靴修理の職人がオールソールを交換!新品にはない履き心地をお届け!

■靴底に穴があいたり、削れていたりしたら、オールソール交換を
■靴の見た目以上に、中のクッション材やコルクが痛んでいることも
■オールソール交換は、履きやすさはそのままに、靴を長持ちさせる修理

まっつん

2018年03月30日


靴の、底。
履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。

擦り切れて穴が開いてしまった……
削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった……

など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか?

そんな靴をまるで新品のように蘇らせるのが、靴修理の職人さんによる「オールソール交換」です。

質の高い靴や特別な思い入れのある靴など、大切な靴なら、ずっと履き続けたいもの。
もし靴底に穴が開いてしまっても、修理をしてまた履き続けたいですよね。

今回は、靴修理の職人「MrMartin」さんの、オールソール交換を取材してきました。
靴底が様変わりする様子に、驚くこと間違いありません!

今回のオールソール交換は、クロケット&ジョーンズの革靴

今回オールソール交換をお願いしたのは、MrMartin(マルマーティン)の清水さん。

MrMartinさんは、清水さんおひとりで靴、カバン、革小物などの修理をするお店です。
清水さんは修理だけでなく、オールハンドメイドの靴作りもする職人さん。

靴のことを知り尽くした職人さんがしてくれる修理は、なんだか心強いですね。

 

そんな清水さんに、オールソール交換をお願いしたのは、こちらの革靴。

イギリスのCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)の革靴です。
Crockett&Jonesは、美しいだけでなく、堅牢な作りで足を守ることを徹底的に追求したブランド。
妥協することなく最高品質の靴を作り続け、世界中で支持されています。

そしてこの革靴は、Crockett&Jonesの靴の中でも、Trading Post(トレーディングポスト)というセレクトショップ別注のもの。
Trading Postは、主にアメリカ、ヨーロッパの質の高い靴だけを販売しているショップで、銀座や渋谷に店舗を構えています。

上質で、さらに別注のお洒落なデザインの靴となれば、大切に履き続けたい気持ちも強いですよね。

 

さて、オールソール交換をする靴底を見てみましょう。

靴底は、削れて薄くなっています。
ハーフラバーを貼って補強をしていますが、補強している部分以外も傷んでいます。

さらにお客さんは、ヒールの高さが靴に合っていないと感じていたよう。
「ヒールが少し低くて歩きにくいから、高くして歩きやすくしてほしい」とのリクエストがきています。

写真では少し分かりにくいのですが、コバも削れてしまっていました。
古いウェルトを外し、新しいウェルトを縫いつける修理も必要になります。

 

 

オールソール交換のこと

 

修理の前に、簡単に靴のつくりを確認してから、オールソール交換についてのお話を少ししましょう。
今回の革靴は、「グッドイヤーウェルト製法」という製法で作られた靴。少し、構造を見てみましょう。

トップリフト(1)
靴のかかと部分の中でも、直接地面に接する部分のこと。革やゴムでできている。

ヒールの積み上げ(2)
靴のかかと部分につけられている、革を積み上げて高さを出したもの。ヒールリフトとも呼ばれる。

本底(3)
一般的に靴底と呼ばれる、地面に接する部分のこと。アウトソールとも呼ばれる。

コルク(4)
中底と本底の間の隙間に入っている。靴にクッション性を持たせてくれる。

シャンク(5)
中底に貼り付ける、靴の背骨のような役割のもの。木製や鉄製のシャンクがある。

はちまき(6)
中底と本底の間のかかと部分につける部品で、かかとの土台の役割を果たす。

ウェルト(7)
アッパーと中底に、靴の周りを縁取るように縫いつける、細長い革。

中底(8)
アッパーと本底の間にある。靴の内側で足を支える土台となっている。

アッパー(9)
足の甲を覆う、靴の部分のこと。甲革とも呼ばれる。

 

縫い糸
新しいウェルトをアッパーに縫いつけるときに使う糸。全体的にロウが塗ってあり、丈夫。

 

コバ
アッパーより外に張り出した、靴の縁周りのこと。
通常はかかと部分にはないが、かかとまでぐるっとコバがあるものを「ダブル・エッジ」と呼ぶ。

 

 

 

オールソール交換は、靴底全体を交換する修理

そもそもオールソール交換とは、どういう修理のことなのでしょう。

「オールソール交換は、靴底全体を交換する修理のことです。
いまついているヒールや本底を剥がして、ウェルト交換が必要なら交換し、新しい本底とヒールをつけます。」

 

オールソール交換かハーフソール補強かは、本底やコバを見て判断する

靴底が削れている……。
そんなとき、オールソール交換だけでなく、ハーフソール補強という選択肢もあります。
ハーフソール補強というのは、靴底の前半分にゴムなどでできた補強材を貼り付ける修理のこと。

どちらにするのかは、判断が難しいところですが、どう決めるのがいいのでしょう。

「靴の本底とコバを見て、判断できると思います。
本底が削れ過ぎて、穴が開いてしまっているようなときは、迷わずオールソールをお願いしてください。
それから、靴底の前の方がコバまで削れているときも、ハーフソール補強では対応できません。オールソール交換をして、ウェルトも新しくしましょう。」

 

オールソール交換で、お気に入りの靴を長く履く

「オールソール交換の魅力は、インソールなど足に馴染んで履きやすくなった部分はそのままに、でも劣化部分は新品のように蘇らせることができることです。

お気に入りの靴を長く履けるようになって、新品にはない履きやすさが体感できます。」

 

オールソール交換で、大切な靴をより長く、履き心地よく履きたいものです。

 

オールソール交換の流れ

 

今回お願いしたオールソール交換の、簡単な流れは、こちら。

1. 古いヒール、本底を剥がします

2. 新しいウェルトとコルク、シャンクを貼ります

3. 新しい本底を貼り付けます

4. 新しいヒールをつけ、仕上げをします

この4つのステップで、進めていきます。詳しくは、これから紹介していきますね。

 

 

職人さんがオールソール交換に使う道具

修理の前に、職人さんがオールソール交換に使う道具も少し見てみましょう。
なんだか、見慣れない道具がたくさんありますね。

長いものや、尖ったもの、重そうなもの……。
金属のものや、木のもの、黄色いかたまり……。

オールソール交換には、いろんな作業がでてきます。
こんなにたくさんの道具が、職人さんにどのように使われていくのかが楽しみです。

 

 

職人さんがオールソール交換に使う機械

フィニッシャー(1)
物を削ったり、磨いたりと靴修理に必要な機械がひと通りまとまった機械。

グラインダー(2)
研磨紙をつけて回転させ、物を削る機械。

ヒーターボックス(3)
熱を加えたボックスに物を入れ、あたためる機械。

熱風機(4)
熱風を出し、物をあたためる機械。

圧着機(5)
靴を挟んで圧力を加え、強く接着させる機械。

バフ(6)
靴の表面にワックスを塗りこんだり、ブラシをかけたりする機械。

 

 

 

これで、オールソール交換の予習はばっちりです。
実際の職人さんのオールソール交換を、見ていきましょう。

 

はがし

 

新しい本底を貼る前に、まずは、はがしの作業から。
いまついているものをはがします。

 

1. 靴紐と中敷きを取る

初めに靴紐をほどいてから、靴の中敷きも取って修理前の準備をします。

 

2. 古いヒールとハーフラバーを剥がす

ソールを掴んで剥がすためのソールはがしで、古いトップリフト、ヒールの積み上げとハーフラバーを掴み、綺麗に剥がします。

 

3. 古い本底を剥がす

靴底についていたヒールを剥がしたら、次は靴の本底の番です。
本底を縫いつけている縫い目を、グラインダーでカットしてしまいます。

 

縫い目をカットしたら、ソールはがしでヒールと同じようにベリベリと剥がします。

ボロボロになったコルクが、想像以上に汚くてびっくりします。

 

4. 古いシャンクと釘を取る

まずは、靴のくびれているところに入っているシャンクを外します。

「シャンクは、靴の背骨のようなもの。シャンクがないと靴のきれいな形が保てない、大切なパーツです。

履き続けている靴はシャンクが折れていることも多いので、オールソール交換のときに一緒に交換します。」

 

次に、かかとの部分の釘も抜きます。

「この木の部分は、はちまきと呼びます。かかとの土台ですね。」

はちまきに刺さった古い釘を、1本1本抜いていきます。

 

はちまきは交換しないので、古い釘を抜き終わったらすぐ新しい釘を打っていきます。
かかとの地盤となる部分なので、しっかりと留めていきます。

 

釘を打ったら、靴の中にシューキーパーを入れる清水さん。

「これから靴を手元でいじるので、シューキーパーを入れます。
大切な靴の形が崩れないように、気を使っています。」

 

5. ウェルトを取る

ウェルトを縫っている糸をカッターでひと縫い分ずつ切り、古いウェルトを剥がしていきます。

「今回の靴は、ウェルト、特にコバの部分が傷んでいたので、リウェルトします。」

オールソール交換のときに、靴のウェルトが傷んでいれば、ウェルトを交換するリウェルトという工程も行います。
靴の印象を大きく決める、ウェルト。傷んでいるときには、リウェルトをすると新品のような立派な印象の靴に生まれ変わります。

 

すっきりウェルトを外せました。
新しいウェルトはいまの縫い穴を使って縫いつけるので、これから糸を取ってきれいにしていきます。

 

6. コルク・糸・のりを取る

新しいウェルト・コルク・シャンク付けのために、いまついているものを外していきます。

コルクが、すごく汚くなってしまっていますね。

「コルクは履いているうちに劣化してきます。クッション性が落ちているので、オールソール修理のときにコルクも交換するんです。」

コルクだけでなく、糸やのりもきれいに取っていきます。

 

ウェルトが縫いつけられていた穴も、糸が取れてすっきりしました。
この穴にそのまま、新しいウェルトを縫いつけていきます。

 

ウェルト・シャンク・コルク貼り

はがしが完了したら、ウェルトを新しいものに変え、シャンク・コルクを貼り付けます。

 

1. 新しいウェルトを縫う

新しいウェルトを、ひと針ずつ、ロウ引きの丈夫な糸を使って手で縫っていきます。

「アッパーになるべく負担がかからないように、もとの縫い穴に、手縫いで新しいウェルトを縫いつけていきます。」

靴の顔、とも言われるアッパー。
靴の印象を大きく左右するアッパーに、負担がかからないようにしてくれるのは嬉しいですね。

 

ウェルトの縫い付けに使う針は、長い布団針を曲げて作っている清水さん。

「少しの角度の違いで、縫いやすさが変わってきます。自分で針の角度を調整して、縫い針を作っています。」

 

ひと針ごとに、しっかりと力を込めて縫っていく姿が印象的です。

「わげさで靴を脚に固定して、靴の内側と外側で、6対4くらいの力で引っ張ります。」

わげさは、革を輪のようにしたもの。靴を固定して、確実な作業をするための道具です。

 

つま先のカーブの部分は、水を含ませたスポンジでウェルトを濡らしてからリウェルトをします。

「少し濡らすことで、革がやわらかくなります。少し時間を置いて水を浸透させてから、カーブに沿わせて縫い付けます。」

 

2. シャンクを貼る

新しいウェルトを縫い付けられたら、次は靴の背骨であるシャンクです。
新しいシャンクを、靴に貼り付けます。

「これから接着をする手順が何度かあります。

接着をするときはいつも、材料と靴の両方にのりをつけます。
のりをつけたら、熱風機やヒーターボックスであたためてから、貼り付けます。」

のりはあたためると活性化して粘着力が増します。しっかりと貼り付けるための、工夫ですね。

 

3. コルクを貼る

シャンクの次は、新しいコルクを貼り付けます。コルクが新しくなると、クッション性が増して歩きやすくなります。

「まずはデザインテープという白いテープで靴の内側の型をとって、コルク材に貼り付けます。

型に合わせてコルクをカットしたら、のりをつけて少し乾かし、熱を加えたら実際に靴にはめ込みます。」

 

靴にはめ込んだら、ハンマーでコルクを叩きます。

「このままでは空洞が空いてしまいます。ハンマーで叩いて、しっかり靴にコルクをはめ込むんです。」

 

靴にはめ込んだコルクは、グラインダーではみ出た部分を削って、完成。
しっかりと新しいコルクが詰まった靴の出来上がりです。

 

本底貼りつけ

ウェルトもシャンクもコルクも、新しいものになりました。いよいよ本底を貼り付けます。

 

1. 本底の表面を削る

貼り付ける前に、本底をグラインダーで削ります。

「のりをつける前に、表面を荒らすんです。少し表面を削っておくと、のりのつきが良くて接着しやすくなります。」

シャンク・コルクを貼り付けた靴の方も、前ののりがついていると接着が弱くなるからと、清水さんは少しだけ削ります。

 

2. 貼り付ける

のりを全体にまんべんなく塗ったら、少し乾かします。

「少し乾かした方が、粘着力が上がるんですよ。触ってみていい乾き具合だなと思ったら、熱を加えて接着剤を活性化させて、貼り付けます。」

よりしっかりと接着するためのコツは、長年、修理をしてきたから分かる感覚なんですね。
シャンク・コルクのときと同じように、熱風機やヒーターボックスであたためて、本底を靴に貼り付けます。

 

3. 隙間を埋める

こくり棒という木の棒を使って、新しい本底を押さえつけていきます。

「何もしないと、ウェルトと本底の間に隙間ができてしまいます。こくり棒を使って、本底のまわりの部分をしっかりと接着させます。

それから、ウェルトを押して少し平らにし、あとで本底が縫いやすいようにもしています。」

 

こくり棒だけでなく、もう1つ。
隙間を埋めるために、マイナスドライバーも使う清水さん。

「マイナスドライバーで、革を押します。細かいですが隙間が空いてしまうこともあるので、革を押して隙間を無くします。」

本底を隙間なく貼り付けるための、職人の技。
マイナスドライバーを使うなんて、驚きですね。

 

4. 圧着する

本底の周りが靴に隙間なく貼り付けられたら、本底の真ん中の部分もハンマーで圧着していきます。

「本底がぴったりと貼れるように、全体をまんべんなく叩いていきます。」

 

さらに圧着機を使ってもう一度圧着して、圧着の工程は完了です。

 

5. 調整する

本底をしっかりと貼り付けられたら、ナイフやカッター、コバカッター、グラインダーを使って調整していきます。
本底は大きいままで一度貼り付けて、そのあとで靴に合った大きさに調整していくのです。

ナイフやカッターで大まかな形を整えたら、コバカッターで削りを始める清水さん。

「コバカッターは、フィニッシャーという機械についている装置です。靴の形に合わせてゴムや革などを削るために使います。
アッパーを傷つけないように、本底を削ることができます。」

 

左足の本底を削っては、既に完成させていた右足と比べます。

「左右で全く同じように仕上げるのが、大切なポイントですね。そのためには何度も何度も見て比べながら、削っていきます。」

 

コバカッターとグラインダーを行ったり来たりして、削っていきます。

「コバカッターとグラインダーでは、パワーが違います。グラインダーの方が、パワー自体は強いです。
どう削りたいかに合わせて、コバカッターを使ったりグラインダーを使ったりして調整していきます。」

 

 

何度も靴を両手に持って、両足を見比べては削る姿が、印象的です。

左右の仕上がりが同じになるようにこんなに気を遣ってくれるなら、安心です。

 

6. 縫う

最後に、本底をウェルトに縫いつけます。
のりで接着もしましたが、ミシンでもしっかりと縫いつけます。

 

ヒール貼り / 仕上げ

 

最後に、ヒールを貼り、着色などの仕上げをしたら、完成です。

 

1. 銀面を取る

ヒールを貼る部分をチェックして、それよりもつま先側の部分を、写真のように少しだけ削ります。

「革の表面の薄い膜のことを、銀面といいます。銀面を剥がさないと色が入らないので、エアペーパーで削って銀面を剥がします。

いま削っているのは、ヒールをつけたあとだと削るのが難しくなる、ヒールより少しつま先側の部分。ここだけ、先に削っておくんです。」

エアペーパーとは、グラインダーよりも目の細かい研磨紙のこと。銀面を剥がすだけなので、目が細かく少しずつ削れる機械を使います。

 

2. ヒールの積み上げを貼り、調整する

まず初めに貼り付けるのは、革を重ねて作ったヒールの積み上げ。

貼り付ける新しいヒールの積み上げと、靴の本底のかかとのところをグラインダーで削ります。

「積み上げた革の一番上の表面にグラインダーをあて、おわん型になるように削ります。ちょうどいいおわん型にするのが、最初の頃は少し難しかったですね。

おわん型になるようにするのは、かかとを受け止めるような形にするためです。

逆に靴の本底のかかとのところは、足のかかとのふくらみに合わせて縁の辺りを削り、真ん中が少しふくらむように仕上げます。」

足の形に合わせた加工は、さすが靴職人さんです。

 

ヒールの積み上げにのりを塗り、少し乾かしてからあたためて、本底に貼り付けます。
本底を貼り付けたのときと同じように、ハンマーで圧着し、ナイフとグラインダー、コバカッターで靴の形にしっくり合った形に調整します。

 

最後に、釘も打ち付けてヒールの積み上げを固定していきます。

「中底まで届くような少し長い釘を使って、しっかりと固定します。」

 

3. トップリフトを貼り、調整する

ヒールの積み上げの次は、トップリフトを貼り付けます。
トップリフトは、主に革、ゴム、革とゴムのコンビネーションの3種類。

「すべりにくく雨に強いので、ゴムのトップリフトは人気です。

今回使うのは、革とゴムのコンビネーション。実用性とおしゃれさを兼ね備えたトップリフトです。」

トップリフトも、自分の好きなものにできるのは嬉しいですね。

 

トップリフトを貼り付けるとき、のりの前にプライマーを塗る清水さん。

「素材がゴムなので、プライマーを塗ります。プライマーは、のりをしっかりつけるためのもの。プライマーを塗らないと、きちんと接着できないんです。」

プライマーを乾かしたらのりを塗り、さらに少し乾かしてから圧着します。

 

圧着したら、隙間ができないように細かい作業をしていきます。

「ヒールの積み上げをマイナスドライバーで押して、トップリフトとしっかりとくっつけます。」

 

しっかり接着できたら、調整です。
カッターとグラインダー、コバカッターを使って、靴の形に馴染むトップリフトを形作ります。

 

「エアペーパーで、ヒールの側面を整えます。本底を傷つけないように、テープを貼っています。」

 

最後にバリをとって、調整は完了です。
バリというのは、加工したときにできた出っ張りのこと。

「バリをそのままにしておくと、見た目がよくありません。
地面に触れたときに削れやすくもなるので、必ずとります。」

 

4. コバを染色する

コバを、染色します。コバ用のコバインキという染料を使い、きれいに色を塗っていきます。

 

染色をしたら、バフに2回かけます。

「まずはワックスがついているバフにかけて、ツヤを出します。
それだけでなく、ブラシにかけることで余分な染料を落としています。」

 

 

5. 飾り釘を打ち込む

トップリフトに、飾り釘を打っていきます。コンパスを使って印をつけたら、1つ1つ打っていきます。

「飾り釘の打ち方は、修理する前の靴のデザインと同じようにしています。
今回は修理前の靴に飾り釘が打たれていないので、基本的なデザインで打っていきます。」

 

飾り釘は埋めきらないで、頭の部分はペンチでカットします。

「飾り釘は完全に打ち込まずに、カットしてしまいます。頭の部分はカットした方が、見た目がよくなります。」

 

最後にグラインダーで、出っ張った部分を削ったら、飾り釘の打ち込みは完了です。

 

6. 全体を着色して、仕上げ

エアペーパーで、靴のエッジを落とします。

「エッジというのは、端の部分のこと。本底のエッジを落として、靴に馴染ませます。」

エッジを落としたら、本底のまだ削っていなかった部分を全体的に薄く削り、色をつけるために銀面を取ります。

 

銀面が取れたら、染色の準備は万端。スポンジを使って、色を塗っていきます。

「底面は、ムラができないように素早く染色します。
今回は黒なのでムラが出にくいですが、茶色などの薄い色だとムラが出やすいです。」

 

色をつけたら、飾り車という模様をつける道具の出番です。

「飾り車で、コバに模様をつけていきます。」

コバに模様づけをしたら、最初に外しておいた中敷きに、のりをつけて貼り付けます。

 

最後に靴磨きをして、靴のアッパーをしっかりと保湿します。

「オールソール交換をお頼みのお客様には、靴磨きをプレゼントしています。」

本底だけでなく、アッパーも艶のある、きれいな靴にしてくれます。

これで、プロのオールソール交換は、完了です。

 

 

職人さんのオールソールを終えて

それでは、職人のオールソールさんを振り返ってみましょう。

古い本底を剥がして、新しい本底に張り替えました。
削れていた本底やかかとが、新品のようにきれいになっています。

飾り釘のおかげで、高級感のある仕上がりになっています。

 

 

 

コバも、この通り。
リウェルトをして、新品同様のコバを取り戻しました。
コバは靴の印象を大きく変えるので、こんなにきれいになるのは嬉しいですね。

 

大切な靴は、修理でよみがえる

最後に、今回修理をしてくれたMrMartinの清水さんから、ひとことです。

「ボロボロになった靴を、お客様の判断で捨ててしまうのは、もったいないです。

ある程度どんな状態の靴でも、修理は可能です。
大切な靴なら、諦めてしまわずに一度お持ちいただければ、修理でよみがえらせることができますよ。」

 

靴は、靴のことを知り尽くした職人さんにお願いすれば、まるで新品のようにまた履けるようになるもの。
お気に入りの靴は、オールソールなどの修理をして履き続けて、大切にしていきたいものですね。

 

 

まとめ

職人さんの、靴修理に込められたこだわりは、靴のことを知り尽くしているからこそできるもの。
オールソール交換で、靴底は新品のようにきれいになりました。
靴底だけでなく、クッション材やシャンクの交換で履き心地もよくなります。
ウェルトが新しくなり、コバもとても堂々とした印象に変わりました!

今回、オールソール交換を担当してくださったのは、MrMartinの清水さん。
大切な靴をきれいに、長く履くための修理を、ありがとうございました!

 

ぜひ「あなたのマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

あなたのマイスター」は修理(リペア・メンテナンス)の職人さんをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った職人さんにきっと出会えるはずです。

 

そして、今回のオールソール交換の様子を動画にまとめました。
ぜひ動画でも職人さんの靴修理の技を確認してみてください!

 

関連記事

NEWサンダルの洗い方を素材別に解説!履く前のお手入れで、更に長持ち!

  夏の必須アイテムといえば、サンダル。 今や、夏のオシャレには欠かせない存在になっています。 去年、毎日のように履いていたし、今年も毎日履くぞー! なんて考えている人も多いと思います。 でも、裸足で履くサンダ […]

NEW靴べらはシーンで使い分けるのが吉!タイプ別の靴べらを3点ご紹介!

  オシャレな人は、靴を大切にするもの。 となれば当然、靴ベラも大切に選びます。 でも「靴ベラって何だか野暮ったいデザインが多くて」という声も多いですね。 「もっとオシャレな靴ベラがあったら」「靴ベラが玄関先で […]

ランキング

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

エアコン室外機の掃除は電気代に効く?自分でできるお掃除方法を伝授

エアコンって、実は二卵性の双子なのです。 お部屋の中にある室内機、お家の外にある室外機。 見た目は全く違いますが、2つあってはじめて動くことができます。 そんなエアコンの室外機、実は、お掃除をしなくても衛生的には問題あり […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う方法|コインランドリーとメリット比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は「50℃のお湯と2倍の洗剤ですぐに洗う」が正解

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!注意点と洗い方とは?

冬場に手放せない羽毛布団。干すことはあっても、洗うことはあまりないのではないでしょうか。 洗わなくても大丈夫!という声もありますが、それは清潔な布団カバーを使用している、布団を定期的に陰干ししている、という人に限ります。 […]

タオルの嫌な臭いの原因と7通りの落とし方!においを防ぐ対策も紹介

タオルが臭い。 顔を拭こうとしたとき。お風呂上がりの体を包もうとしたとき。 ふとした瞬間に、タオルからなんとも言えない臭いがすることってありますよね。 使い古したタオルは臭っても仕方ない。と、半ば諦めている方も多いかもし […]

サツキの剪定は花が落ちたらすぐ!成長の妨げになる枝をバッサリと!

4~5月ごろ、可愛い花を色とりどりに咲かせ、私たちを楽しませてくれるサツキ。 「さつきまつり」なんかやっているところも多いですよね。 そんなサツキ、お庭で育てて自分でお世話できたら素敵ですよね? お世話の中でも大事なのが […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

ツツジの剪定は梅雨明け前に!小さめの丸型を目指してチョキチョキ♪

公園や住宅街でよく目にするツツジ。 実際に家でツツジを育てているという方や、引っ越した家にツツジが植えてあった…なんて方も多いのではないでしょうか。 そんな方に聞きたい! ツツジの剪定、きちんとしていますか? 植木の剪定 […]

水筒の洗い方でやってはダメな5つのこと。綺麗にする方法は1つだけ

最近、「水筒」を持っている人、よく見かけませんか? 飲み物をあったかいまま、つめたいまま持ち歩くことができる水筒や、ペットボトルのように軽いタンブラー。 外でペットボトルを買いたくない!というときに、とても便利ですよね。 […]

瞬間接着剤の落とし方を完全網羅!読んだら必ず意味なくつけたくなる

壊れたものを瞬時に接着できる、瞬間接着剤。 今や私たちの生活の必需品と言っても過言ではないでしょう。 ただ、すぐに接着できるのが便利な反面、間違った場所につけてしまった時は困りますよね。 たとえば、指や大切な衣類について […]