HOME
更新日 :2023年09月30日

トイレ掃除の総まとめ!洗剤の選び方と黒ずみや尿石をキレイにする方法

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

トイレ掃除、しっかりできていますか?なんとなくで掃除している方も多いのではないでしょうか。トイレ掃除の正しいやり方として気になるのが、まず頻度洗剤って何を使えばいいの?嫌なニオイや頑固な汚れはどうすればいい?など疑問は尽きません。

この記事では、トイレ掃除に必要な情報をまとめました!これを読んでトイレ掃除マスターを目指しましょう。

トイレ掃除に使う洗剤は?

トイレ掃除では、汚れに合った洗剤を使うかどうかで結果が左右されます。そこでますは、トイレ掃除の基本である「洗剤」についてお伝えしていきます。

・中性洗剤
・酸性洗剤
・塩素系漂白剤

トイレ掃除では使うのは、この3種類の洗剤です。

このように、それぞれの洗剤で落とせる汚れが違うんです!

・中性洗剤は普段のお掃除に
・酸性洗剤は黄ばみや尿石に
・塩素系漂白剤は黒ずみに

汚れによって洗剤を使い分けましょう♪

注意
酸性の洗剤と塩素系の洗剤は絶対に混ぜない

酸性と塩素系の洗剤が交わると、塩素ガスが発生して大変危険です。取り扱いに注意しましょう。

トイレ掃除の洗剤の使い方については、こちらの記事も参考にしてみてください!

ちなみにプロからみたトイレ掃除の注意点はなにかあるのでしょうか、聞いてみました!

株式会社ISSEIさん(兵庫県)

気をつけ無ければいけないのは換気をしながらのお掃除を心がけてください。 ハウスダストや洗剤の揮発により気管支を傷めます。 また、酸性洗剤と塩素系洗剤を同時使用は絶対におやめ下さい。死に至らしめる有毒なガスが発生します。

エムケイクリーニングさん(東京都)

特に気を付け頂きたいのは、ウォッシュレットなどがあるトイレに際しては、必ずコンセントを抜いて下さい。 また、酸性洗剤はプラスチックなどの部分には使用できません!変色してしまうので、十分に気を付けて頂けたらと思います。

なるほど!洗剤を混ぜると危険ということに加えて、換気、電源を抜くなど、気をつけるポイントが多いようですね。

トイレ掃除の頻度は?

掃除を始める前に、トイレ掃除の頻度について確認しておきましょう!

頻度

掃除場所

毎日

便器の内と外

週1

便器内の黄ばみ黒ずみ


ウォシュレット
マット

月1

タンク
換気扇
フィルター
ペーパーホルダーとドアノブ
ブラシ
スリッパ

完璧なペースで行うのは大変なので、あくまで目安としてこの頻度でのお掃除をおすすめします。

トイレ掃除のやり方【毎日編】

まずは、できるだけ毎日行った方が良いトイレ掃除を紹介していきます。雑菌を広げないよう、汚れの軽いところからお掃除するのがポイントです。

ブラシを使った掃除では水が飛び跳ねる可能性があるので、トイレの外側は最後に掃除しましょう。

便器

トイレ用の掃除シートで便座の裏表を拭きます。便座と便器の間など、細かいところまで拭きましょう。毎日ちょこっとお掃除することが大切です!

便器の外

意外と忘れがちなのが便器の外。トイレ用のお掃除シートを使って便器の下側面を拭きあげてください。

おすすめ
[PR]

商品画像
エリエール キレキラ ! トイレクリーナー つめかえ用 シトラスミントの香り 60枚

便器の中

続いて便器の中のお掃除。ブラシトイレ用洗剤を使ってお掃除しましょう!フチの裏側は汚れが溜まりやすいので、しっかりこすり落としましょう。こちらはトイレ用の中性洗剤です。

おすすめ
[PR]

商品画像
トイレマジックリン ツヤツヤコートプラス トイレ用洗剤 消臭・洗浄スプレー

消臭、汚れ落としに加えて、汚れが付きにくいコーティングもこれ1本で!普段のお掃除に大活躍するアイテムです。

毎日の掃除でブラシ自体を清潔に保つのが面倒なら、使い捨てのブラシを使うことをオススメします!

おすすめ
[PR]

商品画像
スクラビングバブル 流せるトイレブラシ フローラルソープの香り 付け替え用

トイレの掃除のやり方【週1編】

次に週1回で行いたいお掃除のやり方を紹介。ここでは頑固な汚れをキレイにしていきたいと思います。トイレの汚れの中でも気になるのは、

・黄ばみ
・黒ずみ

ではないでしょうか。普段からこまめなお掃除をしてれば、こういった汚れが付くことは減るはずですよね。しかし、黄ばみや黒ずみはなかなか手強いです!

黄ばみ、黒ずみが気になってきた場合は、週に1回程度のお掃除を目指しましょう。

黄ばみ・尿石の原因と掃除方法

黄ばみとは、尿のしぶきなどが積み重なってできたもの。黄ばみを落とすのに使えるのは酸性洗剤です。今回はサンポールを使ってお掃除していきましょう!

用意するもの
・酸性洗剤(ここではサンポール)
・トイレットペーパー
・ブラシ
・ゴム手袋

おすすめ
[PR]

商品画像
サンポール (マイナスイオン) トイレ洗剤 尿石除去 1000mL

手順
 
1
便器内の水を抜く

トイレの元栓を閉めてハンドルを回すと、タンクの水がすべて流れます。お使いのトイレによってやり方があるので、説明書を読んでみてください。水を抜くことで洗剤が薄まらないので、きれいにお掃除できますよ♪

2
トイレットペーパーをつける

便器内をトイレットペーパーで覆います。この作業によって洗剤が流れにくくなります。

3
酸性洗剤をかける

黄ばみが気になる部分にたっぷりと洗剤を塗っていきます。トイレットペーパーによって洗剤が密着して汚れが落ちやすくなっていますよ♪手に付くと荒れる可能性があるので、ゴム手袋の使用を忘れずに!

4
30分~1時間くらい放置

そのまま30分から1時間ほど置いてください。汚れの程度によって様子を見て時間を置きましょう。

5
水を流して、ブラシで磨く

トイレの元栓を開けて、そのままトイレットペーパーを流しましょう。流した後はトイレブラシで軽く擦って掃除をし、黄ばみ汚れのお掃除完了です!

黒ずみの原因と掃除方法

便器内の水が溜まっている部分に、線のようにできる黒ずみは、ホコリやカビなどが原因です。さらにここに水垢汚れが加わると、落ちにくくなることがあります。そんな黒ずみ汚れに使うのが塩素系漂白剤

用意するもの
・塩素系漂白剤
・トイレットペーパー
・ゴム手袋
・ブラシ

おすすめ
[PR]

商品画像
キッチンハイター 台所用漂白剤 大容量 1500ml

今回はこちらのキッチンハイターを使用します。中身は塩素系の漂白剤なので、トイレの掃除にも使えるんです!ゴム手袋の着用を忘れずに。

手順
 
1
便器内の水を抜く

黄ばみ汚れのときの手順と同じです。元栓を閉め、便器内の水を抜きます。

2
トイレットペーパーを敷く

トイレットペーパーを便器に敷いていきましょう。

3
塩素系漂白剤を塗る

黒ずみの気になるところに洗剤を塗っていきます。洗剤が汚れに密着しやすくなりますよ♪

4
15分~1時間放置

軽い汚れの場合は15分程度、ひどい汚れの場合は1時間ほど放置します。汚れの程度によって放置する時間を変えてみてください。

5
水に流し、ブラシで磨いて完了

トイレの元栓を開け、水に流します。ブラシで軽くお掃除して完了です!

続いて、トイレの壁のお掃除です。壁には、尿などが思った以上に広範囲に飛んでしまっています。放置すると雑菌が繁殖し、嫌なニオイの原因となるのでしっかり掃除しましょう。

トイレ用の中性洗剤を濡れた雑巾に付けて拭いていきますが、壁のお掃除には、トイレ用お掃除シートも使えます。腰の高さあたりまでしっかり拭いて除菌しましょう。トイレ用の中性洗剤を濡れた雑巾に付けて拭いても

トイレの壁のお掃除については、こちらの記事で詳しく紹介していますよ♪

最後は床のお掃除です。ホコリと飛び散った尿が一緒になって雑菌が繁殖し、嫌なニオイの原因になります。ここでも壁と同じく雑巾かお掃除シートで拭いていきましょう。

特に、便器と床の境目は汚れがたまりやすいのでしっかりお掃除しましょう。トイレの床掃除については、こちらの記事も参考にしてみてください!

ウオシュレット(シャワートイレ)の汚れ

シャワートイレには脱臭フィルターが付いていますが、意外と掃除されていない場所でもあります。水垢などの汚れが溜まっているので、こちらを参考にシャワートイレの掃除も習慣づけるようにしましょう。

トイレのマット(数週間に1回)

ご家庭によってはトイレマットを敷いているかと思います。マットの毛先にホコリや汚れが溜まっているし、尿なども飛び散っている可能性が。こちらもマメに掃除すべき場所だと言えますね。

おすすめ
[PR]

商品画像
【日本製 消臭 洗える】 サンコー ずれない トイレマット 床汚れ防止 おくだけ吸着

トイレ掃除のやり方【月1編】

最後に月1回で行いたい本格的なお掃除を紹介していきます!見落としがちな場所でもあるので、忘れないようにしましょう。

トイレのタンク

トイレのタンクを開けてのはいつか覚えているでしょうか?水を頻繁に使う部分なので、水垢やカビが非常に溜まりやすい場所なんです。

ただ、頻繁にではなく、月に1回のお掃除で十分です。見落としがちな部分ですが、これを機に一度お掃除してみましょう!

トイレの換気扇

換気したときのホコリなどがフィルターやカバー表面に溜まります。表面のホコリは掃除機で吸ったり、雑巾でふき取るなどしてきれいにしましょう。フィルターが外せるなら、定期的に外してホコリを取ります。

もし外すのが難しかったり、内部までしっかりとお掃除したい場合は、プロにトイレクリーニングを頼むのがオススメです!

トイレの脱臭フィルター

シャワートイレの場合、便座の横に、取り外しできる脱臭フィルターが備え付けられていることがあります。指のかかるつまみやくぼみがあり、外せるようになっているので、説明書を確認してから外してお掃除しましょう。

ペーパーホルダーとドアノブ

トイレの使用後に手で触れる場所なので、ホコリ以外にも、手垢などの汚れが溜まっている可能性が高いです。こちらもトイレシートなどで拭き取っておきましょう。

トイレブラシ

使い捨てタイプの場合、お掃除は必要ありませんが、そうでない場合は月に1回を目安に洗浄しましょう。

オキシクリーンなどの酸素系漂白剤を40~60℃のお湯に溶かして、便器に流し、そこにブラシを漬けておきます。30分から1時間ほど経ったら、お湯を流して完了です!

おすすめ
[PR]

商品画像
OXICLEAN(オキシクリーン) オキシクリーン 1500g 酸素系漂白剤

トイレのスリッパ

トイレのスリッパも忘れずにキレイにしましょう。スリッパの裏側は床と接しているので、床の尿汚れなどが付着している可能性が高いです。トイレ用の除菌シートを使って、裏側の汚れも拭き取っておきましょう!

おすすめ
[PR]

商品画像
[オクムラ] 抗菌消臭除湿!フットフレッ臭 GUEST IT ビニールレザースリッパ

トイレ掃除をしやすくする工夫とは

ここまで読んで、トイレ掃除はなかなか腰が多いなと感じた方は多いはず。掃除に取り組みやすくなるような工夫が1つあります。

・掃除グッズを取りやすく、目に入りやすいところに置く

これを実践するだけで、掃除道具を手に取るまでのアクションが減って、今までより取り組みやすくなるのでは?

手すりなどに洗剤を引っかけるなど、「浮かせる収納」をすることでスマートに掃除道具を置いておけるので、試してみてください!

トイレ掃除に使える便利なグッズについては、ぜひこちらを参考にしてみてください♪

トイレ汚れの予防法

お掃除してもすぐ汚れが溜まるようでは、普段のお掃除の負担は軽くならないでうしょね。汚れの防止はアイテム、小技、使い方の3つの観点から実施できます!

トイレの汚れ防止アイテム

便座内に膜を張るようなコーティング剤があります。掃除した後に使用すると、コーティングしたところがしばらく清潔に保たれるので、心強いですね。

便器内のコーティング

流すたびに便器をキレイにしてくれるトイレスタンプ。常に消臭しておくこともできるので、取り入れてみると、日々の掃除が楽になりそうです♪

おすすめ
[PR]

商品画像
スクラビングバブル トイレスタンプ 漂白成分プラス ホワイティーシトラスの香り

床のコーティング

便器と床の隙間にホコリや尿の汚れが溜まると、ニオイの原因となってしまいます。そこで、隙間にジェルを塗って埋めるこちらのアイテムを使ってみるのはいかがでしょうか。固まったら手で剥がせるので、月1回くらいで張り替えて新しくするのがおすめです!

おすすめ
[PR]

商品画像
トイレのスキマフィル トイレの隙間フィル ジェル スキマ 隙間 足元 トイレ掃除

トイレの汚れ防止に使える工夫

毎日の掃除はさすがにできない…という方も多いとは思いますが、ここで紹介する工夫は簡単なのでぜひやってみましょう!

定期的に水を流す

公共のトイレでは、こまめに水を流すことで汚れが溜まらないようになっています。これと同じように、自宅でも定期的に水を流すことで汚れ防止につながります。

便器に洗剤をかけておく

洗剤を掛けて放置しておくだけで、軽い汚れであれば、水を流したときに落ちていので、汚れ防止につながります。

トイレの使い方

汚れを減らしたいなら、座って用を足しましょう。やはり立ってしまうと、尿が飛び散ってしまいます。目に見えない尿のしぶきは、便座に留まらず、壁や床にも広がっています。毎日繰り返すと、落ちにくい汚れとして堆積していくことに…。

トイレのしつこい汚れはプロに頼もう!

毎日使うトイレは、ちゃんとお掃除していても頑固な汚れが蓄積されてしまうもの。そこでおすすめなのが、プロのトイレクリーニングです。自分では落とせないしつこい汚れも、プロがピカピカに仕上げてくれますよ!

そもそもどの段階でプロに頼めばいいのでしょうか?聞いてみました!

大善さん(東京都)

お手洗いの便器内部に尿石が付着して、トイレタンク内部に黒カビ汚れが見えたらハウスクリーニングの時期です。手を洗う蛇口付け根にリングが出来ていないか、便座外周部に黄ばみ、尿石の固着がないか見て頂いて、気になるレベルでしたらクリーニングをリクエストして下さい、宜しくお願いいたします。

Ohana Cleanさん(神奈川県)

尿石が気に成ったり、掃除しても臭いが気に成ったりすると、一度プロに頼むのがおすすめです。お掃除が苦手だったり、時間が無い人には定期クリーニング等をおすすめしていますよ^^コーティングもできるので、綺麗長持ちのアドバイスもさせていただいております。

もちろん、自分でやるのはちょっとめんどくさい…という方にもオススメです!プロのトイレクリーニングについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね!

ユアマイスターで依頼できるトイレクリーニングの特徴

お住まいの地域からあなたに合ったプロを探すことができるユアマイスター。ユアマイスターでトイレクリーニングにはこんな特徴があります!

・約5,500人のプロから、自分に合った人を選べる
・いつでもどこでも、ネット予約が可能
・サポート・補償付き
(※施工日から30日間以内にユアマイスター経由で予約をされた作業が原因で何らかの問題が発生した場合、最高2億円補償。)

ぜひ一度、プロの技でトイレがキレイになる体験をしてみてください!

まとめ

今回はトイレ掃除のやり方についてまとめてお伝えしました。こまめに行っていれば、特別な大掃除をしなくてもきれいに保てます。汚れに合った洗剤と用途に合った道具を使いこなして、おうちのトイレを快適な空間にしましょう!

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してださい。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。


口コミ80,000件以上
しつこい汚れはプロにお任せしませんか?
トイレは毎日使う場所。お掃除をさぼっていると黒ずみ・水垢汚れがどんどんたまってしまいます。「汚れがひどくて手に負えない!」なんてことも。そんなときは、お掃除のプロに依頼するのがおすすめ。専用の洗剤や道具でトイレをピカピカにしてくれますよ♪
トイレクリーニングの相場
7,000円(税込)〜 /1台

お住まいの地域から選ぶ