ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

■ネックレスの修理は、留め具外れかチェーン切れかの2つがある
■シンプルな留め具は自分で修理でき、飾りのようなものはできない
■チェーンが自分で修理できるのは、トップ部分が外せるときだけ

まっつん

2017年04月23日

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。
洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。
特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ張ってちぎってしまうこともありますよね。

そこで、ネックレスを修理したい!と思っても、貴金属屋さんにお願いすると結構お値段が張ってしまうことも。
この記事では、自分でできる修理とその方法、そして自分ではできない修理について解説していきます!

さて、あなたのネックレス、どんな感じに切れていますか?
この下の2つのパターンのうち、どちらかになると思います。

・ネックレスの留め具が外れた・無くなった
・ネックレスチェーンの本体が切れた

どちらのパターンでしたか?
それぞれのパターン別に、自分で修理が出来るか・出来ないかと、修理方法を解説していきますね♪

修理ができる留め具・できない留め具


ネックレスの留め具は繊細で、簡単に外れたり無くなったりしてしまうものですよね。
でも、留め具が壊れたくらいで修理を頼むのは面倒・・・という方もいるはず。

留め具には様々な種類があり、その中には構造が簡単で自分でも修理できるものがあります。
まずは自分で修理できるもの・できないものについて解説しますね♪

 

自分で修理できるタイプ

留め具を自分で修理できるネックレスには3つのタイプがあります。
新しいパーツと交換するだけなので、自分でも手軽にできちゃうんです!
お持ちのネックレスがとのタイプか確認してみてくださいね。

引き輪とプレート
最も多く使われている留め金です。様々なタイプ、ブランドのネックレスに幅広く使われています。
金具のサイズは、そのネックレスに合わせて様々ですので、お持ちのネックレスに合ったサイズのパーツを用意してくださいね!

おすすめの商品はこちら↓↓

・引き輪

1パック5個入りの、通常よく使われるサイズの引き輪です。ゴールドなので、高級感があります。

 

・プレート


日本製18金ゴールドのプレートです。きちんとした素材なので、輝きが違いますね♪

 

フック
重量があるネックレスに使われることが多い留め具です。

おすすめの商品はこちら↓↓

小さいサイズのフックです。色は6色展開なので、お手持ちのアクセサリーに合ったものを選んでくださいね♪

 

マグネット
マグネットで簡単に留められるタイプの留め具です。

おすすめの商品はこちら↓↓

小さいのに強力な磁力の、こちらの留め具。手先があまり器用でない方や、ご年配の方におすすめです。

 

自分で修理できないタイプ

残念ですが、留め具を自分で修理できないネックレスには4つのタイプがあります。
このタイプのネックレスの修理は、プロにお任せするのをおすすめします。

中折れクラスプ
幅が広く重量があるネックレスに使われることが多い留め具です。
直接ネックレスについている留め具のため、残念ながら自分での修理は難しいです。

 

パールクラスプ
パールネックレス等についている、花形の金具に差し込むタイプの留め具です。

 

差し込みクラスプ
差し込んで留めるため、どこに留め具があるかが分からないようになっているタイプの留め具です。

 

その他の留め具
その他にも、飾りのようになっている留め具など、様々な形状・材質の留め具がありますが、その場合はパーツ等も市販されていないため、アクセサリー修理屋さんに問い合わせてみましょう!

 

修理ができるチェーン・できないチェーン

次のパターンは、ネックレスの本体の部分が切れてしまったという場合です。
チェーンネックレスならチェーン部分、糸を通した真珠のネックレスなら、その糸部分が切れてしまった、という場合です。
ネックレスの本体部分の材質別に、自分で修理ができるか・できないかを解説します。

 

自分で修理ができるタイプ

ごく一般のネックレスは、金属チェーンで出来ていますよね。
そんな金属チェーンのネックレスのチェーン部分が切れたときは、チェーンを交換することができる場合もあります。

あまり高価なネックレスでなかったり、これまでのチェーンの質感が変わってしまっても問題がなかったりする場合は、チェーンごと交換してしまうことが可能です。
ただし、この方法は、ネックレスのトップがチェーンに固定されていない時のみに限られるので、注意してください。

丸で囲まれた部分がネックレスのトップ部分です。

このネックレスのトップ部分が、ネックレスのチェーンから取り外せる場合、自分で修理が出来ます

 

おすすめの商品はこちら↓↓

しなやかさが人気のベネチアンチェーン。あまりチェーンらしさを出したくないペンダントにおすすめの商品です。輝きが強いシルバーで、華やかな胸元を演出してくれます。長さによって雰囲気も大きく変わるので、この機会にお好みのものをお選びください♪

 

チェーンを交換できないときはどうする?

チェーンを変えたくない場合や、トップがチェーンとくっついている場合は、ネックレスチェーンのみの交換はできません。
その場合は、ロー溶接やレーザー溶接という方法で、金属を溶かしてくっつけることが必要になるので、専門の業者さんに頼みましょう!

また、チェーンを新しく買うととても高価な場合も、アクセサリー修理業者さんに修理してもらうのがオススメです!
購入した店舗や、町の貴金属屋さん、ネット上の修理業者さんなどにお願いしましょう。
店舗さんによっては、チェーンを自分で替えるよりもお手頃に、キレイに修理してくれるようです♪

 

自分で修理ができないタイプ

金属チェーンのネックレス以外は、自分では修理できないことが多いです。

糸のネックレス
真珠のネックレスなど、ネックレス本体部分が糸になっていて、糸部分が切れてしまった場合、糸替えが必要になります!

しかし糸替えは時間がかかり、また自分で糸替えをすると糸がたるみ綺麗に仕上がらない可能性が高いため、アクセサリー修理業者さんにお願いするのがオススメです。

 

ワイヤーのネックレス
ワイヤーを通した真珠のネックレスや、ブラックダイヤのネックレスに関しても、ワイヤー替えが必要になります。

糸替えと同様に大変繊細な作業となるので、アクセサリー修理業者さんに頼むのがいいですね!

 

上記以外のネックレス
上記以外の材質のネックレスは、修理が複雑なものとなるため、自分での処理はおすすめできません。
アクセサリー修理のプロにお願いして、キレイに修理してもらいましょう♪

修理の方法

さて、あなたのネックレスはご自分での修理ができるものでしたか?
修理ができることを確認したら、さっそく修理をはじめましょう♪

ただし自分での修理をした場合も、一度壊れた箇所はまた壊れてしまう可能性が高いため、時間がある際にアクセサリー修理のプロにお願いするのがオススメですよ!

揃えておくといい道具

自分で修理を始める前に揃えておくといい道具が2つあります!
丸環小さいペンチです。それぞれおすすめの商品を紹介します。

おすすめの商品はこちら↓↓

・丸環

手芸の定番アイテム、丸環です。線径の細いプレーンなパーツなので、繊細なデザインにピッタリです!

・小さいペンチ


手芸の必需品、平ペンチ・丸ペンチ・ニッパーの便利な3点セットです♪アクセサリーパーツを加工するのにぴったりの商品です。

留め具の修理の方法

留め具のパーツはきちんと用意できましたか?
それでは、留め具の修理に入りましょーう!

用意するもの

引き輪とプレートを修理するとき
・引き輪・プレート・丸輪・小さいペンチ

フックを修理するとき
・フック・プレート・丸輪

マグネットを修理するとき
・マグネットタイプの留め具・丸輪

 

   手 順  

1. 壊れたパーツを外す

壊れたパーツがチェーンについている場合は、チェーンから壊れたパーツを取り外しましょう。丸環を開けるときは、平ペンチを2本使って両手で前後に広げると簡単です。

 

2. 新しいパーツをつける

新しいパーツを、丸環を使ってチェーンに取り付けていきます。丸環で、チェーンとパーツの間を繋ぎ、丸環を閉じます。丸環を閉じるときも、平ペンチを2本使い、前後にずらして閉じましょう。

 

チェーンの修理の方法

お手持ちのネックレスのトップにぴったりなチェーン、見つけられましたか?
それでは、チェーンを交換して、またお気に入りのネックレスを身につけましょう♪

用意するもの

・新しいネックレスチェーン

 

   手 順  

1. トップをチェーンから外す

切れてしまったチェーンから、ネックレスのトップ部分を取り外します。

 

2. トップを新しいチェーンに通す

古いチェーンから外したトップを、新しいチェーンに通します。

Point
左利きの方は、この機会にトップを通す向きを逆向きにして、使いやすくするのがオススメです!

 

おわりに

いかかでしたか?

ネックレスの修理は、まずはじめに

留め具が壊れてしまった
チェーンが切れてしまったのか

のどちらなのかを確認しましょう!
そして自分で修理できるネックレスかどうかをきちんと確認することが大切です♪

アクセサリーの修理は、細かい手作業が必要になるため、少し難しいです。
自分で修理できる場合はぜひチャレンジしてみましょう!
ですがそれでも難しかったり、大切なジュエリーだったりする場合は、経験豊富なプロにお願いするのもおすすめですよ♪

関連記事

指輪修理の職人さんがサイズ直しと傷の修復!新品同様の輝きが蘇る!

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

緑青の落とし方は「重曹」がポイント!真鍮や銅の像は慎重にどうぞ!

『緑青』……耳馴染みのない言葉かもしれませんね。 みどりあお…じゃありません。「ろくしょう」と読みます。 これは銅や真鍮(しんちゅう)に発生する、まぁようするにサビのことです。   被害にあうのはアクセサリーよ […]

ランキング

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

大掃除の日に最小限の洗剤と道具で家中まとめてピカピカにする方法!

年末が近づくと、悩みのタネになってしまう大掃除。 お掃除したいところはたくさんあるのに、後回しにしたり、お掃除の方法に迷ったりしているうちに、年が明けてしまった。 そんな経験があるのは私だけでしょうか……。 でも、大掃除 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

洗濯表示はお洋服のカルテ!イラストで新旧のマークをていねいに解説

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか? 洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。 あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ。 その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです […]

カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

換気扇のお掃除は、難易度が高いです。 取り外しも面倒で、一度お掃除してもすぐに汚れていきます。 そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかわかんない、って方も多いかも。 「じゃあ、やらなくていいや!」というわけにも […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

30秒の動画でわかる!エアコンクリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「エアコンクリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、エアコンのお掃除をしてくれるサービス それが、エアコンクリーニングです。 普段、自分でするエアコン掃除は、お休みの日にフィルターのホコリを掃 […]

大掃除の日に最小限の洗剤と道具で家中まとめてピカピカにする方法!

年末が近づくと、悩みのタネになってしまう大掃除。 お掃除したいところはたくさんあるのに、後回しにしたり、お掃除の方法に迷ったりしているうちに、年が明けてしまった。 そんな経験があるのは私だけでしょうか……。 でも、大掃除 […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

換気扇の掃除はつけおき洗い!ギトギト汚れに最適な方法と頻度を紹介

換気扇のお掃除は、難易度が高いです。 取り外しも面倒で、一度お掃除してもすぐに汚れていきます。 そもそも換気扇のお掃除って何から手をつけていいかわかんない、って方も多いかも。 「じゃあ、やらなくていいや!」というわけにも […]

洗濯機のくさい臭いにサヨナラ!カビ・生・下水臭をすべて解決できる

毎日着る服を洗うのに必要な、洗濯機。 その洗濯機の臭いが気になることってありませんか? 洗濯機の臭いは、なんと洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

【五徳】ピカピカお掃除!万能【重曹】の前に「とりあえずビール!」

ガスコンロについている五徳、きちんと洗ったことってありますか? 鍋からの吹きこぼれ、油の飛び散り、と、五徳によごれはつきもの。 料理し終わった後の五徳は、とても熱くなっていて触るのは危険です。 食器のように、使った後すぐ […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

洗濯表示はお洋服のカルテ!イラストで新旧のマークをていねいに解説

突然ですが、お洗濯をするとき、洗濯表示はちゃんと見ていますか? 洗濯表示というのは、服のタグについてある、あの小さな絵のこと。 あの小さな絵が、いわばお洋服のカルテ。 その洋服のお洗濯に関する情報をすべて含んでいるのです […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

手洗いで洗濯する7種類の方法を丁寧に解説!ぬるま湯で短時間がコツ

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

洗濯ネットの使い方・選び方ひとつで、色移り・型崩れ・ほつれ知らず

一人暮らしを始めた当初は、「洗濯ネットとか使う意味あるの?」なぁんて思ってた僕ですこんにちは。 だってほら、ただの袋じゃないですかあれ。 なら別に無くてもいいじゃん? と使わず洗ったのが運の尽き、まだらに青いシャツの完成 […]

服・衣類のカビは白黒2タイプ!早めのエタノール、最終手段は漂白剤

久しぶりにクローゼットから取り出した服に、なんか白いものがついてるな…とか、黒いぽつぽつがあるな…なんていうこと、ありませんか? それ、もしかしたらカビかもしれません。 せっかく大事にしていた洋服に、カビが生えるなんて嫌 […]

布団のカビは「エタノール」で殺菌!カバーや床のカビも徹底的に除去

敷布団やマットレス、久しぶりに干してみようかな~と、ふと裏を見てみると……。 ん?なんか黒いポツポツがある。 ナニコレ。 ってなっている方。 劣化かな、仕方ない。 とか言って、放置しないでくださいね? その黒いポツポツ、 […]

洗濯物の部屋干しで臭わない8つのポイントと便利なグッズを一挙紹介

雨が続く梅雨の時期など、太陽の下で洗濯物を干せないときってありますよね。 そんなときは部屋干しをする方が多いと思います。 でも部屋干しだと洗濯物は乾きにくいし、ちゃんと乾かしたはずなのに生乾きの臭いがするということもあり […]

柔軟剤の使い方ひとつで香る香りも香らない!?入れるタイミングが命

いつもなんとなく使っている柔軟剤。 柔軟剤を使うと、手触りがふわふわになって気持ちがいいし、いい香りもしていいことばかりだな。なんて思っていませんか? もちろん、柔軟剤にはいいところも沢山あります。一方で、デメリットもあ […]

振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

靴底のかかとのゴムを、靴修理の職人さんが自然に馴染ませて直した話

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

鞄のクリーニング・色補修を取材!カビ・シミ・角の傷が消え去った日

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

鏡面磨きを職人に頼んだら15年物の革靴が潤いと輝きを取り戻した話

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

革の鞄のお手入れは、油分の補給!傷には水拭き、汚れには消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

ふと腕を見ると、そこにいてくれる。 そんな安心する存在、腕時計。 いつでも時間を教えてくれる時計は、便利なのと同時にファッションアイテムでもあります。 きれいなお気に入りの時計を身につけていたら、気分がいいですよね。 逆 […]