【2018年】おすすめの冷蔵庫12選!容量別に機能を比較して紹介

macchan

2018年07月31日

 

冷蔵庫を買い替えようと思っても、いろんなものがあって、どれがいいの分からず、悩んでしまうこともありますよね?
お店に行って見る時間はなかなか取れない、行っても店員さんに話しかけられると嫌だななんてこともあるのではないでしょうか。

そこで、今回は冷蔵庫を選ぶポイントを紹介しながらおすすめの冷蔵庫を12台ご紹介します!

どれも個性の違う冷蔵庫なので、自分に合ったものが必ず見つかると思いますよ。

ご家庭にぴったりの冷蔵庫を選ぶ3つのポイント

まずは容量から選ぶ

まずは自分にあった容量のものを選ぶことが大事です。

無駄に大きいものを買っても高くつきます。また、小さすぎてはものが入らず、冷蔵庫の役目を果たせません。

予備のもの70L、常備しておくもの100L、家族一人あたり70Lで計算すればいいということがかつてまでは言われていました。例えば4人家族の場合は、100+(70×4)で450Lの容量でいいということでした。

しかし、生活スタイルが変化したことで、プラス100L程余裕をもって550Lのものが良いと言われています。

週末にまとめ買いする場合などは冷蔵庫がぱんぱんになってしまうことがあるからです。

冷蔵庫が一杯になってしまうと、冷却効率が落ちてしまい、電気代も余計にかかってしまうということがあります。

しかし、あくまで目安なので今使っている洗濯機と比較したりして、選んでみてください。

どこに置くのか決めておこう!大きい冷蔵庫は搬入経路も

キッチンの中で、どこに冷蔵庫を置くのかも決めておきましょう。

忘れがちなのが、冷蔵庫のドアが開く方向です。壁や扉にぶつからないか、通路を塞ぐことがないかなどを確かめる必要があります。両開きドアのを選べば、引越しなどで置き場所が変わっても安心ですね。

また、大きい冷蔵庫を購入する場合は搬入できるかどうかもチェックしておきましょう。最悪の場合、吊り上げてベランダからの搬入もできますが、費用が高くついてしまうので注意が必要です。

高機能なものにも注目!消費電力も大事です

メーカーによって、様々な機能がついています。包丁で切れる程度に冷凍をするもの、野菜の鮮度も保つもの。

機能の多さではなく、自分が魅力を感じる機能がついているものを選ぶのが大事です。

また、冷蔵庫は365日24時間、電力を消費するので、消費電力は必ずチェックしましょう。古いタイプのものは消費電力が高いので、長い期間使うことで費用が高くなるというデメリットがあります。

冷蔵庫5大メーカーの特徴をご紹介!

商品の紹介に入っていく前に、冷蔵庫の5大メーカーの特徴を見ていくことにしましょう!

おおよそのイメージをつかんでおくことで、自分に合った冷蔵庫が見つかりやすくなるかもしれません。

日立の特徴

日立の最大のセールスポイントは「真空チルド」です。

チルドとは食材の保存方法の1つで、0~5℃の間の温度で保存します。チルド機能は他のメーカーに搭載されているのですが、“真空”機能がついているのは日立だけ。
これによって、食材が酸化してしまうのを防ぎ、とても新鮮な状態で食材を保存してくれます!

ほかにも野菜室や冷凍機能も充実しており、「冷蔵庫といえば日立」というようなスタンダードなメーカーです。

三菱電機の冷蔵庫の特徴

三菱電機の冷蔵庫はズバリ冷凍機能が充実しているといえます。

0℃~-3℃で凍らせずに保存できる「氷点下ステッカーD」は1週間の食材保存に向いています。

もう1つの冷凍機能「切れちゃう瞬冷凍」では通常の冷凍庫の温度よりも少し高い―7℃で1か月保存することができます。

この温度で冷凍すると、解凍せずともお肉を切ることができるんです。

状況によって使い分けることができる便利な冷蔵庫が三菱電機の冷蔵庫といえるでしょう。

パナソニックの冷蔵庫の特徴

パナソニックの冷蔵庫は食材の収納と取り出しがしやすい冷蔵庫という特徴があります。

その収納と取り出しのしやすさを生んでいるのが「ワンダフルオープン」と「トップユニット方式」です。

「ワンダフルオープン」とは引き出しを奥の奥まで開けることができる機能で、取り出しづらい奥にあるものも簡単に取り出すことができます!

トップユニット方式」は冷媒を冷蔵室の一番上の棚の裏に置く構造のことです。一見スペースがなくなってデメリットのように感じてしまいますが、一番上の棚の奥に手が届きやすくなるので、ストレスがなくなるんです!

東芝の冷蔵庫の特徴

東芝の冷蔵庫ではとても新鮮な状態で野菜を保存することができます。そのため、野菜をよく食べるという方におすすめのメーカーといえます。

野菜を新鮮に保てるのは、野菜室に秘密があります。

野菜室に仕込まれた「ミストチャージ」が新鮮な野菜に保てる大きな要因です。この機能は1日に20回以上も水しぶきを野菜に与えることでみずみずしい状態を作り上げるということですね。

シャープの洗濯機の特徴

シャープの特徴は主に2つです。庫内を清潔に保つこと、そして他社を圧倒する大容量冷凍室です。

庫内を清潔に保てるのは「プラズマクラスター」という特殊なイオンがあるから。このイオンによって、菌の繁殖を抑えることができるんです。冷蔵庫の嫌なにおいが気になる方におすすめですよ!

第2の特徴である圧倒的な大容量の冷凍室に関しては、シャープの550Lの「SJ-GX55E」で190L近くの冷凍室があることが証明しています。
同じサイズのものでは100Lほどしか冷凍室が使われていないので、単純に2倍近くの冷凍室があることになるんです。

たとえば沢山の食材をまとめ買いして、長く保存しておく共働きのご家庭なんかにおすすめのメーカーです。

ファミリー向け!サイズが500L前後の冷蔵庫6選

3〜4人家族にぴったりの冷蔵庫を4つご紹介します。
メーカー各社も力を入れて開発をしているサイズ。高機能なものが揃っているので、しっかりと機能を比較して選んでみてください。

スタンダード冷蔵庫!作り置きしたものも新鮮においしく食べたい方に!「HITACHI 505kg R-XG51J 68.5×69.9×181.8cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

 

まずご紹介するのが、日立の冷蔵庫です。

この日立の冷蔵庫がおすすめな理由は、冷蔵室、野菜室、冷凍室の全てに十分な機能がついているということ。つまりオールマイティな冷蔵庫という訳です。

保存能力抜群の真空チルド、スリープ野菜機能がついている野菜室にはそのまま野菜を入れても7日間持つからとても簡単で便利なことなどどこをとっても優秀です。

さて、このシリーズから搭載されたさっと急冷却機能がとても優秀!この機能は熱々のものを一気に冷やすことで、菌の繁殖を抑えて新鮮な状態で保存するというものです。

他の冷蔵庫にもこれに似た機能がついているのですが、日立の急冷凍は圧倒的な早さをほこっています!

冷蔵室がとても使いやすいそう!

width=128
冷蔵室の1段目が広々と作られているのがとても優秀!作り置きができる便利なカレーも鍋のまま置いておくことができるので、本当に使いやすいです。

スタンダードな冷蔵庫として名高い日立らしい使いやすさだそうですよ!

幅68.5cmの中では最大容量!野菜を多くおいしく食べられる「三菱 MR-MX57D 572L 68.5×73.8×182.6cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

 

幅68.5cmの冷蔵庫の中では圧倒的な量をほこるのがこちらの三菱の冷蔵庫です。その量はなんと572L!上でご紹介した日立の洗濯機が475Lですからその差は歴然ですね。

しかし、サイズは上の日立の洗濯機よりもわずかに奥行きが長いくらいで、ほとんど変わりません。

このサイズに見合わない大容量が実現したのは断熱材のウレタンを薄くすることに成功したからです。

また、野菜室が真ん中になっているのもこちらの冷蔵庫の特徴です。野菜を沢山という方におすすめですね。さらにこのモデルから新しく、野菜室の新鮮さを保つ強力な機能が追加されました!

野菜室にはLEDがついているのですが、これが日光の役割を担って野菜の栄養分を増やすんです。他の冷蔵庫の野菜室は、できるだけ劣化を抑えるように作られているのですが、こちらは全く逆というわけですね。

切れちゃう瞬冷凍機能が絶賛されています!

width=128
三菱の代表的な技術ですが、やはりこれですね。冷凍はきちっとされるのですが、お肉が解凍せずに切れたりして、使いたい分だけ取り出せるのがとても便利です!

大容量、野菜室以外の肝心の冷凍機能もしっかりしているということで、安心して使うことができると思いますよ!

食材の取り出し、収納がとても楽!抜群の扱いやすさ「パナソニック NR-F454HPX 450kg 65×69.9×169.8cm 」

出典:https://www.amazon.co.jp

微凍結パーシャル機能が売りのパナソニックの洗濯機。チルドと冷凍の良いとこ取りをしたような機能で-7度で半凍結状態にするから、食材を傷めすぎず、けれども保存期間がチルドよりも長くなります。

特にこの機種が優れているのが、冷凍室の使いやすさです。パナソニック独自の奥まで100%開くワンダフルオープンと、3段の棚で仕切られた冷凍室内の構造が冷凍室の使いやすさを生んでいます。

買いだめする方は分かると思うのですが、ついつい奥のものや、昔買ったものがどこに行ったかが分からなくなってしまいますよね…

そうなると、見つけた時には食べることができなくなっていたりして、大きな無駄を生んでしまいます。

このパナソニックの使いやすい冷凍庫であれば、そのようなことがなくなりますよ!

デザインの良さも好評なようですよ!

width=128
ガラストップのスタイリッシュなシュッとしたデザインは他の冷蔵庫には中々ないもので、とても気に入っています。
キッチンの見栄えが良くなると、料理するのも楽しくなるので買って良かったなと思いますね。

ドアを開けると冷蔵庫がパッと目に入ってくるような作りをしたお家も最近では少なくないですから、インテリアとしての価値も冷蔵庫に求められています。

まさにそんな需要を満たすようなおしゃれな冷蔵庫ということで、好評だそうですよ!

コンパクトで大容量の冷蔵庫!整理整頓もしやすい「東芝 GR-M470GW 465L 60×70.4×183.3cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

幅60cmのスリムなタイプでありながら、大容量の冷蔵室が特徴の東芝のこちらの冷蔵庫。

なんと、買物カゴが10.5個分も入ってしまう239Lという容量は450L近辺のサイズのものでは他にありませんよ。

優れているのはその大きな容量だけではないんです。抜群の収納のしやすさがあります。

冷蔵室では好きなようにレイアウトを変えることができる、自在棚がとっても便利!普通は置けないボトルも棚を動かすことで、しっかり置くことができるんです!

収納のしやすさは冷蔵室に限った話ではありません。高さがある調味料も置くことができるよう野菜室は深めに作られてあったり、冷凍室では仕切りを自在に変えて、冷凍庫の中身に合わせてきれいに収納することができます!

切替冷凍室がとても好評だそう!

width=128
生の野菜をそのまま入れて冷凍することができる野菜そのまま冷凍や、煮ものや揚げ物をおいしく食べられるドライモードなどで普通の冷凍よりもおいしく食べることができます!

収納だけでなく、冷凍機能も抜群ということで、だれにでも満足して使ってもらえる機種なのではないでしょうか!

どちらからも開けるタイプだから場所を気にせず設置可能「SHARP SJ-W412D-S 412L 60×69.8×182cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

 

シャープといえば、有名なプラズマクラスター機能。イオンの力で、目に見えない菌を除菌してくれるので、食品はいつも安全です。温度が高くなると、庫内を清潔に保つために大量のイオンを出すようになっています。

さて、こちらの冷蔵庫がなぜおすすめなのか。それはこちらの冷蔵庫は冷蔵室の扉を右でも左からでも開けることができるのです!だからこそ、場所を気にせずに設置することができてしまいます。

その他の機能も充実しています!特に省エネ機能が高性能です。人工知能がその時々の冷蔵庫の状況を判断。最大25%もの節電をしてくれます。

ドアの開閉も快適なようです。

width=128
運転音は静かです。シャープさんは扉が左右開きなのでマンションではとても便利です。
新しい製品は、冷凍室が大きくなっていたように思います。
どの扉も開閉は軽くてスムーズ。
配送から設置までスピーディにしていただけました。

 

冷凍室は上段と下段を合わせて101L。炊きたてご飯の冷凍と常備しているものを分けるのにも便利です。
また、冷凍室は常に温度を保つような新鮮冷凍機能があるので、急激な温度上昇を防げます。これで熱いものを冷凍しても、他のものが溶けてしまう心配がないですね。

デザイン性が高いのにコスパが抜群!「AQUA  AQR-SV42G-S 415L 60×184×69.8cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

デザイン性がとても高いこちらの冷蔵庫。光沢のあるシルバーを基調にまるできれいな木目のような直線模様があいまって、まるで冷蔵庫にはないような見た目ですよね。
インテリアとしても充分使えそうです!カラーはこのシルバーとブラウンの2種類から選ぶことができますよ。

「これだけの見た目だとさぞかし値段も張るんじゃないの?」と思うかもしれませんが、10万円を切る99,900円というお手頃な価格なんです。
このサイズ帯の平均的な価格が15万円ほどなので、平均のおよそ3分の2の価格ということですね。

ただ、機能面はしっかりしているので、安心して使うことができますよ!

美味しさを保つための旬鮮チルド機能を搭載。素早く冷やすことで、生鮮食品の美味しい状態をキープしてくれます。

 

国産メーカーではないのですが、実際の使い心地はどうなんでしょうか。

width=128
国産メーカーにはないデザインが秀逸!最初は別製品を候補としていました。しかし、この製品は性能、エコ性能の面で、平均より上な印象だったため購入。価格もかなり手頃で、良い意味で裏切られました。

 

シンプルながら、直線的なフォルムがスタイリッシュです。

国産ではないということで心配して買われたということだったのですが、機能面も充実しているから安心して使うことができますよ!

1人暮らしや新婚さんに!サイズが100〜300Lの冷蔵庫4選

初めての一人暮らしや新婚生活にはコンパクトな冷蔵庫が使いやすいし、場所も取らないからおすすめです。

ただコンパクトなだけでなく、使いやすさや機能がついたものを選んでみましょう!

小さいのに抜群の収納力!静音性も高い「BESTEK  BTMF213 102L 47×50×96cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

最低限の冷蔵庫と冷凍庫があればいいという人にぴったりな102Lサイズ。小さいので場所をとりません。

小さいながらもドアポケットに2Lのペットボトル3本が入ります。また、冷蔵庫の棚は取り外し可能なため、棚を外せば大きなものも収納可能。

温度調節が7段階で変更できるので、無駄に電力を消費しないようにできます。

天板は耐熱仕様なので、電子レンジを乗せて場所の有効活用になりますね。

一人暮らしにぴったりなようです。

width=128
色がホワイトで、部屋と馴染んでいい感じです。ワンルームの一人暮らしに最適なサイズ・容量だと思います。
値段も安く、音も静かで満足のいく商品でした。

 

騒音レベルは25dB。室内でもほとんど聞こえないレベルです。初めての一人暮らしで使うには、これで十分な機能でしょう。

省エネで節電代が抑えられる!自動霜取り機能もついた「アイリスオーヤマ AF156-WE 156L 47×50×96cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

2021年度省エネ基準達成率102%と、省エネ機能がとても高いです。無駄な電気代がかかりません。

使い勝手もとてもよく、ドアポケットは飲み物が2列入る大きさであります。いろんな種類の飲み物を入れておきたい人にぴったりです。

一人暮らし用ながら、自動霜取り機能もついています。面倒な霜取り作業が必要なし。冷蔵庫と冷凍庫の温度設定を個別に変更でき、必要な部分だけを冷やせます。

実際に使っている方の感想も気になりますね。

width=128
使いはじめて3ヶ月。音も気にならず、冷凍庫もしっかり冷えています。
天板には20kgほどのレンジを置いていますが、異常ありません。
このまま長持ちしてくれればと思います。
今まで一人暮らしで使ってきた冷蔵庫の中で、ベストの製品です。

 

天板には最大で30kgまでのものが置けます。音のレベルは26dBとほとんど聞こえないレベル。ワンルームでも音が気になりません。

プラズマクラスターで臭い菌を抑える「SHARP  SJ-PD27D-W 271L 55.5×65×166cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

新婚さんにぴったりなサイズの271L。冷凍庫は3段に別れており、収納力も使いやすさも抜群です。

冷蔵庫の棚はガラス棚。臭いがつきにくくなっています。また、プラズマクラスターイオンも空気を除菌し臭いを抑える効果。庫内に嫌な臭いが充満しないようになっています。

節電モードを搭載しているので、無駄な電気代がかかりません。

実際に置いてみたときの体感サイズはどうでしょうか。

width=128
思っていたよりコンパクトで、冷蔵室はフレッシュケースとベジタブルケースを除いた上部分で縦42cm・奥行30cmあって使いやすいです。
リサイクル券と一緒に購入したため、他のより安く購入出来ました。

 

ドアポケットも3段あるので、多くのものが収納できます。色は綺麗な白と落ち着いたブラウンの2色。キッチンのイメージに合わせられて統一感が出せますね。

3ドアタイプの高機能冷蔵庫!「日立 R-27JV 265L 54×66.5×152cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

300Lを切るものでは珍しい3ドアタイプのこちらの冷蔵庫。

冷蔵室、冷凍室、野菜室の3つの部屋が揃っているんです!新婚さんなんかは料理を振る舞ってあげたいでしょうから、専用の野菜室があるのはうれしいと思います。

さて、優秀なのが日立の上位モデルについている機能がしっかりとついている点です。

冷蔵室にはレイアウトを変えることができる「高さかわるん棚」やチルド室がついています!

チルド室では、野菜やお肉などの味が落ちやすい生ものを新鮮な状態で保っておけますよ!

実際に使っている方の感想がこちらです。

width=128
小型で3ドアタイプということでそれだけでも充分に買う価値のある冷蔵庫です。それ以上に、チルド室がついているのが優秀!自炊をしっかりする1人暮らしの方や、新婚さんは本当に買いの商品だと思いますよ。

3ドアタイプであることに加えて、機能面もしっかりしているということで、本当におすすめな冷蔵庫だそうですよ!

もっと高機能なものが欲しい!ラグジュアリーモデルの冷蔵庫2選

500L以上のサイズのもので特に機能性が高いのがラグジュアリーモデルです。

メーカーの技術が結集した高級モデルです。ここではそんなラグジュアリーモデルを厳選して2つご紹介します。

アルミトレイで最速冷凍!アツアツなものもお任せの「日立 R-WX62J 615L 75×73.8×185.3cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは日立の最上位ラグジュアリーモデルの冷蔵庫ですが、この機種の一番の売りは「デリシャス冷凍」機能です!

デリシャス冷凍のポイントはアルミトレイにあります。

アルミは普通のガラストレイよりも熱の伝導率が高いので、キンキンに冷えるんです!これによって、通常の急速冷凍ではできないスピードで、食材を冷凍します。

これによって、冷凍することによって出てしまう栄養分が最小限に抑えられるから、解凍したときにとても新鮮な状態で食べることができます!

より食材をおいしい状態で食べたいこだわりの強い方におすすめの冷蔵庫です。

デザイン性がとても高いという声がありました!

width=128
ミラー加工がされているのですが、とてもきれいな輝きを放っています!これだけデザインが良いとキッチンの景観も良い感じになって、大満足です。

「せっかく高級なモデルを買うんだから、デザインも良いものが欲しい…」という方に自信を持っておすすめできる日立の最上位モデルの冷蔵庫です!

献立や保存法のアドバイスしてくれる!「シャープ  SJ-GX55E 551L 68.5×74.5×183.3cm」

出典:https://www.amazon.co.jp

「洗濯機はここまで来た!」そんな技術の進歩に驚かされるシャープの「SJ-GX55E」。

COCORO KITCHEN」というサービスがこの冷蔵庫で接続できるようになっています!

中にある材料からおすすめの献立を教えてくれたり、買ってきた食材の保存方法を教えてくれたりするんです。

そして使えば使うほど、作ったメニューが覚えられていくことで、そのご家庭にぴったりのメニューを提案してくれたりもするんです。

さらに、スマホアプリと連携すれば買い物忘れをすることがなくなります。日々の食材買いが楽しくなること間違いなしです!

実際に使っている方の感想がこちら!

width=128
予算はある程度あるから、あんまり信じてないけれど他のものを買うんだったら、COCORO KITCHENどんなものか試してみようと半信半疑で買いました。いざ使ってみると思いの外使い勝手がよく、もう手放せないという感じです。買い忘れもなくなりますし、大満足です。

確かにこの方のように色物として見て、あまり信用ならないという方もいらっしゃると思います。

けれど、いざ使ってみるとその利便性に驚くでしょう。予算に余裕がある方はぜひ買ってみてください!

冷蔵庫選びに困っている人の声と解決法を3つご紹介

「冷蔵庫の寿命がどれ位か知りたい」

冷蔵庫の寿命は10年程度と言われています。国税庁が定めている耐用年数は6年。

今後、家族が増える予定があるのであれば、あらかじめ大きめのサイズを購入するのがいいかもしれません。

ただ、使う頻度によって、寿命は変わるので、寿命までまだまだだからと言って、調子が悪いものを無理して使うのはやめましょう。

「結局、高い冷蔵庫の方が良いの?」

高い冷蔵庫の方が高機能で色々な機能がついていますね。ただ、価格が高いものはサイズも大きいので、必ずしも高い方がいいとは言えません。

自分たちの容量にあった冷蔵庫で、魅力的な機能があるものを選ぶのがおすすめです。容量、機能、消費電力など、冷蔵庫を選ぶ際に重要なポイントを抑えながら選んでみてください。

「冷蔵庫のお手入れ方法を教えて欲しい」

庫内の汚れは、汚れたときにぬるま湯で水拭きをすれば綺麗になります。

棚やケースなど、取り外せるものはたまに取り外して水洗いをすると綺麗な状態が長持ちします。
このときに、水分が冷蔵庫内に残らないようにしましょう。水分が残ってしまうと、雑菌の繁殖の原因になります。

 

新しい冷蔵庫を手に入れたのにカビが生えてしまっては、せっかくの冷蔵庫も台無しです。

ただ野菜を沢山保存していたりすると、野菜の水分でカビが発生することがあるので、仕方のないことでもあります。

もし、カビが生えてしまっても掃除のやり方を知っていれば安心!ということで下の記事では冷蔵庫の掃除方法を写真付きでご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回はおすすめの冷蔵庫を10個ご紹介しました。
各メーカーが開発を頑張っているので、どれも素敵な機能がついていて魅了的です。

ぜひ、将来を見据えた上で、今一番納得できるものを選べば、後悔しない買い物ができるでしょう。

関連記事

トイレヒーター10選!足元が冷えるのを防ぐ速暖・人感センサーつき

  真冬のトイレは、昼間でも底冷えしてしまうもの。とはいえ、その対策に防寒着をもう一枚羽織るのは面倒…。 そんな時、トイレヒーターを活用するのはどうでしょうか。 トイレヒーターの存在がメジャーになったのは、まだ […]

【2018】メーカー別おすすめ洗濯機13台厳選!迷ったら日立だ!

  「最近の電化製品なんてみんな同じもの、洗濯機もどれも似たり寄ったりでしょ?」なんて考えている方いらっしゃいませんか? そんな方はおそらく「どれも同じだから何でもいいや!」と考えたり、「どれを選べば良いのか分 […]

日々の疲れをスッキリ解消!おすすめのマッサージチェア10選をご紹介!

  日々の疲れが溜まって辛い…そんな方はいませんか。 毎日マッサージが受けられたら疲れが取れるのにな、と考える方も多いはず。そんなとき、マッサージチェアがあれば毎日の疲れを自宅で簡単に癒すことができ […]

ドライヤーのおすすめ10選!人気モデルの機能をわかりやすく解説!

「ドライヤー」この言葉を聞いて、あなたは「髪を乾かすための電化製品」を想像しましたか? 50%正解です。確かにドライヤーはお風呂上がりに濡れた私たちの髪を乾かしてくれます。 では残りの50%は何なのか?それは「美容のため […]

ランキング

シューキーパー選びの決定版!職人が本気でおすすめする14選を公開

シューキーパーって、みなさん使っていますか? もしかすると、使っていない人もいるかもしれませんよね。 靴をきれいにするブラシやクリームは持っていても、なかなかシューキーパーまでは手が出ない、という方も多いのです。なんとな […]

アタッチメント、防水、吸引、持ちやすさ、機能で選ぶバリカン4選!

  ちょっと髪が伸びてきたけど、美容院に行くまでもないなーという時、 家にちょっと切れたら便利ですよね。 そういう時に役立つのがバリカン。 えっ、バリカンって坊主にする時に使うのでは?という印象の方もいらっしゃ […]

【2018年】おすすめの冷蔵庫12選!容量別に機能を比較して紹介

  冷蔵庫を買い替えようと思っても、いろんなものがあって、どれがいいの分からず、悩んでしまうこともありますよね? お店に行って見る時間はなかなか取れない、行っても店員さんに話しかけられると嫌だななんてこともある […]

ホットプレートのおすすめ18選!煙や油ハネを抑えて楽しい調理を!

最近注目を浴びているホットプレート。ホットプレートといえば焼肉というイメージが強いですが、今ではグラタンやパエリアなど、様々な料理ができる万能の調理家電として知られています。 一家に一台あれば、何かと便利ですよね。ホット […]

洗濯ネットを特集!靴・布団・帽子も守る11人のガードマンを紹介!

みなさんは、どのような洗濯ネットを使っていますか? 最近、洗濯ネットの種類はますます増えてきており、より便利になったものがたくさんあります!今日は、そんなたくさんある洗濯ネットの中から、11個の洗濯ネットをご紹介したいと […]

大切なiPadを傷から守ろう!素材と機能で選ぶiPadカバー10選!

  みなさん、iPad使ってますか? 本を読んだり絵を描いたり、大画面で動画を見たり、スマートフォンではできないことも、iPadならたくさんできますよね。ビジネスにおいても、プライベートにおいても有効活用できる […]

人気のお絵かきボード14選!ペーパーレスで数や文字の学習にも最適

  1歳ごろになると、筆記用具に興味を持ち始めるお子さんが多いですよね。 でも、クレヨンやペンを持たせると、壁や床などに落書きしてしまい、あとあと大変なことに…。 とてもじゃないけど、目が離せませんよね。 たく […]

庭のお手入れの必需品!手をしっかり守るガーデニング手袋5選を紹介!

  ガーデニングは素手でやると、爪に土が入ってしまったり、植物にトゲや繊維に手をこすってしまって、出血してしまうなど思わぬ怪我をしてしまうことがあります。 そのため、手袋・グローブはガーデニングにおいて必須の道 […]

おすすめの自転車用ライト13選!ナイトランをする人には必須のアイテム!

  夜間にライト無しで自転車に乗るのは、とても危険です。 道路交通法は、自転車が夜間や暗いところでライトを付けることを義務づけています。 そのため、もしもライトなしで事故を起こしてしまうと、自転車側の責任になっ […]