ガスコンロ掃除で焦げ撃退!汚れ度3段階別に五徳の掃除方法を解説!

YOURMYSTAR STYLE編集部

2020年11月15日

 

料理中に飛んでしまう油や、吹きこぼれを、そのまま拭かずに放置してしまうことはありませんか?

ガスコンロに汚れがついたままにしていると、汚れに空気が触れたり、コンロの熱によってどんどん頑固な焦げつき汚れに進化してしまいます。

ガスコンロの焦げつきって本当に頑固で、簡単には落ちないので、1度つくと大変ですよね!

今回は、そんな頑固なガスコンロの焦げの掃除の方法を紹介していこうと思います。

ガスコンロ掃除は「こまめに」が鉄則

こびりついた頑固な汚れを落とすのは本当に大変です。

料理やお湯を沸かすなどガスコンロを使ったらすぐに拭き掃除をするよう、習慣付けることがおススメ!

調理でついてしまった汚れは、すぐに拭き取るか、五徳、汁受けを外して、食器用洗剤で洗います。

日常のガスコンロまわりの掃除には、重曹水スプレーを吹きかけて、拭き掃除をしてキレイにしましょう♪

おすすめ
商品

商品画像
レック 激落ちくん マイクロファイバー クロス

ガスコンロの掃除はどこを掃除する?

ガスコンロには色々とパーツがありますよね。

ガスコンロで掃除をする場所は、
「五徳」
「天板」
「バーナーキャップ」
「汁受け」
「排気カバー」
などがあります。

天板以外のパーツは、取り外すことができるので、外して掃除しましょう。

五徳の掃除は重曹で!

料理を作っているときの油やなどが重なって、頑固な汚れがこびりついてなかなか落ちないのがガスコンロの五徳。

五徳には、「ステンレス製」と「ホーロー製」の2種類があります。

ステンレス製の五徳は耐久性もよく、高級感がありますが、先端部分は加熱によって変色しやすいことも。

ステンレス製の五徳は、専用のステンレスクリーナーでこまめに掃除をしましょう。

ホーロー製の五徳は、汚れや傷が目立ちにくいですが、長期間使用していると、塗装が剥がれてサビてしまう可能性もあります。

では、ホーロー素材の五徳はどのようにお手入れしたらいいのか、ご説明しましょう♪

軽めの汚れの場合

重曹は料理にも使えて、油汚れにも強くキレイに落とすことができます。

自然由来なので、キッチンまわりには、安心のアイテムですよ♪

用意するもの
・重曹
・スプレーボトル
・雑巾

手順
 
1
ぬるま湯(42℃くらい)100ccに重曹小さじ1を入れてよく溶かし、スプレーボトルに入れて重曹水スプレーを作る

2
五徳に重曹水スプレーをして、雑巾で軽くこする

3
水拭きもしくは、水洗いをして、五徳をしっかり乾かす

おすすめ
商品

商品画像
【大容量】 天外天シリンゴル重曹 2kg

焦げつきのある頑固汚れの場合

重曹水スプレーで汚れが落ちないこびりついた焦げ汚れは、重曹水のつけおき洗いでキレイにしましょう!

用意するもの
・洗い桶
・重曹
・使い古した歯ブラシなど

掃除手順
 
1
洗い桶に重曹を大さじ4入れてぬるま湯(42℃くらい)を1リットルほど入れ、よく溶かす

2
汚れが浮き上がってくるまで、30分から1時間くらい五徳をつけおきする

3
細かい部分を使い古した歯ブラシなどで軽くブラッシングし汚れを落とす

4
五徳を水洗いして、しっかりと乾燥させたらOK!

注意
あまり長時間つけおきしたり、ブラシできつく擦りすぎると、ホーローの塗装が剥げてしまうことがあるので、気をつけましょう。

もっと頑固な焦げ汚れの場合

これまで紹介した方法でも落ちない、もっと頑固な焦げ汚れには、重曹水で五徳を煮て、汚れを浮かせて汚れを落としましょう!

用意するもの
・重曹
・鍋(洗いたい五徳が入るサイズのもの。アルミ製の鍋は黒く変色する恐れがあるので避けましょう)
・使い古した歯ブラシなど

掃除手順
 
1
鍋に水200ml、重曹大さじ山盛り1を入れて、お湯を沸かす

五徳がしっかりと重曹水に浸かるよう、水量は調整してくださいね♪
 
2
沸騰したら、鍋に五徳が全体に浸かるように入れ、10分ほど煮る

3
その後、火を止めて2時間ほどそのまま放置

4
鍋から五徳を取り出して、五徳を煮だした重曹水を歯ブラシにつけ、汚れをブラッシングして落とす

5
水洗いをして、しっかりと乾燥させたらOK!

おすすめ
商品

商品画像
パックス重曹F 2kg

注意
水を沸騰させてから重曹を入れると、重曹が発泡して吹きこぼれることがあります。 重曹は必ず沸かす前の水の状態で入れましょう
また、長時間沸騰させているとホーローの塗装が剥がれてしまうことがあるので、汚れが落ちないからと煮続けることはNGです!

ガスコンロまわりの壁もこまめに掃除を!

ガスコンロまわりにある壁には、油が飛び散って、常に汚れやすくなります。

ガスコンロの掃除したら、重曹スプレーを使って、コンロまわりの壁も一緒に掃除をするように習慣付けて、ガスコンロまわりも一緒にキレイにするのがおススメですよ!

まとめ

ガスコンロに飛び散った油や液体をそのままにしていると、しつこい頑固な焦げ汚れにつながってしまいます。

調理のたびにこまめに掃除をして、キレイなガスコンロを保ちましょう!

関連記事

ガスコンロ掃除で焦げ撃退!汚れ度3段階別に五徳の掃除方法を解説!

  料理中に飛んでしまう油や、吹きこぼれを、そのまま拭かずに放置してしまうことはありませんか? ガスコンロに汚れがついたままにしていると、汚れに空気が触れたり、コンロの熱によってどんどん頑固な焦げつき汚れに進化 […]

排水溝のゴミ受け掃除は、ビニール袋に入れてつけ置きが楽ちんかも♪

  お掃除の中でもちょっと嫌なのが排水溝回りの掃除ではないでしょうか? 毎日掃除をしていても汚れてしまいますよね。 ヌメリがあると掃除のテンションも下がってしまいます。 特に「ゴミ受け」は汚れがたまりがちな部分 […]

コップをしまう?吊るす?タイプ別のコップ収納グッズを5点ご紹介!

せっかくきれいに洗ったコップは、ほこりや水滴がつかないように収納したいですよね。 そこで今回は、収納タイプ別のおすすめコップ収納グッズを5つ紹介します。 コップの収納方法に悩んでいる時の参考にしてくださいね。 目次1 収 […]

素材や形状にこだわる!おすすめのアイスクリームスプーン10選を紹介!

  一年中を通して、冷凍庫にはアイスクリームが欠かせない!という方も多いはず。 フタを開けるだけで、手軽にスイーツを補給できる「甘党の味方」なアイスクリームですが、実はアイスクリームスプーンによって、味わいが変 […]

ランキング

シューキーパー選びの決定版!職人が本気でおすすめする14選を公開

シューキーパーって、みなさん使っていますか? もしかすると、使っていない人もいるかもしれませんよね。 靴をきれいにするブラシやクリームは持っていても、なかなかシューキーパーまでは手が出ない、という方も多いのです。なんとな […]

アタッチメント、防水、吸引、持ちやすさ、機能で選ぶバリカン4選!

  ちょっと髪が伸びてきたけど、美容院に行くまでもないなーという時、 家にちょっと切れたら便利ですよね。 そういう時に役立つのがバリカン。 えっ、バリカンって坊主にする時に使うのでは?という印象の方もいらっしゃ […]

【2018年】おすすめの冷蔵庫12選!容量別に機能を比較して紹介

  冷蔵庫を買い替えようと思っても、いろんなものがあって、どれがいいの分からず、悩んでしまうこともありますよね? お店に行って見る時間はなかなか取れない、行っても店員さんに話しかけられると嫌だななんてこともある […]

ホットプレートのおすすめ18選!煙や油ハネを抑えて楽しい調理を!

最近注目を浴びているホットプレート。ホットプレートといえば焼肉というイメージが強いですが、今ではグラタンやパエリアなど、様々な料理ができる万能の調理家電として知られています。 一家に一台あれば、何かと便利ですよね。ホット […]

洗濯ネットを特集!靴・布団・帽子も守る11人のガードマンを紹介!

みなさんは、どのような洗濯ネットを使っていますか? 最近、洗濯ネットの種類はますます増えてきており、より便利になったものがたくさんあります!今日は、そんなたくさんある洗濯ネットの中から、11個の洗濯ネットをご紹介したいと […]

大切なiPadを傷から守ろう!素材と機能で選ぶiPadカバー10選!

  みなさん、iPad使ってますか? 本を読んだり絵を描いたり、大画面で動画を見たり、スマートフォンではできないことも、iPadならたくさんできますよね。ビジネスにおいても、プライベートにおいても有効活用できる […]

人気のお絵かきボード14選!ペーパーレスで数や文字の学習にも最適

  1歳ごろになると、筆記用具に興味を持ち始めるお子さんが多いですよね。 でも、クレヨンやペンを持たせると、壁や床などに落書きしてしまい、あとあと大変なことに…。 とてもじゃないけど、目が離せませんよね。 たく […]

庭のお手入れの必需品!手をしっかり守るガーデニング手袋5選を紹介!

  ガーデニングは素手でやると、爪に土が入ってしまったり、植物にトゲや繊維に手をこすってしまって、出血してしまうなど思わぬ怪我をしてしまうことがあります。 そのため、手袋・グローブはガーデニングにおいて必須の道 […]

おすすめの自転車用ライト13選!ナイトランをする人には必須のアイテム!

  夜間にライト無しで自転車に乗るのは、とても危険です。 道路交通法は、自転車が夜間や暗いところでライトを付けることを義務づけています。 そのため、もしもライトなしで事故を起こしてしまうと、自転車側の責任になっ […]