画像

お風呂・浴室クリーニング

年中、高温多湿状態の浴室は細菌にとっての天国。細菌のほかにも、湯垢や石鹸カス、皮脂汚れなど、浴室はいろいろな汚れが溜まりやすい場所です。浴室のパッキンなどはカビが深く根を張っていることもあり、自分でお掃除をするのは難しい場所ですよね。プロのお風呂・浴室クリーニングなら、 それぞれの汚れに合わせた道具や洗剤を使って、天井や床、排水口、鏡など隅々まで、ピッカピカの仕上がりになります。

お風呂場の見えないところ、カビが潜んでいるかもしれません

画像 画像

毎日疲れを癒してくれるお風呂。常に清潔で綺麗であってほしいものです。

汚れを放っておくと、悪臭、カビ菌の増殖に・・・。湿気が多い場所だからこそ、特に梅雨の時期はもの凄いスピードで増殖します。

こんなお悩みありませんか?

ゴムパッキンのカビが取れない

気が付くと、お風呂場のゴムパッキンに黒いポツポツが。市販の洗剤を使っても取り切れないカビ。清潔感を保ちたいお風呂場にカビが少しでも見えると、嫌な気持ちになりますよね。

鏡の水垢が取れない

何度拭いても浮き出てくる鏡や蛇口まわりの水垢汚れ。鏡を見るたびに視界に入る、うろこ状の汚れに悩まされるのは、今日で最後にしませんか?

実は、見えないところにもカビが

お風呂場は常に湿度が高いため、カビが発生しやすい環境です。特に、浴槽のエプロン内部や風呂釜は普段お掃除しないため、カビと雑菌の温床となっているかもしれません。

こんな風に解決します!

カビにはカビの、水垢には水垢の落とし方

お風呂場にたまる汚れは、実にさまざま。お掃除は一筋縄ではいきません。プロは洗剤も道具も使い分けて、カビ・雑菌・水垢・皮脂汚れ・石鹸カス、それぞれに最適な方法で汚れを落としていきます。汚れが頑固なのではなく、いつものお掃除では使う洗剤が合っていない可能性も。お掃除のお悩みをプロに相談してみるのもおすすめです。

見えない汚れも見えている、プロだから

お風呂の盲点が、浴槽のエプロン内部や風呂釜にたまる汚れ。でも、プロは決して見逃しません。奥のほうの手の届かない汚れも、高圧洗浄機などの専用の道具で確実に落としていきます。風呂釜洗浄では、ゾッとするほど黒い汚水が出てくることも。プロのお風呂・浴室クリーニングのあとは、もっとゆっくり心地よく湯船につかれますよ。

お風呂場の汚れのもとを丸ごとリセット

お風呂場は、天井や壁、鏡、床、浴槽、ドア、ゴムパッキンなど、お掃除しなければならない場所が多いのが特徴です。すべて一気にお掃除するには、まとまった時間が必要になります。お仕事や育児で忙しく、なかなかお掃除に手が回らないという方にもおすすめです。汚れのもとを丸ごとお掃除することで、綺麗が長持ちします。

お風呂・浴室クリーニングのプロの技を見る

これは、普段はカバーにより隠れている浴槽の側面です。カバーの内部は、お湯を排出する際に水がたまります。また、湿気がこもりやすく、カビが発生しやすい好条件な環境が整っています。

洗剤をつけ、高圧洗浄機で洗って汚れを落とします。さらに、高圧洗浄機だけでは綺麗にならない汚れは、スポンジを使って落とします。

お風呂・浴室クリーニングの流れ

浴室・浴槽

作業範囲:浴室のドア周りの養生 / 鏡の水垢・ウロコ落とし / 浴槽 / エプロン内(取り外し可能な場合) / 蛇口 / シャワー / 天井 / 壁 / 床 / 扉 / 照明 / 換気扇 / 排水口 / トイレ・洗面台(3点ユニットの場合) / 作業場所の簡易清掃(一部オプションとなる場合もあります。事前にプロにご確認ください。)

画像

1.浴室のドア周りを養生する

お風呂・浴室クリーニングでは、扉を開けっぱなしにしてお掃除をすることがあります。そのため、作業中の汚れや洗剤が浴室の外に飛び散って床や壁が汚れないよう、ビニールで覆い、養生します。また、プロは市販の洗剤よりも強力な洗剤を使います。洗剤による変色などを防ぐために、浴室の中に全体的にシャワーをかけて濡らして水養生をしておきます。(目安時間:5分)

画像

2.エプロンを取り外す

お風呂の中には、床と浴槽の境目になる側面に「エプロン」という取り外せる部品がついていることがあります。エプロンを取り外すと、浴槽の裏側が見えるようになります。エプロンの内部にはカビや汚れがびっしり。エプロンが取り外せるタイプのお風呂の場合は、エプロンの内部も定期的にお掃除する必要があります。取り外したエプロンは、天井や壁とあわせて綺麗にしていきます。

画像

3.浴室の天井・窓・壁を洗浄する

お風呂・浴室クリーニングでも「上から下に」が基本。モップのような道具に洗剤をつけ、天井を磨いていきます。窓や壁、エプロンは、洗剤を吹き付けた後、高圧洗浄機を使って綺麗にしていきます。高圧洗浄機だけで綺麗にならない汚れは、スポンジやブラシで落とします。高温多湿になりやすい浴室は、カビの温床。そのため、汚れを根こそぎ取り除きます。(目安時間:50分)

画像

4.エプロン内部を洗浄する

エプロンの内部は、普段あまりお掃除をしない部分。特に汚れがたまっています。アルカリ洗剤・酸性洗剤を使い分けて、石鹸カス、水垢を洗い落とします。浴槽の裏側には、凹凸や細かい溝や多くあり、自分でお掃除をするのは、なかなか骨の折れる作業です。でも、プロは高圧洗浄機を使って、浴槽と壁のすき間の奥まで徹底的に綺麗にしていきます。(目安時間:35分)

画像

5.浴室のドア・床・蛇口周りを洗浄する

ドアや床のゴムパッキンはカビが生えやすいところ。プロは洗剤をつけた後、高圧洗浄機で汚れを落とします。こびりついた頑固な汚れは、サッシ棒という道具でゴリゴリ落としていきます。蛇口の水垢を落とすのには、酸性洗剤を使います。市販の洗剤よりもずっと強力な洗剤で、しつこい水垢もすっかり綺麗になります。悩ましい鏡のウロコとも、おさらばです。(目安時間:40分)

画像

6.浴室全体を拭きあげる

お掃除が終わったら、エプロンや排水口の部品を元に戻します。最後に浴室全体を隅々まで乾拭きしていきます。せっかくお掃除をしても、濡れたままにしていては、水垢やカビの原因になってしまいます。1滴たりとも残さず水滴を拭きあげたら、プロのお風呂・浴室クリーニング完了です。(目安時間:20分)

取材協力:ハウスウォッシュ ブルーポート

風呂釜洗浄

作業範囲:風呂釜の配管 / 浴槽のフィルター / 作業場所の簡易清掃(一部オプションとなる場合もあります。事前にプロにご確認ください。)

画像

1.道具を準備する

プロの風呂釜洗浄には、専用の道具が必須。両手に道具を持って、お家を訪問します。お家に入る時は、持参したスリッパを着用。ブルーシートの上で道具を「コンパクトに」広げるので、床を傷付けません。普段の細かい気遣いが、お掃除にも表れますよ。

画像

2.浴槽を軽く洗う

作業靴に履き替えて、お風呂場へ。お風呂のフタを外してから、まずは、シャワーで浴槽を軽く洗います。水を付けるだけで簡単に汚れを落とせる、メラミンスポンジも使ってサッと洗浄。目立つ浴槽の汚れ、髪の毛などはあらかじめ流しておきます。

画像

3.循環口のフィルターを取り外す

風呂釜洗浄で欠かせないのが、フィルターを外す作業。フィルターを付けたまま洗浄すると、汚れが取りきれないことも。外すフィルターは2枚。1枚目はフィルターを軽く回すと簡単に取れます。問題は2枚目。ドライバーやペンチを使って取り外すのですが、慎重にやらないとフィルターが壊れてしまいます。しかし、そこはプロの技。経験豊富なプロは2枚目のフィルターも難なく外します。

画像

4.お風呂の設定温度を下げて水を溜める

浴槽に水を溜める前に、お風呂の設定温度を変えておきます。できる限り冷たくしておくことで、あとで追い焚きをする際、一度の追い焚きで長時間、水の交換が行われます。これが洗浄効果UPに。水の量は、循環口の少し上までで充分。水を入れすぎると、あとで排水に時間がかかってしまいます。最低限の水量で作業するのは、お客さんにとってうれしいポイントですよね。

画像

5.マイクロバブルマシーンで洗浄力をUPさせる

ここで満を持して、特殊な機械が登場します。細かい気泡を作ることができるマイクロバブルマシーン。マイクロバブルは人の毛穴よりも小さい気泡。マイクロバブルが汚れの隙間に入り込み、汚れを浮かせて落とすのです。スイッチを入れてしばらくすると、水面が気泡で白く埋め尽くされます。

画像

6.追い焚きする

先ほど変更した、お風呂の設定温度をMaxの48℃に再設定。追い焚きを開始します。追い焚きをすると、循環口を通して「熱交換器」のあるパイプまで水を運び、温めて浴槽に戻す、という水の循環が起きます。この追い焚きによる水の循環を利用して、風呂釜を洗浄するのです。

画像

7.洗剤を入れる

追い焚きで水が循環していることを確認したら、洗剤を投入。プロは液体と粉状の2種類の洗剤を使います。この洗剤、基本成分は重曹と同じ。ただ、市販の物より強力で洗浄力が高いです。しかも、洗剤を2種類組み合わせることで、さらに洗浄力が上がります。洗剤の量は浴槽の大きさによって決定。分量を間違えると、浴槽を傷めてしまいかねないので注意が必要です。

画像

8.溜めた水を排水する

15分間、マイクロバブルマシーンを動かし続けて、追い焚きしたのち、排水の作業に入ります。水面には洗剤の泡とマイクロバブルが混在していて、白い汚れが浮いています。主に皮脂汚れで、配管に溜まりやすい汚れです。まずはマシーンを止めて、水の中から取り出します。追い焚きを止めたのち、浴槽の栓を開けて水を抜きます。水が抜け切るまでしばらく待ちましょう。

画像

9.再び水を溜めて浴槽をすすぐ

強めの洗剤を使っているので、配管内の洗剤残りが心配。追い焚きした時に、お風呂に洗剤が混ざると思うとゾッとしますよね。もう一度、水を溜めて、しっかり浴槽をすすいで洗います。今度は、お風呂の設定温度を元に戻してお湯張り。循環口の上あたりまで水を溜めて、再び排水。

画像

10.分解したフィルターを洗う

すすぎのために水を溜めている間に、フィルターを洗浄します。フィルターは湯垢で汚れていることが多いです。洗剤を吹き付けて、ブラシでこすります。実はこのフィルターが風呂釜汚れのバロメーター。フィルターが汚れているお家だと、大抵、風呂釜の汚れがゴッソリ取れます。

画像

11.浴槽をシャワーですすぐ

風呂釜洗浄の作業もいよいよ大詰め。浴槽をシャワーで軽く洗います。ここでメラミンスポンジが再登場。洗剤を残さず、取れた汚れも綺麗に洗い流します。

画像

12.フィルターを元に戻す

最後に取り外したフィルターを元に戻します。外す時と同じく、戻す時も慎重に。お客さんに確認してもらって、風呂釜洗浄の作業は完了です。

取材協力:ハウスクリーニング志事人

プロのお風呂・浴室クリーニングを動画で見る

実際のプロのお仕事を、30秒ほどの解説付き動画でご覧いただけます。

プロのお風呂・浴室クリーニングのビフォーアフター

実際にお風呂・浴室クリーニングをされたお客様の例とプロからのコメントを紹介します。

画像

浴槽のエプロンも取り外して洗浄します。住み始めてから、一度も洗ったことがなかったようで、かなりカビていましたが、プロのお風呂・浴室クリーニングで白さを取り戻しました。

浴室の鏡は水垢、うろこ汚れに悩まされている方が多いと思います。自分で落とそうとすると、意外と厄介な鏡の汚れもプロが磨けばピッカピカに。

画像

お風呂・浴室クリーニングを頼みたい箇所は?

浴室・浴槽

浴室・浴槽には、水垢や湯垢、カビ、ヌメリなどの汚れが多くたまります。浴室では浴槽のほかにも、鏡や床、天井などお掃除する箇所がたくさん。特に、浴槽のエプロンは放っておくとカビの温床となり、臭いの原因にもなります。お風呂あがりには、欠かさず換気をするのがおすすめです。

風呂釜

浴槽とつながっていて、お湯を沸かす装置です。一度冷めてしまった湯船のお湯を温め直す「追い炊き」ができます。水の循環を起こす強制循環式と、水の循環を温度差による対流に任せる自然循環式があります。風呂釜には湯垢汚れがたまりやすく、ヌメリも起こりやすいので注意しなければなりません。

お風呂・浴室クリーニングの料金の相場

浴室・浴槽 13,000~17,000円
風呂釜洗浄 15,000~20,000円

お風呂・浴室クリーニングの作業にかかる時間

お風呂・浴室クリーニング 約1.5~3時間

アスクマイスター プロが答えてお悩み解決

ジェットバス付お風呂でも業者さんにクリーニングしていただけますか?また、ジェットバス付お風呂の、自分でできるお手入れの方法を教えてください。

浴室自体は他のお風呂掃除と変わらずお掃除できます。風呂釜内は当社では作業できません。他業者さんであれば行っているかもしれません。ただし、ガス管などを破損させてしまう可能性があるため、市販の風呂釜用の洗剤でお客様でされることをお勧めします。月1回を目安に市販の風呂釜洗浄剤でジェット運転を行い、ポンプおよび配管内部・噴射吸込口内部を洗浄してください。

ジェットバス付お風呂のクリーニングは作業したことは有りますが、色々なタイプが有り複雑な機械の洗浄は出来かねます。日頃のお手入れは先の細いブラシでジェットバスの吹き出し口を洗います。次にお湯を口が隠れるくらいにはり重曹を大匙5杯くらい入れジェットバスを作動して洗浄します。後は市販の洗浄剤を使って同じ工程で洗浄しても良いと思います。

完結申しますと、ハウスクリーニング業者とか風呂釜クリーニング業者に分かれてしまいます。ハウスクリーニングの範囲で洗浄は可能ですが完璧をお求めになられるのであれば、対応可能な業者様を探す必要がございます。風呂釜洗剤や洗濯槽クリーナーを購入使用してユーザー様でのお掃除も可能ですのでご相談ください。

ジェットバスでも空気だけを押し出すものだと浴槽裏の空気の取り込み口の汚れになるのでご自分では無理かと思います。水流式であれば風呂釜洗浄と同じ工法でクリーニングできます。ご自分であれば市販の洗浄剤を入れてジェットバスを作動させれば良いかと思います。

浴槽エプロンの内部が汚れているのが気になっています。業者さんに浴槽エプロンの内部のクリーニングをお願いすることは可能ですか?

もちろん可能です。 浴室のエプロン内は長いことクリーニングしてないと、カビが地層の様に積み重なっています。 当店は洗車ブラシと高圧洗浄機を使用しますが、それだけでは取りきれないくらいのカビがある場合は、お客様に許可を頂いて塩素を使用する事もございます。 例外として、エプロンカバーが壊れていたり、留めるフックが壊れている場合は、元に戻せなくなる事もあるので、お断りする事もございます。

オプションサービスとなりますが可能です。高圧洗浄機を使用して手の届かない部分までキレイにします。普段のお手入れでエプロンの中までお掃除される方は少ないかと思います。そのためエプロンの中は想像以上にカビが繁殖しています。こうしたカビを中心とした汚れをすべて洗浄しますので、是非ともおススメのサービスです。

エプロン内部の洗浄はもちろん承っておりますが、外れないタイプやメーカー側で外さないでくださいと表記のあるタイプも中にはあります。そういった場合を除き対応させて頂いております。なお弊社は浴室洗浄の基本作業内にエプロン内部は入っております。一度お試しください。

通常の浴室クリーニングでその作業は含まれています。ただし、最近の浴槽はエプロンを外しても内部が見えないようになってるものや浴槽パンではなく土間になってるものもあります。作業員が写真を撮りながら作業をしますので、その都度確認されることをお勧めします。

お風呂クリーニングを業者さんにお願いした場合、風呂釜も一緒に綺麗にしていただけるのでしょうか?

難しい質問ですね。通常アルカリ性の洗剤で排水口をそうじして、汚れが落ちない時は酸性の洗剤を使用して汚れを落としていますが、そうじをすると臭いはほぼ無くなります。臭いがするのであれば髪の毛などが残っている。若しくはエプロン内部の汚れの為臭いがして、排水口から臭いがする気がする、タラップが破損、若しくは部品を取り付けていない位でしょうか。

業者さんによると思います。風呂釜クリーニングを専門にしていたり、それをサービスとして売りにしたりする業者さんもいらっしゃるので最初から風呂釜洗浄だけをお願いするか、サービスとしてつけている業者さんに依頼するのが良いかと思います。最近のお風呂の配管は細くて長いので対応する道具を持っている業者さんに依頼するのが確実かと思います。

風呂釜洗浄は対応していない業者もいますが対応している業者であればもちろん一緒にクリーニングは可能です。ロートクリーンでも行なっております。但し、時間がかかるので、午前中からの施工にして頂くと助かります。

お風呂のクリーニングでは、風呂釜や配管のお掃除は含まれていません。また、従来の高圧をかけての洗浄方法だと設備などを傷めてしまう事もあるので「風呂釜洗浄PRO」の専門店をお指定下さい。

プロのお掃除業者さんがお風呂の天井を掃除する際、特に気を付けていることはありますか?

当社では、洗浄レベルが高い洗剤を使用しておりますので、多くの場合は洗浄するだけで艶や輝きが上がります。(1レベル明るくなったと感じて頂けます)特に天井は洗浄しにくくキレイに出来ない場合が多い個所ですので、違いが分かる部分でもあります。また、洗い濯ぎの際にシャワーの水圧が低いと水が天井にかからない事がありますので、その場合はバケツなどで濯ぎ洗いをするよう心がけています。

浴室乾燥機付きかどうかですね!浴室乾燥機や24時間換気扇は最もカビが発生する場所です。これを掃除しないと浴室はカビをまき散らしている状態です。以外とおそうじしていると考えている方はフィルターだけしかやっていません!これではエアコンのフィルターと同じでほとんどカビはとれていません!!ぜひ乾燥機付き換気扇は分解洗浄をしましょう!!

頑固なカルキがついているときは、天井に専用の酸性洗剤を塗りしばらく放置してから磨きます。その際、その酸性洗剤が下に垂れてステンレスの備品や素材が焼けてしまったりしないように注意しています。また、洗剤を洗い流す際に多機能換気扇などに水がかかって故障しないように気をつけています。

換気扇など電気製品に水がかからないように気をつけます。天井は見えないカビの温床にもなるのでカビ取り剤を使用しています。ご自分で掃除される場合はクイックルワイバー等にタオルを巻くなどして半分づつ洗剤拭き水拭き、乾拭きをしていただくとご自分にかからないのでお勧めします。

お風呂のクリーニングを業者さんにやっていただくことのメリットを教えてください。

一般的にご自身でやられるお風呂掃除ですと、浴槽とその周辺って事多い為、石鹸カスやカルキ汚れなどが取りきれてない事が多いです。 業者のやるお風呂掃除は石鹸カスやカルキはしっかり除去するので、壁やトレイについた石鹸カス、床の黒ずみ、鏡や水栓金具、風呂のトビラにこびりついたカルキはしっかりと取れます。 お風呂は黒カビや赤カビなど、カビのデパートとなってます。カビを取り切らないとまたすぐに生えてきてしまう為、しっかり取りきります。 ちなみに、黒く変色したコーキングは、どんなに強いカビ取りや漂白剤をつかっても、完全に元に戻すことは出来ません。 黒く変色したコーキングは、その部分が脆くなっており、穴があいていたり、剥がれていたりして、本来の防水機能を保てていない事が多いです。そのせいでそこから水が入って更にコーキングを痛めたり、更にその奥に水が浸入して、下の素材を痛めてしまいます。 コーキングに穴が空いたり、剥がれている場合は専門の業者に依頼していただき、補修をおススメ致します。 お風呂掃除は一番やる事が多く、難易度の高い作業の為、業者の技術力が1番分かりやすいです。

メリットとしては長年経ってしまい硬質化した石鹸垢やカルキ汚れも除去できる可能性が高いのと、ご家庭で使用しているカビキラーなどでは落とせなかったカビ汚れでも業務用のカビ除去剤なら落とすことができる可能性があることです。可能性と言っているのは、取れないカビも存在するからです。中には落ちない可能性のある汚れもありますが、それは考え方次第です。プロでも落とせない汚れという判断ができれば、もうしょうがないものとして納得がつくという点もありますし、それでも思っている以上にキレイになってビックリされるお客様も多くおります。ですので、メリットとしては取れないと思っていた汚れも落とせる可能性があるということと、プロでも落とせない汚れがあるという判断が出来るということです。もし落ちない汚れと判断された時は、では今後どうするべきなのか?ということも対応策としてプロの考えを直接聞けることもメリットとなるでしょう。

ご自身は何もしないでOK、スマホをしたり、読書したり、音楽を聴いたり、【のんびりリラックスしている間に浴室がピカピカになります♪】なかなか落ちない汚れに悩むことも、膝や腰の痛みや怪我をすることへの不安からも解放されます。あなたの貴重で大切な時間を、お掃除以外のことに自由に好きなように使えます。そして、自分では落とせなかった汚れがスッキリとキレイになり、清潔感のある浴室で1日の疲れを癒せる、そんなことが手に入ります♪ただ、浴室のクリーニングを頼むのは贅沢なのでは?と思う方も多いのではないでしょうか?弊社では、ハウスクリーニングをもっと身近に感じて頂きたいという願いから、お得なキャンペーンも行っております。ぜひチェックしてみてくださいね☆

お風呂の汚れは、水垢、石鹸カス、皮脂、カビなど様々な種類の汚れが付くため、業者からしてみても他の場所に比べて経験と知識が特に必要な個所になります。 そのため、お客様がご自身でプロの業者と同じような仕上がりを求めた場合、想像以上の時間と労力が必要となります。 お客様の貴重な時間をお好きに使う事ができる他、プロが使用する洗剤や技術により落ちなかった汚れがとれたり(汚れ具合により完全除去が難しい場合があります)、普段のお掃除が楽になったり、何より気持ちよくバスタイムを楽しんで頂けるようになるのがメリットとなります。

お風呂の汚れの種類として湯垢と水垢があると思いますが、お風呂の湯垢と水垢で、業者さんの行うお風呂クリーニングの方法に違いはありますか?

水垢の正体は「微生物」になります。赤色酵母と言われる微生物でキノコと同じ菌類に入ります。水垢はアルカリ性になります。 どうして水垢がお風呂に発生するのかというと、水道水に含まれるケイ酸が水垢を発生させる原因と考えられています。 それでは湯垢の正体はというと、水道水に含まれるマグネシウムとせっけんの成分が化合したものになります。湯垢は酸性になります。 湯垢と水垢、まったく違う性質のため掃除道具も変わってきます。湯垢に関しては酸性の汚れですので、その成分と反対のアルカリ性の洗剤を使用して汚れを落としていきます。代表的なもので言えばお風呂のマジックリンのような洗剤です。相反する成分の洗剤を使用することで、汚れが分解作用を起こし落ちやすくなります。洗剤で汚れを柔らかくして分解したら、お風呂用のスポンジなどで磨いていきましょう。軽度の湯垢でしたらそれでも十分落とすことができますよ。

湯垢は主に、お風呂に溶け込んだ皮脂の汚れや菌の繁殖によるヌル付きが原因のものになります。それらは、中性洗剤やアルカリ性の洗剤を使用します。水あかは水の中に含まれるカルシウム等が固まった白くなっているものになります。これは、酸性洗剤を使用して作業します。水あかは、石化が進むと薬剤のみで除去するのが難しく、専用の道具や機材を使用しないと除去できません。その際は、お客様にご了承を得たうえで、作業致します。

「水垢」と「湯垢」は全くの別物ですので落とし方が異なります。水垢は水道水に含まれる炭酸カルシウムが原因でアルカリ性の性質を持っているので酸性の洗剤を、湯垢は水道水の中のマグネシウムと石鹸の成分が化合したもので酸性の性質を持っているのでアルカリ性の洗剤を使います。プロは汚れの質によって洗剤や道具を使い分けていますから、工程的には一緒でも水垢と湯垢の違いで使う洗剤や道具が違ってきます。

汚れの種類に「湯垢」と「水垢」という曖昧な分類はありませんし、定義もありません。一般的に具体的に明示できる根拠が無いまま適当に呼称しやすく湯垢、水垢とよんでいるだけと思われます。浴室内の汚れに限らず、プロは先ず汚れの成分、性質、pH(酸性か?アルカリ性か?)を見極めた上で、個々の汚れの形状、分布状態、厚みにあわせた最も適切なクリーナーと施工方法を選択するだけです。

法人のお客さま向けサービス

大量注文もネットで簡単依頼。フォームでお問い合わせ後、貴社にぴったりのプロをご紹介します。どこに依頼すればわからない不安な方もお気軽にお問い合わせください。電話での無料サポートも承っております。

法人用ご相談窓口:0120-940-020

(受付時間: 月〜土曜日 9:00〜20:00)

あなたのマイスターの動画をみる

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

お困りの方はこちら

都道府県を絞り込んで、あなたのお悩みに
ぴったりのプロを見つけよう!

お電話でも対応できます

0120-940-020

受付時間:月-土 9時〜20時

お風呂・浴室クリーニングの新着口コミ

いちいちさん(40代女性)

お風呂・浴室クリーニング

いつも丁寧です

星星星星星 5.00

ナカヤマさんには、お風呂をはじめてお願いしましたが、気になってた鏡のウロコや縁のカビがきれいになりました 丁寧な仕事で助かります またお願いしたい... 詳しくみる

匿名希望(30代女性)

お風呂・浴室クリーニング

お風呂掃除

星星星星星 4.40

今回初めて利用しました。 お風呂はかなり綺麗になり満足です。お掃除してくださる方もとても感じが良く頼んでよかったです。また利用したいです。

動画でプロの技をチェック

エアコンクリーニングを動画で見る

〜カビとホコリで腹黒いエアコンに、決別を〜

機械感あふれるエアコンの姿に、真っ黒の汚水。プロの威力を実感する瞬間です。エアコン専用の洗剤と高圧洗浄機で、取り外した部品も分解できない裏側の汚れも徹底洗浄。

お風呂・浴室クリーニングを動画で見る

〜いざ、エプロンの向こう側へ〜

カビのもとになる石鹸カスや水垢、皮脂汚れには、2種類の洗剤を使い分けて洗浄。水滴ひとつ残しません。汚れのたまり場エプロンの内部も、高圧洗浄機やブラシで丁寧に綺麗にします。

洗濯槽・洗濯機クリーニングを動画で見る

〜たった1年で、洗濯槽は汚れまみれ〜

洗濯機をパカッと分解、ソロ~ッと取り出した洗濯槽の裏側に、ビターッとついている汚れは、想像以上です。洗浄後の洗濯槽の輝きたるや、すぐにでもお洗濯をしたくなります。

換気扇クリーニングを動画で見る

〜違いは、2つの分解力〜

壁に開いた穴があらわになるほど、外せる限りの部品を分解。こすり落とす必要がないほど、洗浄力のある洗剤につけおきして、ギトギトの油汚れを分解。正しい知識と道具、プロのお仕事です。

キッチンクリーニングを動画で見る

〜五徳を制する〜

頑固な汚れキッチン代表の五徳。プロ仕様の洗剤を60℃のお湯にとかして五徳をつけおき、油汚れを制します。取れない焦げ付きは、ヘラでこそげ落とすのがプロの必勝法。シンクの水垢も朝飯前です。

注目のプロ

  • ハウスクリーニング

  • エアコンクリーニング

  • お風呂・浴室クリーニング

  • 洗濯槽・洗濯機クリーニング

  • 換気扇クリーニング

閲覧履歴