で効きが悪いという場合も。

プロの分解洗浄によってエアコンの汚れを取り除きます!

自分では手に届かない汚れは、プロの分解洗浄でないと綺麗になりません。プロの特殊な洗剤や高圧洗浄機など、プロならではの専用の掃除用具によって、隅々まで綺麗に仕上げていただけます。

エアコンクリーニングのプロの技を見る

画像

掃除せず放置されたエアコン内部にはアレルギーやイヤなニオイの原因となりうるホコリ、カビが蓄積されております。特に、熱交換器(アルミフィン)にはカビが溜まっています。

画像

丁寧に分解しエアコンカバーの奥に溜まった汚れまで掃除します。また、専用の洗剤や高圧洗浄などプロの技術と特殊な道具で細部までキレイにします。

エアコンクリーニングの流れ

画像

1.エアコン周辺の家財道具を養生する

作業中の汚れがエアコンの周りの壁や、床に飛び散らないよう、作業現場の周りをビニールで覆って保護します。床や壁だけでなく、ソファーや棚などにもしっかり養生をします。エアコンクリーニングでは大事な事前準備なので、徹底的に行います。ビニールは養生テープで貼るので、粘着テープの跡が残ることなく安心です。(目安時間: 5分)

画像

2.エアコンを分解する

フィルター、カバー、ユニット(カバーを外した時に見える機械の塊)と順に取り外していきます。エアコンの部品や周りのものを傷つけないよう丁寧に分解します。普段は目にすることのない、エアコンの機械的な姿が見られます。分解することで、エアコン内部にあるアルミフィンやファンという部品まで、確実にお掃除することができるようになります。(目安時間: 10分)

画像

3.エアコンの基盤部分を養生する

エアコンの心臓部である基盤部分が濡れないよう、ビニールで覆って念入りに養生します。基盤部分が洗浄時に濡れてしまった場合、故障に繋がるだけでなく、漏電やショートの原因になるので重要な作業です。エアコンの周りもビニールで覆い、エアコンから出てくる汚水が、床に置いたポリタンクの中に溜まるように調整します。(目安時間: 5分)

画像

4.フィンやファンに洗剤を吹き付ける

養生後、エアコン内部のアルミフィンやファンを綺麗にします。内部洗浄では、まず全体に洗剤を吹き付けます。ホコリや油の汚れをよく落とすアルカリ性洗剤、カビに効果的な塩素系洗剤と2種類の洗剤を使い分けるのが、プロの技。(基本的には、アルカリ性洗剤が使われます。) 市販のエアコンクリーナーでは取れない汚れもしっかり取り除くことができます。(目安時間: 6分)

画像

5.フィンやファンを高圧洗浄する

洗剤を吹き付けて数分間そのまま置いた後、高圧洗浄機を使い、アルミフィンの奥まで汚れや洗剤をしっかり洗い流します。上から下に洗浄していき、汚れと洗剤が確実に落ちるまで繰り返し、裏側の汚れやイヤなニオイの原因の1つであるカビを根こそぎ落とします。洗浄後は、暖房運転で内部を乾燥させます。中に残っていた汚水が出てくるので、送風口は養生しておきます。(目安時間: 高圧洗浄 9分 / 乾燥 15分)

画像

6.取り外した部品を洗浄する

エアコン内部を乾燥させている間に、取り外したフィルター、カバー、ユニットなどすべての部品を綺麗にします。部品の洗浄には、浴室やベランダを使います。高圧洗浄機で細部のホコリまで丁寧に洗い流します。高圧洗浄機では落ちない細かい部分の汚れは、ブラシで綺麗にしていきます。少しでも汚れが残っていると、カビの再発等に繋がってしまうので、汚れを確実に落とします。(目安時間: 15分)

画像

7.エアコンを組み立て、拭きあげる

すべての部品の洗浄が終わったら、タオルで水気を拭き取ります。少しの湿気から、カビの発生につながってしまうので、細部まで丁寧に作業します。その後、ユニット、カバー、フィルターを順番に組み立て、動作確認を行います。暖房や冷房が正常に動くことが確認できたところで、プロのエアコンクリーニング完了です。(目安時間: 15分)

プロのエアコンクリーニングを動画で見る

実際のプロのお仕事を、30秒ほどの解説付き動画でご覧いただけます。

プロのエアコンクリーニングのビフォーアフター

実際にエアコンクリーニングをされたお客さまの例とプロからのコメントを紹介します。

画像
画像

こちらは3年くらいお掃除をしていないお客さまで、エアコンの中を見て絶句されていました。しばらくお掃除していないと、ほこりがぎっしり詰まっていると思います。

画像

自分でお掃除をするのがなかなか難しい細かい部分まで、丁寧に分解してお掃除をします。プロの手にかかればこれくらいキレイにすることができます。

画像
画像
画像

分解すると、こんな風に真っ黒になっています。清掃後、お客さまから「ここまで白くなると気分もスッキリしますね。」というお言葉をいただけました!

あなたのエアコンの種類は?

壁掛け型

画像

通常タイプ

広く一般家庭で利用されている、壁に取り付けるタイプのエアコンです。

ご自宅にあるエアコンのほとんどがこのタイプなのではないでしょうか?

エアコンクリーニングの料金も、他のエアコンのタイプに比べてお安く依頼することができます。

画像

お掃除機能付き

フィルターを自動で洗浄する機能が付いているタイプのエアコンです。

内部にフィルターを定期的に掃除する機械が搭載されていおり、通常タイプに比べてやや横幅が大きい傾向にあります。

クリーニングの際には、分解など専門の技術が必要な場合があります。

天井埋め込み型

画像

1方向

天井に一体化しており送風のための吹き出し口が1つあるタイプのエアコンです。

室内の1方向に送風するため、天井の隅に設置され、長方形であることが多いです。

画像

2方向

天井に一体化しており送風のための吹き出し口が2つあるタイプのエアコンです。

室内の2方向に送風するため、天井の中央付近に設置され、長方形であることが多いです。

画像

4方向

天井に一体化しており送風のための吹き出し口が4つあるタイプのエアコンです。

室内全体に送風するため、天井の中央付近に設置され、正方形であることが多いです。

エアコンクリーニングの料金の相場

通常タイプ 8,000〜12,000円
お掃除機能付き 13,000〜17,000円
天井埋め込み型1方向 23,000〜27,000円
天井埋め込み型2方向 25,000〜29,000円
天井埋め込み型4方向 24,000〜28,000円
天井吊り型 23,000〜27,000円

エアコンクリーニングの作業にかかる時間

壁掛型 通常タイプ 約1~2時間
壁掛型 お掃除機能付き 約2~3時間
天井型 約3~3.5時間

アスクマイスター プロが答えてお悩み解決

エアコンを自分で掃除をしてみたのですが、業者さんにお願いするエアコンクリーニングと自分でやった掃除では汚れの落ち方や仕上がりにどのくらいの違いがありますか?

市販のスプレーの場合表面上は取れますが、アルミフィンの内部までは汚れを落とすことが出来ない。エアコンの風を送る回転部分も同様です。

プロが行うエアコン洗浄の差は仕上がりの違いに影響します

プロに頼んだ場合はエアコンクリーニングの質に雲泥の差があります。

エアコンクリーニングをプロに頼んでいただくと、内部までしっかりと洗浄でき、専用の溶剤で抗菌・消臭も出来ます。

エアコン本体から音がしてうるさいのですが、原因は何が考えられますか?それはエアコンクリーニング で解決することができますか?

エアコン本体のモーター音かホコリなどが詰まってファンがまわりにくくなっているかいくつか考えられます。

エアコン本体がうるさい原因としてシロッコファンに汚れが有り汚れが有りファンのバランスが崩れてシーミング現象を起こしている場合は分解クリーニングをする事で解決出ますがファンモーター自体から音がするものはモーターを交換する必要が有ります。この場合はメーカーや電気屋さんに依頼する事となりますが、電気機器の部品供給は9年となっておりますのでメーカーにもよりますが9年を過ぎたものは修理出来ないケースも有ると思います。メーカーによっては「アコンの使用年数は10年です。それ以上のご使用になると火災の原因となる事が有ります。」と注意書が書いて有るものもございますので、長くご使用の場合は新品と買い替えを考えてみてはいかがでしょうか。

エアコン本体からの異音につきましてはモーターなど様々な原因がありますのでメーカーに相談することになります

原因が何かによりますが、コンプレッサーの不具合によるものであれば修理で直りますし、ファンにホコリがつまったりしているのが原因であればエアコンクリーニングで直ります。

エアコンの冷房と暖房、両方の効きが悪いのですが、原因は何が考えられますか?またそれをエアコンクリーニング で解決することは可能ですか?

エアコンのアルミフィンのホコリを取ることで熱効率が上がるので、改善はすると思います。他には室外機のクリーニングでも熱効率が上がるので、両方やることによってさらに改善できます。また、熱効率が上がるということは電気代の節約にもつながります。

冷暖房が効きにくい原因の一つがエアコン内部にホコリやカビが付着している事が考えられます!その際エアコンクリーニングで改善されると思われます。

エアコンの冷房と暖房、両方の効きが悪い場合、エアコンクリーニングをすることで効きやすくなる可能性がございます。

原因によっては解決することができます。フィルターやフィンに埃が詰まっていることが原因で効きにくくなっているのであれば、エアコンクリーニングで解決することがあります。

エアコンクリーニングで、配管の中も綺麗に掃除してもらえるのでしょうか?

はい、エアコンの配管に詰まりがあって水が逆流してくる場合などは詰まっているものを取り除いて掃除します。

エアコンの配管だけを洗浄することはありませんが、ゴミや虫などで詰まっている場合は吸い出して解決します。また洗剤や水も通るのである程度綺麗になると思います。

エアコン全体の洗浄による排水は、排水ホースを通って屋外に排出されます。これである程度ホース内の洗浄が行われますが、排水ホースの洗浄を特別に行うご希望があればお申し付けください。構造上無理がなければ行います。

現場での判断になりますが、当店では汚れや臭いがキツい場合は、ドレンパンの洗浄にカビ取り剤を使用します。 エアコンの養生前に、ドレンパンのホース出口に噴霧し、養生後ドレンパン全体に噴霧、浸け置きしてから、熱交換器(アルミフィン)に洗剤を噴霧していきます。 汚れ具合にもよりますが、通常で熱交換器(アルミフィン)には、洗剤を700ml位使用してから、浸け置き後、高圧洗浄でお湯を14リットル位使用して洗浄していきます。 その内の、8から9割位の洗剤とお湯は、ドレンパン・ドレンホースを伝って、外に流れることになりますので、この洗浄方法で、ある程度の配管の汚れは、除去できる考えております。

エアコンの掃除は自分でできると思っているのですが、そんなことはないですか?

仮に専用の機械と専門知識があるのであればできると思いますが、機材を揃えるのに10万円はかかりますし、時間もエアコンクリーニングの知識も必要なので、それをお金で買うと考えてもらえればと思います。

一般のお客様だとなかなかエアコンの内部まで分解することは難しいので、プロのエアコンは必要だと思います!

できるのはフィルター掃除とパネル周りの拭き掃除くらいだと思います。プロにエアコンクリーニングを依頼することをおすすめします。

フィルターの清掃やパネルの拭き上げはできますが、エアコン本体(内部)の清掃は、業者にお任せいただくことをお薦めします。

エアコンクリーニングをせずにエアコンを使い続けると、実際にどんなリスクがありますか?

エアコンがくさい・部屋が冷えない・暖房の効きが悪いなどの症状が出ます。

エアコンクリーニングの作業をするスペースが欲しいので、できればソファ、動かして欲しいです。

カビを吸いこんでしまい、肺炎や喘息などのリスクが高まります。とくにお子様やご高齢の方がいらっしゃるご家庭はエアコンクリーニングをお勧めします。

エアコンはカビが好む環境です。カビのアレルギーのある方はアレルギー反応が出る危険がございます。

あなたのマイスターの動画をみる

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

お困りの方はこちら

都道府県を絞り込んで、あなたのお悩みに
ぴったりのプロを見つけよう!

エアコンクリーニングの新着口コミ

匿名希望(40代女性)

エアコンクリーニング(壁掛型)

依頼してよかったです

星星星星星 5.00

引越し先のエアコンの清掃を依頼しました。 ぱっと見そんなに汚れてなかったように見えたのですが、ものすごく汚かったと聞き驚きました。 スッキリした状... 詳しくみる

匿名希望(40代女性)

エアコンクリーニング(天井型)

エアコンクリーニング

星星星星星 4.40

ビルトインエアコン2台 エアコン1台 遠い所から京都まで来て頂き見違える程綺麗にクリーニングして頂けました。 想像していたよりもエアコンはカ... 詳しくみる

動画でプロの技をチェック

エアコンクリーニングを動画で見る

〜カビとホコリで腹黒いエアコンに、決別を〜

機械感あふれるエアコンの姿に、真っ黒の汚水。プロの威力を実感する瞬間です。エアコン専用の洗剤と高圧洗浄機で、取り外した部品も分解できない裏側の汚れも徹底洗浄。

お風呂・浴室クリーニングを動画で見る

〜いざ、エプロンの向こう側へ〜

カビのもとになる石鹸カスや水垢、皮脂汚れには、2種類の洗剤を使い分けて洗浄。水滴ひとつ残しません。汚れのたまり場エプロンの内部も、高圧洗浄機やブラシで丁寧に綺麗にします。

洗濯槽・洗濯機クリーニングを動画で見る

〜たった1年で、洗濯槽は汚れまみれ〜

洗濯機をパカッと分解、ソロ~ッと取り出した洗濯槽の裏側に、ビターッとついている汚れは、想像以上です。洗浄後の洗濯槽の輝きたるや、すぐにでもお洗濯をしたくなります。

換気扇クリーニングを動画で見る

〜違いは、2つの分解力〜

壁に開いた穴があらわになるほど、外せる限りの部品を分解。こすり落とす必要がないほど、洗浄力のある洗剤につけおきして、ギトギトの油汚れを分解。正しい知識と道具、プロのお仕事です。

キッチンクリーニングを動画で見る

〜五徳を制する〜

頑固な汚れキッチン代表の五徳。プロ仕様の洗剤を60℃のお湯にとかして五徳をつけおき、油汚れを制します。取れない焦げ付きは、ヘラでこそげ落とすのがプロの必勝法。シンクの水垢も朝飯前です。

注目のプロ

  • ハウスクリーニング

  • エアコンクリーニング

  • お風呂・浴室クリーニング

  • 洗濯槽・洗濯機クリーニング

  • 換気扇クリーニング

閲覧履歴

エアコンクリーニングのおすすめの時期・頻度

ハウスクリーニングのたくさんのプロが集まる「あなたのマイスター」で、あなたにぴったりのプロを選んでください。サービス価格の相場もわかって、お客さまの口コミも参考にして選べるので安心♪エアコン、お風呂、洗濯機、キッチン、換気扇にトイレ、お家の中のあらゆる場所をキレイに快適に!プロならできる。プロだからできる。

季節はズバリ、春がおすすめです

エアコンをよく使う時期といえば、夏。冷房を使い始める夏が来る前にエアコンクリーニングを依頼して、きれいな空気で気持ちよく夏を迎えるのがおすすめです。みんながエアコンを使い始めるタイミングは、エアコンクリーニング業者さんがひっぱりだこで、エアコンクリーニングの予約が取りづらくなることもあります。そのため、繁忙期を避けた4~6月が狙い目。ふだんより料金を少しお安くしている業者さんも多く、お得にエアコンクリーニングを依頼することができます。エアコンに溜まる汚れの中で特にやっかいなカビは、冷房を使う時期に発生しやすくなります。冷房だけでなく暖房としてもエアコンを使う場合は、冷房を使い終わった10月~11月にエアコンクリーニングを依頼して、夏の汚れをリセットするのがおすすめです。意外と盲点になるのが、エアコンクリーニングの作業中はエアコンを使うことができないということです。これも、暑さや寒さが本格化する前の、エアコンをつけていなくても過ごしやすい春や秋にエアコンクリーニングを依頼するのをおすすめする理由のひとつです。

頻度の目安は1~2年に1回

プロにエアコンクリーニングをお願いして、エアコンからどんどん流れ出てくる黒い水を目の当たりにすると、きっと次も頼まずにはいられないと思います。エアコンクリーニングを依頼する頻度は、目安は1~2年に1回。ですが、キッチンの近くやリビングにあり使う頻度が多いエアコンなら1年に1回、寝室などのあまり使っていないエアコンなら2~3年に1回など、エアコンの使用状況に合わせて調整するのがおすすめです。

症状その1 エアコンから出る風が臭い

久しぶりにエアコンをつけてみようと思ったとき、最初にもわっとした空気が出てきて、しばらくつけていれば直るだろうと思っていたのに、風が臭いままだ・・・なんて経験はありませんか?普段、フィルターのお掃除をしていてもエアコンの内部までこまめにお掃除しているという方は少ないと思います。しかし、風が臭いとき、においの元はエアコンの内部にあることが多いです。カビ臭い、生臭い風は、エアコンの内部に汚れが溜まっている合図です。エアコン内部の汚れを確実に落とし切るには、市販のエアコンクリーナーだけでは不十分。プロにエアコンクリーニングを依頼するのがおすすめです。

症状その2 カビやホコリが発生している

ふと、吹き出し口からエアコンの内部を除いてみたら、無数の黒いボツボツが・・・。それ、カビです。エアコンには、フィルターを外したときに見えるフィン(空気を温めたり冷やしたりする部品)や、フィンの後ろに隠れているファン(風を起こす部品)という、自分ではお掃除するのが難しい部品があります。ついフィルターのお掃除をサボってしまって、気づいたらホコリまみれになっていた、なんてとき、フィルターだけお掃除すれば大丈夫ではありません。エアコン内部のフィンやファンにも、カビやホコリが発生している可能性大です。そのままエアコンを使ってしまうと、部屋中にカビやホコリが拡散してしまう恐れもあります。プロにエアコンクリーニングを依頼するのがおすすめです。

症状その3 エアコンから水漏れが起きている

エアコンから水漏れしているとき、原因の8割は「ドレンホースの詰まり」です。ドレンホースとは、エアコン内部で発生した水を、外に排出するための排水管のこと。エアコンクリーニングをすることで、エアコンからの水漏れが解消する場合があります。他の原因には、故障や劣化が原因の場合があり、修理や買い替えが必要になることもあります。ですが、あきらめてしまう前に、一度、エアコンクリーニングの業者さんに相談してみるというのもひとつの手です。

お掃除機能付きエアコンの見分け方

Step.1 リモコンに「フィルター掃除」ボタンがある

自分の家のエアコンにお掃除機能がついているか、手軽に確認するには、リモコンを見てみましょう。「フィルター掃除」「フィルター清掃」「フィルターおそうじ」「手動掃除」「手動おそうじ」「おそうじ」「洗浄」などのボタンがあったら、お掃除機能付きエアコンの可能性が高いです。リモコンを見てもそれらしいボタンが見当たらないという場合でも、「メニュー」ボタンがついてたら、メニューの中にお掃除機能が隠れている可能性があります。確認してみましょう。

お掃除機能とよく間違われるのが「内部クリーン」「内部清浄」「内部乾燥」などのボタンです。カビの発生を防ぐために使う機能で、お掃除機能付きエアコンでなくても備わっていることが多いです。

Step.2 フィルターを外す前に別の部品を外さないといけない

リモコンだけではお掃除機能付きかどうかを判断するが難しいときは、エアコンのカバーを開けて見ると確かめることができます。カバーを開けてみた際に、フィルターの上に別の部品が重なっていて、先にその部品を外してからでないとフィルターを外せないという場合は、お掃除機能付きエアコンの可能性が高いです。フィルターの上に重なっているのが、フィルターを自動でお掃除してくれるロボットであることが多いです。お掃除機能付きでないエアコンというのは、本当にシンプルな作りをしています。別の部品外さなくてもフィルターを外せるという場合でも、フィルターの上下左右に大き目のパーツがついている場合は、お掃除機能付きエアコンの可能性が高いです。

Step.3 「ダストボックス」がついている

カバーを開けたとき、手前の吹き出し口の近くに横長のケースのような部品がついていて、「ダストボックス」と書かれていたら、間違いなくお掃除機能付きエアコンです。手前ではなく、右や左の側面のほうにコンパクトに設置されている場合もあります。

数年前のお掃除機能付きエアコンだと、通常タイプと比べてエアコンの横幅や奥行きが大きいものが多く、見た目も判断材料の1つになっていました。しかし、最近のエアコンは、お掃除機能付きエアコンでも高さや横幅や奥行きがグッと抑えられ、通常タイプとほぼ変わらない大きさの機種も出てきています。お掃除機能がついているかどうか確実に見分けるには、カバーを開けてダストボックスの有無を確かめるのがベストです。

お掃除機能付きエアコンは「お掃除不要」ではない

お掃除機能できれいにできるのは、フィルターだけ

お掃除機能付きエアコンというと、普段のお掃除が全く要らないという印象を持ってしまうと思います。しかし、エアコンのお掃除機能は、基本的に、フィルターをきれいにする機能しかついていません。エアコンの汚れで最も手ごわいのは、内部のフィンやファンにつくカビやホコリです。最近のお掃除機能付きエアコンの中には、部品に汚れがつきにくい加工がしてあったり、フィンにつく汚れを落とす機能を備えていたりする機種も登場しました。とはいえ、いずれもすべての汚れ、すでにできてしまったカビを落としきることはできません。

また、お掃除ロボットがダストボックスにためたゴミやホコリのお掃除も、忘れてはいけません。ダストボックスを取り出して、中にたまったゴミやホコリを捨てるタイプや、エアコンに専用の口がついていて、付属の部品を取り付けた掃除機を接続することで、ダストボックスを取り出さなくてもゴミやホコリを吸い出すことができるタイプなどがあります。お掃除機能付きエアコンといっても、普段の定期的なお掃除や、プロのエアコンクリーニングが必要です。