HOME
更新日 :2021年12月13日

テレビの壁掛け、費用はどのくらい?壁掛けのメリットデメリットは?

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

 

近年、テレビを壁掛けにする人が増えてきています。

しかし、「オシャレだし、やってみたいけど、どうやって工事すればいいの?」「どのくらいの費用がかかるの?」など、さまざまな疑問がある方も多いのではないでしょうか?

今回は、テレビを壁掛けにする場合のメリットやデメリット、壁掛けにする場合にかかる、工事費用などについてご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

テレビを壁掛けにするメリットとは?

まず、最初にテレビを壁掛けにするメリットを見ていきましょう。

テレビを壁掛けにするメリット

1 部屋を広く使うことができる

テレビを壁掛けにする最大のメリットは、部屋を広く使えるということです。

テレビを壁掛けにすることで、通常であれば必要であったテレビ台が必要なくなるので、部屋のスペースをより広く使うことができるようになります。

また、テレビ台がなくなることで、部屋がすっきりとした印象にもなるので、スタイリッシュな部屋を目指す方にも、テレビの壁掛けはおすすめです。

2 子どもの手が届かないので安心

テレビをテレビ台の上に置いている方の中には、小さな子どもが、勝手にテレビのボタンをいじってしまったり、配線を抜こうとしたりして、困った経験をされた方もいるのではないでしょうか。

テレビを壁掛けにした場合、子どもの手が届きにくい位置にテレビを取り付けることができるので、子どもがボタンなどに触れる心配がなくなります。

3 地震などの防災対策にも有効

テレビを壁掛けにすると、地震などのときに落ちてきてしまうのではないか?と心配になる方もいるかもしれません。

しかし、壁掛けのテレビは、壁にしっかりと固定されているので、テレビ台に置いていたときと比べて倒れてくる可能性が低く、安全性も高いと言えます。

テレビを壁掛けにするデメリットとは?

続いて、テレビを壁掛けにした場合のデメリットをご紹介します。

テレビを壁掛けにするデメリット

1 壁に穴を開けなくてはいけない

テレビを壁掛けにする場合に、一番気になるのが、壁に穴を開けなくてはいけないという点です。

特に、賃貸住宅にお住まいの方は、穴を開けてしまうと現状復帰が難しいので、貸主の許可をしっかりと取らないと、テレビを壁掛けにすることができない場合があります。

壁に穴を開けたくない場合には、金具をホチキス留めすることで、穴を目立たなくすることもできますが、壁の材質によって、ホチキス留めが可能かどうかが変わるため、取付けの際には、注意が必要です。

2 テレビを配線が見えてしまう可能性がある

通常、テレビ台にテレビを置いている場合には、テレビ台の裏に配線を隠すことができますが、壁掛けにした場合には、配線が見えてしまう可能性もあります。

新築やリフォームの場合には、テレビを取り付ける予定の位置にコンセントを設置したり、配線を壁の中に入れることで、隠すことも可能です。

また、すでにあるテレビを壁掛けにしたい場合には、モールなどを使って配線を隠すことも可能ですよ。

3 テレビの位置を移動することができない

先ほども説明した通り、テレビを壁掛けにする場合には、壁に穴を開けて金具を取り付けるため、一度設置すると、テレビの位置を簡単に移動することができなくなってしまいます

そのため、テレビを壁掛けする場合には、しっかりと位置を検討してから、取り付けることが必要です。

テレビを壁掛けにするには、どのくらい費用がかかる?

テレビの壁掛け工事にかかる費用は、自分でやるか、業者に依頼するかによっても大きく変わってきます。

自分でやる場合には、必要な工具が揃っていれば、取付けの金具代だけでテレビを壁掛けに変更することができるので、数千円程度で工事することができます。

一方で、業者に依頼する場合には、取り付ける壁の材質やテレビの大きさによっても変わってきますが、3万円~8万円程度の費用がかかってきます。

しかし、業者に依頼した場合、仕上がりが綺麗だったり、しっかりと安全面が確保されていたりと、メリットも多くあります。

自分でやる場合も、業者に依頼する場合も、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと理解した上で、工事を行うことが大切です。

業者に依頼する場合に、注意したいこととは?

 

賃貸住宅にお住まいの方で、テレビの壁掛け工事を行う場合には、貸主にしっかりと許可をとってから工事を行うように注意が必要です。

また、業者を選定し、見積もりを依頼する際には、見積もり内容をしっかり確認するようにしましょう。

工事にかかる費用が「一括」などとなっている場合には後から追加で料金がかかってくることもあるので、どのような工事内容が含まれているのかを把握することが大切です。

まとめ

テレビを壁掛けにする場合のメリットやデメリット、工事費用などについてご紹介しました。

「テレビを壁掛けにしてみたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!