スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

■スエードの手入れはまずブラッシング
■シャンプーとスポンジで靴を丸洗い
■ちょっとの汚れは消しゴムやブラシで十分

雪の宿

2017年11月14日

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。

でも一つ問題が……
汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。

しかも、スエードってお手入れが面倒そうじゃありません?
普通の革ならまだしも、スエードの洗い方なんてそう知っているものじゃありませんから。

 

というわけで、これからスエード靴の洗い方を解説していきます。

軽い汚れのうちに落とす方法も書いておきますので、いちいち洗わずに済むようになると思いますよ。

 

スエードとは

そもそもスエードとは、一体どういう素材なのか。

革にはがあります。それぞれ「銀面」「床面」なんて呼ばれてるわけですが……

一般的な革製品    → 革の表面(銀面)を使用
起毛革(スエードなど)→ 革の裏側(床面)を使用

って感じの使い分けがされてるんです。

そう、革は革でも一般的なものとは違います。
スエード生地は、革の裏側を紙ヤスリで毛羽立たせることで、あの独特な質感を作っているわけです!

 

スエードの革には、子牛や子ヤギの皮が使われることが多いです。
酪農が豊かだったスウェーデン特有の生地だったので、スエードなんて名前になってるのですよ。

スウェーデン……スエーデン……スエーデ……スエード……ほらね?

 

スエード靴を履く前に「防水スプレー」を

絶対必要なのがこの、防水スプレーです。

 

防水スプレーは靴から30cmほど離したところからムラができないように全体にスプレーします。
水は天敵ですからね。

スエードの靴でも防水スプレーをすることで、多少の雨には負けなくなります。

注意
防水スプレーは使っているうちに落ちていきます。

 

そりゃそうですよね。どんなものも劣化はしますし、スプレーでの膜なんて薄いもんですから。

こちらは、スエード・ヌバック用の防水スプレー。防水効果もありつつ、スエード・ヌバック自体に栄養や柔軟性を与えることができます。よほどの雨でない限り、靴が濡れる心配はなくなりますよ♪スエード・ヌバック素材の靴をお持ちの方は、1つ持っておいてもいいですよね。

 

防水スプレーは、どれくらいの頻度でするといいの?

「あなたのマイスター」では、靴のお手入れのプロに「靴に防水スプレーをかける頻度はどれくらいがベストですか?」と聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

 

BROSENTさん(東京都)

防水スプレーはおおよそ使用してから1日〜2日で効果はほぼ無くなります。明日、雨が降る。または、明日履くのに汚れが心配な日。そんな日の前日に、使用してあげるのがベストです。
また、防水スプレーは、使用した直後は効果がありません。最低でも30分以上は時間を取ってください。
防水スプレーをした直後に、雨の中、外出すると、雨水が靴に染み込んでから防水効果が出始め、靴に含まれた水が動けなくなり、シミの原因を高めることにもなるのでご注意ください。

 

株式会社ナカダ商会【靴修理大好き工房】さん(埼玉県)

雨が降っていて、出かける30分ほど前に防水スプレーを施してください。
ヌバック系は、雨の日は敬遠されがちですが、防水スプレーをきっちりと施していれば有効です。

 

Antico Ciabattinoさん(愛知県)

月に1回程度で十分です。雨の日に出かける数十分前に使用するのがベストです。
また、合皮やガラスレザーなどには、使用する必要はありません。

 

防水スプレーをするのは「雨や汚れが心配なとき」というプロの声が最も多かったです。
そのほか、お手入れの仕上げに使ったり、月に1回くらいはスプレーし直したりするのがよいようです。

防水スプレーは、スプレーした直後はまだ効果がないというのは、驚きでしたね。
スプレーしてから、だいたい30分は置いておくのがベスト。
お出かけ直前に、あー!忘れてた~!なんてことにならないように、覚えておきたいポイントですね。

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお手入れするときも、プロにお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

 

スエードの洗い方

擦ったぐらいじゃ取れない汚れがついちゃった、なんてときは丸洗いが有効かも。

スエードは雨に濡れただけでシミになっちゃいますし、本当に洗ってしまって大丈夫なの? と思うかもしれません。
しかし、実は、靴の一部ではなく全体をしっかり洗うことで、シミもなく綺麗にできます。

用意するもの

・ブラシ
・雑巾
・シャンプー
・スポンジ
・防水スプレー

   手 順  

1. ブラッシングをして汚れを落とす

靴を丸洗いする前にブラッシングをしておきましょう。このときのブラッシングはホコリを落とすために行います。ですから、毛並みに逆らってブラシを動かしましょう。
より詳しいブラッシングの方法は、このあとのスエード靴のお手入れ方法のお話で紹介しています。

 

2. 濡れた雑巾を使って靴全体を湿らせる

ブラッシングをしたら、靴を濡らします。スエードを濡らすときは、水にジャボンではいけません。濡らした布を押し付けるようにして、スエードを濡らしていきます。
乾いた布の上に濡れた布を置いておいたら、乾いていた布まで濡れてしまったという経験はありませんか?そのイメージで、スエードを湿らせていくのです。

注意
いきなり水に浸けると、シミになってしまうことがあります。注意しましょう。

 

3. スポンジにシャンプーを染み込ませてから、靴を洗う

濡らしたスポンジにシャンプーをつけます。シャンプーは、普段髪を洗うときに使っているものでOK。
スポンジは、水をしっかり吸うような柔らかいタイプのものがおすすめです。少し泡立ってきてから靴を洗います。

 

内側や靴底も一緒に洗っていきましょう。

 

4. 水に濡らしたスポンジで、靴についたシャンプーを取り除く

靴に水を染み込ませないようにしましょう。
少し面倒くさいですが、スポンジを使ってシャンプーを取り除いていきます。水に濡らしたスポンジでシャンプーを吸い取るように取り除いていきます。

この作業、なかなか時間がかかります。途中で面倒臭くなってしまいますが、シャンプーの成分が残っていると、かえって汚れの原因になってしまうので注意してください!

 

5. 風通しの良い日陰で乾かす

靴は、風通しの良い日陰で乾かしましょう。
中に新聞紙を詰めておくと、早く乾きます。
また、ある程度乾いたところでシューキーパーを入れておくと、形を整えることができます。

 

6. 最後の仕上げ
十分に乾燥してから最後の仕上げをします。

仕上げと言っても『普段のお手入れと同じことをして下さい』ってだけです。
書くと長くなっちゃうので、次の項目に詳しく載せておきますね。

 

スエード靴のお手入れ方法

スウェード 靴

と、先に丸洗いを解説しましたが……あんな面倒なことやりたくありませんよねぇ。

汚れが酷くなる前に落としてしまいましょう。
早いうちに対処すればすぐ取れるものも多いのです。

 

スエード靴のお手入れは、ブラッシングが基本!
スエード靴のブラッシングに使えるブラシは、2種類あります。
毛のブラシと、ゴムのブラシです。

それぞれのブラシを使った普段のお手入れ、さらに、時間に余裕があるときのお手入れの3つの方法を紹介します。

 

毛のブラシを使ったブラッシング

   手 順  

1. 毛並みに逆らって使う
毛並みに逆らって使うと、ホコリを落とすことができます。

2. 毛並みに沿って使う
ホコリを落としたら、逆に毛並みに沿って使い、毛並みを整えます。

力を入れすぎると、毛が抜けてしまうこともあります。
優しく汚れを落としましょう。

スエード靴についた汚れは、早めにはらっておくのが吉◎。
放っておくと落ちにくくなります。こまめなブラッシングが大切なんです。
毛のブラシを使ったブラッシングは、履いた後に毎回行うのがおすすめです。

おすすめの商品はこちら↓↓

こちらのブラシは、スエード靴のブラッシングに最適です。ブラシの中に、毛の部分と金属の部分があり、スエード革の毛並みをしっかり整えてくれます。持ち手が付いているのも嬉しいポイントです。ブラッシングがしやすくなりますね。

 

ゴムブラシを使ったブラッシング

   手 順  

縦横斜めにグニョグニョと動かして、毛の奥に溜まった汚れをきれいにする

ゴムが固まっている場合は、最初に手で温めて柔らかくしてからブラッシングをしましょう。このときも、優しくブラッシングすることがポイントです!

ゴムのブラシをつかうと、スエードの毛も起き上がり、見た目もきれいになります。ゴムブラシを使った後に毛のブラシで毛並みを整えると完璧。

おすすめの商品はこちら↓↓

クレープみたいに薄くした生ゴムを、畳んでブラシにしたものです。
スエード革の毛の奥に入り込んだ汚れも、しっかり掻き出します。スエード靴のお手入れには、毛のブラシよりも使いやすいです。使い込んで、ゴムの先が黒くなったら、汚れた部分をハサミで切って使い続けることもできますよ。

 

スエード靴の念入りなお手入れ

お手入れを「汚れを落とす・乾かす・毛を立たせる・色をつける」の4つの場面に分けて、やり方を紹介します。

 

汚れを落とす

軽い汚れなら、ブラッシングだけできれいになると思います。
洗うほどでもないかなって時はこれでいいでしょう。

それではきれいにならないなら、スエード靴用の消しゴムを使って汚れを落としましょう。
このへんとか。

消しゴムタイプなので、気づいた時にさっと汚れを落とせるのがポイントです。鉛筆の文字を消すように使えて、簡単に綺麗になるので、ぜひ使ってみてください。しかし、実は消しゴムタイプのクリーナーでは太刀打ちできない汚れもあります。無理に落とそうとすると、革の色が落ちてしまうこともあるので、使う時には諦めも肝心ですよ!

 

乾かす

スエードが濡れてしまった時は、なるべく早く乾かしましょう。

新聞紙を詰めて、風通しの良い日陰に置いて乾かします。新聞紙はこまめに替えてください。

シューキーパーがあれば、使いましょう。生乾きの状態でシューキーパーを入れると、シワを伸ばすことができます。
シューキーパーがなくても、新聞紙をしっかり詰めておけば大丈夫です。

完全に乾いたら、ブラッシングで毛並みを整え、防水スプレーを吹き付けておきましょう。

 

毛を立たせる

起毛革は、毛が全てきちんと起き上がっていることで、見た目も良く、美しくなります。しかし、履いているうちに毛が倒れてしまうこともよくあります。

そんな時は、ブラッシングで毛を起こしてあげましょう。

ゴムブラシを毛並みに逆らって使うと、毛がしっかり起きるのでおすすめです。普段からしっかりブラッシングすることで、毛が倒れるのを防止できます。

 

色をつける

スエード靴も、使っているうちに色が褪せていきます。
色が薄くなっていると、見た目もなんだかみすぼらしい感じがしますよね…。
そんな時は、補色スプレーを使いましょう。

補色スプレーは、防水スプレーと同じように、靴から30cmほど離したところから、靴全体にスプレーします。
ムラができないように注意しましょう。

 

スプレーは、スエード靴の色に合わせて選びましょう。塗り重ねて色を濃くすることができるので、ちょうど合う色がなければ、薄めの色を買うことをおすすめします。

これは黒色の補色スプレーになります。色褪せてしまったスエード靴を蘇らせます。防水スプレーの効果もあり、これ1本で補色と防水が一気に完了します。スプレー後に通気性を失わないのもポイントです。

色をつけるには、補色スプレーだけでなく、リキッドタイプもあります。しっかり色を入れたい時には、スプレーよりもリキッドタイプがおすすめです。

 

スプレータイプより、リキッドタイプの方が失敗がありません。床や手を汚すこともなく使いやすいです。着色に使う部分は、スポンジ状になっており、色が急に濃く出ることがないので安心ですよ。何度も重ねて塗ることで色を調節しましょう。

 

スエード靴のお手入れについてプロに聞いてみた!

さて、ここまでスエード素材の靴についてのお手入れ方法を紹介しました。

ここで再び、プロからのアドレス!
靴のお手入れのプロに「スエード靴の汚れが中々落ちないのですが、お手入れ方法とおすすめの頻度を教えてください」と聞いてみました。
たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介します。

 

BROSENTさん(東京都)

・スエード専用のブラシで毛足に詰まった汚れを除去する
・特に汚れが激しい場合は、専用のクリーナーで汚れを除去する
・トリートメント効果の有るスエード専用スプレーを使用し革に栄養を与える
・専用のブラシで毛足を整える
・防水スプレーで汚れの付着を防ぐ

 

andNUTSさん(兵庫県)

黒ズミは消しゴムでこすってから、ブラシで毛の流れを整えて下さい。スエードのお手入れはブラッシングと防水剤で大丈夫です。防水スプレーを掛ける時はシミにならないかテストしてからムラなくスプレーし、毛の向きをブラシで整えてください。

毛の流れを整える、意識してみると違いがでてくると思います。
こういう『ちょっとした意識』でも、体は反応して動いてくれるものなのですよ?

 

 

 

まとめ

まあ靴ですからね、いくら良い物を用意しても汚れるのは避けられません。

普段から手入れすることで、水洗いしなきゃいけないほど汚れるのは防げるはずです。
少なからず革にダメージも溜まっていきますし、こまめなブラッシングを忘れないようにしましょうね。

 

最後にプロフェッショナル達が語っている通り、基本はブラッシングです。
水洗いなどの本格的な洗濯は、どうしても家でやらなきゃいけない事情がある時だけにするのをお勧めします。

だってプロのが巧いに決まってますもん。

 

修理の世界を、もっと身近に。Instagramで大切なモノをもっと大切にする世界を知ろう!

関連記事

NEWオイルレザーの靴は手入れが楽?油分補給とブラッシングが大切です!

  皆さんは「オイルレザー」の靴をお持ちですか? 靴だけでなく財布やソファなど、幅広い年代に愛されている素材ですよね。 また、耐久性の高いことから、ワークブーツや登山靴にも使用されているんです。 一般的なオイル […]

NEWレザーのスニーカーは手入れが大切!ブラッシングでスエード靴も復活

  皆さんは、レザーのスニーカーはお持ちですか? キャンバス生地のスニーカーと同等に、人気のスニーカーですよね! なお、レザーの加工によって、素材の質感は全く異なります。高級感や温かみなど、布地のスニーカーにな […]

ランキング

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

洗濯機の排水口の「におい」と「つまり」をサッと解消するお掃除方法

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

洗濯機の排水口の「におい」と「つまり」をサッと解消するお掃除方法

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

革靴のシワを取るにはシューキーパー!ヒビになる前に日々伸ばそう!

  スーツに合わせた革靴。 せっかくビシッと決めたつもりでも、シワシワの革靴から普段のお手入れを怠っていること、ばれちゃってますよ? 革にシワが入るのは必然的なことで、シワがあるから味が出て格好いいんだ!なんて […]

鞄のカビを諦めないで!革・ナイロン・布製バッグ全素材を徹底解説!

久しぶりに使おうと思って引っ張り出した鞄に、あれ、白い斑点が。 …もしや、カビ!? なんて衝撃を受けて、鞄を放り投げちゃったあなた。 ちょっと叩けば大丈夫だよね~びっくりした~。 なんて甘い考えをしてはいけません。 まず […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集