庭木の伐採・抜根

画像

家族と一緒に歴史を刻んできたお庭の木。大きく育ち過ぎると、毎年落ち葉のお掃除に追われたり、他の植木の成長を邪魔してしまったり、お手入れをするのも大変ですよね。枯れてしまって、今にも倒れてきそうで危ないという場合もあると思います。ケガやトラブルになる前に、一度、植木を伐採・伐根して育て直すのも1つの手です。安全に伐採や伐根をするには、人手や専用の道具が不可欠。経験や知識の豊富なプロにお願いして、伐採・伐根した植木の処理までお任せするのが安心です。

お住まいの地域を選ぶ

隣人トラブルのもとに・・・

枝や落ち葉などが隣人の庭に落ちることによって、隣人トラブルに発展することもあります。

画像
画像

木が傾いている気がする。

倒れてしまい、お隣の家に被害を及ぼさないかと不安になってしまいますよね。

こんなお悩みありませんか?

お手入れが大変なので伐採・伐根してしまいたい

植木が育ち過ぎてしまい、お隣のお家にも迷惑をかけてしまっているので、切りたい。木と木の間隔が近くなって、育ちが悪くなってしまったので、抜きたい。お手入れが行き届かなくなると、思わぬトラブルにもつながってしまいます。

自分で伐採したら、また生えてきてしまった

要らなくなった植木をなんとか自分で伐採してみたけれど、切り株からまた芽が出てきて伸び放題になってしまう。伐採の仕方が間違っているのかと不安になってきた。心配な時は、知識も経験も豊富なプロに任せるのが安心です。

1本だけでも伐採や伐根をしてもらえるのか心配

専用の道具を持っていないから、自分では伐根・伐根ができない。伐採・伐根をした植木の処分も自分では大変そう。プロに伐採や伐根をお願いしたいけれど、1本だけでは申し訳ない。そう思って、ためらってはいませんか?

こんな風に解決します!

正しく安全に伐採・伐根

伐採や伐根をしたい植木の周りに他の植物が生えていたり、塀や置物、建物などがあったりすることもあると思います。1歩間違えるとケガや破損につながてしまうことも。知識と経験が豊富なプロなら、周りの環境に配慮しながら正しく安全に伐根・伐根をすることができます。

根まで殺すのがプロの技

伐採といっても、また生えてきてほしい植木、生えてきてほしくない植木があると思います。要らないから伐採をしたのに、また生えてきてしまっては、手間になるだけです。プロは、ただ木を伐採するだけでなく、根を殺して再生しないようにすることができます。

1本からでも伐採・伐根を依頼できる

植木1本からでもプロに伐採・伐根を依頼することができます。たった1本といっても、木の大きさや状態によっては、数人がかりの作業になることも。安全に伐採・伐根をするためには、プロに任せるのが安心です。同日、現地でお庭の様子を見ながら相談をして、追加で作業することもできます。

プロの庭木の伐採・抜根の結果

実際に庭木の伐採・抜根をされた庭木のビフォーアフターを紹介します。

Before

After

画像

生い茂る葉の中にそびえる木。植木が育ちすぎると、近隣に迷惑をかけてしまう可能性があります。また、養分を独り占めされて、周りの植物が育たなくなってしまうことも。

木が倒れた時の衝撃をやわらげるために板を敷き、いざ伐採。伸びきっていた枝や太い樹木が伐採されてすっきりしました。雰囲気もやわらぎましたね。

画像
画像

ただ幹を切っただけでは、また枝が生えてきてしまうことがあります。伐根するには重機が必要になる大きな切り株も、薬剤をかけて根を殺すことで、もう枝が生えてこないようになります。

画像
画像

枯れてしまった木や不要な木は、伐根をして根こそぎ取り除きます。大きな木は重機を使うことも。空いたスペースには、新たに木や花を植えたり、何かを置いたりと、お庭の活用の幅が広がりますね。

プロの庭木の伐採・抜根の技を詳しく見る

作業範囲:対象の木の確認 / 伐採した木の幹への薬剤貼付 / 伐採・抜根した木の解体・回収 / 作業場所の簡易清掃・ごみ回収(一部オプションとなる場合もあります。事前にプロにご確認ください。)

作業にかかる時間(目安):約30分~半日

庭木の伐採

1

木にロープをくくりつける

画像

大きな木を伐採する場合は、ひっぱるためのロープを木にくくりつけて倒します。周囲を確認して倒す方向を決定。木にロープをまわして、幹の太さに合わせて調整できる結び方で、ひっぱっても抜けないようにグッとしっかり結びます。背の高さより少し高めの位置にくるように調整されています。

画像

2

保護のための板を置く

画像

木が倒れる際、大きな衝撃があります。木の近くに塀などがある場合は、塀が壊れるのを防ぐために、木の板などを置いて保護。板が1枚あるだけで、塀に伝わる衝撃をだいぶ軽減することができます。

3

木の根元をチェーンソーで切る

画像

まずは、倒したい方向の正面に、幹の太さの半分ほどの位置まで地面と水平の切り込みを入れます。次に、倒したい方向の正面に、先ほどの水平の切り込みに向かって、斜め上から切り込みを入れます。

画像

4

倒したい方向にロープをひっぱる

画像

倒したい方向の背面に、正面から入れた切り込みと同じ高さで、水平の切り込みをチェーンソーで入れます。木が倒したい方向に倒れるように、チェーンソーで切り込みを入れるのと同時に少しずつロープをひっぱり、倒します。

5

地面に近いところで幹を切る

画像

木が倒れたら、残す切り株の高さを調整します。再びチェーンソーを使い、地面に近いところで幹を切断。こうすることで、切り口も綺麗に整います。

画像

6

電動ドリルで幹の切断面に穴をあける

画像

伐採した木は、お客さんにとって要らない木。また生えてきてしまうことのないように根を殺す作業をします。中央に1つと六角形を描くように6つの計7か所。チェーンソーで切った幹の切断面に、電動ドリルで深さ10~15cmほどの穴をあけていきます。

7

幹の切断面に薬剤をかける

画像

根を殺すために、薬剤を切断面にまんべんなくかけます。薬剤として使われるのは、主に、消毒液や除草剤。電動ドリルで穴をあけたところには、木の内部までしっかりと浸透するように薬剤を注ぎ込みます。薬剤は原液のまま使うのがポイント。薄めると意味がありません。

画像

8

穴に木の棒を打ち込む

画像

かけた薬剤が雨で流れてしまわないように、電動ドリルであけた穴に木の棒を打ち込みます。金づちを使い、数cm打ち込んだら、穴から飛び出ている部分は剪定ノコギリで切り落とします。7つの穴すべてに木の棒を打ち込んでいきます。根を殺す作業は無料で行うプロもいれば、有料のプロもいるため、事前に確認してみるのがおすすめです。

9

伐採した木をチェーンソーで解体する

画像

伐採した木は運びやすい大きさになるように、チェーンソーで解体。薪などとしてご家庭で利用したい場合は、お客さんの要望に合わせて解体をします。

画像

10

トラックに積んで持ち帰る

画像

解体した木はトラックの荷台に積みこみます。処分料がかかりますが、伐採した木は、プロに引き取ってもらい、処分してもらうこともできます。これで、プロの庭木の伐採は完了です。木の大きさにもよりますが、早いもので15分ほどで伐採できてしまいます。

取材協力:早良産業

庭木の伐根

1

不要な枝を剪定ノコギリで切る

画像

手作業で木を伐根する場合、引き抜くのに邪魔になる枝は、剪定ノコギリで先に切り落として、作業をしやすくします。

画像

2

スコップや手で周りの土を掘る

画像

周りに植えてある植物に気を付けながら、伐根したい木の根の周りの土をスコップや手でほぐしてやわらかくします。スコップで根を切ることで、抜きやすくもなります。

3

枝を持ってゆらす

画像

ゆらしながらさらに土をほぐすことで、抜きやすくします。根は深くまで張っていることも多く、一筋縄ではいきません。

画像

4

絡まった根を剪定ばさみで切る

画像

周囲の植物の根と絡まってしまっている部分は、剪定ばさみで切ってしまいます。切ってしまってもよいか、素早く判断できるのもプロの技ですね。

5

根を掘り出す

画像

最後は力技。スコップで周りの土をさらに掘りながら、根を掘り出して伐根します。庭木のプロは、周囲の植物に配慮しながら作業を進めるため、安心です。

画像

6

周りの土を整える

画像

木を抜くと、ぽっかり穴があいたような状態になります。周りの土を寄せてなじませることで、綺麗に整えます。

7

トラックに積んで持ち帰る

画像

抜いた木はトラックの荷台に積みこみます。処分料がかかりますが、プロに引き取ってもらい、処分してもらうこともできます。大きな木の場合は、伐根に重機が必要になることも。事前に確認をしておくと安心です。これで、プロの庭木の伐根は完了です。木の大きさにもよりますが、早いもので15~20分ほどで伐採できてしまいます。

取材協力:早良産業

プロが答えてお悩み解決

もっと見る
画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

「高さが約何mで幹周何cm」という情報をお伝えください。高さは目安として1階の雨どいの高さは約3m、2階の雨どいの高さなら約6mです。また、樹木の周辺環境(傾斜地、道路へ張り出しなど)によって作業が制限されたり、作業者の数を増員して追加料金が掛かったり、更には作業が出来ないケースも出てきます。特に高さが5mを超える木の伐採、幹周り80cmを超える根の回収は慎重にお答えさせていただきます。予約申込時にはなるべく対象となる樹木をその周辺の状態分かる位置からの写真を撮っていただけますようお願いします。また、伐根時に根が強く張っている場合は薬剤注入を行って根を枯らせるご提案をする場合があります。その場合1年程度の期間が必要となります。

画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

木の高さの目安は一般的な家屋の場合、1階の雨どいまで約3メートル、2階の雨どいまで約6メートルです。また生垣の場合は横幅も測って下さい。お庭の写真を添付して頂けると、さらに詳細なお見積りを作成できます。

画像

T・CRAFTヤマトシ株式会社さん (和歌山県)

この場合は重機が必要になるので、重機が入るスペースがあるか、お伝えいただければ幸いです。基本的には現地に伺って、調査しますので詳細を把握なさっていなくても問題ありません。

画像

お庭の管理とお手入れ・みどり屋さん (東京都)

お写真を添付してお送りいただければ助かります。また、事前に現地確認にお伺いしてお見積もりをさせていただきます。お見積もりは無料ですのでご遠慮なくお申し付けください。

画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

3m未満の木なら10分〜30分程が目安。5m以上の高木になるといろんな条件があるので1時間程度で済むものもあれば2名体制で丸1日かける場合も出てきます。抜根は切り株の太さや抜根方法によって様々ですが、幹周20cm未満のものですと30分以内というのが目安になります。

画像

もみじ庭さん (埼玉県)

庭木の伐採・抜根は、3mぐらいでしたら、1本2時間から3時間見て頂ければ、助かります、3本以上あれば、1日は お考え下さい。

画像

心庭(こころてい)さん (東京都)

庭木の伐採・伐根は申し訳ありませんが、一概に言えません。木の大きさや作業の難易度に影響します。

画像

T・CRAFTヤマトシ株式会社さん (和歌山県)

樹種、大きさによって異なります。目安は掃除・片づけ含め、木、1本につき1日だと思います。

画像

お庭の管理とお手入れ・みどり屋さん (東京都)

電動工具を使用する場合には外部コンセントをお借りいたします。また、除草作業後の清掃に水洗いを行う場合には外部の水道をお借りする場合がございます。

画像

フラワーライフ研究会さん (神奈川県)

庭木の伐採・抜根作業では、水道や電気が場合により必要となる場合がございますが、現場の状況により異なりますのでその都度対応致します。

画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

O.K!グリーンでは庭木の伐採・抜根の際、電気はほとんど使用しません。水道は手を洗う程度です。使用する場合は事前にお伝えいたします。

画像

T・CRAFTヤマトシ株式会社さん (和歌山県)

庭木の伐採・抜根作業において、電源・水道はお貸しください。トイレも併せてお借りできればありがたいです。

画像

O.K!グリーンさん (埼玉県)

庭木の伐採・抜根作業で、初めてのお客様は、作業開始前と作業後はお立合い頂き、作業内容の確認をしてもらうと助かります。 しかしお客様のご都合もあると思いますので、ご不在時の作業もさせていただきます。 そのような場合は後日、作業報告書(写真付き)をご郵送いたしますのでご確認ください。

画像

お庭の管理とお手入れ・みどり屋さん (東京都)

事前にお客様のご希望をお聞かせ頂きながら、庭木の伐採・伐根の作業内容のお打ち合わせを行いますので問題ありません。

画像

ガーデンもくもくさん (神奈川県)

問題ありません。庭木の伐採・抜根作業中でも携帯電話で連絡が取れるようにしていただければと思います。

画像

T・CRAFTヤマトシ株式会社さん (和歌山県)

屋外の作業ですので、電源・水道を外でお借りできれば作業させていただく側としては問題ございません

プロが答えてお悩み解決はこちら

お住まいの地域を選ぶ

注目のプロ

閲覧履歴

衣替えの季節に便利な「保管付きクリーニング」

送料無料・シミ抜き無料で最大11か月も預けておけます。

大量注文もネットで簡単依頼。フォームでお問い合わせ後、貴社にぴったりのプロをご紹介します。

予約方法に不安がある方、どの業者さんに予約するかお悩みの方は
お電話でお気軽にご相談ください(お問い合わせフォームはこちら

あなたのマイスターお客様ご相談窓口

 03-6427-8713

受付時間:月~土曜日 9:00~20:00

RELIVERSはこちら