クエン酸って疲労回復から掃除・洗濯まで使用できるって本当ですか?【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

クエン酸は、レモンや梅干しなどに含まれている有機酸の一種で、白い顆粒状の酸性タイプの素材です。
その酸の力で、水あかや石けんカスなどのアルカリ汚れを中和して落とします

また、汚れを落とすだけでなく、アンモニア臭などのアルカリ性の臭いを中和し消臭することができるのです。

さらに、石けんシャンプー後の髪のきしみをとるリンス剤としても、洗濯石けんで洗濯した後の衣類のごわつきをとる柔軟剤としても使うことができます。

それでは、使い方を説明していきます。

使い方は、
・直接ふりかけてこすり洗いする
・水で溶かしたクエン酸水をスプレーして使う
の2つです。

お風呂やシンクにこびりついた水あかや石けんカスは、湿らせたスポンジに少量のクエン酸をふりかけ、こすり洗いするのが効果的です。
軽度の水あか汚れや石けんカスや、リビングなどの拭き掃除には、クエン酸水が最適です。

クエン酸水は、クエン酸の濃度が2.5%になるように作ります。
例えば、水400mLならクエン酸が10gです。

作り方は、水を入れた計量カップなどにクエン酸を入れ、完全に溶けるまでよく混ぜ、スプレーボトルに移し替えれば完成です。

クエン酸水は、トイレの消臭にも使えます。
消臭スプレーとして使う場合は、香り付けにエッセンシャルオイルを入れるのもおすすめです!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!