「植物系」などの情報は「手荒れしやすさ」の判断基準にはなりません【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

植物系でも手荒れしやすい界面活性剤は存在します。

例えば、昨今、安全性が問題視されているラウリル硫酸ナトリウムは、石油とヤシ油どちらからでも作ることができます。
しかし、ヤシ油から作られたものが、石油から作られたものより手荒れしにくい、などということはありません。
何から作られようと、ラウリル硫酸ナトリウムである以上、手荒れします。

洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料から作られたかではなく、使われている合成界面活性剤の安全性なのです。

植物系であっても、それを加工したものが安全性の低い合成界面活性剤であれば、手荒れの原因となります。
ですから、「植物系」「自然由来」「天然成分」などパッケージの情報を、手荒れしやすさの判断材料にするのはやめましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!