楽器修理について

「ぼくの大すきなクラ~リネット」と呑気に歌った後は、インターネットで修理に出しましょう。
当サービスはお客様それぞれの事情に対応してくれるお店を見つけることができます。
諦める前に是非一度ご利用ください。


▼表示価格に含まれる作業範囲
検品 / 修理 / 再検品

楽器修理(フルート修理・コルク・フェルト類交換) の ランキング

0 件を表示

申し訳ございません。
選択された条件に該当するプロが見つかりませんでした。

このカテゴリーに登録手続中のプロが対応可能な場合がございます。
ご相談についてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

楽器修理(フルート修理)の新着口コミ

プロが答えてお悩み解決

もっと見る

皆川ギター工房さん (東京都)

きれいに出来ると思いますが、ギターの場合も塗装を広範囲で直した場合、音に影響が出ますので、専門家に詳しくお問い合わせください。

Rune Guitar Maintenanceさん (埼玉県)

ビビリの原因は様々なので、いくつか考えられるものを挙げるとまずナットが低い。溝が磨り減って深くなってしまってるかもしれません。これはナット交換になります。次にフレットの浮き。フレットが指板から浮き上がってしまう現象です。打ち込み直してすり合わせをします。それと、弦が悪い時もあります。これは張り替える事で改善します。その他、ビビリではないが異音がするようなケースでもビビリと表現される事もあるので、正確なところは現物を見ないとなんとも言えません。だいたい¥6.000〜¥20.000くらいで治るものが多いです。

ギター工房SHOJIさん (大阪府)

最初にサドル(牛骨&象牙)が低すぎてビビる場合、そして、ストレートな状態と有りますが、絃の振幅運動を考えますと、少し純反りに調整すると、改善すると思います。調整方法はフレット打ち替え、それに伴い指坂削り等の方法が有ります。

佐藤クラシックギター工房さん (静岡県)

全フレットの高さが揃っていない,ナットの溝が適切でないなどの理由が考えられます。ただしネックの状態は専門家に判断してもらった方が良いでしょう。ネックはストレートならば良いというわけではありません。

Rune Guitar Maintenanceさん (埼玉県)

弦が古いと合わなくなります。ほとんどの場合は修理というより調整の範囲で合わせられる筈なので、よほど無理なセッティングでなければ対応は可能です。あとは残念ながらナットやフレットが高いギターはそもそも合わない事が多いです。これはまだ高いフレットも無く、弦は太くてハイポジションでのチューニングの狂いが今ほどシビアに考えられていない頃の(かれこれ70年前)の設計のまま、太いフレットを装備しているギターに多いです。理由は長くなるので省きますが、このケースでは改善にかなりの修正が必要となる場合があります。

Keystone Stringed Instrumentsさん (東京都)

大手メーカーの物についてはそもそもきっちり合わせていない物が多く、調整が必要です。物によってはサドル位置変更やブリッジそのものの位置の変更が必要な場合があります。元々有っていた物が狂ってきた原因としては、ネックの反りによる弦高変化、ボディトップふくらみに依る弦高変化、弦のゲージ変更による物など色々な要因が考えられます。もちろんどれも修理可能ですが大がかりな修理になる可能性もあります。

佐藤クラシックギター工房さん (静岡県)

各弦の開放の音と12フレットの音をあわせるオクターブ調整が必要です。実際には12フレットの実音とハーモニクスの高さを比較し,ブリッジサドルの位置をずらすことによって調整します。もちろんエレキギターの話ですので,アコギやクラシックギターではできません。

ソニックシステム株式会社さん (静岡県)

可能です。ベースの場合はウッドベースの様なフレットレスサウンドを狙う意味があり市販品も存在しますが、ギターの場合は市販品はまず見かけません。バイオリンのような新しいスタイルが目指せる事がメリットになるかもしれませんが、有る意味ギターでは無くなると言うのがデメリットかと思います。元に戻すことは大変困難ですので大切なギターではやらない方が良いです。

Rune Guitar Maintenanceさん (埼玉県)

可能です。フレットを抜いた後、メイプルやプラスティックなどの薄い板で溝を埋めますが、目立つ色の材でマーカーにしたりします。ナットもギリギリまで低くしますよ。

有限会社 プライムトーンさん (大阪府)

フレットレスにするとネックが反れば音が出ない箇所が出てきます。あと1弦2弦はほとんどサスティーンが出ないです。

佐藤クラシックギター工房さん (静岡県)

右ペダルはサスティニングペダルと呼ばれます。 普通のピアノの場合は,このペダルを踏むと弦の響きを止めているダンパーが弦から離れ, 他の弦の共鳴音も加わることで豊かな響きが鳴ります。電子ピアノの場合は,この共鳴音を電気的な音色として加えていますので,内部の回路の不具合などが考えられます。またペダルは本体にプラグなどで接続されていますが,まずはその接触不良,コードの断線などを疑ってみて下さい。

AtelierSunさん (茨城県)

吹奏感がかなり変化しますので、演奏会の直前のオーバーホールはおやめください。適切な時期をご案内いたします。

AtelierSunさん (茨城県)

部分的なメッキは、メッキをかける工程上の制約で対応し兼ねます。

プロが答えてお悩み解決はこちら

月間ランキング

注目のプロ

閲覧履歴

『あなたのマイスター』は、日本全国の楽器修理(フルート修理・コルク・フェルト類交換)の職人を比較して修理を依頼できるサイトです。写真を送るだけで無料でお見積りが届きます。職人と直接やり取りをしながら、修理内容や修理料金に納得して楽器修理(フルート修理・コルク・フェルト類交換)の依頼ができるので、愛好家の方も満足、初めての方でも安心です。楽器修理(フルート修理・コルク・フェルト類交換)は宅配で頼めて、時間も場所も選びません。『あなたのマイスター』を通して、より多くのみなさまの大切なものが、もっと大切になることを願っています。