ソファー張り替え・修理

画像

お家のリビングに欠かせないソファー。「ウレタンやスプリングがダメになって座り心地が悪い」「本革製品だけど革にヒビが入った」「布製品だと食べ物や飲み物のシミをつけてしまった」。どれだけ大切にしていても気が付かないうちに傷んだり汚れたりするものです。買い換えると新しいソファーの運搬や古い物の処理など何かと面倒です。こんな悩みの解決、諦めてませんか?専門の知識と確かな技術を持ったプロの職人が、あなたのソファーを生まれ変わらせます。

お住いのエリアのプロを検索する

柔らかすぎるソファーに座ってませんか?

クッション性が落ち、身体が沈みこむほど柔らかくなったソファーは腰に大きな負担をかけてしまいます。

画像
画像

傷んだモノは放っておいてもキレイになりません。

汚れや傷みはその箇所からどんどん広がっていきます。

こんなお悩みありませんか?

とにかく座り心地が悪い!

ソファーを買って数年。だんだん座り心地が悪くなってきた。クッション性が落ちてきたソファーに座り続けると、身体にかける負担も大きくなり、腰痛などの不調に悩まされることもあります。

せっかくの本革にヒビが…

決して安価なものではない本革のソファーに気づいたらできてしまっていたヒビと色あせ。本革特有の高級感やクラシカルな雰囲気がこれでは台無しです。そのヒビからホコリやダニなどのハウスダストが…

ソファーの布が破れた!

ソファーの角に起こりがちなのが破れ。布が破れてしまうと中のウレタンが飛び出てきてしまったりと見た目も使い心地も悪くなってしまいます。できれば買い換えることなく使い続けたいですよね。

こんな風に解決します!

ソファーの中身をごっそり取り替えられる!

座り心地が悪い原因には、ウレタンの劣化やスプリングの劣化によるクッション性の低下が原因です。プロの職人なら硬さ、価格などご希望に沿った形で素材を選び修復いたします。

専用の塗料で元どおりに!

細かな色合いや質感など、DIYだと失敗が怖い部分はプロの職人にお任せ。何種類もある塗料やクリーニング材の中から最適な素材を選びで再塗装。思い入れのあるソファーに本来の輝きが戻ります。

張り替えだってお手の物!

自力で張り替えようと思うとサイズ、素材、手順、何より技術に不安が残ります。下手したら張り替え前より見た目が悪くなるかも…そんな悩みがあるなら、すぐに長年の経験と実績を兼ね備えたプロの職人に任せましょう。

プロのお仕事の流れ

1

ソファー革表面の傷んだ部分を確認します。

画像

ソファーのどこが傷んでいる箇所を隅々までしっかりと確認し、修理に漏れがないようにします。二度手間になってしまったり問題点を見落とさないのもプロの職人としての責任です。

2

革全体をクリーニングします。

画像

目に見えないホコリや汚れが表面についています。そういった汚れたちが原因となって塗装のムレが生まれることがあります。そうならないようプロの職人の手でしっかりと表面をクリーニングします。

3

革の表面を塗装します。

画像

革に適した塗料を使用して表面を塗装します。革の質感や色によっては塗料との相性が合わない場合があります。専門的な知識を兼ね備えたプロの職人の手にかかれば心配ありません。

4

塗料が馴染んだことを確認して完成です。

画像

革製品は塗料を吸収するので基本的にすぐ乾きますが、万が一塗料が衣服について汚れてしまってはいけません。最後までしっかりと確認するのも怠りません。

お住いの地域を選ぶ

月間ランキング

閲覧履歴

法人のお客様向けサービス

大量注文もネットで簡単依頼。フォームでお問い合わせ後、貴社にぴったりのプロをご紹介します。

注文依頼が初めてで不安な方もお気軽にお問い合わせください。電話での無料サポートも承っております。

予約方法に不安がある方、どの業者さんに予約するかお悩みの方は
お電話でお気軽にご相談ください(お問い合わせフォームはこちら

あなたのマイスターお客様ご相談窓口

 03-6427-8713

受付時間:9:00~20:00

RELIVERS大切なものをもっと大切にしたくなるメディア

  • ランキング
  • お掃除する
  • お洗濯する
  • お手入れする
RELIVERSはこちら