画像

キッチンクリーニング

お料理をして油や水を扱うキッチンの汚れは、非常に頑固。キッチンは、カビや雑菌が繁殖しやすい場所です。ガスコンロ周りの油汚れや焦げ付き、シンクの水垢やカビなどの汚れは、普段のお掃除で苦戦することも多いですよね。プロのキッチンクリーニングでは、お掃除する場所に合わせた洗剤・道具が活躍。普段行っているお掃除では取れない、しつこい汚れを隅々まで徹底洗浄します。

ピカピカのキッチンなら、毎日のお料理が楽しくなる

画像 画像

油汚れや黒コゲ、食材カスなど、汚れの種類も豊富です。

しかも、落ちにくい汚れや落としづらい箇所が多い。魚焼きグリルや五徳は、一度汚れがつくと落とすのが困難です。

こんなお悩みありませんか?

油汚れや水垢、焦げ付きなど頑固な汚れがいっぱい

キッチンにできる汚れは、どれも、一度こびりつくとなかなか落とせない強敵です。いろんな洗剤や道具を試してみても、全然落ちなくて、あきらめモードに突入していませんか?

コンロにシンク、頑固な汚れのオンパレード

コンロ・魚焼きグリル・シンク・排水口。ただでさえ油汚れや焦げ付きは落としにくい汚れなのに、掃除する箇所が多すぎて気が滅入ってしまうことってありますよね。

キッチンのお掃除をついつい後回しに

調味料やお皿がたくさん置いてあると、お掃除の前にお片付けをしないといけません。「もう、明日使う時に掃除すれば良いや」と思ってしまったら最後、たまった汚れにお手上げ状態。

こんな風に解決します!

洗剤の潜在能力をMaxに、頑固な汚れをマイルドに

プロが汚れを落とせるのは、汚れの性質を見極め、最適な洗剤を選ぶことができるから、だけではありません。洗剤の効果を最大限に高める使い方を知っているのです。油汚れに効くアルカリ性洗剤は、お湯に溶かすのがポイント。特製の洗浄液につけおきすることで、頑固な油汚れや焦げ付きをグッと落としやすくします。

キッチンクリーニングは、ガッツも洗浄力の1つ

お掃除のプロでも大変なのがキッチンのガスコンロや魚焼きグリル。つけおきで落とし切れなかった焦げ付きは、ひたすら削り落としていきます。ガスコンロの五徳や魚焼きグリルの網、受け皿など部品の数も多く、傷をつけないように1つ1つ丁寧に削っていくには、とっても体力と根気のいる作業。プロのガッツが光ります。

キッチン全体の汚れをリセット

プロのキッチンクリーニングの魅力は、1日でキッチン全体が綺麗になるところにもあります。子育てやお仕事で忙しく、まとまったお掃除の時間がとれないという方にもおすすめです。目立つ汚れだけでなく、ずーっと気になっていたちょっとした汚れ、全体的にうっすら積もるホコリや曇りも落として、明るいキッチンに変貌します。

キッチンクリーニングのプロの技を見る

油が酸化して、樹脂になってしまっています。吹きこぼれや油汚れを長時間放置してしまうと、焦げ付いて、なかなか取れない汚れになってしまいます。

五徳は、アルカリ性洗剤につけ置きをします。天板は洗剤をつけたスポンジでこすり洗いした後に、「一枚刃」と呼ばれる道具を用いて、こびりついた汚れをキレイにしていきます。

キッチンクリーニングの流れ

作業範囲:作業場所の養生 / ガス・IH台 / ガスコンロ / グリルの網・受け皿・庫内 / 天板 / シンク / 蛇口 / 排水口 / 調理台 / キッチン照明 / 戸棚表面 / 壁面 / 床 / 作業場所の簡易清掃(一部オプションとなる場合もあります。事前にプロにご確認ください。)

画像

1.ガスコンロの五徳をつけおきする

五徳(ガスコンロで火にかけるとき、フライパンや鍋を置く金具)は、頑固な油や焦げがこびりつきやすい部品。持ち上げるだけで簡単に取り外すことができるので、つけおきで綺麗にしていきます。つけおき液は、アルカリ性の洗剤を60℃くらいのお湯にとかして作ります。アルカリ性の洗剤は、油汚れに効果的。洗剤の効果をより高めるために、お湯に浸けるのがポイントです。(目安時間:80分)

画像

2.五徳の焦げを落とす

五徳のつけおきが終わったら、容器から取り出し、焦げや汚れを削り落としていきます。ここで使うのは「一枚刃」というヘラのような道具。ハウスクリーニングの中で、ガスコンロのお掃除は、プロでも1番大変という声の多い場所。焦げつきを落とすのに、とても体力を使います。普段のお掃除でも苦戦することが多い五徳を、プロは徹底的に綺麗にしていきます。(目安時間:25分)

画像

3.魚焼きグリルの庫内を洗浄する

魚焼きグリルの網と受け皿は、取り外してつけおきをします。つけおきをしている間に、網と受け皿が入っていた魚焼きグリルの「庫内」を洗浄していきます。お掃除が大変で、頑固な汚れがたまりやすい庫内。洗剤を吹き付けた後、タオルやブラシでこすって汚れを落とします。プロは、ガスコンロの火力を操作するボタンの部分まで、丁寧にお掃除。細かいすき間の汚れも、棒やブラシを使って逃さず落とします。

画像

4.魚焼きグリルを洗浄する

庫内の洗浄をする前に取り外した網と受け皿は、五徳と同じように、アルカリ性の洗剤に90分ほどつけおき。汚れを浮き上がらせて、落としやすくします。網と受け皿についていた油汚れや焦げつきで、洗剤液は真っ黒に。つけおきした後、網と受け皿はスポンジで磨いて焦げつきを落としていきます。受け皿の窓の部分もすっかり綺麗になり、庫内の様子をしっかり見られるようになりました。

画像

5.天板を洗浄する

天板は、洗剤をつけたスポンジでこすり洗いします。調理中に飛び散った油汚れや焦げついた食材、ホコリなど、あらゆる汚れが混じってベタベタになっていることも多い天板。一枚刃も使い、頑固な汚れを削り落としていきます。プロのキッチンクリーニングで、吹きこぼれのあとも綺麗になりました。汚れたらすぐ拭くことが、ガスコンロを綺麗に保つコツです。(目安時間:5分)

画像

6.シンクを洗浄する

キッチンクリーニングの最後にするのが、シンクの掃除。つけおきに使った洗剤液や、汚れを拭き取ったタオルなどを片付けた後、仕上げに綺麗にします。水垢や石鹸カスなど、細かい部分に残った汚れも、残さずしっかり落としていきます。蛇口も磨いてピカピカです。(目安時間:10分)

画像

7.各部品を組み立て、拭き上げる

ガスコンロの五徳、魚焼きグリルの網や受け皿など、取り出してつけおき洗いした部品は、洗ったあと乾かしておきます。すべてのお掃除が終わったら、拭いてから元通りに組み立てます。最後にもう一度、天板やシンクなどお掃除をした場所を拭きあげて、プロのキッチンクリーニング完了です。(目安時間:5分)

プロのキッチンクリーニングを動画で見る

実際のプロのお仕事を、30秒ほどの解説付き動画でご覧いただけます。

プロのキッチンクリーニングのビフォーアフター

実際にキッチンクリーニングをされたお客さまの例とプロからのコメントを紹介します。

画像

五徳にこびりついた油汚れは落とせない、とあきらめていませんか?プロは年代物のしつこい油汚れや焦げ付きも根気よく落とします。コンロがキレイになると、気分もスッキリしますよ!

シンクにつきやすい水垢やうろこ汚れ、排水口のヌメリなどは、普段のお掃除では取り除くのが難しいですよね。そんな汚れをプロがまとめて落とします。

画像

あなたのキッチンの種類は?

ガスコンロタイプ

ガスを燃料として、実際に火を使って調理するタイプのコンロです。IHに比べて購入費用が安く抑えられるのが特徴です。五徳周りに油汚れやコゲが発生しやすく、時間が経てば経つほど落としにくい頑固な汚れになっていきます。部品が多く、天板には凹凸もあるため、お手入れには時間がかかります。

IHタイプ

電気を熱源とするタイプのコンロです。火を使わないため、火災の危険性が少なく、安全性に優れていると言えます。吹きこぼれたときでも、天板をサッとひと拭きするだけでお掃除完了。汚れがこびりつきやすい五徳や金具がなく、毎日のお手入れが楽になることが人気の理由のひとつです。

キッチンクリーニングの料金の相場

キッチンクリーニング 13,000〜17,000円

キッチンクリーニングの作業にかかる時間

キッチンクリーニング 約1.5~3時間

アスクマイスター プロが答えてお悩み解決

業者さんでも落とすのが難しいキッチンの油汚れがあれば教えてください?

油汚れは強い洗浄液を使えば比較的落としやすいです。 しかし古いキッチンの場合素材そのものの色も落ちてしまう可能性があります。その場合は軽めに落とすか素材そのものの色も落ちていいかをお聞きします。 江戸川クリーンサポートは地元の江戸川区では「江戸クリ」として親しまれています。人気はエアコンクリーニングと洗濯機クリーニングです。作業は江戸クリの代表の加藤が責任とこだわりを持って行います。「見えないところまで綺麗に」をモットーに、細かすぎて伝わりにくいこだわりもおろそかにしません。「自分だったらここまでしてもらいたい!」というサービスをご提供致します!

油汚れは、炒め物や揚げ物で飛び散った油がおもな原因ですが、はじめはふけば落ちる程度のサラサラした状態ですが、時間の経過とともにベタベタ汚れ、カチカチ汚れへと状態が変化していきます。そのため、放置している時間が長ければ長いほど、どんどん頑固になり汚れを落としにくくなってしまいます。一度もクリーニングされないまま10年以上経過した設備の油汚れについては、油が熱により炭化し、完全に汚れを落とすのは困難です。非常に強力な洗剤を使って塗装部分も剥がしてもOKであれば可能ですが、それでも完全に油汚れを除去するのは難しいです。

五徳(コンロの置き台)の焦げ汚れや、長年にわたって溜まり固まり、変色・変質してしまった場所の油汚れは落とすのが非常に困難です。 また、経年劣化した材質の上の油汚れは、強い洗剤を使えなかったりするため汚れを落とすのが難しかったりします。 場合によっては素材を傷つけてしまうことがあるかもしれません。

基本的には油汚れ自体は落とせます。ただ、油汚れが付着したままにしておくと素材と癒着し、クリーニングする際に素材ごとはがれてしまうという事がありますので、そういった可能性がある時は作業時にお客様にお伝えの上、作業を行うか確認させて頂きます。

キッチンのシンクの水垢を自分では落とせなくて困っているのですが、業者さんはシンクの水垢を落とす際、特別な洗剤などを使うのですか?

シンクの水垢はお掃除が大変ですよね。プロは水垢除去のプロ用洗剤(酸性)のものや研磨剤を使用してシンクをキレイにしていきます。どちらかというと研磨がメインかもしれません。まず表面の水垢をできるかぎり酸性洗剤で除去して、その後粗めの研磨剤で研磨をして徐々に目の細かい研磨剤を使ってシンク表面をツルツルのピカピカに仕上げていきます。この作業は機械で研磨していくので、とても手作業ではできるものではありませんが、仕上がりはまさに新品のように光沢が出て美しいものとなります。通常のキッチンクリーニングではここまでの研磨はいたしませんが、オプションやシンクの研磨を一つのメニューとして提供しているクリーニング会社がほとんどですので、シンクの光沢仕上げなどにご興味がある際は、ご依頼のクリーニング業者に聞いてみてください。相場としては25000〜30000円あたりです。クリーニング料金より高いかもしれませんが、シンクが本当に生まれ変わったようにキレイになりますのでお財布と相談をして考えてみてくださいね。

プロの使っている洗剤はプロとして使い方や注意事項を考慮したうえで使用していますので、お家であるものでできる方法として、重曹とお酢を1対1で混ぜ、寝る前にラップをかけてお休みください。朝には水垢が柔らかくなっていますので、ブラシやスポンジ、銀紙を丸めたものを使って落としてみてください。それでもダメな場合はプロの手をお使いください。

プロは、汚れと汚れが付着している箇所の素材の特性を見極めて、最適な洗剤と道具の組み合わせを都度 選択します。 水垢に対しては 酸性洗剤が適いますが、素材を痛める可能性がある場合は、中性洗剤で代用したり あるいは 洗剤を使用せず道具による物理力を活かして汚れに対処することもあります。

弊社では業務用の洗剤を使いますが、ご家庭では重曹などでも良いと思います。良く重曹では落ちないと聞きますが、落ちないのではなく落ちるまでに時間がかかります。手でゴシゴシした場合20~30分前後は磨き上げるのにかかります。時間のある時に時間をかけてじっくり磨き上げる事をお勧めします。

自分でキッチンを掃除する場合と、業者さんにキッチンクリーニングをお願いする場合では、仕上がりにどのような違いがありますか?

市販の洗剤ではなかなか落ちない汚れが日々積み重なっていくところ、高くて手の届かないところ、しゃがまないと拭き掃除出来ないところなど、業者にクリーニングをご依頼いただければ、こういったところまで徹底的にお掃除します。業者のクリーニングは妥協しませんので、たとえ汚れていない部分でも必ず全体を拭き上げます。このような徹底清掃が仕上がりに違いが出る部分です。

キッチンクリーニングの場合、ほとんどが手作業となり、おうちのお掃除道具と何ら変わりないかもしれません。ただプロ仕様の専用洗剤と適材適所の道具の使い方は、その作業スキルに違いを感じていただけるのではないかと思います。おうちのお掃除では落ちない汚れ、普段では手が届かないところまで洗浄されていることに感動します!

主婦の方で毎日磨きをかけてがんばっておられる方をたくさん知っていますが、それでも依頼してこられます。掃除はいかに最後までしつこくきれいを追及するかが肝と思っております。洗剤だけではなく道具だけではなくきれいにしたいこのお宅のお役に立ちたいという気持ちが大切です。その点で業者のほうが勝ってると思います。

光沢度といいますかピカピカ具合に差が出ます。キッチン全体のお掃除ですから場所で時間がかかる事が多いようです。自分でやると『これくらいでいいかあ』ってなる事が多いようですが、プロはピカピカになるまで妥協できませんのでその分が違いとして出てくると思います。

業者さんでも落とすのが難しいキッチンの汚れがあれば教えてください。

油汚れは、炒め物や揚げ物で飛び散った油がおもな原因です。はじめは拭けば落ちる程度のサラサラした状態ですが、時間の経過とともにベタベタ汚れ、カチカチ汚れへと状態が変化していきます。そのため、放置している時間が長ければ長いほど、どんどん頑固になり汚れを落としにくくなってしまいます。一度もクリーニングされないまま10年以上経過した設備の油汚れについては、油が熱により炭化し、完全に汚れを落とすのは困難です。塗装部分も剥がしても良いのであれば強力な洗剤を使用して相当程度汚れは落ちますが、それでも完全に油汚れを除去するのは難しいです。

昔のキッチンに多い塗装が剥げやすいものに油汚れが付いている場合は難しいです。油汚れを落とすと塗装も落ちてしまうからです。 江戸川クリーンサポートは地元の江戸川区では「江戸クリ」として親しまれていてエアコンクリーニングと洗濯機クリーニングが人気です。作業は江戸クリの代表の加藤が責任とこだわりを持って行います。「見えないところまで綺麗に」をモットーに、細かすぎて伝わりにくいこだわりもおろそかにしません。「自分だったらここまでしてもらいたい!」というサービスをご提供致します!

はい。あります。コンロの焦げ付きが二重にも三重にも重なり焦げの層が何層にもなっている場合ですと、薬品でつけ置きをしておいても薬品がなかなか浸透せず時間がかかります。取れない汚れというわけではありませんが、とにかく時間がかかりますね。また、キッチンの収納内部なども調味料の跡や食材のカスなどが固まってへばりついている場合など、簡単にささっと一拭きで取れれば良いですがそうでもなく汚れが固まっている場合などはとても時間がかかってしまいます。

経年変化による変色変性です。ステンレスの場合は、スチール製の物を長くおいておくとまれにサビが出て来る場合があります。落ちにくい汚れの一つです。シンク内の排水口はプラスチック製で汚れたままにしておくと変質、変色する場合があり落ちないことが多いです。

キッチンクリーニングを業者さんにお願いした後、業者さんが来るまでに部屋の片づけなど、自分でやっておいた方が良いことはありますか?

なるべく、キッチンの周り、上部には何もものがないことが好ましいです。 そうしていただけますと、作業も早く終わります。 しかし、どうしても、お客様の方で移動していただくのが難しい場合もありますので、その際はお申し付け下さいましたら、こちらで移動させていただきますのでご安心くださいませ。

特別な準備は必要ありませんが、可能であればキッチンの作業スペースを空けていただければ助かります!調理道具や調味料などの備品については作業員にて一旦別の場所に移動し、お掃除が終われば元の位置に戻します。

特にお気遣い頂く必要はございません。キッチン上のワレモノ等の移動だけして頂けますと、作業がスムーズに進みます。無理な場合は、こちらで移動させていただきますので、ご安心ください。

作業を円滑に進めるために、もしキッチン周辺の床に物を置いていたり、壁にペーパー類を貼っている場合は できる限り 移動して頂いて、作業スペースの確保に 事前の協力をお願いしています。

ガスコンロについたギトギトの油汚れをお掃除するのに向いている時期(季節)はありますか?向いている理由も教えてください。

夏季が最も最適な時期です。 酸化、固化した油汚れは、気温が上がると汚れの分子が緩み、油汚れが軟らかくなります。そうすると相対的に汚れが取り除き易くなります。一方で、気温が下がると、油汚れは硬化して強く固着して取り除くことが困難になります。油汚れを中和させるアルカリ性の洗浄剤(弊社ではセスキ炭酸ソーダを使用します)を塗布すると、夏季における油汚れには洗浄剤が浸透し易く効果的に落とすことができます。寒い冬季には 硬化した油汚れは 洗浄剤が浸透し難く 相対的に非効率な作業となります。暖房をかけずとも気温の高くて油汚れが軟らかい状態にある暑い夏が最適です。

季節的なものは特にありませんが、すごしやすい春、秋、外した部品をベランダ、庭にビニールシートを敷き、強めのアルカリ洗剤を吹き付け5分から10分待って下さい。コンロプレートも同じです。 ナイロンたわしなどでこすり洗いします、 洗う時50から60度のお湯を使いましょう。油が溶けやすくなります。 熱を帯びた油が飛び散ります、高温で焼けてしまいます、早め早めお手入れをオススメします。

油は気温が低いと固まりやすい習性がありますので、冬以外の季節で暖かい日に行うのがいいかと思われます。暑すぎる環境下では油汚れは落ちやすいでしょうが、長時間の作業が辛いかと思われます 焦げて炭化した油汚れは季節に関係なく取りにくいです。

プロがクリーニングする場合がは、時期は関係ありませんが、あまり、変わるように感じないかも知れませんが、個人でされている場合は、暖かい季節の方が比べた場合油汚れが多少落ちやすいです。(冬よりは多少、油が固まっていないので)

法人のお客さま向けサービス

大量注文もネットで簡単依頼。フォームでお問い合わせ後、貴社にぴったりのプロをご紹介します。どこに依頼すればわからない不安な方もお気軽にお問い合わせください。電話での無料サポートも承っております。

法人用ご相談窓口:0120-940-020

(受付時間: 月〜土曜日 9:00〜20:00)

あなたのマイスターの動画をみる

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

お困りの方はこちら

都道府県を絞り込んで、あなたのお悩みに
ぴったりのプロを見つけよう!

お電話でも対応できます

0120-940-020

受付時間:月-土 9時〜20時

キッチンクリーニングの新着口コミ

匿名希望(50代男性)

キッチンクリーニング

キッチンクリーニング

星星星星星 2.20

引越し先のガスコンロ周り他の汚れが酷かったので、初めて利用しました。100%は難しかったですが、安心して料理を楽しめました。

OGさん(40代男性)

キッチンクリーニング

感謝の気持ちで一杯

星星星星星 5.00

換気扇クリーニング、キッチンクリーニングをお願いしました。二つ頼むと割引で23000円とお得でした。 我が家は築10年で、換気扇は手の届く範囲以外は... 詳しくみる

動画でプロの技をチェック

エアコンクリーニングを動画で見る

〜カビとホコリで腹黒いエアコンに、決別を〜

機械感あふれるエアコンの姿に、真っ黒の汚水。プロの威力を実感する瞬間です。エアコン専用の洗剤と高圧洗浄機で、取り外した部品も分解できない裏側の汚れも徹底洗浄。

お風呂・浴室クリーニングを動画で見る

〜いざ、エプロンの向こう側へ〜

カビのもとになる石鹸カスや水垢、皮脂汚れには、2種類の洗剤を使い分けて洗浄。水滴ひとつ残しません。汚れのたまり場エプロンの内部も、高圧洗浄機やブラシで丁寧に綺麗にします。

洗濯槽・洗濯機クリーニングを動画で見る

〜たった1年で、洗濯槽は汚れまみれ〜

洗濯機をパカッと分解、ソロ~ッと取り出した洗濯槽の裏側に、ビターッとついている汚れは、想像以上です。洗浄後の洗濯槽の輝きたるや、すぐにでもお洗濯をしたくなります。

換気扇クリーニングを動画で見る

〜違いは、2つの分解力〜

壁に開いた穴があらわになるほど、外せる限りの部品を分解。こすり落とす必要がないほど、洗浄力のある洗剤につけおきして、ギトギトの油汚れを分解。正しい知識と道具、プロのお仕事です。

キッチンクリーニングを動画で見る

〜五徳を制する〜

頑固な汚れキッチン代表の五徳。プロ仕様の洗剤を60℃のお湯にとかして五徳をつけおき、油汚れを制します。取れない焦げ付きは、ヘラでこそげ落とすのがプロの必勝法。シンクの水垢も朝飯前です。

注目のプロ

  • ハウスクリーニング

  • エアコンクリーニング

  • お風呂・浴室クリーニング

  • 洗濯槽・洗濯機クリーニング

  • 換気扇クリーニング

閲覧履歴