カバン修理の総まとめ!費用からパーツごとの直し方までプロが解説!

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2022年02月21日

みなさんの家にも、1つくらいありませんか?

傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン

久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。

そう迷ったものの踏ん切りがつかず、クローゼットに仕舞いこんだままにしてはいませんか?

そんな「タンスの肥やし」を持っているあなたに伝えたいこと。

それは、プロによるカバンの修理や補修

仕舞いこんだカバンを、修理のプロの力を借りてよみがえらせてもらいましょう。今回、使いたくても使えなくなってしまったカバンを元の姿によみがえらせる、修理のプロの技を取材しました。

これから、プロによるカバン修理の魅力をくまなくお伝えします。

カバン修理の基本

カバンの修理と言われても、ピンとこない方は多いと思います。

そもそも「修理」と言われると、なにやら見慣れぬ工具を駆使して、エンジンのかからなくなった車や脚の折れた家具を直す、とても大がかりなことのように感じませんか?

実は、カバンの修理は、それとは少し異なります。まずは、革製品のお手入れのことから少し説明しますね。

革製品を長く使うために

人生の節目に奮発して買った靴。大切な人から譲り受けたカバン。記念日のお祝いにもらった財布。

歳を重ねていくと、かけがえのない思い出とともに大切なものも増えていきます。大切な靴やカバン、財布などの革製品を長く大切に使い続けていくには、定期的なお手入れが欠かせません。

革製品のお手入れには、大きく分けて「修理クリーニング色補修」の3つの方法があります。

修理

革製品の破れや穴あき、縫い目のほつれ、パーツの不具合を直すこと。

クリーニング(クレンジング)

革製品についてしまったシミや汚れ、カビを落とすこと。

色補修

色落ちや色褪せしてしまった革製品を元の色に戻すこと。表面についた擦り傷を直すのも、実は色補修。いくら大切に使っていても、傷をつけてしまったり汚してしまったりすることはあります。

そんなときに、正しいお手入れをすることで、また元の美しさを取り戻して、長く使い続けることができるのです。

そして、この革製品の3つの方法の中でも、今回は「カバンの修理」のお話です。

カバン修理の種類

カバンの修理とひとくちに言ってもさまざまな修理があります。

それもそのはず。カバンは、形もブランドもさまざまで、そのどれもが複数のパーツを組み合わせてできています。

ハンドル(持ち手)交換

カバンを持つときに必ず握るのがハンドル。手で直接触れるので、擦り切れたり汚れたりしやすい部分ですよね。

そんなカバンの持ち手を補強や新しいものに交換する修理。

交換用のハンドルがAmazonで売られていたので2つご紹介します!

おすすめ 商品

商品画像
(なないろ館)ビジネスバッグ 交換用 持ち手 2本セット PU革 33cm 取っ手 ハンドル 修理

おすすめ 商品

商品画像
PH PandaHall 2個 リアルレザー かばん 持ち手 ナスカンホック式 皮革取っ手 着脱式金具つき

ファスナー交換

開け閉めのたびに動かすのがファスナー。

使っているうちに破れたり壊れたり、滑りが悪くなったりすることがあります。そんなファスナーを新しいものに交換する修理。

今回は、修理用のファスナーの引き手をご紹介します!

おすすめ 商品

商品画像
I BECOME FREE ファスナー交換 プルタブ カバン ジャンパー 修理 2個入り (ブラック)

この2つは、ややイメージがつきやすい修理かもしれません。

えっ!それも直してもらえるの!?と、少し意外なのが、つぎの3つ。

内袋交換

カバンの内袋(うちぶくろ)とは、いわば裏地。

中に入れている荷物と直に接している部分です。傷んで破れてしまった内袋を新しいものに交換する修理。ここだけを交換できるというのは、少し意外ではありませんか?

根革修理

根革(ねがわ)という名前、あまり聞き慣れないと思います。

これはカバンの本体とカバンの持ち手をつなげている部分の小さい革のこと。カバンの中でも特に負担のかかるため、ちぎれたり傷んだりしやすい部分です。

根革のちぎれた部分を縫い直したり、交換したりする修理。

ほつれ縫い

カバンのパーツ同士を縫い合わせている糸のほつれ、つまり糸が出てしまった部分。

いつの間にかほつれていて、気になることがありますよね。これを元通りにキレイに縫い直す修理。

カバンの外装だけでなく、内装のほつれも直してもらえます。このように、カバンは部分的に修理してもらうこともできるのです。

カバンのさまざまな修理の中で、今回は「内袋交換」を取材してきました。ボロボロに傷んだカバンの内側の素材を、プロの技でまるごと交換。

クローゼットの奥に眠らせているカバンがある方に、おすすめです!また、カバンの「根革交換」と財布の「ほつれ縫い」も今回、修理例を見せていただきました。

最後に修理前と修理後の写真を見比べて、ご紹介します!

カバン修理【内装修理】

今回、修理をお願いしたのは、内袋交換などや根革修理ほつれ縫いなど、ミシンを使う作業や手縫いによる作業による修理。

内袋交換をお願いしたカバンはこちら。

使われないまま1年間、ネル袋の中に保管されていたGUCCI(グッチ)のカバン。内袋が、かなり悲惨なことになっていますね。このままでは、とても使うことができません。

中の塗装がはげてしまっているように見えます。ですが実はこれ、塗装のはげではありません。

この内袋の素材は、合成皮革。

ヨーロッパで作られているハイブランドのカバンでも、コストや軽さを追求されたものは、合成皮革が使われていることも多いそう。合成皮革は、布地の上にポリウレタン素材が塗られているもの。本革よりも湿気に弱く、放置しておくと劣化しやすいのです。

このカバンの場合も、長い時間、仕舞われていたことで内袋の素材が劣化して、ボロボロにはがれてしまいました。そのはがれた素材が、そのまま別の場所にくっついて、ベッタベタになってしまったのです

「このようなカバンの劣化は、湿気が大きな原因です。ハイブランドのものだと、海外でつくられたカバンも多いです。日本は湿度が高い国ですから、カバンが日本の湿度に耐えられずに部屋に仕舞いっぱなしにしているだけで、劣化してしまうことがよくあります。

カバンは仕舞っておくよりはたまに使ってあげる、もしくは風通しのいい部屋においてあげるということが大事です。」

この劣化した内袋を取り出して、新しい生地で作った内袋に交換することが今回の修理。

「内袋交換」の流れ

はじめに、作業のステップをご紹介します。

内袋交換の流れは、こちら。

1
カバンの内袋をカバンの本体から外します
2
内袋の縫い目をほどいて分解します
3
元の内袋に使われていたロゴ、革をクリーナーでキレイにします

ここまでで、元の内袋の分解・クリーニングはできました。

ここから、新しい内袋を作る作業に入ります。

4
分解した内袋をもとに型をとります
5
内袋に使う生地を選び、型に合わせて裁断します
6
新しい生地を縫い合わせて内袋の形にします

これで、新しい内袋が完成しました。

最後に、元のカバンの姿に戻していきます。

7
新しい内袋をカバンの本体に縫いつけていきます

これで、内袋交換は完了。

かなりの大改造。

素人には到底できない修理ですね。

それをプロの方は、1日半ほどで仕上げてしまいます。

プロのカバン修理の道具

内袋交換にプロの方が使う道具は、3つ。

リッパー

カバンの内袋をカバンから取り外したり、内袋を分解したりするために使います。家庭科などで使ったことがある方も多いのではないでしょうか?そう、あれです。

クリーナー

革についた汚れを落とすために使います。アルコールで落とそうとすると、ロゴなどの塗装まで消してしまうのです。

そのため、アルコールよりも弱いクリーナーを使うことがポイント。

ミシン

新しい内袋を作ったり、カバンに縫い付けたりするために使います。カバンの修理にはもちろん必要ですよね。プロ用のミシンは家庭用のミシンとは違って、厚めの革などもきちんと縫うことができます。

それでは、プロによる内袋交換、ご覧あれ。

ボロボロになったカバンの内袋を分解・クリーニング

まずは、分解する作業です。

1
カバンの内袋をカバンの本体から外す

リッパーで、カバンの内袋と本体を縫い合わせている糸を切っていきます。

内袋は、上糸と下糸が交差しあって縫い付けられています。上糸の縫い目を1つ1つ、リッパーで切っていきます。

切るのは上糸のみ。下糸はそのまま引き抜いて外すことができます。下糸をするっと引き抜くと、内袋をカバンの本体から取り外せる状態に。

「この工程では、内袋の中のベタついた汚れが他の部分に移らないように、丁寧に糸を外していきます。」

パチッパチッと、テンポよくひとつずつリッパーで上糸を外していく。下糸も、ひっかかることなくシャッという音を立てて、ひと思いに抜き取っていました。

内袋とカバンの本体を縫い合わせている糸を外したら、内袋をカバンの本体からズボッと取り出します。

カバンの本体から取り外された内袋を見て、かなり驚き。

想像していたのは、カバンの本体から内袋の素材を1枚ずつペリペリっとはがしていくもの。実際には、袋そのものの状態でごっそり出てきました。

普段はあまり意識することのないカバンの構造を見て、まるで着ぐるみの中に入っている人を思いっきり見てしまったような気持ちになりました。

取り外した内袋は、ふにゃふにゃと弱々しい姿。この内袋には、さよならして、カバンにまた新たな命が吹き込まれます。

2
内袋の縫い目をほどいて分解する

本体から外した内袋は、まだ袋の形をした状態。
ここから厚紙に、この内袋の型をとるために、内袋の糸をまた同じようにほどいて分解します。

手際よくリッパーを使って糸を切っていきます。

ファスナーとブランドのロゴ部分、内袋の上側についている革の部分も外していきます。これらのパーツは、汚れを落として、新しい内袋にも使うのです。

「内袋を交換してまで使いたいということは、それだけ思い入れのあるカバンということだと思います。そのため、わたしたちは、お客様とご相談をしたうえで、使える部分はできる限り使わせていただくようにしています。」

傷をつけてしまわないように、丁寧に糸を外していきます。交換するだけではなく、元からあって使える部分をまた使ってもらえるというのは嬉しいですね。修理をしても、大切な思い出がつながっていきます。

3
元の内袋に使われていたロゴ、革をクリーナーでキレイにする

さて、ここからはクリーニング作業。

内袋に使われていたロゴ、そして内袋の上側の革も内袋の劣化物がはりついてベタベタの状態。そのままでは新しい内袋には使えません。

クリーナーと脱脂綿を使って、汚れをキレイにしていきます。

ここで汚れを落とすために使われているクリーナーは、アルコールよりも弱い溶剤。

「アルコールを使ってしまうと、ロゴ自体の塗装まで消してしまう可能性があるため、使いません。」

汚れを、脱脂綿でかなり強めに、ゴシゴシこすっていきます。

すると、みるみる…。

ベタベタでした。ほんとうに。この汚れがみるみるうちに脱脂綿に吸い取られて、金色のロゴがキレイに浮き上がってきました。

もはや解読不能になっていたロゴ。読めないと、意味がありません。

プロによるクリーニングによって見事によみがえりました。

内袋の上側に使われていた革も、ロゴと同じようにクリーニング。

広い範囲の汚れも、クリーナーを染み込ませた脱脂綿がどんどん吸い取っていきます。新しいものに交換する技術のみでなく、元からあったものをよみがえらせて活かす技術がここに。

新しい内袋を作る

ここからは、先ほど分解した内袋で型を取って、いよいよ新しい内袋を作っていきます。

1
分解した内袋をもとに型をとる

新しい生地で同じ形の内袋をつくるために、ここで型紙を作ります。
分解した内袋と同じ型を、厚紙にペンでとっていきます。

2
内袋につかう生地を選び、型に合わせて裁断する

今回、内袋に使うのは、シャンタンという生地。つるっとしていて高級感のある生地です。

シャンタンとは?
タテに普通の生糸、ヨコに玉糸と呼ばれる生糸を使って織られた素材のこと。

普通の生糸は、1匹の蚕が作った繭から作られますが、2匹の蚕が1つの繭を作ることがあります。この2匹の蚕が作った繭から製糸した生糸を、玉糸というのです。

玉糸は糸に節が多く、太いところと細いところが不規則になった糸。そのため、シャンタンは不規則にヨコに筋が出ていて、見た目がキレイで上品な生地になるのです。

まずは、このシャンタンに型紙を合わせて、型をとっていきます。

色は、カバンの外側の濃い茶色に合うように、上品なベージュを。

「元々の内袋と同じ素材でお直ししてしまうと、劣化を繰り返してしまいます。

シャンタンは丈夫で見た目もキレイ。縫い合わせたときに、ごわつかずなじみやすい素材です。色も豊富なのがいいところです。」

ペンで引いた線に沿って、シャンタンを裁断します。裁ちばさみがスーッと、つるつるした生地に入ってなめらかに切っていきます。これが、新しい内袋に。

3
新しい生地を縫い合わせて内袋の形にする

ここからは、ミシンの作業。

裁断した生地の端をミシンで縫い合わせて、きちんと内袋の形にしていきます。

ガシャン、ガシャンガシャンと、輪郭をミシンでなぞるようにして、気が付くと内袋の形に。ミシンを使いこなせる職人さんだからこその妙技。

さきほど汚れを落としたロゴと内袋の上部の革も、新しい内袋に縫いつけて、ポケットも元あったように再現します。

さきほどよりも細かいミシンの作業。ですが、テンポは全く変わりません。ダッダッダとテンポよく縫って、みるみるうちに元々あったようにロゴやファスナーがよみがえりました。

これで新しい内袋は完成。

元のカバンの姿に戻す

いよいよ最後の工程です。

新しい生地でつくった内袋を、カバンの本体に縫い付けていきます。

1
縫い付ける部分を両面テープで仮止めする

まずは、ミシンで縫い付ける部分を両面テープで仮止めします。

こうすることで、ミシンで縫い付けるときに動いて、ずれてしまうことを防ぎます。

ズレのないように、ペタッと貼り付けます。

両面テープは貼ったまま、このあと縫い付けていきます。

これだけで、かなりカバンの本体にフィットした状態。ようやく、「カバン」が見えてきました。

できあがりが楽しみですね。

2
新しい内袋をカバン本体に縫い付けていく

カバンの外側からミシンで縫い付けていきます。

「できるかぎり元の状態を再現するために、糸の色も元のものに近い色を選びます。そして、もともと糸が通してあった穴に沿って縫い付けていきます。」

革などの分厚い素材は、家庭用のミシンで縫うのは難しく、プロのミシンの性能とそれを使いこなせるプロの技だからこそできるもの。

ミシンをかけにくそうな曲線になった部分も、とても滑らかに。みるみるうちに「カバン」が出来上がっていきます。

このようにして、全てを縫い合わせたら、内袋交換の作業は完了です。

プロの「内袋交換」のできあがりを見てみる

それではBeforeとAfterを比べて見てみましょう。

ベタベタで、自力では手の施しようのない状態だった内袋。外側はキレイでも、これでは使うことはできませんね。

そして、プロによる内袋交換をした後の姿を見てください!

内袋はもちろんキレイに。ただ、内袋を交換しただけであるにも関わらず、カバン全体の印象がまったくの新品のように感じられます。

もともとついていたファスナーとロゴ、革の部分は、美しく生まれ変わった状態で、元通りの場所に。

使えなかったもの、汚れてしまったものを見違えさせる、プロの魔法です。

カバン修理【持ち手】

カバンの持ち手部分は一番触れる場所ですよね。そのためボロボロになりやすいんです。縁の塗料が剥がれていたり、皮の部分が剥がれていたりと修理がすぐに必要です。

ここでは簡単に持ち手交換の流れを説明していきますね。

手順
1
持ち手の型紙を作る

まずは、古い持ち手を採寸して、新しい持ち手を作るために型紙を作ります。

指金(L字型の定規)で、まずは持ち手の幅と長さを測って型紙におこします。

バッグとのつなぎ目部分は曲線を型取るため、持ち手を型紙に乗せてなぞっていきます。

2
シャイニングクロコダイルの革を型紙に沿って裁断する

型紙に合わせて、シャイニングクロコダイル革を裁断します。

3
裏地を貼り付ける

裁断したシャイニングクロコダイル革に、裏張りを貼り付けます。まずは接着剤をまんべんなく塗ります。

接着剤を塗ったあとは、5分ほど乾かし乾いたら、裏張りに貼り付けます。そして、シャイニングクロコダイル革を傷けずないようにローラーを使って圧着します。

4
型紙とぴったりに裁断する

裏張りまで貼った状態になったところで、型紙とぴったり同じサイズになるよう裁断します。

バッグとのつなぎ目部分は曲線なので、裁断するのが難しそうですね。裁断し終えたあとの姿がこちら。2本とも同じ形、サイズに切られていますね!

5
縫う部分の革を漉(す)く

縫い付ける部分を縫いやすくするため、革を削いで薄くしていきます。

枠で囲った部分が回転し、刃(枠の手前部分の白っぽくなっているところ)で革を漉(す)いていきます。

6
芯を包んで縫う

革専用のミシンで、持ち手の芯を包みながら縫っていきます。

ちなみに芯はロープ状のもので、想像していたよりも柔らかい素材。こちらも単純そうに見えて、凹凸のあるシャイニングクロコダイル革をまっすぐ縫うのに技術がいる工程です。

7
留め具でバッグに持ち手を取り付ける

今回は、留め具でバッグに持ち手を取り付けます。

使用する留め具はこちら。シンプルでスタンダードなデザインです。

これで持ち手交換は終了です!持ち手交換についてもっと詳しく解説している記事があるので見てみてください。

「根革修理」と「ほつれ縫い」

さて、お待たせしました。カバンの「根革修理」の修理例を紹介します。

もしかすると、内袋の劣化よりも身近なトラブルかもしれません。

根革修理

どんなカバンも、取っ手を持って使うもの。

そのため、根革には負担がかなりかかりますよね。ちぎれてしまったこと、ありませんか?

この部分がちぎれてしまうと、もうカバンとして機能しませんよね。そんなときにおすすめなのが、プロによる根革部分の修理。

ちぎれていた部分がどこなのかが分からないほど、キレイに縫い合わせられています。

「根革は、最も負担のかかる部分ですから、注文も多いです。この部分の修理が可能だということを、もっと多くの方に知っていただきたいですね。」

根革部分は、面積は小さいものの、分厚い革。自分で直そうとしても、針を通すのが難しそうですよね。

修理したことが分からないような自然な仕上がりは、プロだからできること。最後に、今回、カバンの修理をしてくださったプロから、一言です。

二子玉川 美靴工房
保科さん / 小杉さん

「劣化してしまった、ほつれてしまった、破れてしまったなど、自分では使えないと判断することはあると思います。でも、迷った場合は一度ぜひお問い合わせください。修理できるかどうかご相談のうえ、判断していただければと思います。」

カバン修理は自分でできる?

ここまでのプロの技はいかがだったでしょうか?

費用のことは後で解説しますが、できることなら自分で修理したい、という方もいるのではないでしょうか。

しかし、自分で直すのはあまりおすすめしません

カバンのようにパーツの多いものはそれぞれをきちんと修理するのは難しいですし、時間がかかります。さらに大切なカバンだと失敗してしまうかもしれません。

やはりプロにお願いするのが得策でしょう。

カバン修理の費用はどのくらい?

カバン修理はプロの技がすごいこと、プロに頼んだほうがいいことがわかりましたね。では実際に頼もうとするといくらかかるのでしょうか?

部分ごとの修理費用は以下の通り。

費用

内装交換

5,000〜10,000円

持ち手

1,000〜2,000円

角すれ修理

3,000〜6,000円

ファスナー修理

3,000〜8,000円

その他

9,000〜11,000円

カバンクリーニングはこちら。

費用

1,000〜5,000円

5,000〜15,000円

頼む際に参考にしてください!

そして以下の記事は各ブランドごとの修理方法が解説してあります。ご自分の持っているものに合わせて参考にしてみてください。

まとめ

いいカバンは、職人さんの力を借りて長く使うことができます。

何度も何度も補修すれば、一生もの、もしくは世代を超えて使うことができるものになります。

もう何年も使っていない、捨てようかどうか迷っている傷んだカバンは、迷わず持っていくことをおすすめします。

ぜひ「ユアマイスター」でプロのお仕事を体感してください!

ユアマイスター」はリペア・メンテナンスのプロをご紹介できるサイトです。
あなたのご希望に合った職人さんにきっと出会えるはずです。

大切なモノをお持ちの方へ
職人さんに
修理を依頼しませんか?
大切にしていたカバンが色あせた、毎日履いた靴の靴底が擦れてきた...でも自分で修理するのは難しい、そもそも直せるのかな?と考えていませんか?
ユアマイスター』 では、写真を撮って送るだけで、最大3人の職人さんから48時間以内に見積もりが届きます。もう買い換えるしかないと諦めた大切なモノもまた使えるようになります。見積もりは無料なので、ぜひお気軽にご依頼ください。

関連記事

ナイロンバッグは自宅で洗濯できる?型崩れを防ぐ洗濯方法もご紹介!

  軽くて使いやすく、使用頻度の高い「ナイロンバッグ」。 そんなナイロンバッグに汚れがついてしまった時、みなさんはどのように洗濯をしていますか? 「どのように洗濯していいか分からずに、汚れを放置してしまっている」という方 […]

財布はどこで修理できるの?メーカーで依頼する際の注意点もチェック

  持ち物の中でも使用頻度の高い財布。 長く使っているとパーツが壊れたり、擦り切れたりしてしまうこともあります。 壊れたのをきっかけに買い替えることもありますが、お気に入りの財布は直してできるだけ長く使いたいという人もい […]

ランドセルの修理は保証が適応される?修理を依頼する流れをチェック

  子どもが6年間使うランドセル。 活発な子ども達が6年間使えるように想定され丈夫に作られていますが、使い方や使用環境によっては壊れてしまうこともあります。 毎日通学に使うランドセルはすぐに修理をしてあげたいですね。 ラ […]

鞄の持ち手の修理方法とは?値段から作業工程までプロの技を大公開!

「最近鞄の持ち手がボロボロになってきた」 「修理してみたいけどどんなふうに直すのか気になっている」 そんな方はこの記事を最後まで読んでみてください。きっと解決すると思いますよ。 捨てられずにクローゼットの奥に閉まっていた […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

東京都のエアコンクリーニング業者の人気おすすめ12選

エアコンクリーニングを頼むとき、悩ましいのが業者さん選び。 エアコンクリーニングは地域によっておすすめの業者さんが異なります。 できれば評判の良い業者さんにお願いしたいですよね。 そこで、東京都の人気のエアコンクリーニン […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

パストリーゼは食べられる除菌スプレー!?家中まるごと除菌してみた

みなさん、この名前、知っていますか? 「パストリーゼ77」。 今、SNSで話題のアルコール除菌スプレーです。 「除菌スプレーって話題になるものなの?」と思うかもしれませんが、ただの除菌スプレーとあなどるなかれ。 この名前 […]

【衝撃画像】職人の修理の実例6選!大切なものが蘇る神ワザを見よ!

靴、鞄、時計やジュエリー、着物や楽器、大きなものなら車まで。 あなたにとって「大切なもの」は何ですか?   お世話になった人からもらった時計。 節目に奮発して買ったジュエリー。 母から譲り受けた着物。 ずっと大 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

東京都のエアコンクリーニング業者の人気おすすめ12選

エアコンクリーニングを頼むとき、悩ましいのが業者さん選び。 エアコンクリーニングは地域によっておすすめの業者さんが異なります。 できれば評判の良い業者さんにお願いしたいですよね。 そこで、東京都の人気のエアコンクリーニン […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

レンジフード掃除のプロ技がすごい!油汚れがゴッソリ取れて感動した

料理で火を使うとき、必ずと言っていいほど使うのが、レンジフード。いわゆる換気扇ですね。 みなさん、お掃除してますか? レンジフードって、油汚れがたまりがちですが、自分でお掃除するのは気が進まないですよね。 正直、めんどく […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

洗面台のお掃除には重曹とクエン酸!水垢・黒ずみ汚れもスッキリ除去

8毎日使う洗面台。 みなさんは綺麗にしていますか? よく見ると鏡が曇っていたり、白っぽいくすみや黒ずみがあちこちにあったり……。 水回りなだけあって、さまざまな汚れがてんこ盛りです。 曇りやくすみや黒ずみを撃退するには、 […]

電子レンジの掃除は重曹!頑固な汚れもチンするだけでスッキリきれい

家の電子レンジ、こまめにお掃除していますか? 私は、かれこれ4・5年お掃除していません。 おかげで、電子レンジがちょっと臭いです。 よく使うから、いちいち掃除するのは面倒。 そう思ってお掃除をサボり続けた結果、焦げはこび […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

エアコンのカビを掃除で根こそぎ退治!予防には送風と換気が効果的!

エアコンから出てくる風がなんだか臭いな、と感じることはありませんか? そんなあなたはエアコンの吹き出し口に光を当てつつ、中をのぞいてみましょう! さて、何が見えましたか? 「無数の、黒い、てんてん」が見えた方、アウトです […]

手洗いの洗濯方法7つを解説!干し方やニオイ対策法もマスターしよう

皆さん、洗濯はいつもどのようにしていますか? 洗濯機に放り込んで、洗剤を入れて、ボタンをピッと押したらあとは待つだけ… 楽ちんですよね♪ では、例えば大切な洋服は? 洋服の取り扱い表示を見て洗濯方法を変えたことがあります […]

せんたく便で宅配クリーニングを依頼!定額でコートもダウンもお任せ

  だんだんと気候も暖かくなり、冬に着ていたコートやジャケットを洗濯する時期に差し掛かっていますね。 自分で洗うのもめんどくさいし、かといってクリーニングに出すもの高そう…なんて思っている方も多いと思います。 […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

洗濯機で回してしまったティッシュと貴方をすくう4つの教えを公開!

ポケットにティッシュを入れたまま洗濯してしまった…! 誰もが一度はやってしまったことがあるのではないでしょうか。 綺麗に粉々になって洗濯物と一体化しているティッシュを見るだけでもゲンナリしますよね…。 そこで、そんな時に […]

タオルの洗濯は柔軟剤はNG!ごわごわをふわふわにする写真付き解説

タオルは毎日使うものだから、なるべく快適に使いたい!そうお考えの方も多いと思います。もちろん私もそう思っている一人です。しかし、タオルは使って、洗濯していくうちに硬くゴワゴワになったり、嫌な臭いがするようになったりします […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

ワイシャツの襟汚れを完璧に落とす!6つの方法で黄ばみを真っ白に!

ワイシャツの襟汚れ、気になりませんか? 人に見られるところじゃないしまあいっか。なんて油断が命取り。ワイシャツの襟汚れは時間が経てば経つほど頑固になってしまうのです。 そのため、汚れが軽いうちにしっかりお洗濯しましょう。 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

カバン修理のプロのサービスを探す

大切なモノをお持ちの方へ
職人さんに
修理を依頼しませんか?
大切にしていたカバンが色あせた、毎日履いた靴の靴底が擦れてきた...でも自分で修理するのは難しい、そもそも直せるのかな?と考えていませんか?
ユアマイスター』 では、写真を撮って送るだけで、最大3人の職人さんから48時間以内に見積もりが届きます。もう買い換えるしかないと諦めた大切なモノもまた使えるようになります。見積もりは無料なので、ぜひお気軽にご依頼ください。

お住まいの地域から選ぶ