お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

■お風呂の排水口のお掃除は、最低でも「2週間に1度」はしよう!
■排水口のパーツは、「中性洗剤」と「カビ取り剤」で綺麗に!
■パイプのお掃除は「重曹」と「クエン酸」でナチュラルクリーニング♪

たってぃ

2017年08月07日

「あれ、なんか臭い……。」

お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか?
それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。

お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなきゃ。」と思っている方は多いと思います。

お風呂排水口アンケート

このグラフは、20~60代の女性100人に聞いた「お風呂の排水口の臭いが気になったことがありますか?」という質問に対するアンケート結果です。

なんと、半分以上の方がYESという答え!
みんな臭いを感じているのですね……。

しかし、

排水口ってどうやって掃除するのだろう?
そもそも臭いの原因はなんなのか?

排水口の臭いが気になっていても、こんな疑問を持っている方がいるかもしれません。

今回は、そんな方のためにお風呂の排水口をお掃除する方法を徹底的に解説します!

お風呂の排水口にはヌメヌメとカビが溜まっている

排水口と洗面器

なぜ汚れるの?なんて当たり前ですが、排水口にはお風呂で使ったお湯が流れるからですね…。

実際、どんな汚れがあるのでしょうか?
今日、お家の排水口を見てみてください。
主に溜まっているのはこの3つ

・髪の毛
・垢
・石鹸カス

 

髪を洗えば髪の毛が、体を洗えば垢や石鹸カスが流れていきます。

排水口のフタの奥には、ヌメヌメした汚れや、黒っぽい汚れなどが潜んでいます。
ヌメヌメの原因はロドトルラという酵母です。パンはできません。汚れです。
黒い汚れはカビですね。お風呂はカビが生えやすいので要注意です。

お風呂の排水口にはこういった汚れが溜まっていくのです。

汚れを放っておくと、臭いがするようになったり、パイプの奥で汚れが詰まったり…。
大変です。
そんなことにならないように、普段からお掃除をしましょう。

 

排水溝と排水口の違い

読み方は同じ「はいすいこう」なのに、「こう」の字が違う排水溝と排水口。
それらの違いをすこし紹介したいと思います。

排水溝というは、排水が流れる溝(みぞ)のこと。
道路脇の側溝などをイメージするとわかりやすいですね。

ちなみに、排水管という言葉もあります。
これは管(くだ)ですから、溝(みぞ)とはまた違いますよ。

排水口というのは、キッチンやお風呂などの排水が流れていく口(くち)のこと。
ヌメヌメが溜まるのは排水口ということですね。

 

排水口の普段のお掃除は、くるりんぱ!

歯ブラシ

できれば毎日やってほしい。
せめて2週間に1回はやってほしいお掃除です。
さっそくやり方を紹介していきます。

用意するもの

・ビニール袋
・歯ブラシ

  手 順  

1. 髪の毛など、ゴミを取る

まずはゴミを取ります。
ゴミを取る方法は色々あると思うのですが、今回はイチオシの方法をご紹介します。

まずは、ビニール袋を裏返して手にはめます。
そのままゴミをとったら、くるりんぱ!
口を軽く縛ってゴミ箱にぽいっです。

簡単ですね♪

 

2. 歯ブラシで軽くこすり洗い

フタや目皿を歯ブラシで軽くこすり洗いします。
ちょっと大変かもしれませんが、このひと手間で、のちのちのお掃除がぐーんと楽になるのでおすすめですよ♪

目皿とは…?
排水口のフタの下にある部品。髪の毛や垢といった汚れが、そのまま排水管へ流れていかないように、ゴミをからめとる役割をしています。目皿は、網目状になっているのが特徴です。

お風呂のタイプによっては、排水口のフタがない場合もあります。
パイプの上に、目皿だけが置いてあるなら、フタはないお風呂ということです。

 

たった2ステップです。
今日の夜から始めて、習慣にできるとよいですね♪

 

もっと分解して丁寧にお掃除する

排水溝

続いて、もうちょっと丁寧にお掃除するときの方法を解説したいと思います。
まずは分解してお掃除する方法です!

用意するもの

・ゴム手袋
・浴室用中性洗剤
・歯ブラシ
・スポンジ

   手 順  

1. ゴミを取り除く

まずは、ゴム手袋をはめます。
排水口のゴミはなるべく素手では触りたくないですよね。
手袋をしてからお掃除をしましょう♪

お掃除のスタートは、ゴミを取り除くところから。
目皿や受け皿にたまった髪の毛などのゴミを取り除きましょう。
引っかかって取りにくいゴミは、古くなった歯ブラシを使うといいですよ。

 

2. 取り外せる部品を洗剤でこすり洗いする

排水口のフタ、目皿、受け皿、トラップなどの取り外せる部品を、洗剤をつけたスポンジでこすり洗いします。
このときも細かい部分には、歯ブラシを使うと汚れを落としやすいです。

受け皿・トラップとは…?
受け皿とは、目皿の下にあるもの。目皿が取りこぼしたゴミをキャッチします。
トラップとは、受け皿のさらに下にある部品。コップを逆さに被せたように設置されています。

じつは、トラップはない場合もあります。
そういう場合には、トラップではなく、封水筒があります。

 

封水筒とは太い筒状の部品です。
受け皿を外したときに、そのままパイプの奥が見えるようなら封水筒のタイプです。

メーカーさんや、作られた年代によっても形が違うので、説明書を見るのが安心かもしれません。
とにかく、取り外せる部品は取り外して、洗いましょう。

 

3. 排水口の内部を歯ブラシでこすり洗いする

受け皿をすり抜けて内部にもゴミがたまっている場合があります。その場合はゴミを取り除いてからこすり洗いをします。このときは歯ブラシが便利です。

 

4. 水で洗い流し、部品をもとに戻して終了

もしその下、水に浸かっている部分まで気になったらそこも掃除してしまって大丈夫です。
ある程度であれば、歯ブラシで側面の汚れを取ることができます。

部品の掃除が終わったら、洗剤を水で洗い出しましょう。
すすぎ終わったら、部品をもとに戻しておしまいです!

 

お掃除のテッパン!「カビ取り用洗剤」でお掃除する

分解してお掃除する方法を紹介したのですが、中性洗剤では簡単に落ちない汚れがあります。
それは!みなさんご存知、カビでございます…。
カビを落とすなら、カビ取り用の洗剤が一番!ということで、お掃除する方法を紹介します。

用意するもの

・ゴム手袋
・カビ取り用洗剤

おすすめの商品

カビ取り用の洗剤としては、最も有名なカビキラー。
カビの根っこにすばやく浸透し、綺麗にしてくれます。
こすらずに綺麗になるのが嬉しいですね♪

  手 順  

1. 換気をして、ゴム手袋とマスクをする

カビ取り用の洗剤は、塩素系の洗剤。
体に良いものではないので、ゴム手袋やマスクは必須です。

できればゴーグルも装着してほしいところ。
換気もしっかりしましょう。

 

2. スプレーする

取り外した部品や、排水口の周りに15cm離したところから、スプレーします。
部品というのは、フタや目皿、受け皿、トラップなどですね。
近すぎても、遠すぎてもダメですよ!

 

3. 数分ほど放置

洗剤がしっかりカビの根っこの奥にまで浸透するように数分ほど放置します。
最大5分ぐらいが目安です。

 

4. 十分に洗い流す

時間が経ったら、しっかり洗い流します。
洗剤残りがないように、たっぷり水を使ってすすいでください!

 

カビ取り用の洗剤を使ったお掃除の方法は、これで終わりです。
この方法でカビは綺麗になります。

 

排水口のパイプのお掃除は「かけ流し」か「力技」

パイプっぽいジェットコースター

排水口の奥にある排水管もしっかり綺麗にしましょう。
お風呂の排水口が詰まっているときにも、排水管の掃除で解決できることがあります。
お掃除しがいがありますよ。

液体パイプクリーナーを使う
重曹とクエン酸を使う
ワイヤーブラシを使う

の3つの方法を紹介します。

排水口のパイプをお掃除するなら、その前に排水口をしっかり綺麗にしておきましょう。
パイプを綺麗にしたあとに排水口を掃除すると、せっかく綺麗にしたパイプが再び汚れてしまうことになります…。
お掃除は上から下にが基本です♪

 

液体パイプクリーナーで

パイプとは、排水管のこと。
液体のパイプクリーナーはドラッグストアなどでも市販されています。
お掃除しようと思い立ったらすぐにお掃除を始めることができますね。

用意するもの

・液体パイプクリーナー


おすすめのパイプクリーナーは、パイプユニッシュです。
パイプユニッシュは、排水管の臭いの防止とつまりの解消のどちらにも使えるので便利です。
定期的に使うようにして、排水管を綺麗に保ちたいですね。

  手 順  

1. 洗剤を排水口に流す

洗剤を排水口に流し入れていきます。
その量は、洗剤の容器の目盛りをみて決めます。

今回おすすめ商品として紹介したパイプユニッシュの場合、臭いを消すなら1目盛り、つまりの解消なら4~5目盛りをそそぎ込みましょう。

 

2. 15~30分ほど放置

洗剤を入れてから、15~30分ほど放置します。
長い時間そのままに置いておくと、せっかく取れた汚れが排水管のどこかで再び詰まってしまいます。
30分経ったら必ず次の作業に進んでくださいね。

 

3. たっぷりの水で流す

時間が経ったら、たっぷりの水で流していきます。
このとき、水の勢いが大切!
チョロチョロと水を流すのではなく、洗面器などに溜めた水を一気に流すようにしましょう。

注意
お湯をつかってはいけません。

 

パイプクリーナーは塩素系の洗剤です。
お湯で流すと、成分が分解されて有毒ガスが発生します。
汚れが詰まっていた場合には、水があふれてこないことを確かめながら作業しましょう。

液体のパイプクリーナーをつかったお掃除の方法はこれで終わりです。

 

重曹とクエン酸で

液体のパイプクリーナーを使うのはちょっと心配だなあ、なんて場合には、重曹とクエン酸でお掃除しましょう。
重曹もクエン酸もそれぞれ単体でもお掃除に使えます。
でも、合わせて使うと効果UP!

用意するもの

・重曹・・・100g
・クエン酸・・・小さじ1/2
・水・・・100ml

   手 順  

1. クエン酸水を作る

ペットボトルなどのフタが閉まる容器に、クエン酸小さじ1/2と水100mlを入れます。

フタを閉めてよく振りかき混ぜましょう。

 

2. 重曹を振りかける

排水口に粉状の重曹をまんべんなく振りかけます。100g分の重曹を振りかけていきましょう。
ちなみに、1/2カップぐらいです。
もっというと、大さじ8杯ぐらい。

 

3. クエン酸水を流し入れて30分ほど放置

排水口にクエン酸水を流し入れます。
重曹と反応して泡が出てくるので、そのまま30分ほど置いておきます。
この泡が汚れを落としてくれるのですよ♪

 

4. 水でよく洗い流して終了

流す時は水が自分の方へ流れて来ないよう注意してくださいね。

 
臭い・つまり予防には
週に1回、重曹を使って、臭いやつまりの予防しましょう。

  手 順  

1. 料理用の計量カップ1杯分の重曹を排水口に入れる
2. お湯で流す

あくまでお掃除ではなく予防です。
でも、効果的なので、ぜひやってみてください♪

 

ワイヤーブラシを使う

排水管を物理的に綺麗にする方法を紹介します。
ブラシで汚れをとって、つまりを解消しましょう。

用意するもの

・雑巾
・ゴミ袋
・ワイヤーブラシ

お風呂の排水管を綺麗にするような場合には、5メートルで十分だと思います。
お値段も1500円ぐらいなので、業者さんに頼まずに自分で何度もつまりを解消できるようなると考えれば安いものです。

  手 順  

1. 排水口を分解する了
ワイヤーブラシをパイプの中に入れるためには、最初に分解する必要があります。
分解の方法は、すでに紹介した通りです。
フタ、目皿、受け皿、トラップを順番に取り外していきましょう。取り外した部品も、ついでにお掃除できるとGOODです♪

 

2. ブラシをパイプの中に入れていく
排水口の口から、ブラシを入れていきます。
手で押し込んで入れましょう。

 

3. 途中で止まったら、ワイヤーをくるくると回転させる
ブラシが途中で止まったら、そこでゴミが詰まっている可能性大。
ブラシを回転させてゴミをとりましょう。

使い方はブラシによるのでなんとも言えませんが、ワイヤーを回転させてブラシを回すのが基本だと思います。

 

4. 引き抜いてゴミを取る
ブラシを引き抜いてゴミを取ります。
このとき、雑巾とゴミ袋を用意しておいてください。
雑巾でブラシについているゴミを取って、ゴミ袋に入れます。

 

5. つまりが解消されたことを確認する
水をゆっくり流して詰まっているかどうかを確認します。
もしまだ詰まっているようだったら、2~3の作業を繰り返します。

 

6. 部品を元に戻す
つまりが解消されたら、取り外した部品を元に戻します。
トラップ、受け皿、目皿、フタの順に戻していきましょう。
組み立てまでがお掃除です♪

 

これで、ワイヤーブラシを使ったお掃除は完了。
ワイヤーブラシは、お風呂だけでなく、キッチンや洗濯機の排水口のお掃除にも使えます。
この機会に買っておいてもよいかもしれません。

 

排水口のお掃除をラクにする、プロもおすすめの便利アイテム

ネット

せっかくなのでここで排水口のお掃除を簡単にする商品を3つ紹介したいと思います。

排水口のお掃除で面倒くさいのが、普段のごみ取りですよね。
ということで、その作業を簡単にしてくれるアイテムを3つ選んでみました。
それでは、どうぞ!

髪の毛くるくるポイ

まず1つ目が、「髪の毛くるくるポイ」です。

最初から備え付けられている目皿と交換して使います。
水流を利用して、髪の毛をまとめてくれるので、ゴミを捨てるのがとっても簡単になるのです。

これなら手間もかからずすぐにお掃除ができます♪

 

実はこの商品、お風呂クリーニングを行うプロもおすすめしているのです。
あなたのマイスターでは、気になる質問をたくさんのプロに聞いています。そこで「自分でも使っているオススメ風呂掃除グッズを教えてください」と聞いてみたところ、「髪の毛くるくるポン」を紹介してくれたプロがいました。

カギとおそうじのカワタケさん(東京都)

髪の毛くるくるポイですね。排水口にたまる髪の毛が、うずの力でまとまってくれるので、お風呂に入るたびに髪の毛ゴミを取り除きやすくなります。そのため、一番汚れやすく臭いの発生源になる排水口を、綺麗な状態で維持できるようになります。

 

プロもいうなら間違いない!
面倒くさ〜い排水口のごみ取りが簡単になるならとっても嬉しいですね。
使い方も簡単なので、ぜひ使ってみてください♪

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしですよ!

 

髪の毛ポイ捨てシール

おすすめ商品2つ目が「髪の毛ポイ捨てシール」です♪

「髪の毛くるくるポイ」はプラスチックで目皿と交換するものでした。
でも今回はシールタイプです。

ビニールのペラペラなシールを目皿などに貼って使います。
シールの上にゴミが溜まるので、シールごと剥がしてゴミ捨て完了です。

 

お風呂の髪の毛取りネットタイプ

最後にネットタイプの便利アイテムを紹介します!

目皿にネットをかけて使います。
ネットごとゴミを捨てればよいので、ゴミ捨てが簡単になります。
シールのようなベタベタがないので、使いやすいと感じる方もいるかもしれません。

 

私の一番のおすすめは、やはりプロ一押しの「髪の毛くるくるポイ」ですね。
ぜひ買って使ってみてくださいね♪

 

おわりに

お風呂の排水口をお掃除する方法は、ばっちりマスターできましたか?

もし、他の場所も自分でお掃除したいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。
まずは鏡のお掃除の方法を紹介した記事です。
クエン酸とラップを使ったパックで、鏡の水垢をお掃除する方法が効果的です!

そしてこちらはお風呂の天井・壁・床のお掃除の方法を紹介した記事です!
天井の汚れ、カビの生えた壁、ぬるぬるした床を綺麗にすることができます。
お風呂全体をまるっとお掃除しましょう♪

一度しっかりお掃除すれば、臭いはスッキリ無くなるはずです。
これで、気持ちよくお風呂タイムを楽しめますね♪

それでも臭いが取れない……。

そんな方はプロにお風呂クリーニングを任せるのがおすすめです。

お風呂クリーニングでは、排水口だけでなく、浴槽や壁、ドア、蛇口も徹底的にお掃除してくれます。
浴槽や壁のぬめりやカビ、蛇口の水垢など、お風呂の汚れのお悩みを一気に解決してくれます!

そしてプロにお任せしたほうがいい1番の理由は、「エプロン」もピカピカにしてくれるということです。
「エプロン」とは、浴槽の側面についているパネルのことで、外したことがあるという方は、ほとんどいないかもしれません。
お掃除したことがないエプロンには、カビがびっしり生えている可能性も……!

ぜひ、一度、プロのすごさを体感してみてください!

関連記事

お風呂のカビもぬめりもへっちゃら!浴室に便利なお掃除グッズ3選!

  お風呂に浸かってゆっくり過ごす時間は、至福のひととき。 身も心もくつろいで、いざ浴槽を出たようとしたタイミングで、床のぬめりに気づいてしまった。 こんな残念な経験はありませんか。 今回ご紹介するのは、ぬめり […]

カビが生える3つの条件とは?【茂木和哉】

こんにちは! 茂木和哉です。 みなさん、カビに悩んではいませんか? キッチンやお風呂、トイレなどの水回りだけでなく、押し入れやウッドデッキまで、家中のあらゆる場所にカビは生えてきます。 カビが生える条件は、 「温度」「水 […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

毎日使うトイレ。 どうしても、汚れはたまっていきます。 トイレを使うたびに、たまった汚れが見えたら、気分も下がってしまいます……。 なんとかして、トイレの汚れを落としたいですよね! でも、どんな洗剤を使えばいいかわからな […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方が多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 し […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]