カバン修理の職人が内袋を交換!ベタベタなグッチのバッグが完全復活

劣化して傷んでいるカバン、捨ててしまう前におすすめしたいことがあります。それは、カバン修理のプロに持っていくこと。今回はボロボロになったカバンの内袋を交換してくれるプロの技術を取材してきました!

OCCIN

2017年10月19日

みなさんの家にも、1つくらいありませんか?

傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン
久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン

このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。
そう迷ったものの踏ん切りがつかず、クローゼットに仕舞いこんだままにしてはいませんか?

そんな「タンスの肥やし」を持っているあなたに伝えたいこと。
それは、プロによるカバンの修理や補修
仕舞いこんだカバンを、修理のプロの力を借りてよみがえらせてもらいましょう。

今回、使いたくても使えなくなってしまったカバンを元の姿によみがえらせる、修理のプロの技を取材しました。
これから、プロによるカバン修理の魅力をくまなくお伝えします。

カバンを修理するということ

カバンの修理と言われても、ピンとこない方は多いと思います。
そもそも「修理」と言われると、なにやら見慣れぬ工具を駆使して、エンジンのかからなくなった車や脚の折れた家具を直す、とても大がかりなことのように感じませんか?

実は、カバンの修理は、それとは少し異なります。
まずは、革製品のお手入れのことから少し説明しますね。

 

革製品を長く大切に使うために

人生の節目に奮発して買った靴。
大切な人から譲り受けたカバン。
記念日のお祝いにもらった財布。

歳を重ねていくと、かけがえのない思い出とともに大切なものも増えていきます。

大切な靴やカバン、財布などの革製品を長く大切に使い続けていくには、定期的なお手入れが欠かせません。
革製品のお手入れには、大きく分けて「修理クリーニング色補修」の3つの方法があります。

 

修理
革製品の破れや穴あき、縫い目のほつれ、パーツの不具合を直すこと。

クリーニング(クレンジング)
革製品についてしまったシミや汚れ、カビを落とすこと。

色補修
色落ちや色褪せしてしまった革製品を元の色に戻すこと。
表面についた擦り傷を直すのも、実は色補修。

 

いくら大切に使っていても、傷をつけてしまったり汚してしまったりすることはあります。
そんなときに、正しいお手入れをすることで、また元の美しさを取り戻して、長く使い続けることができるのです。

そして、この革製品の3つの方法の中でも、今回は「カバンの修理」のお話です。

 

カバンのさまざまな修理

カバンの修理とひとくちに言ってもさまざまな修理があります。
それもそのはず。
カバンは、形もブランドもさまざまで、そのどれもが複数のパーツを組み合わせてできています。

 

ハンドル(持ち手)交換
カバンを持つときに必ず握るのがハンドル。
手で直接触れるので、擦り切れたり汚れたりしやすい部分ですよね。
そんなカバンの持ち手を補強や新しいものに交換する修理。

ファスナー交換
開け閉めのたびに動かすのがファスナー。
使っているうちに破れたり壊れたり、滑りが悪くなったりすることがあります。
そんなファスナーを新しいものに交換する修理。

 

この2つは、ややイメージがつきやすい修理かもしれません。
えっ!それも直してもらえるの!?と、少し意外なのが、つぎの3つ。

 

内袋交換
カバンの内袋(うちぶくろ)とは、いわば裏地。
中に入れている荷物と直に接している部分です。
傷んで破れてしまった内袋を新しいものに交換する修理。
ここだけを交換できるというのは、少し意外ではありませんか?

根革修理
根革(ねがわ)という名前、あまり聞き慣れないと思います。
これはカバンの本体とカバンの持ち手をつなげている部分の小さい革のこと。
カバンの中でも特に負担のかかるため、ちぎれたり傷んだりしやすい部分です。
根革のちぎれた部分を縫い直したり、交換したりする修理。

ほつれ縫い
カバンのパーツ同士を縫い合わせている糸のほつれ、つまり糸が出てしまった部分。
いつの間にかほつれていて、気になることがありますよね。
これを元通りにキレイに縫い直す修理。
カバンの外装だけでなく、内装のほつれも直してもらえます。

 

このように、カバンは部分的に修理してもらうこともできるのです。

カバンのさまざまな修理の中で、今回は「内袋交換」を取材してきました。
ボロボロに傷んだカバンの内側の素材を、プロの技でまるごと交換。
クローゼットの奥に眠らせているカバンがある方に、おすすめです!

また、カバンの「根革交換」と財布の「ほつれ縫い」も今回、修理例を見せていただきました。
最後に修理前と修理後の写真を見比べて、ご紹介します!

 

今回のカバンの修理は…

今回、カバンの内袋交換をお願いしたのは、二子玉川 美靴工房(ふたこたまがわ びかこうぼう)の小杉さんと保科さん。

左から2人目の方が小杉さん、真ん中の方が保科さんです。

二子玉川にあるお店は、落ち着いていておしゃれなインテリアで、気軽に入りやすい雰囲気。
カバンだけでなく、靴や財布など革製品全般の修理やクリーニング、色補修も行う、革製品補修のオールラウンダーのような職人さんです。

美靴工房さんでは、革製品のクリーニングや色補修をする際に、独自で配合された溶剤を使っています。
修理の工程や色補修の技術を生み出すのに、8年もの歳月をかけたそうです。
革製品を美しくよみがえらせることへの強いこだわりと情熱を感じます。

普段、「職人さん」と聞くと、なんとなく男性の方が思い浮かぶかもしれません。
でも、美靴工房さんは、職人さん全員が女性の方。
白衣の汚れ具合に、修理というお仕事の大変さを感じます。
女性の方は、カバンや靴の仕上がりについて相談しやすいかもしれませんね。

今回、修理をお願いしたのは、内袋交換などや根革修理ほつれ縫いなど、ミシンを使う作業や手縫いによる作業による修理をしていらっしゃる小杉さん。
針と糸を使う修理の、スペシャリストです。

内袋交換の中でも革の部分のクリーニングは、革の色補修などをされている保科さんが担当。
このお2人が、カバンを美しくよみがえらせてくれます。

 

内袋交換をお願いしたカバンはこちら。

使われないまま1年間、ネル袋の中に保管されていたGUCCI(グッチ)のカバン。

内袋が、かなり悲惨なことになっていますね。
このままでは、とても使うことができません。

中の塗装がはげてしまっているように見えます。
ですが実はこれ、塗装のはげではありません。

 

この内袋の素材は、合成皮革。
ヨーロッパで作られているハイブランドのカバンでも、コストや軽さを追求されたものは、合成皮革が使われていることも多いそう。
合成皮革は、布地の上にポリウレタン素材が塗られているもの。
本革よりも湿気に弱く、放置しておくと劣化しやすいのです。

このカバンの場合も、長い時間、仕舞われていたことで内袋の素材が劣化して、ボロボロにはがれてしまいました。
そのはがれた素材が、そのまま別の場所にくっついて、ベッタベタになってしまったのです

「このようなカバンの劣化は、湿気が大きな原因です。ハイブランドのものだと、海外でつくられたカバンも多いです。日本は湿度が高い国ですから、カバンが日本の湿度に耐えられずに部屋に仕舞いっぱなしにしているだけで、劣化してしまうことがよくあります。

カバンは仕舞っておくよりはたまに使ってあげる、もしくは風通しのいい部屋においてあげるということが大事です。」

この劣化した内袋を取り出して、新しい生地で作った内袋に交換することが今回の修理。

 

「内袋交換」の流れ

はじめに、作業のステップをご紹介します。

内袋交換の流れは、こちら。

1. カバンの内袋をカバンの本体から外します

2. 内袋の縫い目をほどいて分解します

3. 元の内袋に使われていたロゴ、革をクリーナーでキレイにします

ここまでで、元の内袋の分解・クリーニングはできました。

 

ここから、新しい内袋を作る作業に入ります。

4. 分解した内袋をもとに型をとります

5. 内袋に使う生地を選び、型に合わせて裁断します

6. 新しい生地を縫い合わせて内袋の形にします

これで、新しい内袋が完成しました。

 

最後に、元のカバンの姿に戻していきます。

7. 新しい内袋をカバンの本体に縫いつけていきます

これで、内袋交換は完了。

かなりの大改造。
素人には到底できない修理ですね。
それをプロの方は、1日半ほどで仕上げてしまいます。

 

プロのカバン修理の道具

内袋交換にプロの方が使う道具は、3つ。

 

リッパー
カバンの内袋をカバンから取り外したり、内袋を分解したりするために使います。
家庭科などで使ったことがある方も多いのではないでしょうか?
そう、あれです。

クリーナー
革についた汚れを落とすために使います。
アルコールで落とそうとすると、ロゴなどの塗装まで消してしまうのです。
そのため、アルコールよりも弱いクリーナーを使うことがポイント。
美靴工房さんでは、独自に配合して作っています。

ミシン
新しい内袋を作ったり、カバンに縫い付けたりするために使います。
カバンの修理にはもちろん必要ですよね。
プロ用のミシンは家庭用のミシンとは違って、厚めの革などもきちんと縫うことができます。

それでは、プロによる内袋交換、ご覧あれ。

 

ボロボロになったカバンの内袋を分解・クリーニング

まずは、小杉さんによる作業です。

1. カバンの内袋をカバンの本体から外す

リッパーで、カバンの内袋と本体を縫い合わせている糸を切っていきます。

内袋は、上糸と下糸が交差しあって縫い付けられています。
上糸の縫い目を1つ1つ、リッパーで切っていきます。
切るのは上糸のみ。下糸はそのまま引き抜いて外すことができます。

下糸をするっと引き抜くと、内袋をカバンの本体から取り外せる状態に。

「この工程では、内袋の中のベタついた汚れが他の部分に移らないように、丁寧に糸を外していきます。」

パチッパチッと、テンポよくひとつずつリッパーで上糸を外していく小杉さん。
下糸も、ひっかかることなくシャッという音を立てて、ひと思いに抜き取っていました。

 

内袋とカバンの本体を縫い合わせている糸を外したら、内袋をカバンの本体からズボッと取り出します。

カバンの本体から取り外された内袋を見て、かなり驚き。
想像していたのは、カバンの本体から内袋の素材を1枚ずつペリペリっとはがしていくもの。
実際には、袋そのものの状態でごっそり出てきました。

普段はあまり意識することのないカバンの構造を見て、まるで着ぐるみの中に入っている人を思いっきり見てしまったような気持ちになりました。

 

取り外した内袋は、ふにゃふにゃと弱々しい姿。
この内袋には、さよならして、カバンにまた新たな命が吹き込まれます。

 

2. 内袋の縫い目をほどいて分解する

本体から外した内袋は、まだ袋の形をした状態。
ここから厚紙に、この内袋の型をとるために、内袋の糸をまた同じようにほどいて分解します。

小杉さん、ここでも手際よくリッパーを使って糸を切っていきます。

 

ファスナーとブランドのロゴ部分、内袋の上側についている革の部分も外していきます。
これらのパーツは、汚れを落として、新しい内袋にも使うのです。

「内袋を交換してまで使いたいということは、それだけ思い入れのあるカバンということだと思います。そのため、わたしたちは、お客様とご相談をしたうえで、使える部分はできる限り使わせていただくようにしています。」

傷をつけてしまわないように、丁寧に糸を外していく小杉さん。
交換するだけではなく、元からあって使える部分をまた使ってもらえるというのは嬉しいですね。
修理をしても、大切な思い出がつながっていきます。

 

3. 元の内袋に使われていたロゴ、革をクリーナーでキレイにする

さて、ここからは保科さんによる、クリーニング作業。

内袋に使われていたロゴ、そして内袋の上側の革も内袋の劣化物がはりついてベタベタの状態。
そのままでは新しい内袋には使えません。
クリーナーと脱脂綿を使って、汚れをキレイにしていきます。

ここで汚れを落とすために使われているクリーナーは、美靴工房さんが独自に配合された、アルコールよりも弱い溶剤。

「アルコールを使ってしまうと、ロゴ自体の塗装まで消してしまう可能性があるため、使いません。」

 

汚れを、脱脂綿でかなり強めに、ゴシゴシこすっていきます。
すると、みるみる…。

 

ベタベタでした。ほんとうに。
この汚れがみるみるうちに脱脂綿に吸い取られて、金色のロゴがキレイに浮き上がってきました。

もはや解読不能になっていたロゴ。
読めないと、意味がありません。
プロによるクリーニングによって見事によみがえりました。

 

内袋の上側に使われていた革も、ロゴと同じようにクリーニング。
広い範囲の汚れも、クリーナーを染み込ませた脱脂綿がどんどん吸い取っていきます。

新しいものに交換する技術のみでなく、元からあったものをよみがえらせて活かす技術がここに。

 

新しい内袋を作る

ここからは、また小杉さんに担当していただきます。
先ほど分解した内袋で型を取って、いよいよ新しい内袋を作っていきます。

1. 分解した内袋をもとに型をとる

新しい生地で同じ形の内袋をつくるために、ここで型紙を作ります。
分解した内袋と同じ型を、厚紙にペンでとっていきます。

 

2. 内袋につかう生地を選び、型に合わせて裁断する

今回、内袋に使うのは、シャンタンという生地。
つるっとしていて高級感のある生地です。

シャンタンとは?
タテに普通の生糸、ヨコに玉糸と呼ばれる生糸を使って織られた素材のこと。

普通の生糸は、1匹の蚕が作った繭から作られますが、2匹の蚕が1つの繭を作ることがあります。
この2匹の蚕が作った繭から製糸した生糸を、玉糸というのです。

玉糸は糸に節が多く、太いところと細いところが不規則になった糸。
そのため、シャンタンは不規則にヨコに筋が出ていて、見た目がキレイで上品な生地になるのです。

 

まずは、このシャンタンに型紙を合わせて、型をとっていきます。
色は、カバンの外側の濃い茶色に合うように、上品なベージュを。

「元々の内袋と同じ素材でお直ししてしまうと、劣化を繰り返してしまいます。

シャンタンは丈夫で見た目もキレイ。縫い合わせたときに、ごわつかずなじみやすい素材です。色も豊富なのがいいところです。」

ペンで引いた線に沿って、シャンタンを裁断します。
裁ちばさみがスーッと、つるつるした生地に入ってなめらかに切っていきます。
これが、新しい内袋に。

 

3. 新しい生地を縫い合わせて内袋の形にする

ここからは、ミシンの作業。
裁断した生地の端をミシンで縫い合わせて、きちんと内袋の形にしていきます。

ガシャン、ガシャンガシャンと、輪郭をミシンでなぞるようにして、気が付くと内袋の形に。
ミシンを使いこなせる職人さんだからこその妙技。

 

さきほど汚れを落としたロゴと内袋の上部の革も、新しい内袋に縫いつけて、ポケットも元あったように再現します。

さきほどよりも細かいミシンの作業。
ですが、テンポは全く変わりません。
ダッダッダとテンポよく縫って、みるみるうちに元々あったようにロゴやファスナーがよみがえりました。

これで新しい内袋は完成。

 

元のカバンの姿に戻す

いよいよ最後の工程です。
新しい生地でつくった内袋を、カバンの本体に縫い付けていきます。

1. 縫い付ける部分を両面テープで仮止めする

まずは、ミシンで縫い付ける部分を両面テープで仮止めします。
こうすることで、ミシンで縫い付けるときに動いて、ずれてしまうことを防ぎます。

ズレのないように、ペタッと貼り付けます。
両面テープは貼ったまま、このあと縫い付けていきます。

 

これだけで、かなりカバンの本体にフィットした状態。
ようやく、「カバン」が見えてきました。

できあがりが楽しみですね。

 

2. 新しい内袋をカバン本体に縫い付けていく

カバンの外側からミシンで縫い付けていきます。

「できるかぎり元の状態を再現するために、糸の色も元のものに近い色を選びます。そして、もともと糸が通してあった穴に沿って縫い付けていきます。」

革などの分厚い素材は、家庭用のミシンで縫うのは難しく、プロのミシンの性能とそれを使いこなせるプロの技だからこそできるもの。
ミシンをかけにくそうな曲線になった部分も、とても滑らかに。
みるみるうちに「カバン」が出来上がっていきます。

このようにして、全てを縫い合わせたら、内袋交換の作業は完了です。

 

プロの「内袋交換」のできあがりを見てみる

それではBeforeとAfterを比べて見てみましょう。

ベタベタで、自力では手の施しようのない状態だった内袋。
外側はキレイでも、これでは使うことはできませんね。

 

そして、プロによる内袋交換をした後の姿を見てください!

内袋はもちろんキレイに。
ただ、内袋を交換しただけであるにも関わらず、カバン全体の印象がまったくの新品のように感じられます。
もともとついていたファスナーとロゴ、革の部分は、美しく生まれ変わった状態で、元通りの場所に。

使えなかったもの、汚れてしまったものを見違えさせる、プロの魔法です。

 

「根革修理」と「ほつれ縫い」

さて、お待たせしました。
カバンの「根革修理」と、財布の「ほつれ縫い」の修理例を紹介します。
もしかすると、内袋の劣化よりも身近なトラブルかもしれません。

 

根革修理

どんなカバンも、取っ手を持って使うもの。
そのため、根革には負担がかなりかかりますよね。
ちぎれてしまったこと、ありませんか?

この部分がちぎれてしまうと、もうカバンとして機能しませんよね。
そんなときにおすすめなのが、プロによる根革部分の修理。

ちぎれていた部分がどこなのかが分からないほど、キレイに縫い合わせられています。

「根革は、最も負担のかかる部分ですから、注文も多いです。この部分の修理が可能だということを、もっと多くの方に知っていただきたいですね。」

根革部分は、面積は小さいものの、分厚い革。
自分で直そうとしても、針を通すのが難しそうですよね。

修理したことが分からないような自然な仕上がりは、プロだからできること。

 

ほつれ縫い

カバン、財布、パスケースなど、普段から触ったりどこかにぶつけたりしやすいものは、縫い目の糸が飛び出てしまうこと、ありませんか?
せっかく高級感のある革製品でも、糸が飛び出てしまっていたら残念です。
そんなときにおすすめなのが、プロによるほつれ縫い。

修理前は、財布の折り山部分の糸が飛び出て、糸が通っていない状態になっていますが、修理後はキレイに糸が通って直っています。
革製品は、生地がしっかりしているため、もともと糸が通っていた穴はきちんと残っているのだそう。

「できるだけ元の状態に戻す、ということを意識します。そのため、もともと使われていた糸にできるかぎり似た色の糸を、もとの穴に通していきます。

ほつれ縫いは、修理の仕事で最もはじめに習う修理です。ミシンではなく手で縫い目を追っていくため、工程さえ踏めば意外と簡単にできるものです。」

革製品を縫う、ということ自体あまりやったことがない、という方も多いのではないでしょうか。
この作業、実は家庭科で習う基本的な縫い方である「なみ縫い」なのです。そのため、一見すると簡単そうにも見えますが、革という分厚い素材に針と糸を通すということ自体、かなりハードルが高いですよね。

糸がほつれた、というだけなら、そのまま使い続けることもできますが、やはり縫い目はきちんと通っていた方が美しいもの。
プロの方の、針と糸を使う技術で、革製品に美しさを取り戻すこと、強くおすすめします。

 

最後に、今回、カバンの修理をしてくださったプロから、一言です。

 

二子玉川 美靴工房
保科さん / 小杉さん

「劣化してしまった、ほつれてしまった、破れてしまったなど、自分では使えないと判断することはあると思います。でも、迷った場合は一度ぜひお問い合わせください。修理できるかどうかご相談のうえ、判断していただければと思います。」
そして、今回の内袋修理の様子を動画にまとめました。
ぜひ動画でもプロのカバン修理の技を確認してみてください!

 

まとめ

いいカバンは、職人さんの力を借りて長く使うことができます。
何度も何度も補修すれば、一生もの、もしくは世代を超えて使うことができるものになります。

今回、カバンの修理をしてくださったのは、二子玉川 美靴工房の小杉さんと保科さん。
カバン、靴、財布、その他の革製品を美しくすることへのこだわりを持った職人さんです。
もう何年も使っていない、捨てようかどうか迷っている傷んだカバンは、迷わず持っていくことをおすすめします。
ありがとうございました!

ぜひ「あなたのマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

あなたのマイスター」はリペア・メンテナンスのプロをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った職人さんにきっと出会えるはずです。

「うちのカバンだとどれくらいかかるんだろう?」「破れているのもお願いできるかな?」
以下のフォームから、二子玉川 美靴工房さんに見積もりをお願いすることができます!



写真を撮って、フォームから送るだけ。
注文をしなければ料金は発生しませんので、「ひとまず見積もりだけでも」という方も大歓迎です!
ぜひご利用ください。

関連記事

エルメス・グッチ・Diorのブランドバッグ修理は二子玉川美靴工房

HERMES(エルメス)のバーキン・ケリーをはじめ、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)……大切にしている鞄や財布はずっと綺麗に使いたい。 誰もが思うそんな想いに応 […]

靴・鞄・時計…は修理でよみがえる!衝撃のビフォーアフター写真6選

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ランキング

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

「エアコンがくさい!?」と感じたら今すぐやるべきたった1つのこと

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? そのエアコンのニオイの原因、何だか知っていますか? たまりにたまったホコリ。 至るところにはびこったカビ。 目に見 […]

洗濯機のお掃除は洗濯槽クリーナーor重曹でカビを根こそぎ退治せよ

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞっとしますよね。 毎日 […]

エアコンのフィルター掃除は〇〇が最強!簡単3ステップを写真付きで

日本の暑い夏には欠かせない、エアコン。 エアコンを快適に使うために必要なことといえば、フィルターのお掃除ですよね! エアコンのフィルターには、汚れが溜まりやすく、放っておくと大変なことに…。綺麗に保つためには、定期的にお […]

鍋の焦げ付きを落とすのは、重曹だけじゃない!5通りの方法を発表!

ちょっと目を離した隙に、鍋の底を焦がしてしまった…なんてこと、ありませんか? 焦げって結構すぐについてしまうので、料理をする人にとっては逃れられない問題ですよね。 そんな焦げの落とし方、実は鍋の種類によって大きく変わって […]

お風呂の掃除に重曹が救世主だったお話。皮脂や汗の汚れに効果抜群!

1日の疲れを癒してくれるお風呂。 湯船にお湯をためて体を温めると、一気にリラックスできますよね。 でも、そんなお風呂が汚れていたら? カビの黒ずみ、白く固まった水あか、床に溜まったヌメリ。 せっかくのリラックスタイムも、 […]

エアコンクリーナー使用!お掃除方法を写真とアドバイス付きで解説!

季節の変わり目、久しぶりにエアコンを使ってみたら、なんかくさい! なんて経験はありませんか? ちょっと吹き出し口を覗いてみてください。 何が見えましたか? 黒いポツポツが見えたら、それ、カビです。 吹き出し口はセーフだっ […]

お風呂の排水口の掃除は簡単2ステップ!便利グッズ3選は見逃せない

「あれ、なんか臭い……。」 お風呂に入っている時、ふとした瞬間にいや~な臭いを感じることってありませんか? それは、排水口に汚れが溜まっているサインです。 お風呂場というリラックス空間を綺麗に保つためにも、「お掃除しなき […]

シールをスルッと剥がしたい時の方法7選!ベタベタ跡にもう悩まない

シールが綺麗に剥がれないことって、ありますよね。 特によくあるのが、紙は取れても、ベタベタが残ってしまった……っていう悲しい事態。 やっぱり、シールなんて貼っていなかったかのような、綺麗な状態にしたいですよね。 そこで今 […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

エアコン室外機の掃除は電気代に効く?自分でできるお掃除方法を伝授

エアコンって、実は二卵性の双子なのです。 お部屋の中にある室内機、お家の外にある室外機。 見た目は全く違いますが、2つあってはじめて動くことができます。 そんなエアコンの室外機、実は、お掃除をしなくても衛生的には問題あり […]

白さが蘇る!ワイシャツの黄ばみの絶対に落とす方法!それは鍋を使う

徐々に徐々にたまって、いつのまにか目立つ汚れになってしまうワイシャツの黄ばみ。 普通にお洗濯するだけでは、ワイシャツの黄ばみはなかなか落ちません。しかも放っておくと、黄ばみはさらに頑固になっていきます。 実は、ワイシャツ […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

8割の人が知らない!靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説します

わたしたちは、いつも靴を履いた足で地面を踏みしめています…。 靴は、わたしたちの足をこうして地面から守ってくれているけれど、その代わり、じかに土などの汚れが付いてしまいます。 こういう汚れって、けっこう目立つんですよね。 […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を自宅の洗濯機で洗う方法|コインランドリーとメリット比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は「50℃のお湯と2倍の洗剤ですぐに洗う」が正解

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!注意点と洗い方とは?

軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じること、ありま […]

タオルの嫌な臭いの原因と7通りの落とし方!においを防ぐ対策も紹介

タオルが臭い。 顔を拭こうとしたとき。お風呂上がりの体を包もうとしたとき。 ふとした瞬間に、タオルからなんとも言えない臭いがすることってありますよね。 使い古したタオルは臭っても仕方ない。と、半ば諦めている方も多いかもし […]

サツキの剪定は花が落ちたらすぐ!成長の妨げになる枝をバッサリと!

4~5月ごろ、可愛い花を色とりどりに咲かせ、私たちを楽しませてくれるサツキ。 「さつきまつり」なんかやっているところも多いですよね。 そんなサツキ、お庭で育てて自分でお世話できたら素敵ですよね? お世話の中でも大事なのが […]

ファスナー・チャックの不具合は修理できる!リップクリームが使えます!

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。   さて、こういうファスナーの故障ですが、 […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

シルバーの磨き方徹底解説!銀の変色はサビではないのでコツが必要!

みなさん、シルバーでできた何か、お持ちですか?お持ちですよね? アクセサリーだって、食器だって、楽器だって、銀が使われていることがあります。 そんな世界中のいろんなところで使われる銀ですが、実は変色してしまうことも多いん […]

サビの落とし方は削るだけじゃない!ライムや重曹でこするのも有効!

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

ツツジの剪定は梅雨明け前に!小さめの丸型を目指してチョキチョキ♪

公園や住宅街でよく目にするツツジ。 実際に家でツツジを育てているという方や、引っ越した家にツツジが植えてあった…なんて方も多いのではないでしょうか。 そんな方に聞きたい! ツツジの剪定、きちんとしていますか? 植木の剪定 […]

水筒の洗い方でやってはダメな5つのこと。綺麗にする方法は1つだけ

最近、「水筒」を持っている人、よく見かけませんか? 飲み物を温かいまま、冷たいまま持ち歩くことができる水筒や、ペットボトルのように軽いタンブラー。 外でペットボトルを買いたくない!というときに、とても便利ですよね。 とこ […]

瞬間接着剤の落とし方を完全網羅!読んだら必ず意味なくつけたくなる

壊れたものを瞬時に接着できる、瞬間接着剤。 今や私たちの生活の必需品と言っても過言ではないでしょう。 ただ、すぐに接着できるのが便利な反面、間違った場所につけてしまった時は困りますよね。 たとえば、指や大切な衣類について […]