洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

■洗濯機の洗濯槽は「塩素系クリーナー・酸素系クリーナー・重曹」で掃除
■月1回の掃除が理想!頻度によってクリーナーと重曹を使い分けよう!
■洗濯槽は裏側までは掃除できない!プロの業者さんにお任せするのが吉

まっつん

2017年08月01日

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……!
なんてことありませんか?

それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。
カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。

毎日、気分よくお洗濯をするために、定期的に洗濯槽を「洗濯槽クリーナー」を使ってキレイにしましょう♪

とはいえ、洗濯機の構造は複雑で、ピロピロが出るようになっても一見綺麗そうに見えたりしますよね。
特に中で服を洗うものですから、水や石鹸も循環していて綺麗そう・・・?
と思いがちですが、、目に見えないところに汚れが溜まってしまっているものなのです。そう言った分解しなければ手の届かない汚れはプロに任せるしかありません。

たまにはプロにお願いするということもオススメしつつ、こちらの記事ではご自分でできる洗濯機のお掃除を紹介しますね。

 

まずは洗濯槽!「2種類の洗濯槽クリーナー」と「重曹」の特徴を知ろう

というわけでこれから紹介する洗濯機のお掃除は、

洗濯槽のお掃除
こまごました部品のお掃除

の方法の、2本立て。

まずは最初の、洗濯槽のお掃除についてです。
洗濯槽のお掃除には、どんな洗剤が使えるのでしょうか?

答えは、洗濯槽クリーナーと重曹

洗濯槽クリーナーには、2つの種類があります。
それが酸素系クリーナー塩素系クリーナーの2つ。

ここから、それぞれの特徴を解説していきますね♪

酸素系クリーナーの特徴

酸素系洗濯槽クリーナーの特徴は、

・過炭酸ナトリウムの強い発泡力でカビをはがし取る
・衣類へのダメージが小さく臭いも気にならない
・殺菌効果は塩素系に劣る

ということ。

粉タイプの商品が多く、塩素を使っていないということを強調して「非塩素系」と書かれていることもあります。
洗濯槽専用のクリーナーでなくても、「酸素系漂白剤」や「過炭酸ナトリウム」という名前で売られているものも同じように使えますよ!

 

塩素系クリーナーの特徴

塩素系の洗濯槽クリーナーの特徴は、

・カビを分解して除去する
強い殺菌効果がある
取り扱いには注意が必要

という特徴があります。

液体タイプの商品が多く、よく「まぜるな危険」と書いてあります。

 

重曹の特徴

重曹の特徴は、

・酸性の汚れを落としてくれるが洗浄力は弱い
消臭効果がある
安心・安全
・価格が安い

手軽に手に入り、安いのが魅力の重曹。
洗濯槽のお手入れにもお使いいただけますが、酸素系クリーナーや塩素クリーナーほどのカビ落とし効果はないかもしれません。
また、使い方は酸素系クリーナーと似ています。

重曹のもっと詳しい特徴や使い方などは、こちらでたっぷり紹介しています!

12箇所のキレイを写真でドドンと紹介した記事は読み応えたっぷりなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ということで、3つの洗剤の特徴を改めて整理してみると、

・洗浄力は塩素系に劣るものの衣類や洗濯槽に優しくにおいも気にならない「酸素系クリーナー」
・取り扱いには注意が必要ですが洗浄力は抜群の「塩素系クリーナー」
・洗浄力は弱いものの消臭作用があり安くて安心の「重曹」

の3種類の洗濯槽クリーナーから用途に合わせて使い分けてお掃除していくのがおすすめのようです!

ドラム式には注意!

ただ、ドラム式洗濯機をお持ちの方は、実はお掃除のときに気をつけたいポイントがいくつかあります
酸素系クリーナーより塩素系クリーナーがおすすめだったり、乾燥フィルターのお手入れも大切だったり……。

ドラム式洗濯機は構造上吹きこぼれやすく故障の原因になってしまうこともあるので、「ドラム式洗濯機では使わないでください」となっている洗濯槽クリーナーもあるのです。

クリーナーや機種によるので一概には言えないのですが、ドラム式洗濯機のお手入れの仕方は別に記事をご用意していますので、いかの記事も合わせてどうぞ!

あわせて読みたい

憧れのドラム式洗濯機の掃除方法の解説を憧れの眼差しで書きました。

多くの場合、洗剤やクリーナーの裏には使い方が載っています。 ご家庭の洗濯機がドラム式の場合は念入りに使い方を確認してから使いましょうね♪ 使えるのが確認できた場合は、ここから紹介する洗い方を実践していきましょう!!

 

というわけで、実際にどうやって洗濯槽のお掃除をしていくのか、ばっちり解説していきます!

 

「酸素系クリーナー」での洗濯機のお掃除はカビをすくう

まずはじめに、酸素系クリーナーでのお掃除方法をご紹介します!
酸素系クリーナーでお掃除すると、カビがたくさん浮かんできて、カビが取れたな、という実感があるので、楽しみにしていてくださいね♪

 

用意するもの

・酸素系洗濯槽クリーナー

黒カビ、細かい汚れまですっきり一掃できます。酸素系で、重曹が含まれているため洗浄力はありつつ低刺激。プラスチックの槽にも、ステンレスにも使用可能なので便利ですね。

・ゴミすくいネット
おすすめの商品はこちら↓↓


水面をさっとすくい取るだけで、ゴミを取り除ける便利なゴミすくいネットです。目には見えないような小さな汚れも、きちんと取ってくれる優れもの。吸盤フック付きで、保管しておくのも便利ですよ♪

 

   手 順  

1. ゴミ取りネットなどを取り外す

ゴミ取りネットなど、取り外せる部品を取り外し、洗濯機の中を空にします。

洗濯槽の分解は無理ですが、洗剤の投入口、ゴミ取りネット、柔軟剤のポケットなどはプロでなくとも取り外しが可能です。
これらの部品もぬるま湯少しにつけてから歯ブラシやスポンジでこすると意外とすぐに綺麗になるんですよ。
部品が取り付けられている本体側のジョイントパーツの方も汚れがよく溜まっていますのでそちらも磨いてくださいね。

こういった部分の作業は、もちろんそれらの部品が汚れている、というのもそうですが、洗剤やクリーナーが全体に広がるのを邪魔したり、ゴミ取りネットが必要以上に汚れたりするのを防ぐためです。

 

2. お湯を溜める

温度は40~50℃くらいのお湯が理想です。
クリーナーに入っている成分の活動が活発になり洗浄力UP!

量は、洗濯機の満水の位置まで入れましょう。

 

3. 酸素系洗濯槽クリーナーを入れる

商品に容量が書いてあると思うので、そちらに従いましょう。

おおまかな洗剤やクリーナーの量は、500g~1kgぐらい。
少なすぎると効果が弱くなってしまうので、お湯の量を考え、適量を使ってくださいね。

 

4. 洗濯機を回す

排水しないよう、「洗い」で洗濯機を回していきます。
だいたい5~6分ぐらいを目安に洗濯機を回しましょう。

 

5. 放置する

洗いコースで洗濯機を回し終えたら、そのままの状態で洗濯機を放置します。
少なくとも2~3時間は、置いておきましょう。

できれば、夜のうちに手順4までを終わらせて、一晩放置しておきたいところです。
放置しているうちに、どんどん汚れが剥がれていきます

 

6. ゴミを取り除く

ゴミすくいネットなどを使って、浮いたゴミをすくい取っていきます。

この時、綺麗にゴミを取り除かないと、排水の際に詰まりの原因になります。
なかなか大変ですが、根気強くやっていきましょう。

 

7. 手順4~6の作業をもう一度繰り返す
しっかり汚れを落とすために、もう一度洗濯機を回します。
2~3時間放置し、ゴミをすくい取る作業も行います。

 

8. ゴミ取りネットをセットして脱水まで行う

ゴミをすくい取ったら、排水・脱水まで行います。
その際、ゴミ取りネットをセットすることで、手では取りきれなかった汚れが流れてしまうのを防ぎます。

 

9. 底にたまったゴミ、ゴミ取りネットのゴミを取る
脱水の際の遠心力で、さらにゴミが出てくることがあります。
底が汚れていたら、綺麗にしておきましょう。

また、同時にゴミ取りネットのゴミも取り除いてしまいましょう。

 

10. 洗いから脱水までを一通り行う

最後の仕上げです。ゴミが気にならなくなるまで、この操作を繰り返しましょう。

気にならなくなれば、お掃除は終了です。

 

「塩素系クリーナー」でのお掃除はとっても簡単なのでイチオシ

塩素系クリーナーの使い方は、酸素系と比べてとっても簡単です。
洗剤やクリーナーの裏に使い方が載っていることが多いので、確認してから使いましょう。

用意するもの

・塩素系洗濯槽クリーナー

ヌメリ・カビを撃退できるこちらの商品。細かく分解して除去することができます。おそうじも簡単。プラスチックの槽やステンレスの槽にも使用可能です。こちらを、全量入れて洗濯機を回すだけでOK。

   手 順  

1. ゴミ取りネットなどを取り外す

ゴミ取りネットなど、取り外せる部品を取り外し、洗濯機の中を空にします。

洗濯槽の分解は無理ですが、洗剤の投入口、ゴミ取りネット、柔軟剤のポケットなどはプロでなくとも取り外しが可能です。
これらの部品もぬるま湯少しにつけてから歯ブラシやスポンジでこすると意外とすぐに綺麗になるんですよ。
部品が取り付けられている本体側のジョイントパーツの方も汚れがよく溜まっていますのでそちらも磨いてくださいね。

こういった部分の作業は、もちろんそれらの部品が汚れている、というのもそうですが、洗剤やクリーナーが全体に広がるのを邪魔したり、ゴミ取りネットが必要以上に汚れたりするのを防ぐためです。

2. お湯をためる

洗濯槽の中に、50℃くらいのお湯をためます。
ぬるま湯を使って欲しいのですが、85℃以上の熱湯では使わないでください。
塩素系のクリーナーは85℃以上で分解し、塩素ガスが発生してしまいます。
洗浄力を高めるためにある程度の温度が必要なのですが、塩素ガスまで行くと人体に有害なので細心の注意を払ってご活用ください・・・!

 

3. クリーナーを洗濯槽の中に入れる

お使いになる洗濯槽クリーナーの表示に従って、決められた量の洗濯槽クリーナーを洗濯槽の中に入れましょう。

 

4. 洗濯機を回す
ここは、お使いの洗濯機で少し変わってきます。

 

・「槽洗浄モード」があるとき

ご家庭の洗濯機に「槽洗浄モード」があるときは、槽洗浄モードでスイッチオン!
槽洗浄モードで洗濯機を回すだけで大丈夫です。

 

・「槽洗浄モード」がないとき

「槽洗浄モード」がないときには、標準コースで「洗い」~「脱水」までの1サイクルで洗濯機を回せば完了です。

 

なんとたったの3ステップ!
こんなに簡単に終わるなら、気軽にトライできそうですね♪

「重曹」は洗濯機のお掃除でも使える万能アイテムですよ!

最後に解説するのは、酸素系クリーナーと汚れの落とし方が似ている、重曹でのお掃除のしかた。

料理にお掃除にと、とっても万能な重曹
そんな重曹が、実は洗濯槽のお掃除にも使えちゃうのです!

ただし、洗濯槽用のクリーナーと比べると、カビを落とす力や殺菌力は落ちてしまいます

用意するもの

・重曹
・ゴミすくいネット

   手 順  

1. ゴミ取りネットなどを取り外す

ゴミ取りネットなど、取り外せる部品を取り外し、洗濯機の中を空にします。

洗濯槽の分解は無理ですが、洗剤の投入口、ゴミ取りネット、柔軟剤のポケットなどはプロでなくとも取り外しが可能です。
これらの部品もぬるま湯少しにつけてから歯ブラシやスポンジでこすると意外とすぐに綺麗になるんですよ。
部品が取り付けられている本体側のジョイントパーツの方も汚れがよく溜まっていますのでそちらも磨いてくださいね。

こういった部分の作業は、もちろんそれらの部品が汚れている、というのもそうですが、洗剤やクリーナーが全体に広がるのを邪魔したり、ゴミ取りネットが必要以上に汚れたりするのを防ぐためです。

2. 洗濯槽にぬるま湯を入れる

ぬるま湯(40℃~50℃前後)を最大水位まで入れましょう。

 

3. 重曹を入れる

だいたい1カップ(約150g)ほど。
ザバッと入れましょう。

 

4. 洗濯機を回す
「洗い」コースで洗濯機を回していきます。

重曹でお掃除する際には、放置する時間が必要。
脱水まではしないように設定しておきましょう。

 

5. 放置する
洗いコースが終わり、洗濯槽の中に重曹が入った状態で放置します。
最低でも、5~6時間は放置しましょう。

できれば、10時間放置しておきたいところです。
夜のうちにここまでの作業を終わらせ、寝ている時間を有効に活用するのがおすすめです。

 

6. 浮いた汚れをすくい取る

ゴミをすくう

放置後、洗濯槽の中を見ると汚れがたくさん浮いています。
この浮いた汚れは、ゴミすくいネットで綺麗にすくい取っていきます。

なかなか大変ですが、根気強くやっていきましょう。
汚れが残っていると、排水するときに詰まりの原因になります。

先ほどおすすめの商品を紹介しましたが、ゴミすくいネットは100均でも購入できますよ。

 

7. 再び洗濯機を回し、脱水まで行う
汚れを取った後、「洗い」コースで洗濯機を回します。
浮いてきた汚れをもう一度きちんとすくい取ってから、排水します。

 

8. もう一度、洗濯機を回す
再び、「洗い」コースで洗濯機をまわし、汚れをすくい取ります。

その次は「すすぎ」を2~3回繰り返しましょう。
汚れが出なくなったら「排水」します。

これで、洗濯槽のお掃除は完了です。

 

ずっと洗っていない・しつこい汚れには「つけおき」を

においが気になる、目に見える汚れが着いてしまっている、といった場合には、少し時間をとってつけおきするのがおすすめです。
製品として「つけおきタイプ」(つけ置きができるタイプのクリーナー)があります。
特に塩素系のものの中には洗浄力が高すぎて洗濯槽を傷つけてしまいかねないものもございますので、つけおきができるタイプを選んでご購入ください。

やり方は簡単。洗濯槽にクリーナーを満たして、その状態で放っておくだけ。短ければ1時間から、長ければそれだけ全体に浸透しますから1晩でも。
つけおいた後は通常の工程同様洗い流してください。

ドラム型だと形の都合上つけ置きが難しいかと思います。
洗濯機の洗い方の中に「つけおきコース」というコースがありますので、クリーナーを入れて、それで数回回していただくと洗濯槽全体にクリーナーが行き渡ります!
クリーナーの消費量は増えてしまうので、しつこい汚れ、においが気になるときを選んで試してみてください。

 

こまごまとした部品もまとめてお掃除しちゃいましょう

さて、洗濯槽のカビはしっかり取れましたか?
明日からキレイな洗濯槽でお洗濯ができると思うと、とっても嬉しいですね♪

ですが洗濯機には、洗濯槽だけでなく洗剤投入ケースやゴミ取りネット、フィルターなどの細かい部分があり、そういった箇所の汚れも気になりませんか?
せっかくなので、まとめてお掃除してしまいましょう!

また、こちらのお掃除は汚れが気になったときにやれば十分ですよ♪

お手入れしたい箇所リスト

洗濯機のパーツの中で、お手入れしたい箇所をまとめてみました!

取り外せる4つのパーツ

・洗剤投入ケース
・ゴミ取りネット
・排水フィルター
・乾燥フィルター

取り外せない3つのパーツ

・フタの裏
・パッキンの裏
・洗濯槽のフチ

お使いの洗濯機よっては、取り外せるものと取り外せないものが少し違っていることもあると思います。
とはいえ、取り外せるパーツは取り外して、取り外せないものはそのまま!
お手入れの仕方に変わりはありません♪

 

取り外せるパーツのお手入れの方法

さて、それでは先ほどのリストにあるものを簡単にお手入れしていきましょう!

といっても、洗剤などは使いません。
歯ブラシでこすったり雑巾で拭いたりといったお手入れで十分キレイにすることができますよ♪

用意するもの

・ぬるま湯
・洗面器
・歯ブラシ

   手 順  

1. ぬるま湯をはる

洗面器にぬるま湯をはりましょう。

 

2. パーツを外す

洗濯機の洗剤投入ケース、ゴミ取りネット、排水フィルター、乾燥フィルターを取り外しましょう。

 

3. 歯ブラシでこすって洗う

ぬるま湯にパーツをつけながら、歯ブラシでこすって汚れを落とします。

 

4. 乾燥させる

カビが生えないように、外したままでよく乾かしましょう。

 

取り外せないパーツのお手入れの方法

陰になってしまうのであまりお掃除もしない、フタの裏やパッキンの裏。
あまりお掃除しようと思ったことはないかもしれませんが、汚れたままにしておくとその汚れが洗濯物についてしまうこともあります。

お手入れ方法はとっても簡単なので、ぜひ一緒にキレイにしてしまいましょう♪

用意するもの

・雑巾

   手 順  

固く絞った雑巾で、拭く

雑巾を固く絞って、フタの裏や洗濯槽のフチを拭きます。
ドラム式洗濯機の場合は、洗濯機の中のパッキンの裏も拭いておきましょう。

 

これだけしっかりお掃除すれば、洗濯するのが楽しみになりますね♪

 

洗濯槽クリーナーは月1回が理想!種類は汚れ具合で使い分けるのがおすすめ

ここまで実際のお手入れの方法を解説してきました。

ですが、
この洗濯槽のお手入れってどれくらいの頻度ですればいいの?
酸素系クリーナーと塩素系クリーナー、そして重曹もあるけどどれを使えばいいの?
など、まだまだ分からないですよね。

お手入れ頻度と、クリーナーの使い分け方について紹介していきます♪

洗濯槽のお手入れの理想は月に一度!

洗濯槽クリーナーを使った洗濯槽のお掃除は、どれくらいの頻度で行うのがいいのでしょうか?

理想の頻度は、月に1回

月に1回、洗濯槽クリーナーを使ったお掃除をしていれば、洗濯槽のカビの繁殖をある程度抑えられるので、おすすめですよ♪

うちの洗濯機は新品だから大丈夫!なんてことはありません。
新品の時から定期的に洗濯槽クリーナーを使うほうが、理想的!
こまめにやっていれば簡単に済むので、ぜひ綺麗な洗濯槽を維持してくださいね♪

 

洗濯槽クリーナーはどう使い分ける?

さて、2種類の洗濯槽クリーナーと重曹の特徴を聞いたところで、どっちをどう使うのがいいのかさっぱり分かりませんよね。
こちらは、ご家庭の洗濯機の汚れ具合によって使い分けるのが正解!

洗濯槽のお掃除の頻度に合わせたおすすめのクリーナーのタイプを紹介します。
参考にしてくださいね♪

 

こまめに洗濯槽の掃除をしているあなたは「酸素系」か「重曹」

1~2ヶ月に一度は洗濯槽の掃除をしている
・新品
・プロにお掃除をお願いした後
という場合であれば、酸素系洗濯槽クリーナーか重曹でお掃除をすれば十分です。

こまめな頻度でお掃除をして、キレイな状態を保ち続けるのが理想ですね♪

 

半年に1回くらい掃除をしているあなたは「塩素系」

半年に1回くらい洗濯槽の掃除をしている場合は、塩素系の洗濯槽クリーナーでのお掃除をしましょう。

塩素系のクリーナーであれば、たまってしまった汚れをきちんと除去・殺菌してくれるはずです。

 

数年間、1回も掃除をしていないあなたは「両刀使い」

数年間1回も洗濯槽のお掃除をしていないとなると、かなりの量の汚れやカビが洗濯槽にたまっていると思います。
そんなときは、酸素系と塩素系の両刀使い

最初に酸素系クリーナーを使ってこびりついた汚れやカビをはがし、次に塩素系クリーナーを使って残ったカビを分解・殺菌すると汚れが落ちやすいですよ♪

ですが数年間お掃除をしていないとなると、もう自力では落とせない汚れも多いかもしれません。
プロにお願いすることも、検討してみた方がいいかもしれませんね♪

 

洗濯槽も普段のお手入れが重要

というわけでここまではお掃除の方法についてお話をしてきましたが、そもそも汚れを溜めない、というのも重要ですよね。
普段から意識していただきたいことをご紹介します!

洗濯物は洗濯機の中に溜めない

洗濯カゴなどは使われていますか?

洗濯槽の汚れの原因となる黒カビは湿気が大好き。汚れた洗濯物を洗濯槽の中に溜めておくのは菌にとって生きやすい環境を提供してしまうことになってしまうのです・・・!
特に、洗濯物には皮脂汚れなど油汚れやホコリなど、菌にとって嬉しいエサがたくさん。湿気とエサの揃った洗濯槽はカビにとって最高、私たちにとっては最悪の環境です。
ぜひ洗濯カゴなどで分けておき、洗うときに洗濯機に入れましょう。
そして、洗い終わったらすぐに洗濯機から洗濯物を取り出すように習慣づけましょう。

洗濯機のフタは閉めたままにしない

こちらも上述のものと全く同じ理由です。
小さいお子さんがいらっしゃるご家庭などでしたら遊ばれてしまうのを防ぐために蓋を閉めておくところが多いかもしれませんが、洗濯槽の汚れ的にはあまり好ましくありません。空気が通らず、湿度の高い状態で洗濯槽の中が保たれてしまいますからね。ずっと開けておくのはちょっと、、、という場合には、洗濯が終わってから数時間でも開けておきましょう!

 

「自分でできる洗濯機のお掃除」をプロに聞いてみた!

さて、今まで自分でできる洗濯機のお掃除について解説してきましたが、プロにお願いしたほうがいい場合もあるみたいですよ。
ちょっと気になりますよね。

そもそも、自分でできる洗濯機のお掃除はどんな範囲なの?

そこで、「あなたのマイスター」では、洗濯槽・洗濯機クリーニングのプロに「洗濯機の掃除は、自分でできますか?」と聞いてみました!
たくさんのプロの意見の中から、一部を紹介します。

 

おそうじ本舗 中川篠原店さん(愛知県)

洗濯槽クリーナーを使えば、ある程度はお掃除できます。ただ、ご自分で無理に分解しようとすることはやめてください。戻せなくなったり、故障の原因となります。

 

株式会社ウォッシュさん(大阪府)

ご自分でできる掃除と、洗濯槽クリーニングでなければ落ちない汚れがあります。カビや洗剤汚れは、洗濯槽クリーナーである程度落とせますが、洗濯物から出た繊維ゴミなどが詰まると、洗濯槽クリーニングでなければ落ちません。

 

かたづけ専科さん(北海道)

難しいと思います。一般の方が自分でできることには限界があって、目で見える部分の汚れを落としたり、市販の洗濯槽クリーナーを使った掃除をするくらいだと思います。それで落とせる汚れはほんの少しで、残りは分解しないと絶対に落ちません。

 

ふむふむ。
自分で分解洗浄するのは危険だから、

洗濯槽クリーナーで洗濯槽掃除
そのほかの目に見える部分の掃除

が自分でできるお掃除なのですね。改めて納得。

ですが、それで落ちる汚れは洗濯機につく汚れの一部。
プロに洗濯機・洗濯槽クリーニングを頼むことも必要なのですね!
勉強になりますね♪

「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。
そんなプロの声を「プロが答えてお悩み解決!アスクマイスター」に集めました。
自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです!

 

洗濯槽の裏側にひそむカビはプロにお任せしたほうがいい理由

自分で洗濯機をお掃除して、きちんと汚れが落ちていればカビが洗濯物につくなんてことにはならないはず。

それでも黒いぴろぴろしたものがついてしまうなら、洗濯槽の裏側に原因があるかも。

プロの意見にもある通り、市販の洗濯槽クリーナーを使って落とせるのは、洗濯槽の汚れのごく一部
洗濯槽の裏側にたっぷりたまった水垢やカビを落とすのは、難しいのです。

しかも、そんな洗濯槽の裏側のお掃除は、自分でやることはできません。
洗濯機の分解洗浄には、プロの経験と技術が必要になります。

プロの洗濯機・洗濯槽クリーニングでぴっかぴかに!

ということで、洗濯槽の裏側の汚れを落とすためには、プロの洗濯機・洗濯槽クリーニングがおすすめなのです。
プロに洗濯機・洗濯槽クリーニングをお願いすると、いったいどんな風にキレイになるのでしょうか?

ちらっと、写真をお見せしちゃいますね。

これは、洗濯槽の底にある、プロペラを外したところです。
茶色い汚れがびっしり!

 

でも、さらに衝撃的なシーンが。

 

洗濯槽の裏側です!
普段見えている内側は綺麗に見えても、裏側にはカビや汚れがびっしりついていることがあるのです。

この洗濯機の持ち主は、どーせお掃除サボってただけでしょ。
なーんて思ったあなた。

実は、買ってまだ1年の洗濯槽でこの汚れなのです!

しかも、定期的に市販の洗濯槽クリーナーを使っていたとのこと。

お洗濯にいくらいい洗剤を使っていても、肝心の洗濯機が汚れていては、意味がありません!
お洋服を洗うのも着るのも、ちょっと憂鬱になってしまいますよね。

そこで、プロの洗濯槽・洗濯機クリーニングです!

これ、さっきと同じ洗濯機です。

シロクマさんもびっくり。
こんなに白かったのってくらい真っ白です。

洗濯槽の裏側も、本来の輝きを取り戻しました。
まるで新品のようにピッカピカですね。

 

ここまで変わるなんて、想像以上ではありませんか!?
そんなプロの洗濯機・洗濯槽クリーニングのことをもっとくわしく知りたいあなたに。

プロの洗濯槽クリーニングってどんなことをするんだろう…?
どんなところを掃除してくれて、どれくらいキレイになるの?
など、気になることがたくさんありますよね。

お悩みを解決すべく、プロに密着取材してきました!
たったの30秒で、洗濯槽・洗濯機クリーニングのプロのお仕事の様子がよーくわかる動画つきです。

ぜひ、チェックしてみてください!

動画はこちらからチェック!

まとめ

洗濯機が綺麗になると、衣服も綺麗になって、毎日が快適になって。
良いことづくめですね。

しかし、掃除せずに放っておいたら、洗濯槽はカビだらけに!
細々とした部品にも汚れがたまってしまいます。

洗濯槽は、酸素系クリーナー塩素系クリーナー、重曹を使って綺麗にできます。

・こまめにお掃除をしている方は、酸素系クリーナーや重曹がおすすめ
・半年に1回くらいしかお掃除をしていない場合は、塩素系クリーナーでお掃除

細々とした部品は、歯ブラシや雑巾だけでお掃除できますよ。

お掃除の頻度は、月に1回が理想です。

しかし、もし、自分でいくらお掃除しても洗濯物が汚れている……。
そんな場合は、自分では落としきれない汚れがあるのかもしれません。

それなら、プロの業者さんにお願いするのがおすすめです。
自分では分解できないような、洗濯槽の裏までピカピカにしてくれますよ!

 

洗濯機は綺麗になったでしょうか?1箇所がピカピカになると、他の場所の汚れも綺麗にしたいという気持ちになりますよね。

日本には「大掃除」という素敵な習慣があります。年末の時間を利用して家じゅう綺麗にしちゃいましょう!洗濯機やエアコンも例外ではありません。
大掃除を手間や労力なく進めるためのコツを、たっぷり紹介した記事をご用意しています!ぜひ読んでみてくださいね♪

 

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 2時間 で解決します
洗濯機から生臭い、カビっぽいにおいがする…!洗った洗濯物にゴミがついている!
市販の洗濯機クリーナーでは取りきれない、洗濯槽の裏側に潜むカビや皮脂汚れも、プロは洗濯機を分解して丸洗い。『あなたのマイスター』なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因の隠れた汚れやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

関連記事

30秒の動画でわかる!洗濯機クリーニング「プロ」のお仕事!

みなさん、「洗濯槽クリーニング」って知っていますか? プロがお家にやってきて、洗濯槽のお掃除をしてくれるサービス それが、洗濯槽クリーニングです。 そもそも、洗濯槽のお掃除って、ちゃんとやっていますか? 自分でできること […]

憧れのドラム式洗濯機の掃除方法を、憧れの眼差しで書きました。

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ランキング

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂掃除大特集!洗剤選びで効率的に水垢とカビを完全除去する方法

お風呂はいろいろな汚れが溜まりやすい場所。お風呂が汚れていたら、せっかく癒しのバスタイムも台無しですよね。しっかりお掃除をして、綺麗に保ちたいところです。 お掃除というと、どうしても大変なイメージがありますが、汚れに合わ […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

トイレのお掃除は「クエン酸」で!誰にでもわかる手順写真付き解説!

いつの間にか嫌な臭いを放つようになっていることも多いトイレ。 実はその臭いの原因も、トイレのいたるところに潜んだ「汚れ」なのです。 心地よくトイレを使うために、お掃除は必須ということですね。 今回は、トイレ掃除の方法をた […]

エアコン自分でお掃除vsプロのクリーニング!その違いを実際に検証

  夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉 […]

換気扇の掃除用洗剤5選!油汚れに効く家庭用と業務用をそれぞれ紹介

換気扇の掃除を始める時、最初にぶち当たる壁は何でしょうか。 一番多いのは、「どの洗剤を使えば良いのかわからない」ということだと思います。 だってドラッグストアに行けば、洗剤の種類は無限大……。 ましてや、洗剤には家庭用の […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

電子レンジの掃除は重曹をチン!拭くだけでカビ・油汚れが楽に落ちた

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒だ。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこ […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

お風呂の天井・壁・床のお掃除に、毎日たった3分のカビ予防が効く!

お風呂の天井・壁・床を見渡してみてください。 天井の四隅、壁の下の方、床のパッキンなどに、「カビ」生えていませんか?   今回、編集部では、20代~60代の女性100人に「お風呂の天井、壁、床を見たとき、もっと […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

カーペット・絨毯の自宅でできる洗濯方法とは?染み抜きの方法も解説

みなさん、お家の絨毯・カーペットのお洗濯、していますか? たまにしかしない…掃除機をかけて終わり、という方も多いかもしれません。 でも、それは要注意。掃除機では吸い取れない皮脂汚れや細かいゴミが潜んでいる可能性も。 今回 […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

敷布団の洗濯はお風呂で踏み洗い!コインランドリーでの洗い方も解説

敷布団なんて洗濯できるはずがない。 そう思いながら生きてきた方も、多いのではないでしょうか。 洗剤液に突っ込むことはできたとしても、そこで洗って、さらに干すなんて…確実に生乾きで臭くなる!!と考えるほうが普通ですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

毛布は洗濯機で丸ごと洗い!素材にあった4つの洗い方と洗剤も紹介!

冬場は気温が低く、洗濯物も乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 特に寝るときに毛 […]

ニット・セーターの洗濯方法を解説!縮むのを防ぐ洗い方のコツも伝授

ニットやセーターってふわふわしていて、あったかくて、寒い冬には手放せませんよね。 でも、着終わった後は? なんとなく、自分で洗濯すると縮んだり型崩れしたりしてしまうイメージ…。 でも、だからといって毎回着終わった後にクリ […]

ダウンジャケットは洗濯機で手洗い!ふんわり感を決める干し方も紹介

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

腕時計のお手入れは、ベルトの汚れをほっとけいないから浸けとけい!

学校、仕事、プライベートな時間でもかかせない腕時計。 時間を確認するためのものだけでなく、最近ではファッションアイテムとしても注目を集めていますよね。 しかし、そんなおしゃれアイテムである腕時計、よく見てみると汚れていた […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

包丁の研ぎ方は刃の角度がポイント!正しいお手入れで切れ味が復活!

  毎日の料理に欠かせない包丁。 頻繁に使っているのにも関わらず、自分でメンテナンスしている方、どれくらいいるのでしょう。 包丁のメンテナンスとは、「研ぐ」こと。 毎日使っているとわかりにくいかもしれませんが、 […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

スニーカーの手入れには中性洗剤!レザー製はブラシとクリームでケア

動きやすさを追求した靴、スニーカー。 それだけでカジュアルな雰囲気に寄せられますし、愛用する方も多いんじゃないですかね?   白なんかは人気の筆頭ですが……そりゃまあ汚れます。 色鮮やかであるほど汚れます。 な […]

革靴のかかとゴム修理を取材!どんな靴も自然に直す匠の神ワザを発見

気づいたら靴底のかかと部分がすり減っていた……。 ヒールから金属が見えて、歩くとカツカツ音が鳴るようになってしまった……。 そんな経験は、ありませんか? 大切な靴は、かかとが削れてしまっても修理して履き続けたいもの。 で […]

スパイクのお手入れ【野球・サッカー/人工・天然皮革】を完全網羅!

「スパイク」は、スポーツをやられている方なら誰しもが知っているでしょう! ですが、正しいお手入れ方法まで知っている方はどれくらいいますか? スポーツで役立つあの特徴的な靴底に戸惑っている方もいるようです…が、心配はいりま […]

おすすめ特集

お急ぎの方へ
プロに依頼すると 2時間 で解決します
洗濯機から生臭い、カビっぽいにおいがする…!洗った洗濯物にゴミがついている!
市販の洗濯機クリーナーでは取りきれない、洗濯槽の裏側に潜むカビや皮脂汚れも、プロは洗濯機を分解して丸洗い。『あなたのマイスター』なら、お住まいの地域で人気のプロに出会えます。においの原因の隠れた汚れやカビを徹底的にきれいにしてみませんか?

お住まいの地域から選ぶ