ポインセチアの剪定は葉っぱを全部落とす勢いで!ただし樹液に注意!

■ポインセチアのお手入れは剪定・植え替え・短日処理
■ポインセチアを増やしたいなら挿し木に挑戦!
■ポインセチアの普段のお世話の方法は「水やり・肥料・虫除け」

YOURMYSTAR STYLE編集部

更新日:2020年02月17日

聖なる夜」と呼ばれる植物をご存知ですか?
それは、クリスマスの季節になると、赤や白で街を彩るポインセチア

原産国のメキシコでは「ノーチエ・ブエナ(聖なる夜)」と呼ばれていて、アメリカ合衆国の初代メキシコ大使ポインセット氏により広まりました。
季節限りのものと思われがちですが、大切にお世話をすれば毎年楽しむことができます。

今回はポインセチアのお世話に不可欠な剪定の方法を説明します!
それとともに、その後のお世話、ポインセチアを色づかせる方法なんかも紹介するので、最後まで読んでみてくださいね♪ 

ポインセチアの3つのお手入れ

ポインセチアはメキシコ原産で、1年を通して葉っぱが見られる常緑性の低木です。

え?低木?と思った方もいるかもしれませんね。
実はポインセチアは、草花ではなく樹木の仲間なのです。
低木とは、高さが3m以下の木のこと。

そんなに大きくなるなんて、とても育てられない……。
なんて心配はご無用です。
園芸向けの品種では、高さは10~60cmぐらいになります。

赤や白に色づくのは苞(ほう)と呼ばれる部分です。
漢字を見ると、くさかんむりの下は「包む」という字に似ています。
花がつぼみだった時、つぼみを包んで守ってくれていた葉っぱなんですよ。
ちなみに、花は苞の付け根の部分です。

寒さ暑さともに弱い、特に霜に弱いため、鉢植えのものを屋内で育てるのが一般的です。

ポインセチアの生育カレンダー

それでは、ポインセチアの1年を見てみましょう。

ポインセチアの時期ごとのお手入れには

剪定
植え替え
短日処理

の3つがあります。

挿し木はポインセチアを増やしたい場合に行います。

剪定をするのは、ポインセチアがをつけて、新しい若い葉っぱを出すためです。
剪定しないと芽がつかなくなり、枯れてしまいます。

株全体が成長して大きくなったら、新しい鉢に植え替えをします。

そして、ポインセチアの上のほうの葉を色づかせるためにするのが短日処理です。

この1年のお世話の順序に沿ってご説明していきます。

まずは剪定と、同時に行う植え替えのやり方をご紹介します!

 

「剪定」と「植え替え」は4~5月がベスト!

ポインセチアの剪定は、時期がとても重要
一番いい時期は4~5月!

冬の寒い時期は、剪定に向いていません。
切り口に霜がつくと、枯れてしまうのです。
色づいた部分がすべて落葉した直後からなら、剪定してもOKです。

ただし、必ず、暑くなる前にやりましょう!
暑くなってからだと芽が出ず、育たなくなってしまいます。

そして、4月~5月はちょうど植え替えの時期にもあたります。
植物が本格的に成長する前に植え替えるのが良いのです。

剪定と植え替えを一緒にやるのが一般的です。
剪定をした直後に植え替えを行うと、ポインセチアがしゃっきりして元気に育つ、という効果もあるようです♪

というわけで、ポインセチアの剪定は、植え替え時期に合わせて4~5月に済ませちゃいましょう!

POINT
ポインセチアの苗を始めて買われた方で、長く育てたい方は「植え替え」の項を参照して植え替えてみてください。

売られているときは、花をつけるためや見栄えを良くするために鉢がやや小さめでポインセチアにとって窮屈なんです。
根腐れの原因にもなってしまいます。

一回り大きな鉢に植え替えて、育ちやすくしてあげましょう。

「挿し木」は5〜7月にしよう!

ポインセチアを増やしてみたいなという方。
ちょっとチャレンジしてみませんか?

ポインセチアは挿し木で増やします!
やるのは生育が活発になる5~7月。
剪定と同時に行ってもOKです。

 

「短日処理」は8~9月に始めよう!

ポインセチアは日照時間の変化を感じ取り、冬の訪れを感じ取って色づきます。

他のお花と同様に、受粉してくれる虫に目立つよう、ポインセチアの場合は苞(ほう)が色づくんです。

屋内で育てて園芸を楽しむ場合は、日照時間を人の手で変えてあげる必要があります。
それが短日処理。

色づける時期の2か月以上前からやるのがポイント!
クリスマスだったら11〜12月ごろがおすすめです。

最低40日以上といわれているのですが、それより多くやらないと色づかない場合が多いみたいです。
そのため、クリスマスには絶対色づかせたい方は8~9月くらいからは始めておきましょう。

 

剪定の方法

ポインセチアについて、ちょっと詳しくなれたでしょうか?
それでは剪定していきましょう!

やり方はいたって簡単!
ですが、1つだけ気を付けてほしいことがあります。

注意
茎を切るときに出てくる白い樹液は触らない!

白い樹液が肌につくと、皮膚の弱い人はかぶれることがあります。
長袖の上にゴム手袋などして、白い樹液がつかないようにしましょう。

もし、肌についてしまった場合は、慌てず素早く流水で洗い流してください。
症状があった方は病院へ。

口に入れるのは絶対だめですよ!
最悪、死に至る恐れがあります……。

それではいよいよ剪定を実際にやっていきましょう!

用意するもの

・花切りハサミ
・ゴム手袋
・長袖など腕が覆えるもの

  手順 

1. 手と腕を完璧に覆う
茎を切るときに出てくる白い樹液が皮膚につかないようにしましょう。
長袖の上にゴム手袋、あるいは腕を覆うタイプの作業手袋や腕カバーをするなど、しっかり対策をしてください。

樹液を通さない素材のものを選びましょう!

 

2. 茎を切る
土から出ている茎の部分が2節~3節(15~20cm)が残るように茎を切ります。
色づく苞の部分は、必ず全部切り落としてください。

葉がほとんどのこらないと思いますがOKです。
新しい葉っぱがつくので、バッサリ切って大丈夫なのです!

 

剪定したら、植え替え!

剪定が終わり、さっぱりしたポインセチア。
なんだかもう、ポインセチアかどうかよくわからなくなりましたね。

大きくなっても大丈夫なよう、新しい鉢に植え替えてしまいましょう。

毎年1回、やりますよ~。

注意
霜に弱いので、地面に直接植えないでください!

できれば冬は屋内に入れたほうがいい植物です。
今までより、ひと回り大きい鉢やプランターに植え替えましょう。

用意するもの

・鉢 または プランター
・鉢底ネットかアミ
・軽石
・培養土(観葉植物用のものがにおいもなく、おススメ!)
・花切ハサミ または 大きめの家庭用ハサミ(傷んだ根を切ります)

  手順 

1. 鉢底ネットかアミを敷く
鉢やプランナーの底に鉢底ネットかアミを敷きましょう。
土がこぼれるのを防ぎます。

鉢の底に合う大きさにチョキチョキ切ってください。
その上から軽石を敷いていきましょう!

 

2. 軽石を敷く
軽石を3cmほどの厚さに敷きましょう。
そんなにぎっちり詰めなくても大丈夫です。

 

3. 土を全体の1/3ほど入れる
土を鉢全体の1/3ほど入れましょう。
量は大体でいいですが、土をあんまりぎゅうぎゅうに詰めないようにしましょう。

 

4. 苗の土を払い、傷んだ根は切る
苗の根についている土を払いましょう。
土は半分以上落とせてれば大丈夫です。

傷んだ根がある場合は、ハサミで切ってしまいましょう。
傷んでいるところだけ、切ればOKです。

 

5. 苗を植える
苗を鉢の中心に置きます。
土を鉢のふちから2~3cm下まで入れましょう。

根の間にも土が入るようにしてください。
隙間ができないように。
トントンと鉢をたたいて、隙間ができたら土を入れる、の繰り返しで入れていきましょう。

 

6. 水をたっぷりやって日当りのいい場所におく
植えて終わりじゃありませんよ!
ちゃんと最初のお水をあげないと根と土がなじまず、なかなか再生しません。

鉢底からお水が出てくるぐらい、たっぷりとお水をあげてください。

日光が好きな植物なので、日当りのいい場所においてあげましょう!

 

植え替えも終了です!お疲れさまでした!

ここからは植え替え後のお世話について紹介していきます!

ポインセチアを増やそう!

ポインセチアを増やしたい方は、生育が活発になる5~7月に挿し木をしましょう。
そのままでいい方は、次の短日処理へ!

挿し木は剪定と同時に行ってもOKです。

手間は少しかかりますが、丁寧に行えば、新しいポインセチアの株が育ちます。
では、説明していきます!

用意するもの

・ゴム手袋
・長袖
・花きりハサミか剪定ハサミ
・赤玉土(小粒)か酸度調整済みピートモス
・3号くらいの鉢
・4~5号くらいの鉢
・ペーパータオル
・発根剤

おすすめの商品


初心者にも手軽に使える発根剤です。発根剤はホルモン剤と栄養剤の2種類があり、こちらは栄養剤タイプのもので、ホルモン剤に比べ、計量などにあまり気を使わず使えます。植物のサプリのようなものなので、薄めて肥料のように使っても植物が元気になります。切り花にも。

  手順  

1.  長袖をきて、ゴム手袋をつける

樹液に触れるとかぶれてしまいます。 長袖とゴム手袋をつけて安全に作業しましょう!

2. 新芽の生えた枝を斜めに切り取る

新芽の生えた枝の先を5~10cm斜めに切り取ります。 この切り取った枝の先を挿し木にするわけです。 株のてっぺんの枝がぐんぐん成長するのでおススメです。

3. 葉っぱを切る

切り取った枝の上のほうにある葉っぱを2~4枚ほど残して、他の葉っぱを切ります。
水の蒸発しすぎを防ぐためです。

4. 枝の切り口の樹液を拭きとる

枝の切り口の樹液をペーパータオルで拭きとります。 ゴム手袋ちゃんとつけてくださいね!

5. カットした枝の切り口を洗う

ゴム手袋をつけ、カットした枝の切り口を白い樹液がでなくなるまで洗います。

カットした枝に水を吸わせるのと、白い樹液がでなくなるようにするためです。
白い樹液はポインセチアの傷口をふさぐものなので、このままだと水を吸い上げる管がふさがり、枯れてしまいます。
時間がある方はカットした枝の切り口を1時間ほど水につけるのもオススメです。

6. 枝を発根剤につける

枝を発根剤につけて、発根を促します。

【メネデール 100ml】
初心者にも手軽に使える発根剤です。発根剤はホルモン剤と栄養剤の2種類があり、こちらは栄養剤タイプのもので、ホルモン剤に比べ、計量などにあまり気を使わず使えます。植物のサプリのようなものなので、薄めて肥料のように使っても植物が元気になります。切り花にも。

7. 土を3号くらいの鉢に入れる

赤玉土(小粒)か酸度調節済みのピートモスを3号くらいの鉢に入れます。
土を入れたらお水を鉢底から出るくらいまで入れ、湿らせます。

8. 水を吸わせた枝を土に挿す

指や割りばしで土に小さい穴をあけてあげます。
そうしたら、白い樹液がもう出ないことを確認して、枝を土に挿します。

9. 根が出るまでこまめに葉っぱに水をあげる

室内の直射日光の当たらない明るい風通しの良い場所で育てましょう。
葉っぱに水をあげたいので、霧吹きであげるといいです。
乾いたらすぐにやってあげましょう。

10. 根が生えてきたら、4~5号くらいの鉢に植え替える

20日~30日ほどで根が生えてきます。
そうしたら4~5号くらいの鉢に植え替えてください。

お疲れ様です!後は普段のポインセチアのお世話をしてあげれば立派に育ちます!
普段のお世話は後ほど説明します!

 

ポインセチアを色づけよう!

剪定も植え替えも終わり、ポインセチアはすくすくと成長。
さて、色づかせていきましょう!
8~9月になったら色づかせるために短日処理をします。

用意するもの 

・段ボール箱

   手 順  

1. 鉢やプランターに段ボール箱をかぶせる
8~9月からポインセチアを植えている鉢やプランターに段ボール箱をかぶせましょう。
光が一切当たらないようにすることが大切です!
17時から次の日の朝8時、9時まで、そのままにしておきます。
時間が来たら段ボール箱を外しましょう。

大事なのはポインセチアに「昼が短く、夜が長い」と感じさせることなので、段ボールで覆う時間が長い分にはOKです。


2. 1.を2か月以上 、毎日続ける
8~9月から2か月以上、毎日続けます。

短日処理の期間は最低40日以上ですが、期間が長いほど確実に色づきます。

毎日なので、ちょっと大変かも。

かなり難しいですが、完璧にやれば、お店で売っているポインセチアみたいに、きれいに色づきます。

 

普段のお世話は「水やり」「肥料」「虫よけ」

普段のお世話の仕方も紹介します!
普段のお世話は水やり肥料虫よけです。
ではまず時期ごとの水やりのやり方をご紹介♪

水やり

4月~10月:生育期の水やり

この生育期の時期はポインセチアがぐんぐん成長するのでたくさんお水が必要なんです!
多めにお水をあげましょう!
土の表面が乾いたら、たっぷりと、鉢底から水が染み出すくらいにお水をあげてください。
受け皿の水は捨てましょう!

 

11月~3月:休眠期の水やり

この時期、休眠期はポインセチアが活動をやめて、文字通り眠っているような状態です。
水やりは回数を減らしましょう。!

中の土も完全に乾いてから水やりしないと根腐れするので、表面の土が乾いてから3~5日後にお水をあげてください。
割りばしでつついて中の土が乾いているかどうか確認するのもいいでしょう。

お水の量は成長期と同じく、水が底から出るくらいまであげましょう。

霜がついて根が傷むのを防ぐため、朝から昼の間にあげましょう。
くんだ水にお湯をほんの少し入れて、温度を少し上げてからポインセチアにあげるとベストです。

肥料

生育期の4~10月の時だけ、1か月に1度液肥をあげましょう。

休息期の11~2月の時は、植物は栄養を吸収しなくなってしまいます。
肥料は根詰まりの原因になるので、この時期はあげないようにしましょう。

 

虫よけ

虫が出てしまうとポインセチアが枯れてしまうので、気を付けましょう。

虫よけには、葉っぱに霧吹きで水を吹きかけるのが効果的です!
乾燥によってやってくる、ハダニをよけることができます。

室内で育てていると、オンシツコナジラミが発生しやすいようです。
薬剤に耐性のあるものも出てしまっていますが、虫がひどくついてしまった葉は摘んで捨ててしまい、残りの葉を掃除器で吸うなどすると、かなり退治できます。

カイガラムシも付きやすい虫ですが、成虫になってしまうと歯ブラシなどでこすって落とすしかありません・・・。
幼虫のうちはオルトラン水和剤などで退治できます。


代表的な殺虫剤で、たいていの植物に使えます。アブラムシ類をはじめ、多くの害虫に効きます。便利な分包タイプで、計量の手間がいりません。

茎や葉が虫の排泄物でカビが生えて黒ずんでしまうすす病には原因となる虫を退治した後、ベンレート水和剤やダコニール1000などの殺菌剤を散布します。


園芸で一番基本的な殺菌剤です。こちらは分包タイプなので計量いらずで簡単です。うどん粉病などにも効果があります。量は少なめで家庭用園芸でも使いきれずに困ることはありません。

 

他のカビも殺菌剤で対処できます。
予防のために殺菌剤は1週間に1度程度まいても大丈夫です。

ポインセチアはそもそも湿気に弱いので、風通しを良くし、湿気をこもらせないことがカビ予防にもなります。

ポインセチアの注意点

ポインセチアのお世話についてだいぶ詳しくなったのではないでしょうか?

でも最後に覚えてもらいたい注意点があるんです!
2つご紹介しますね!

冷暖房の風に当てない!

湿度が苦手で乾かし気味に育てるのがいいポインセチアですが、冷暖房の風に当てると乾燥しすぎてしまい、枯れてしまいます。

直接冷暖房の風に当てないようにしましょう。

葉がこすれないように!

ポインセチアは葉がこすれると黒く変色してしまい、ダメージがひどいと枯れてしまいます。
カーテンなどの近くに置かないようにしましょう。

 

まとめ

ポインセチアの剪定やその後のお世話は、いかがでしたか?

剪定の時はとにかく樹液に注意してくださいね!
植え替えも忘れずに。
短日処理はすごく難しいですが、おうちでもできないことはないです。
ポインセチアを増やしたい方は挿し木にも挑戦してみましょう!

普段のお世話は、水やりに気をつけてあげてください!

ポインセチアは観葉植物の中でも、とても手間がかかる、いわば「甘えん坊」な植物です。
裏を返せば愛情をかけた分、応えてくれる植物ともいえそうです。

クリスマスに、ポインセチアの葉っぱが、白や赤にきれいに色づいたなら、それはあなたの努力と愛情の証
自慢しちゃってください!

ぜひ、ポインセチアの剪定やお世話を楽しんでみてくださいね~。

関連記事

雨漏りとはお家の危険信号!適切な応急処置や修理で安心な住まいに!

「突然、天井から雨漏りが…」 「大雨のとき、壁にシミができる…」 「雨の日、ポタポタ、という大きな音がする…」 気になる雨漏り。どうして雨漏りしているのかも、どうしたらいいのかもよく分 […]

柿の剪定時期は11〜2月が吉!手順や実がなる枝を残す方法を伝授!

  秋になるとついつい食べたくなる柿。 そのまま食べても、スイーツにしても、サラダにしてもおいしい、なんとも言えない味が魅力ですよね。 そんな柿を自宅のお庭でとれるなんて、なんともうらやましい限り。 ただ、おい […]

ダイソーは大掃除前に行くべし!掃除道具から洗剤までALL100円

  年末に近づくと、気になってくるのが大掃除ですよね。 最近はお家にいる時間も増えているので、年末に大掃除して新年を向かえることにこだわらずに、半年に一度や、寒くなる前の秋に大掃除をするという方も増えているようです。 大 […]

暮らしの3メディア初コラボ!お掃除グッズ総選挙2020開催決定!

 今回、年末の大掃除シーズンに向けて『ユアマイスタースタイル』『LIMIA』『暮らしニスタ』の3つのメディアのコラボレーションが決定しました! その名も「お掃除グッズ総選挙」 みなさんが「実際に使ってよかった」と感じた洗 […]

ランキング

自分でお掃除vsプロの換気扇クリーニング!その差を検証してみた

換気扇クリーニングって知っていますか? プロがお家に来て、換気扇のお掃除をしてくれるサービスのことです。   とはいえ、換気扇の掃除って一応、自分でもできるのです。 じゃあ、自分で掃除して、それで済むならその方 […]

エアコン掃除をプロに頼んだら、それはラーメン屋と一緒だった話

  目次1 エアコンは本当に汚いのか?2 プロが来た!3 エアコンをプロに掃除してもらって感じたこと エアコンは本当に汚いのか? お家の中で毎日掃除する場所といえば、お風呂・トイレ・キッチン… 大掃除の時期なの […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ドラム式洗濯機のお掃除は月1回!塩素系クリーナーでカビを溶かそう

みんな大好き、ドラム式洗濯機。 普通の洗濯機よりも憧れますよね? きちんとした乾燥機能に加え、あの可愛らしいフォルム……。 少しお値段は高いですが、それでも欲しくなってしまう程の魅力が詰まっています。 そんなドラム式洗濯 […]

ベッドの黒カビを取り除こう!マットレスを掃除して、ぐっすり快眠♪

  皆さんは、ベッドのお掃除ってこまめにやっていますか? 床や水回りはよく掃除するけど、ベッド掃除はおろそかにしてるって方、意外と多いのではないでしょうか? ベッドを掃除せずに放っておいたら、ベッドにカビが大量 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]

トイレが臭い…においの原因と消臭に効果的なお掃除方法を徹底解説!

  皆さんは、トイレという空間は好きですか? 新聞や本を読んだり、ケータイをいじったり…。 と、思い思いのことをして過ごす人も多いですよね。 家の中で、トイレが1番落ち着く! なんて人もいるのではないでしょうか […]

換気扇のフィルター掃除!一番楽なやり方を数パターン用意しました!

みなさん、家の換気扇を見てみてください。 特にフィルター部分。 油でギトギト、ゴミやホコリで真っ黒……なんてことになっていませんか? びっしりついた汚れを見ると、お掃除するのもためらっちゃいますよね。 ですが、そのまま使 […]

レザーソファーのクリーニングならお任せ!革のプロによる修理を特集

  リビングにある家具といえば、テレビやテーブル…そして、ソファー。 ソファーは、家族がくつろぐ大事なスペースです。 一度買えば、何年も使い続ける、大切な家具ですよね。 でも、最初はキレイなソファーでも、何年も […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

服の虫食いは100均グッズで補修できる!素材別のやり方で楽ちんに

  季節の変わり目、衣替えで久しぶりにお気に入りの服を出すと。 あれ、虫に食われてる! …なんてこと、経験したことはありませんか? せっかく着ようと思ったのに…、と泣く泣く手放す前に、ちょっと待って! 捨ててし […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

革の鞄のお手入れは簡単3ステップ!油分の補給!水拭き、消しゴム!

さて、今回は革製品の中でも鞄についてのお話。 鞄って、体の一番外側にあることが多いせいか、傷が付きやすいものです。 気付かないうちに擦ってたりしますよね。 革は丈夫ですが、表面の傷に対しては案外弱いのですよ。 そこで、な […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]