庭木・植え込みの剪定

画像

綺麗に手入れの行き届いたお庭って憧れますよね。実は、同じ庭木・植木でも定期的に剪定をすることで、違った姿に育てることができます。剪定といってもただ枝葉を切ればよいわけではありません。正しい時期に正しい切り方をしないと、木が枯れてしまうこともあります。手に負えないほどの高さに伸びてしまった木や、剪定の仕方がわからない木がある場合は、プロに剪定を依頼するのがおすすめです。お庭作りが好きな方の、普段のお手入れにも活かせること間違いなしです。

お住まいの地域を選ぶ

剪定って意外と難しい・・・

それでも剪定をしないままだと、庭木が傷んだりと悪い影響がどんどん重なってしまいます。

画像
画像

購入した時とは全くの別物になってしまった庭木。

購入した時には立派で整っていたものの、放置していたら何とも言えぬ姿に・・・

こんなお悩みありませんか?

剪定の仕方がわからない

草木の種類や季節によって方法が変わる剪定。お庭のお手入れがお好きな方でも、なかなかうまくいかないこともあります。ましてや自己流で切ってしまうと、枯れてしまうことも。わからないときは、プロに任せるのが安心です。

自分で剪定をするのは大変になってしまった

脚立で高いところまでのぼったり、ちょっと無理な体勢になったりして作業することもある剪定。身体が動く若いころはよかったけど、だんだん自分でするのは辛くなってきたという方も多いと思います。せっかく愛情を込めて育ててきたお庭。綺麗に維持したいですよね。

1本だけでも剪定をしてもらえるのか心配

背の低い草木は、まだ自分でも大丈夫。でも、背の高い木は自分でやろうとしてケガをしてしまうのも怖いから、プロにお願いしたい。そう思っていても、1本だけ剪定を依頼するのはなんだか申し訳ない、とためらってはいませんか?

こんな風に解決します!

剪定は経験とセンスで正しく美しく

剪定は、それぞれの草木に合った時期と切り方で行うのが大切です。切ってはいけない時期、切ってはいけない枝は、木によって実にさまざま。庭木・植え込みの剪定のプロは、草木の種類を見極め、いつ切るのか、どの枝を切り、どの枝を残すのか、適切に判断をして剪定をします。きちんとお手入れをすると、美しい樹形の木に育ちますよ。

育てやすい木に育てるのも剪定

木は放っておくと、どんどん縦に伸びていきます。気づいたときには手に負えない木になってしまっていることも。実は、同じ木でも剪定の仕方次第で、全く違う樹形に育ちます。お客さんの要望に合わせて、育てやすい木に育つように剪定をすることができるのが、プロによる庭木・植え込みの剪定の魅力の1つです。

予算に合わせた剪定も依頼できる

庭木・植え込みの剪定は、年に2回するのが理想。ですが、そんなに頻繁にプロに依頼するのは予算的に難しいという方もいると思います。プロは、お客さんの予算や要望に合わせて、年1回の剪定でも困らないように、切る量を調整して剪定をすることもできます。もちろん、1本だけの依頼も可能ですよ。

プロの庭木・植え込みの剪定の結果

実際に庭木・植え込みの剪定をされた庭木・植え込みのビフォーアフターを紹介します。

Before

After

画像

縦にも横にも育った庭木。葉が生い茂り、枝は、垣根を越えて隣のお家の敷地にまで伸びてしまっています。剪定をしたいと思いつつも、自分ではどう剪定してよいか分からず、伸びっぱなしになっていました。

縦に伸びていた枝は、思い切って、バッサリ剪定。高さを抑えて、育てやすい大きさになるように調整します。垣根の向こうまで伸びていた枝も剪定して、通りから見える庭木の印象がスッキリしました。

画像
画像

木が高く育ちすぎてお手入れをしにくくなってしまったとのことで、次に伸ばしたい枝を残して、剪定しました。育ったとき綺麗な樹形になるように、残す枝を決めるのが職人の腕の見せ所です。

画像
画像

たくさんの草木を育てているお家。背の高い木が影を作ってしまい、周りの植物に日光が十分に届かない状態に。剪定をすることで、風通しと日当たりが改善、通りからの見え方もサッパリしました。

画像
画像

剪定して敷地内や道路に落ちた枝葉は、ブロワーやホウキを使って丁寧にお掃除をして集めます。トラックの荷台いっぱいになることもよくありますよ。集めた枝葉は、処分場へ運びます。

プロの庭木・植え込みの剪定の技を詳しく見る

作業範囲:剪定内容のご要望聞き取り / 剪定 / 刈り込み / 作業場所の簡易清掃・枝葉などのごみ回収(一部オプションとなる場合もあります。事前にプロにご確認ください。)

作業にかかる時間(目安):約30分~1日

1

トラックから道具を降ろし、枝葉を入れる準備をする

画像

剪定する草木が多い場合、切る枝葉の量も多くなります。プロは2台のトラックで来ることも。来るときにトラックの荷台に積んでいた剪定の道具は、いったん降ろします。荷台の左右に木の板を立てることで、剪定した木の枝や葉っぱを運び込める箱になるのです。

画像

2

庭木の様子を確認する

画像

切る予定の草木をお客さんと一緒に見てまわり、お手入れの際のお悩みや剪定への要望を確認します。この際、最後に比較することができるように、剪定をする前の写真を撮影しておきます。プロによっては、お客さんが不在でも作業が可能です。事前に確認をしておくと安心ですよ。

3

剪定に使う道具を準備する

画像

脚立にのり、高いところで作業をすることもある剪定。両手をあけておくことは、安全確保のために重要です。そこで役に立つのが腰袋。剪定に必要な道具一式を腰に下げておくことができます。プロによって使う腰袋もさまざま。個性が光ります。足元は、足袋に履き替えて、動きやすくします。

画像

4

脚立を設置する

画像

プロは高さの違う脚立をいくつか用意。剪定する草木の高さに合わせて、その都度、適した高さの脚立を選びます。設置するときは、安定感が何よりも重要です。周りに植えてある植物を傷つけないようにも気を付けながら、慎重に位置を決めます。

5

剪定をする

画像

剪定の方法や、木の種類や高さによってさまざま。上から切る木もあれば下から切る木もあります。プロは1つ1つの木の育ち方、周囲の状況などから、切る順番を考えて剪定をしていきます。切るときに木の皮がむけてしまうとそこから枯れてしまったり、切り口が斜めになってしまうと不格好になってしまったり。経験とセンスが仕上がりを左右します。

画像

6

不要な小枝を剪定ばさみで切る

画像

剪定が始まると、切る枝と残す枝を素早く判断しながら、けんかをしている枝や交差していて見た目を悪くしている枝を次々と切っていきます。道具は、切りたい枝に合わせて、頻繁に使い分け。直径が1㎝ほどの小枝までは、剪定ばさみを使います。プロの剪定ばさみは手入れも行き届き、パチン、パチンと切れ味抜群。

7

不要な枝を剪定ノコギリで切る

画像

剪定ばさみで切れない太い枝は、剪定ノコギリで切っていきます。背が高くなりすぎてしまった木の枝を切って、高さを調整したいときなどは大活躍。片手でも扱うことができ、チェーンソーに比べて小回りもききます。切り口がなるべく真っ直ぐになるように、刃を入れる向きに気を付けながら切っていきます。

画像

8

硬い枝はチェーンソーで切る

画像

剪定ノコギリでも切るのが大変な枝や太い幹は、チェーンソーを使って切ることもあります。枯れた木などは硬く、切りにくいためチェーンソーの力で切り落とします。あっという間に切れますが、剪定ばさみや剪定ノコギリに比べて重さがあり、扱いには注意が必要です。

9

刈込ばさみで樹形を整える

画像

まるい樹形を作りたい生垣や植え込みなどは、刈込ばさみを使って形を整えていきます。剪定をイメージしたときに、真っ先に浮かぶのが、刈込ばさみかもしれませんね。使う場面や木がおおまかに決まっていて、案外、1度も使うことなく剪定が終わることもあります。

画像

10

ヘッジトリマーで樹形を整える

画像

生垣や植え込みの樹形を整えるときに使うは、ヘッジトリマー。植木バリカンと呼ばれることもあります。下から上に扇形を描くように動かして、伸びすぎた小枝を刈り込んでいきます。広い範囲を一気に刈り込むことができて、効率的です。

11

地面から仕上がりを確認する

画像

剪定の最中も、たびたび脚立を降りて、切りすぎていないかを確認するプロ。あと1本、枝を切るか、切らないか真剣に悩む姿は、庭木の剪定への真摯な想いを感じます。風通しのよさや見た目の美しさだけでなく、どのように枝を伸ばして花を咲かせるか剪定したあとの姿までを見据えて、判断をしていきます。

画像

12

細部を調整する

画像

地面から見て気になった部分を調整していきます。ここはもう、プロの領域。長年の経験とセンスで仕上げていきます。お客さんから要望があった場合にも、調整します。できる限り、お客さんの希望に沿った剪定になるように、細部にもこだわって切っていきます。「お任せ」でお願いすることもできるため、あまり詳しくない方でも安心です。

13

たまった枝葉を集める

画像

切った枝は、木の下に落ちていきます。数人で剪定をしている場合は、剪定の最中から、下に落ちた大きな枝や葉を拾い集めていきます。枝は大きな塊で切ることもあり、木の下にスペースがないときには、一時的に道路などに切り落とすこともあります。近隣のお家や通行する車や人の邪魔にならないように、こまめに移動させるのです。

画像

14

集めた枝葉をトラックに積む

画像

集めた枝葉は、定期的にトラックに積みこみます。剪定する枝の数や木の数が多いと、トラックの荷台いっぱいに枝葉が積まれることもあります。自分で剪定をする場合、その大量の枝葉の処理を自分でしないといけないと考えると、剪定から処分までプロにお願いできるのはうれしいポイントです。

15

トラックに積んだ枝葉をときどき切り刻む

画像

切って集めた枝葉をただトラックに積んだだけでは、すき間も多く、すぐに荷台が山盛りになってしまいます。荷台に枝葉がある程度たまったところで、チェーンソーを使って細かく切り刻むと、次の枝葉を入れられるスペースが生まれます。

画像

16

ブロワーで枝葉を集める

画像

すべての剪定が終わると周囲のお掃除に移ります。細かい枝葉や広い範囲に広がってしまうこともある剪定。散らばった枝葉は、ブロワーという道具を使い、風の力で一気に集めます。集めたあとは熊手ではいてテミ(大きなチリトリ)で取ります。

17

ホウキとテミで枝葉を集める

画像

最後は人力。ホウキではいて、テミに集めます。剪定をしたあとに、辺りに枝葉が散乱したままになっていては、見た目にも美しくなく、ご近所の方とのトラブルにつながってしまうかもしれません。最後のお掃除までしっかりと行い、気持ちよく終わるのがプロ。安心してお願いできますね。

画像

18

トラックに積んで持ち帰る

画像

すべての枝葉を集めきったら、荷台に積んだ枝葉が運転中に飛んでいかないように、トラックの荷台にカバーをかけます。道具も片付けてトラックに積んだら、プロの庭木・植え込みの剪定は完了です。かかる時間は、剪定する木の数にもよりますが、1本だけであれば30分~1時間ほどでも終わります。木の数や、切る枝の数が多い場合には、半日から1日かかることもあるため、時間に余裕のある日に、ゆとりを持って依頼するのがおすすめです。

取材協力:早良産業

庭木・植え込みの剪定の新着口コミ

投稿日 2018/06/03

神奈川県 60代男性 

星星星星星 4.00

ありがとうございました

家人が対応しましたが、大変良くやっていただき、色々教えてもらいました。 頼んで良かったです。

口コミをもっと見る

プロが答えてお悩み解決

もっと見る
画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

庭木・植え込みの剪定の作業内容にもよりますが、大雨などの悪天候の場合は作業を中止させていただきます。 そのような場合は中止が決まり次第、お早めにお客様へご連絡致します。 後日、作業日を調整しまして、再度連絡いたします。

画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

庭木・植え込みの剪定は少々の雨でしたら作業を行います。前日には予定通りか延期するかを必ずお電話かメール、ショートメールのいずれかの手段でご連絡いたします。延期の場合は、延期日程をすぐにご相談させていただきます。

画像

もみじ庭さん (埼玉県)

庭木・植え込みの剪定は基本的に雨でも、お客様が、よろしければ作業致します。又延期の際は、お客様の日程確認して、作業日程決めさせて頂きます。

画像

もみじ庭さん (埼玉県)

庭木・植え込みの剪定基本的に雨でも、お客様が、よろしければ作業致します。又延期の際は、お客様の日程確認して、作業日程決めさせて頂きます。

画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

庭木全体が写っている写真をお送りいただければ見積もり精度が上がりますので一番助かります。どれぐらいの高さの樹が何本という事をお伝えください。目安として1階の雨どいの高さは約3m、2階の雨どいの高さなら約6mです。広さは50?単位で結構です。

画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

木の高さの目安は一般的な家屋の場合、1階の雨どいまで約3メートル、2階の雨どいまで約6メートルです。また生垣の場合は横幅も測って下さい。庭木・植え込み剪定の写真を添付して頂けると、さらに詳細なお見積りを作成できます。

画像

もみじ庭さん (埼玉県)

庭木・植え込み剪定のご注文の際、本数が多い時は、だいたいの本数を数えていただけたら、お伺いして、お話して、ご要望お聞きして 、お見積り金額をお伝え致します。

画像

お庭の管理とお手入れ・みどり屋さん (東京都)

お写真を添付してお送りいただければ助かります。また、事前に現地確認にお伺いして無料でお見積もりをさせて頂きます。お気軽にお問い合わせくださいませ。

画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

ご近所の事を考え、私どもはチェンソー、ブロアー、など機械の道具類は掃除機程度(70dB以下)の物を使用しております。使用も必要最低限に絞っております。薬剤の取り扱いにもヒトへの安全を第一に、細心の注意を払っております。風が吹いている場合や洗濯物が干している場合、ペット、小さなお子様のいるご家庭はもちろん、薬剤の安全性と注意点についてしっかりご説明をいたします。

画像

知多グリーン建工さん (愛知県)

機械によるのですが、大きな音が出てしまうものがどうしてもあります。その際には、必ずご近所にご挨拶を事前にしております!お客様にご負担はおかけしません。

画像

心庭(こころてい)さん (東京都)

剪定の際、ご近所に迷惑のかかる場合は、作業前に挨拶に伺います。薬剤を散布する時は、前日にお客様に迷惑のかかりそうな家に挨拶してもらえると助かります。

画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

ご近所にご迷惑がかかるような作業の場合は、事前に近隣住民に御挨拶させていただきますので、ご安心ください。

画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

作業当日は、まずはじめに5分程度お客様とお庭を廻りながらご要望内容の確認を致します。その結果を受けてすぐに請求金額を出します。金額に合意いただくと作業に移ります。作業に取り掛かった後は基本的に金額を上げることはございません。作業途中でお客様の方で追加変更がございましたら金額に変更要素のあるものは都度ご相談します。

画像

T・CRAFTヤマトシ株式会社さん (和歌山県)

剪定に関しては見積もり段階で目視できますので、追加料金が発生することはほぼ無いとは思いますが、例えば、伐採などではいざ土を掘り起こしてみてから、水道の配管移設工事が後から必要となるケースもございますので、そういった場合は追加料金が発生します。

画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

庭木・植え込みの剪定の際、実際に作業してみて追加料金が発生する場合はほとんどありません。O.K!グリーンでは追加工事が有る場合は作業前にお客様にご確認いただきます。

画像

お庭の管理とお手入れ・みどり屋さん (東京都)

実際の作業後に追加料金が発生することはございません。お問い合わせいただいた時点で現地にてお見積もりを出させて頂きます。ご安心ください。

プロが答えてお悩み解決はこちら

お住まいの地域を選ぶ

注目のプロ

閲覧履歴

衣替えの季節に便利な「保管付きクリーニング」

送料無料・シミ抜き無料で最大11か月も預けておけます。

大量注文もネットで簡単依頼。フォームでお問い合わせ後、貴社にぴったりのプロをご紹介します。

予約方法に不安がある方、どの業者さんに予約するかお悩みの方は
お電話でお気軽にご相談ください(お問い合わせフォームはこちら

あなたのマイスターお客様ご相談窓口

 03-6427-8713

受付時間:月~土曜日 9:00~20:00

RELIVERSはこちら