ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

RELIVERS編集部

2019年01月29日

 

ショルダーベルトが切れてしまった。

ファスナーが壊れた。

シミがついてしまった。

そんなブランド品はありませんか?

切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。

その仕上がりは、修理をしたとわからないほど。

今回は、ルイ・ヴィトンの修理を特集!

旅行用トランクの製造から始まったルイ・ヴィトン。

フランスの伝統的なブランドで、モノグラムやダミエはあまりにも有名ですね。

実際にルイ・ヴィトンのバッグやお財布を修理した例を2つ紹介します。

ぜひ、職人さんの技術を写真で確かめてみてください!

ルイ・ヴィトンのバッグの根革交換

ルイ・ヴィトンの修理 #1

修理をした職人さん 伊藤鞄製作所さん
修理内容 根革(ねかわ)交換
参考価格 4,000円

根革とは?

バッグと持ち手のつなぎ目を根革(ねかわ)といいます。

今回、根革が切れてしまったモノグラムのトートバックの「根革交換」をしました。

ルイ・ヴィトンの根革の特徴は?

ルイ・ヴィトンの場合、鞄と持ち手の根革を角カンという金具でつないでいる場合が多いです。
角カンとは、四角い形をしたカンのこと。

角カンのメリットは、デザイン面以外にもあります。角カンを使うと持ち手が固定されるので、鞄から手を離した時でも自立できるのです。

ただ、革の動きが制限される分、あそびの部分がないので、革に負担がかかりやすくなってしまうことがあります。

するとある日、写真のように切れてしまう訳です。

正規店に持ち込んでも、型が古いので修理を引き受けてくれない可能性が高いです。

今回の根革交換は、どのような修理?

伊藤鞄製作所なら、正規店では引き受けてくれない根革も、きれいに元通りにします。

新たに縫い付けた革の部分の色が若干違いますが、これは時間が経てばある程度馴染んでいきます。

見積もりの依頼をいただければ、お客様の予算やご希望にお応えできるような提案させていただきます。

「株式会社伊藤鞄製作所」さんに見積もりを依頼する!

 

ルイ・ヴィトンのバッグのパイピング修理


ルイ・ヴィトンの修理 #2

修理をした職人さん レザーリフォームさん
修理内容 パイピング修理
参考価格 9,600円

 

今回は、ルイ・ヴィトンのモノグラムのボストンバッグの修理です。

モノグラムは、ルイ・ヴィトンのバッグの中でも代表的なデザインの1つだと思います。

「パイピング」部分を修理して、お客さんの要望に応えていきます。

今回のパイピング修理は、どのような修理?

今回、修理する部分をバッグの「パイピング」と呼びます。

まず、新しいパイピングの革を用意します。

このバッグはヌメ革製のため、使っているうちに色味が変化していきます。

色を合わせるために、まず革を染色するんです。

パイピングの中の芯まで破損している場合は、芯も自前で用意します。

古い革を外して、新しく染色した革を縫い付けます。

最後に、バッグ全体の目立った汚れをふき取ったら、パイピング修理の作業は完了です。

今回のルイ・ヴィトンのカバン修理のこだわり
今回の修理のこだわりは、革の染色から自分で行う点です。

ヌメ革は使う方によって、全く違う色になります。その色に合う革を探すのではなく、革をその色に染めることで、より違和感のない仕上がりになります。

お客さんの要望に合うよう、自分たちの技術レベルを上げて、あらゆる事例に対応しています。

これまでの経験から、さまざまなブランド物の修理が可能です。

他店で断られたカバンや靴でも、私たちなら直せます。

まずは、無料のお見積りからどうぞ。

「レザーリフォーム」さんに見積もりを依頼する!

 

ルイ・ヴィトンのバッグの持ち手交換とフチ交換


ルイ・ヴィトンの修理 #3

修理をした職人さん 伊藤鞄製作所さん
修理内容 持ち手交換 / フチ交換
参考価格 14,400円

 

今回の持ち手とフチの交換は、どのような修理?

持ち手が内側に縫い付けてあるタイプのバッグなので、一度、バッグのフチを外します。内側の縫い目を解いて、持ち手を取り外します。
ステッチがバッグの内部にある場合は、フチを外す必要はありません。

用意してある型を使い、新しい革を切り出します。

もとは、ヌメ革製でしたが、色味を考えて、新しい持ち手は、牛革製。

ヌメ革は、使っているうちに味が出ますが、もとの色は薄いため、修理で使うと、周りから浮いてしまいます。
作った持ち手を縫い付けて、新しいフチで閉じたら、持ち手とフチの交換の作業は完了です。

今回のルイ・ヴィトンのカバン修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、まるで、修理をしていないかのように仕上げる点です。

今回のお客さんも、初めは持ち手の交換だけを希望されていましたが、そうすると、フチの黒ずみが目立ってしまうため、フチの交換もご提案して、あわせて修理を行いました。

バッグの修理は、一度にまとめてやる方が、革を傷めずに済みます。

気になる箇所だけでなく、全体を修理するのもアリだと思います。修理の詳細に関しては、ぜひご相談ください。

 

「株式会社伊藤鞄製作所」さんに見積もりを依頼する!

 

ルイ・ヴィトンのバッグの内袋交換


ルイ・ヴィトンの修理 #4

修理をした職人さん &leatherさん
修理内容 内袋交換
参考価格 22,000円

 

今回は、ルイ・ヴィトンのバッグの内袋交換です。

バッグ入口付近の内袋がボロボロになっています。合皮製なので、湿気や経年劣化が原因として挙げられます。

ボロボロの合皮は修理で良くなるわけではないので、内袋を丸ごと交換します。

今回の内袋交換は、どのような修理?

バッグのフチを取ると、内袋が縫い付けられている場所が見えるので、ボロボロになった古い内袋を取り外します。

今回は、内側にファスナーとストラップが付いているので、これも丁寧に取り外しておきます。

取り外した古い内袋をもとに、新しい内袋を作るための型紙を作成するんです。型に合わせて生地を裁断。元々は合皮ですが、新しい内袋は、シャンタン生地で作ります。

ポケットを作り、先ほど外した、ファスナーとストラップを取り付けます。

最後に、新しい内袋を縫い付けて、フチを縫い合わせれば、内袋交換の作業は完了です。

今回のルイ・ヴィトンのカバン修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、内袋に付いていた、ポケットとストラップを再現している点です。

確かに、手間はかかってしまいますが、仕上がりのレベルに大きな違いが生じます。

ポケットの有無は使い勝手にも影響があると思うので、できるだけ元の状態に近づけます。

内袋交換に限らず、カバンのお悩みや気になることなど、お気軽にご相談ください。

ルイ・ヴィトンのカバンを修理した職人さん

「&leather」さんに見積もりを依頼する!

ルイ・ヴィトンの財布の色補修とファスナー交換

ルイ・ヴィトンの修理 #5

修理をした職人さん レザーリフォームさん
修理内容 ファスナー交換
参考価格 13,000円

 

 

コバとは?

革製品を作るときには、大きな革から型に合わせてパーツを切り出します。このときにできる革の切り口がコバです。パーツを縫い合わせて製品にしたときに、切り口が表に見えることがあります。

今回、ダミエのラウンドファスナー長財布の「ファスナー交換・コバ補修」をしました。

今回のファスナー交換・コバ部分の色補修は、どのような修理?

ファスナーのムシ(噛み合わせの部分)が経年劣化しており、サビも出ていた状態でした。そこで、お客さまにはファスナー全体の交換を提案して、交換をしました。

引手を再利用しているので、修理後の写真では、見た目には違いがほとんど分からないようになっています。

コバについても元の色合いと馴染むよう、自然に補修しました。

より長く元の状態を保ったままお使いいただけるよう、気付きにくい細かい部分までこだわっています。

「レザーリフォーム」さんに見積もりを依頼する!

ルイ・ヴィトンの財布のほつれ縫い


ルイ・ヴィトンの修理 #6

修理をした職人さん 麗靴堂さん
修理内容 ほつれ縫い
参考価格 2,160円

 

今回は、ルイ・ヴィトンの財布のほつれ縫いです。

使っている内に、内側の糸がほつれてしまったとのことです。

革に傷が無さそうなので、縫い目が分からないように縫い直して、新品のように戻します。

今回のほつれ縫いは、どのような修理?

まず、ほつれてしまった糸を途中まで抜いて、返し縫いをして、見えないようにしておきます。

今回はカラーがブラックなので、あまり目立ちませんが、他の色の時は、糸の色にも注意。

使う糸に関しては、糸の「番手」を合わせます。

ルイ・ヴィトンの財布の中でも、この財布は、表面が合皮でできているものです。

縫い付ける際に、革が割れないように細心の注意を払います。

最終確認をして、問題なければ、財布のほつれ直しの修理は完了です。

今回のルイ・ヴィトンの財布修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、修理跡を残さないことを心がけて作業している点です。

財布は毎日開くもの。開くたびに、修理した跡が気になるようでは、修理をした意味がないですよね。

お客さんの日常を邪魔しない、まるで新品のような仕上がりを目指して修理をします。

興味を持ってくれた方は、ぜひ他の作業事例も見てください。

ご質問等、お待ちしています。

ルイ・ヴィトンの財布を修理した職人さん

「麗靴堂」さんに見積もりを依頼する!

ルイ・ヴィトンの靴のオールソール交換

ルイ・ヴィトンの修理 #7

修理をした職人さん bootsbellさん
修理内容 オールソール交換
参考価格 16,960円

 

今回は、ルイ・ヴィトンの靴のオールソール交換です。

経年劣化でソールが割れてしまっています。

もう一度、外に履いていけるように、オールソール交換をします。

今回のオールソール交換は、どのような修理?

まず、割れてしまったソールを剥がしてしまいます。

側面の革が剥がれかけていたので、新しく巻き直します。

新しいミッドソール(中間のソール)のサイズを合わせて、形を整えてから、貼り付けます。

最後に、かかとの高さを調節して、アウトソール(靴底)を縫い付けたら、オールソール交換は完了です。

元々は、ソールは縫い付けられていなかったのですが、強度を上げるために、あえて、縫い付けています。

今回のルイ・ヴィトンの靴修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、お客さんの今後を考えて、ソールを縫い付け、靴の強度を上げている点です。

単なる修理で終わらせないのが、ポイントです。

また、ルイ・ヴィトンの靴の中には、ソールにロゴの入ったチップが埋め込まれていることがあり、その場合は新しいソールにチップを埋め直す作業が加わります。

お気に入りの靴を長く履き続けるために、気になること、質問など、ぜひご相談ください。

「bootsbell」さんに見積もりを依頼する!

ルイ・ヴィトンのサンダルのハーフソール補強


ルイ・ヴィトンの修理 #8

修理をした職人さん 靴修理工房REPAIRISTさん
修理内容 ハーフソール補強

 

今回は、ルイ・ヴィトンのサンダルの修理です。

インパクトのあるブルーで、目を引きますね。

新品でしたが、ソールが薄いので、補強して長く履けるようにしてほしいというご要望がありました。

レザーソールは滑りやすいので、ラバー製のものでハーフソール補強します。

ルイ・ヴィトンの靴のハーフソール補強とは

ルイ・ヴィトンはレザーソールの靴が多いので、ハーフソール補強の依頼は比較的多いです。

ハーフソールを貼るとソールが分厚くなるのを気にする方もいるのですが、実はハーフソールの厚みはせいぜい2mm程度しかありません。これだけで、長く履けるようになるのであれば、お得な気がしませんか?

今回は、靴とソールとの間に段差が出ないように心がけました。また、ハーフソールも特にグリップ力の高いVibramのエクスプローションソールを使っています。

今回のルイ・ヴィトンの靴修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、雰囲気を損なわないように、あたかも修理してないかのように自然な感じで仕上げた点です。

デザインを気にして、ハーフソール補強を敬遠する方もいるとは思います。ただ、先ほども言ったように、ハーフソールの厚さはたったの2mm程度。

このサンダルのようにソールの薄い靴で永く良い状態で履きたい方は新品時にハーフソール補強することをおすすめします。

せっかくのブランド靴、長く履き続けたいと考えているなら、ぜひご相談ください。

ルイ・ヴィトンの靴を修理した職人さん

「靴修理工房REPAIRIST」さんに見積もりを依頼する!

ルイ・ヴィトンの靴のハーフソール補強とかかと補強

ルイ・ヴィトンの修理 #9

修理をした職人さん 有限会社マイスタースミスさん
修理内容 ハーフソール補強 / かかと補強
参考価格 2,700円

 

今回は、ルイ・ヴィトンのローファーの修理です。

新品の靴ですが、レザーソールなので、このままだと雨の日に水を吸ってしまいます。

ハーフソールとかかとを「USシート」で補強します。

今回のハーフソールとかかと補強は、どのような修理?

「USシート」は厚さ1ミリ程度にも関わらず、防水性を高めて、また、靴の減りを抑えることができます。

新品の靴で、靴底が平らなので、まず、グラインダーで靴底を少し削ります。

ハーフソールとかかとの大きさに合わせて、USシートを切り取ります。

革用の接着剤を使い、USシートを貼って、乾燥させたら、ハーフソールとかかと補強の作業は完了です。

この時、接着剤がはみ出てしまうと、見栄えが良くないので、接着剤の量を絶妙に調節しています。

今回のルイ・ヴィトンの靴修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、仕上がりに直結する貼り合わせの作業。

接着剤がはみ出さないようにするだけでなく、左右でシートの貼り方、貼る位置に違いが出ないように、心がけます。

新品の靴を扱うため、買った時の印象を崩さないように、丁寧に作業を進めます。

今回のUSシート以外にも、新品の靴に施して、ソールの持ちを良くしたり、耐久性を上げる修理があります。

詳細に関して、お気軽にご相談ください。

ルイ・ヴィトンの靴を修理した職人さん

「有限会社マイスタースミス」さんに見積もりを依頼する!

 

ルイ・ヴィトンのミュールのほつれ縫い

ルイ・ヴィトンの修理 #10

修理をした職人さん THE SHOE SHINERさん
修理内容 ほつれ縫い
参考価格 8,000円

 

今回は、ルイ・ヴィトンのミュールの修理です。

ミュールの甲の部分が愛犬のワンちゃんに噛みちぎられてしまったらしく、履けなくなっています。

新しい革をあてて、元の状態に近づけるよう修理します。

今回のほつれ縫いは、どのような修理?

噛みちぎられた革をそのまま使うことができないので、似たような革から、複雑な形を切り出します。

ここでは、完成図をイメージしておくことが大事で、破損が少ない左足を参考に、革を裁断。

革の中心に付いているロゴを取り外してから、ちぎれた革を取り除きます。

新しく切り出した革を縫い付け、左足と並べて、見比べながら調整。

最後に、ロゴを付け直したら、今回の修理は完了です。

今回のルイ・ヴィトンの靴修理のこだわり

今回の修理のこだわりは、靴を買った時より喜んでもらえることを目指している点です。

修理をした跡が目立たないように、その靴を見た人が修理に気付かないように、を心がけて修理しています。

お客さんの意見を聞いて、お客さんの持つ、靴への思い入れを考えて、ベストな修理を目指します。

まずは、作業事例を見てもらい、気になることがあれば、ぜひご相談ください。

「THE SHOE SHINER」さんに見積もりを依頼する!

直営店にはできないルイ・ヴィトンの修理

ルイ・ヴィトンの直営店で修理を依頼すると、金額が高価になることや、部品の在庫がないからと修理自体を断られる場合があります。

もちろん、スーパーブランドという大きな看板を背負っている以上、少しも妥協してはいけない想いが現れているからこそだと思います。

例えば、革を一部交換することで、見た目に違和感が出るから交換できない、ということも。もはや芸術の域ですね。

でも、実際に使っている人からすると、使っていれば時の流れで色は変わるし、そこに愛着が湧いてくることもあるはず。

直営店にできないルイ・ヴィトンの修理も、カバン修理の職人さんなら、在庫のない部品を一から色に合わせた革を使ったりした修理ができます。

「あなたのマイスター」は、お手軽な修理価格で、質感の近い素材で新品に近い仕上がりにしたい方におすすめです。

修理の無料見積もりを出すには

修理の頼みかた簡単3ステップ

1.写真を撮る

写真を撮って、頼みたい職人さんに送ります。

2.相談する

修理内容の提案や金額の見積もりが届きます。職人さんと相談して修理内容を決めます。

3.直したいものを送る

職人さんに直したいものを送ります。

修理は頼みたいけど、

・お店まで行く時間がない
・修理にいくらかかるのかが不安
・修理可能なものなのか分からない

と悩んでしまうことがありますよね。

そこで、おすすめしたいのが「見積もりをおねがいすること」です。

あなたのマイスター」なら、

・ネットで今すぐ
・職人さんに直接
・無料で

ルイ・ヴィトンのバッグや靴の修理の見積もりをおねがいすることができます。

手順もとっても簡単。

写真を撮って必要な項目を入力するだけです。一度に複数の職人さんに見積もりをおねがいすることもできます。

後日、依頼した職人さんから修理メニューや費用などの見積もり内容の連絡が届きます。

大切にしていたのに使えなくなってしまったルイ・ヴィトンのバッグや靴をお持ちの方は、職人さんに見積もりを頼んで、もう一度使えるようにしてみませんか?

見積もりアプリ「ミツモ!」が出来ました!

この度、ネットで職人さんへの依頼が出来るスマホアプリ「ミツモ!」ができました。

アプリをダウンロードして、写真を撮るだけで複数の職人さんへの見積もりができちゃいます。

もちろん見積もりは無料!あなたの大切なものを、インターネットを使って簡単に修理してみませんか?

ルイ・ヴィトンの鞄や財布を長持ちさせるコツ

(上画像:モノグラム、下画像:ダミエ)

新しく買った鞄。
修理から返ってきた財布。

きれいなルイ・ヴィトンの鞄や財布は、きれいな姿のまま、使っていきたいですよね。

普段のお手入れを紹介します。

モノグラムやダミエは革ではない

ルイ・ヴィトンの中で、最も有名なデザインのモノグラムダミエ。これらの素材は革ではないと知っていましたか?

モノグラムやダミエに使われている素材は、塩化ビニール製。正確には、良質なエジプト綿(キャンバス)の表面に、ポリ塩化ビニール(PVC)をコーティングしたものなのです。

丈夫な上に軽量で、防水性にも優れている非常に優秀な素材です。

とはいえ、水に濡れたまま放置したり、手垢がついた状態で長い間クローゼットに保管したりしていると、鞄が傷む原因となってしまいます。

塩化ビニール製の鞄や財布のお手入れ

ダミエやモノグラムのような塩化ビニール製の鞄や財布のお手入れは、「固く絞ったタオルで拭く」のが一番。

見た目が革に見えるからと、クリームを塗ってもあまり効果はありません。

できれば、使うたびに固く絞ったタオルで拭いてあげて、不織布に入れて保管するのがベストです。ただ、忙しくてそんなにできないという方は、気づいた時に乾いた布で拭いてあげるだけでも効果はありますよ。

もちろん、革の部分(角・持ち手・ショルダーベルト等)については、クリームを塗って保湿してあげることをおすすめします。

こまめにお手入れすることで、きれいな状態を保てるだけでなく傷みから守ることができますよ。

まとめ

ルイ・ヴィトンの修理を特集しました。

修理例を見て、お手持ちのルイ・ヴィトンの鞄や財布の持ち手部分が気になった方も、いるかもしれませんね。

傷や汚れがついたルイ・ヴィトンのバッグや財布も、修理をすれば、また使えるようになります。少しでも気になったら、写真を撮って職人さんに状況を確認してもらうことをおすすめします。

あなたのマイスターの職人さんなら、修理が必要か、必要ならどんな修理になるのか、ていねいにお伝えします。長くきれいに使う秘訣も教えてくれますよ。

大切なルイ・ヴィトンの鞄や財布が、もっと大切にできると良いですね!

関連記事

NEWランドセルは革小物にリメイク!思い出を自分だけの特別なアイテムに

  1年生になったら♪1年生になったら♫友達100人できるかな🎶 大きなランドセルを背負う1年生。期待に胸を膨らませて小学校に入学します。 それから6年。卒業してから、思い出のたくさん詰まったランドセルは押入れ […]

NEWスーツケースのカビを根こそぎ落とす!旅行後は正しい保管で予防対策

  春の長期休暇、夏休み。日々の疲れを癒すために思い切って海外旅行に行く、なんて人も多いのではないでしょうか。 いざ旅行の予定が決まって準備をしなきゃ…そんなときに引っ張り出したスーツケース、カビが生えていたら […]

NEWリュックは自宅で洗える!洗濯機・手洗い、コーティング方法まで紹介

  旅って素敵ですよね。 初めて見る風景。 知らない言葉。 美味しい食事。 旅はする度に新たなことを知ること出来る素敵な機会… そんな旅のお供にしたいのはスーツケース? 私は断然リュック派です。 荷物も運びやす […]

NEW革財布の傷には補修クリームとレザーマニキュア、クレヨンも使える!

  愛用の革財布に傷がついている! そうなったらショックですよね…。 でも安心してください! その傷、深刻なものでなければ直したり、目立たなくできるかもしれません。 ということで、革財布の傷へのお手入れの方法を […]

ランキング

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機が臭いと感じるならカビを疑え!洗剤臭や下水のにおいも改善!

毎日着る服を洗うのに必要な洗濯機。その洗濯機が臭いと感じたことはありませんか? そのにおい、洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使ってみたのも、全て […]

洗濯機の排水口掃除には重曹とクエン酸!イヤ〜な臭いやつまりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコンのフィルター掃除の方法を紹介!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏・寒い冬はエアコンを使って毎日をできるだけ快適に過ごしたいですよね。 そう思っているあなた、しっかりエアコンのお掃除はできていますか? 特にエアコンのフィルターは、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに […]

エアコンクリーニングの方法を写真で解説!自分の家で掃除してみた♪

梅雨の時期になり、エアコンをつけると……カビ臭い。 夏が終わり秋口になるとエアコンが……カビ臭い。 多くの方がこのような体験をしたことがあると思います。 そこで必要なのは、「エアコンクリーニング」です! エアコンのパーツ […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機が臭いと感じるならカビを疑え!洗剤臭や下水のにおいも改善!

毎日着る服を洗うのに必要な洗濯機。その洗濯機が臭いと感じたことはありませんか? そのにおい、洗い終わった洗濯物に移ってしまうことがあるのです。 それではせっかく洗濯したのも、ちょっといい香りの柔軟剤を使ってみたのも、全て […]

洗濯機の排水口掃除には重曹とクエン酸!イヤ〜な臭いやつまりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる……。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする……。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を […]

ウォシュレットのお掃除はノズルの黒ずみまで!分解して徹底洗浄も!

ウォシュレットって、とっても便利ですよね。 お湯が出てお尻を綺麗にしてくれるだなんて、斬新な発明だと思いませんか? 今や、日本国内の一般家庭におけるウォシュレットの普及率は、約80%! 私たちの生活に欠かせないものとなり […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

エアコンクリーニングの頻度は年1回が目安!月2回は自分でお掃除!

エアコンをつけて、「あれ、なんかカビ臭い」と感じたら、エアコン掃除が必要だというサインかも知れません。 エアコン掃除をサボって運転効率が下がると、電気代にまで影響があります。 仮に、運転効率が30%下がると、135日間で […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

大掃除のお悩み解決TOP7!写真と動画でわかるお掃除のコツ大特集

  年末が近づくと、悩みのタネとなってしまう大掃除。 普段のお掃除はどうしても簡単なものになりがちですよね。普段はお掃除しないという場所もありますし、いつものお掃除では落としきれない汚れがいつの間にたまっている […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

スーツクリーニングにかかる日数は何日?そして肝心の料金はいくら?

スーツをクリーニングにだすと、どれぐらいの日数がかかるか知っていますか? 1度でもクリーニングにだしたことがある人なら、だいたいの予想はつきますね。 でも、最初の1回目とか、初めていくクリーニング屋さんとか、ちょっと不安 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

革靴のシワを取るにはシューキーパー!ヒビになる前に日々伸ばそう!

  スーツに合わせた革靴。 せっかくビシッと決めたつもりでも、シワシワの革靴から普段のお手入れを怠っていること、ばれちゃってますよ? 革にシワが入るのは必然的なことで、シワがあるから味が出て格好いいんだ!なんて […]

鞄のカビを諦めないで!革・ナイロン・布製バッグ全素材を徹底解説!

久しぶりに使おうと思って引っ張り出した鞄に、あれ、白い斑点が。 …もしや、カビ!? なんて衝撃を受けて、鞄を放り投げちゃったあなた。 ちょっと叩けば大丈夫だよね~びっくりした~。 なんて甘い考えをしてはいけません。 まず […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

靴底がはがれたときの補修には、接着剤とネジを使うがコスパ最強説!

  歩いていたら、なんだか足に違和感が。 ちょっと靴の裏を見てみたら、靴底がベロンとはがれていた… そんな経験、ありませんか? 意外とあるのが、靴底はがれ。 でも、お気に入りの靴なら靴底がはがれても直して履き続 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

指輪修理の職人技|サイズ直し・傷の補修|実例を写真付きで徹底解説

出会った瞬間に一目惚れして手に入れた指輪。 大切な人から贈られた指輪。 お母さんから受け継いだ指輪。 素敵なジュエリーは、身につけているだけでも、幸せな気持ちになります。 でも、 指のサイズが変わってしまったから。 指輪 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

おすすめ特集