羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2022年06月02日

寒い季節には欠かせない寝具である羽毛布団。でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。

それに、前よりも暖かくないかもしれない…。なんて感じること、ありませんか?

そんな時は、コインランドリーを利用したお手入れがおすすめ!今回は、羽毛布団をコインランドリーで洗濯する方法をご紹介します。

まず洗える羽毛布団か確認しよう

先ほど羽毛布団は洗える!と言いましたが、残念ながら、なかには洗えないものも…。

そこで、まずはご自宅の羽毛布団が洗濯できるかどうかを確認しましょう。

確認してもらいたいポイントは、

・洗濯表示
・キルティング加工の有無

この2つです。

洗濯表示をチェック

まず初めに、洗濯表示を確認してください。

・水洗いができるか
・乾燥機にかけられるか

この2つをチェックしましょう!

上記は一部ですが、

水洗いできる場合…水の入った桶のマーク
乾燥機を使用できる場合…四角の中に円が入っているマーク

で表しています。お持ちの羽毛布団をご確認ください!

こちらの表には書ききれなかった洗濯表示をまとめた記事がこちら。

新旧両方の洗濯表示をイラスト付きで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

キルティング加工されているかチェック

布団の裏表が縫い合わさっている形(キルティング加工されている)であれば洗濯してもOK!

しかし、キルティング加工されていない布団の洗濯はやめておきましょう。洗濯中に羽毛が寄ってしまうので、自分で洗濯するには向いていないのです。

羽毛布団をコインランドリーで洗濯する所要時間と費用

はじめてコインランドリーを利用する場合、確認してもらいたいポイントは、

「時間はどのくらいかかるの?」
「何を持っていけばいいの?」
「持っていくべきお金は?」

など、分からないことがたくさんありますよね。

ここでは、羽毛布団を洗う際の所要時間と費用を事前にチェックしておきましょう!

洗濯について

羽毛布団の洗濯をコインランドリーで行う場合、羽毛布団のサイズがシングルサイズか、ダブルサイズかによっても料金や時間が変わります。

近場のコインランドリーに、目的サイズの洗濯機が設置されているかどうか、事前に調べておくようにしましょう。

洗濯機は、洗う羽毛布団に合わせたサイズを選ぶ必要があります。

シングルサイズの場合は、15キロ前後の容量がある洗濯機
ダブルサイズの場合は、25キロ前後の容量がある洗濯機

このように選ぶのがおすすめ。金額の相場は地域によって差がありますが、こちら。

シングルサイズ

ダブルサイズ

相場

600円~1,000円

1,000円~1,400円

この費用とは別に、羽毛布団の洗濯に適した洗剤、柔軟剤が必要になります。

おすすめの洗剤、柔軟剤はこの後ご紹介しますので、出かける前に準備しておきましょう!

時間の目安は、容量に関係なく30分程度で終わる場合がほとんどです。

乾燥について

洗濯が終わったら、羽毛布団を乾燥機でしっかり乾かしてあげましょう。

自宅で乾かすよりも、乾燥機を利用した方が中までしっかり乾き、ふわふわの仕上がりになります。衛生的にも、寝心地的にも、乾燥器を使うのがおすすめ!

乾燥機は洗濯機と違い、分単位で金額が設定されています。その費用の目安はこちら。

シングルサイズ

ダブルサイズ

相場

600~700円

700円~1,100円

乾燥後は、羽毛布団の中に湿気が残っていないか、しっかりと確認します。まだ湿気が残っている場合は、必要に応じて追加乾燥を行ってください。

生乾きの状態では、臭いやカビの原因になるため、必ず乾燥機で最後まで乾かしきるようにしましょう。

POINT
羽毛布団を洗う頻度は、年1回がおすすめ。
頻繁に洗う必要はありませんが、このくらいの頻度で洗うことでキレイな状態を保つことができますよ♪

羽毛布団をコインランドリーで洗濯する方法

さっそく、コインランドリーで羽毛布団を洗う方法を紹介します。

POINT
洗濯、乾燥後に風に当てるという工程があるので、コインランドリーで洗濯する際は午前中から、遅くとも昼までには洗濯を始めた方がいいかもしれませんね。
用意するもの

・中性洗剤
・重曹
・紐(場合によっては必要)

手順
1
布団カバーを外す

まず初めに、布団カバーは外しておきましょう。

お家であらかじめ外して来てもいいですし、コインランドリーで一緒に洗濯したいという場合は、布団をコインランドリーに入れる前に外せば大丈夫です。

2
羽毛布団を小さくまとめる

基本的に、布団を半分に折ってから、くるくると巻いていけば、問題なくコインランドリーに収まるはず。

しかし、それではコインランドリーに入りきらない!という場合は、さらに細かく折っていきます。

まずは布団を縦長に折りましょう。山折り谷折りを繰り返した、じゃばら折りで3つ折りにします。

細長くなった布団を、小さくまとめるように、くるくると丸めれば入りきると思いますよ!

注意してほしいのが、入らないからと、無理矢理押し込むときちんと洗えない可能性があるということ。面倒くさがらずに、きっちり折るようにしましょう。

POINT
やむを得ず、キルティング加工が施されていない布団を洗う場合は、中の羽毛が偏らないために、丸めてから紐で縛るようにしましょう。
紐はビニール紐などで大丈夫です。
3
羽毛布団をコインランドリーに入れる

詰める量の目安は、洗濯機のドラムに入れた時に9割程度埋まるイメージです。

布団に対して容量が大きいドラムの洗濯機で洗濯をすると、空いたスペースができてしまい、ふとした拍子に布団が空回りして洗濯機が止まってしまうことも。

それだけでなく、羽毛布団に負担がかかって破れてしまう可能性もあるので、注意してくださいね!

そして、いちばん気をつけていただきたいのは、一度に洗うのは同じ種類のものだけにするということです。

例えば、9割くらいにしたいからと言って、羽毛布団と毛布を一緒に洗う、というのは避けてください。

水を含んだ羽毛布団と水を含んだ毛布、だと重さが全然違いますよね。羽毛布団が潰されてしまったりするのです・・・!

また、同時にカバーを洗濯したいということもあると思います。そんな時には、コインランドリーの奥と手前に分けて、カバーと布団を入れるのがよいです。

上下に重ねると、回転した時に偏りができ、洗濯機が止まってしまう可能性も。

使う洗剤は、おしゃれ着用の中性洗剤がよいでしょう。普段使う弱アルカリ性の洗剤では、羽毛を痛めてしまいます。羽毛布団を洗う時には、こちらを使いましょう。

おすすめ 商品

商品画像
アクロン おしゃれ着洗剤 フローラルブーケの香り 本体 500ml

洗濯物にダメージを与えない、やさしい中性洗剤です。もちろん、布団だけではなくおしゃれ着にも最適。

こすれて毛玉がついたり、服の伸びやヨレを防いでくれます。また、洗剤のほかに重曹をプラスすると、消臭効果があるのでおすすめですよ。

重曹ってよく聞くけど何に使えるの…?なんて思っている方はこちらの記事を読んでみてくださいね♪

4
コインランドリーを回して、待つ

あとはコインランドリーを動かして、終わるのを待つだけ。

時間を無駄にしないよう、この待ち時間をどう過ごすかを考えておくと良いかもしれません。

羽毛布団をコインランドリーで乾燥させる方法

洗濯が終われば、次は乾燥です。羽毛布団の乾燥には、時間がかかるので、コインランドリーを使うのがおすすめ。

生乾きになることも避けられるだけではなく、ダニ退治の効果もあるんです!羽毛布団の中に潜んでいるダニを死滅させたり、ダニの死骸を除去する効果も期待できるとか。

手順
1
羽毛布団に空気を入れる

羽毛布団の生地を表裏からひっぱり、布団の中に空気を入れます。

そうすることで、ふんわり度合いがアップ!

キルティング加工のある布団の場合、縫い目ごとに空気を入れていく必要があるため、少し時間のかかる作業となってしまいます。

ただ、乾燥後に布団の厚みがなくなった…と残念な気持ちにならないためにも、この作業は飛ばさずに、根気強くおこなってくださいね♪

2
羽毛布団を乾燥機に入れる

布団は縦に2つ折りし、ドラムに沿わせるようにしてキレイに入れましょう。

洗濯する時と違って、乾燥の時は、コインランドリーに詰める量の目安は3割。

例えば、一つの洗濯機で同時に3枚の布団を洗濯した場合、同じサイズの乾燥機なら1枚乾燥するのが良いということになります。

POINT
紐で羽毛布団を結んでいる場合、乾燥させる前に紐を切っておきましょう。
結んだままだと、紐で結ばれた部分が、乾燥しにくくなってしまいます。
3
柔軟剤を入れて、スタート

ふんわり仕上げるために、柔軟剤を入れてから乾燥スタート。

時間の目安は、羽毛布団1枚あたり60分ほど。コインランドリーの時は、液体柔軟剤ではなく、柔軟シートを使います。

ふんわり仕上がるうえに、静電気防止にもつながるんですよ!

おすすめ 商品

商品画像
Downy ダウニーシート インフュージョン ボタニカルミスト 105枚 (乾燥機用柔軟仕上げ剤シート)

また、乾燥中にテニスボールを入れるのもおすすめ!

「たたき」の効果により、布団がふわふわになると同時に、ダニの死骸や糞も取り除くことができます。

4
外の風に当てる

お家に持ち帰ってから30〜60分ほど外の風に当てましょう。

というのも、乾燥機から出したホカホカの羽毛布団は、冷めていくと同時に、布団の内部で湿気が発生し始めます。

この湿気を飛ばさずに置いておくとカビが発生する可能性があるんです!風通しのいい場所で、湿気を取りつつ、冷ませば完了。

羽毛布団は自宅では洗えない?

コインランドリーが近くにない場合や、コインランドリーに行くのが面倒…ということもありますよね。

しかし、家庭で羽毛布団を洗うのは、とても面倒です。特に、羽毛布団を乾かすのに2日程度かかるため、天気予報を確認し忘れると大変。

それでも自宅で洗いたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね♪

羽毛布団を宅配クリーニングに出すメリットとデメリット

「いやいや、手順は分かったけど、半日近くもかかるんでしょ?その時間を別のことに使いたいわ!」

そんなことを考えた方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、仕事で忙しい方は自分で洗うのではなく、宅配クリーニングに依頼する選択をされる方もいます。

羽毛布団を宅配クリーニングに出すメリットとデメリットにはどんなことがあるのでしょうか?簡単にご説明しますね!

メリット

・洗濯する手間がかからない
・自宅に取りに来てくれて、自宅に配送してくれる
・プロの仕上がりで失敗も少ない
・宅配クリーニングの場合、長期間保管してくれるサービスもある

デメリット

・自宅やコインランドリーで洗濯する際よりもお金がかかる
・クリーニングに出してから返却されてくるのに時間がかかる
・受取時に時間や手間がかかる

「時間をお金で買う!」という方には、クリーニングに出すのを選ぶのも良いのではと思います。

自宅から発送するだけで、最短5営業日後にはクリーニングされた羽毛布団が戻ってきます!

詳細はこちらから見に行けますよ♪

まとめ

コインランドリーで羽毛布団を洗濯する方法、意外と簡単でしたよね?

・取り扱い表示で洗濯できるか確認する
・おしゃれ着用中性洗剤を使う
・生乾きを避けるため乾燥はしっかりする

この3点に気を付ければ、ふかふかの羽毛布団に仕上がるはずですよ!

それでも心配…という方は洗濯のプロに任せるのも手です。決して安いとは言えない羽毛布団ですから、失敗しない洗濯方法を選ぶというのも、賢い方法かもしれません。

近所のクリーニング屋さんや、宅配クリーニングなどのお得なサービスを設けている店舗を探してみてくださいね♪

布団クリーニングのプロのサービスを探す