HOME
更新日 :2024年02月05日

生ゴミ処理機の助成金制度とは?いくら?金額や条件、メリットデメリットをチェック

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

生ゴミ処理機の助成金制度についてわかりやすく解説。金額はいくら?対象の生ゴミ処理機の種類は?補助の条件や申請方法は?など気になる疑問についてまとめました。さらにおすすめの人気生ゴミ処理機や、メリットデメリットについても紹介しています。

本記事内ではアフィリエイト広告を利用しています

生ゴミ処理機の助成金制度の対象都道府県は?

生ゴミ処理機の助成金は47都道府県全てで実施されていますが、住んでいる地域の自治体によっては実施されていないこともあります。また、下記のような助成条件も地域の自治体によって異なるので、必ず事前に確認をしましょう。

・助成の対象となる生ゴミ処理機の種類
・購入価格に対する助成率
・助成金額の上限
・申請方法(購入前・購入後など)
・販売店指定(指定なし・自治体内指定販売店など)

生ゴミ処理機の助成金の金額はいくら?

生ゴミ処理機の「助成金額の上限」や「購入価格に対する助成率」は地域の自治体によって異なります。助成金額は2〜3万円ほどのことが多い傾向にありますが、助成金額の高い地域では購入費の8割(上限100,000円)が助成されることもあります。金額が変更になる場合もあるので、助成金を申請する前に必ず確認をしましょう。

 

購入金額に対する助成率

助成金額の上限

宇都宮市(栃木県)

5/10

40,000円

南房総市(千葉県)

4/5

100,000円

海老名市(神奈川県)

3/4

50,000円

杉並区(東京都)

1/2

20,000円

熊谷市(埼玉県)

1/2

30,000円

水戸市(茨城県)

1/2

20,000円

※2024年2月時点の情報

生ゴミ処理機の助成金の条件

生ゴミ処理機の助成金の条件は、住んでいる地域の自治体によってさまざまです。「助成の対象となる生ゴミ処理機の種類」も異なり、ディスポーザー式やコンポスト容器は対象外のこともあるので注意しましょう。補助対象になる条件の一例は下記の通りです。

補助の対象
・電気などの動力を利用する機械式と手動式の生ゴミ処理機(ディスポーザー式、コンポスト容器は対象外です)
補助の条件
・区内在住で、生ゴミ処理機を家庭で継続して使用
・1世帯あたり年度内に1基
・今年度を含め、過去5年度内に購入費補助を受けていない方
・令和5年4月1日から令和6年3月31日までの間に生ゴミ処理機を購入し、補助金の交付申請をされた方

東京都杉並区の公式HP参照(2024年2月時点)

生ゴミ処理機の助成金の申請方法

生ゴミ処理機の助成金の主な申請方法は「購入前の申請」と「購入後の申請」の2通りで、おおまかな流れは下記の通りです。助成されるのは自治体内指定販売店で購入した生ゴミ処理機に限るという場合もあるので、補助金対象外にならないよう購入前に各自治体窓口に必ず確認しましょう。

購入前の申請の場合
1. 必要な書類を揃える
2. 自治体に申請する
3. 交付決定が下りるのを待つ
4. 生ゴミ処理機を購入する
5. 指定口座に振込みされる
購入後の申請の場合
1. 生ゴミ処理機を購入する
2. 必要な書類を揃える
3. 自治体に申請する
4. 交付決定が下りるのを待つ
5. 指定口座に振込みされる

人気のおすすめ生ゴミ処理機

1. 島産業|生ゴミ減量乾燥機 パリパリキュー PPC-11(1〜5人用)

おすすめ
[PR]

商品画像
島産業|生ゴミ減量乾燥機 パリパリキュー PPC-11(1〜5人用)

1~5人用サイズの「島産業 生ゴミ減量乾燥機 パリパリキュー PPC-11」。乾燥した生ゴミの重さは約1/5まで軽くなります。生ゴミの乾燥状態を自動で検知するPシステム独自技術の活性炭脱臭ユニットでしっかり乾燥&脱臭。温風乾燥なので分別が不要で、生ゴミに触ることなく処理できるのもうれしいポイントです。

2. loofen(ルーフェン) 生ゴミ乾燥機 SLW01

おすすめ
[PR]

商品画像
loofen(ルーフェン)|生ゴミ乾燥機 SLW01

4人家族まで使える「loofen(ルーフェン) 生ゴミ乾燥機 SLW01」。機能性はもちろん、インテリアに馴染むシンプルなデザインが人気を集めています。乾燥した生ゴミの重さは約77%軽くなり、ボタンを1回押すだけの簡単操作でOK。電力調整はAIが行ってくれて分別も不要です。

3.パナソニック 生ゴミ処理機 MS-N53XD-S

おすすめ [PR]

商品画像
パナソニック 生ゴミ処理機 MS-N53XD-S

微生物で生ゴミを分解するバイオ式、生ゴミの水分を取り除く乾燥式、両方の要素を使用したハイブリッド式の3パターンのコンポスト。臭い漏れや害虫被害の心配がかなり少なく、生ゴミの粉砕や堆肥のかき混ぜなどを自動で行ってくれるものもあり、手間がかかりにくいです。

生ゴミ処理機の助成金に関するQ&A

Q1. コンポストは生ゴミ処理機の助成金対象ですか?

A. 住んでいる地域の自治体によって異なります

「助成の対象となる生ゴミ処理機の種類」は住んでいる地域の自治体によって異なり、コンポスト容器やディスポーザー式は助成の対象外の地域もあります。たとえば、東京都杉並区ではコンポスト容器は助成対象外ですが、千葉県大網白里市ではコンポスト容器は助成対象です。購入後に補助金対象外だったということにならないよう購入前に各自治体窓口に必ず確認しましょう。

Q2. 生ゴミ処理機に助成金が出る理由は何ですか?

A. 家庭の生ゴミの量を減らすことで処理費用(税金)を大幅に削減することができるからです

燃えるゴミに含まれる生ゴミの量は30〜40%ほどで、生ゴミの約80%は水分と言われています。生ゴミ処理機を使用して水分を飛ばすことで生ゴミを減量することができ、焼却する量が減ることで処理費用(税金)を大幅に削減することができます。 そのため、生ゴミ処理機を購入すると、多くの自治体が購入費の一部を補助してくれるのです。

Q3. 生ゴミ処理機を使うとどんな効果があるの?

A. ゴミ出し回数が減ることはもちろん、夏場の生ゴミ臭や虫対策にもなります

生ゴミ処理機でかさばる生ゴミを小さく乾燥することで、汁だれを防ぐことやゴミ出し回数を減らすことができます。さらに、夏場の生ゴミ臭や虫の発生を抑えたり、三角コーナーやシンクの掃除がラクになったりすることが期待できます。

Q4. 生ゴミ処理機のメリット・デメリットは?

A. ゴミの量が減る一方、設置場所が必要電気代がかかるなどのデメリットがあります

生ゴミ処理機はゴミの量のを減らすことや夏場の生ゴミ臭や虫の発生を抑えられることがメリットとして挙げられる一方、本体価格が高いことや設置場所が必要であること、電気代がかかることや処理中の音が大きかったり臭い漏れしたりすることがデメリットとしてあげられます。

※本記事の内容は、本記事作成時の編集部の調査結果に基づくものです。
※本記事に掲載する一部の画像はイメージです。
※本記事の内容の真実性・確実性・実現可能性等については、ご自身で判断してください。本記事に起因して生じた損失や損害について、編集部は一切責任を負いません。
※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がYOURMYSTAR STYLEに還元されることがあります。
※本記事のコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。