リバースプロジェクト×RELIVERS「あなたの”大切なもの”を教えてください」龜石太夏匡氏

たってぃ

更新日:2018年11月21日

 

突然ですが、「あなたの大切なものはなんですか?」

初めて自分で買ったCD。母親からプレゼントされた時計。父親から受け継いだ服。何か思い当たるものがあると思います。

あなたの大切なものには、あなたやあなたにとって大切な誰かの「思い」が詰まったエピソードがあるはずです。気になるあの人の、大切なものにまつわるエピソード、知りたくありませんか?

今回は、リバースプロジェクトの共同代表を勤める龜石太夏匡さんにインタビューしました!

株式会社リバースプロジェクト 代表取締役 龜石太夏匡
1971年東京都生まれ。学生時代から脚本家を志しながら俳優としても活動し、北野武監督「ソナチネ」等に出演。1993年、2人の兄とともにアパレルショップ「PIED PIPER」を渋谷で立ち上げ、ファッションシーンをけん引。その後、映画『カクト』『ぼくのおばあちゃん』『セイジ陸の魚』の脚本・プロデュースを手がける。2009年、伊勢谷友介と共同代表で「人類が地球で生き残るためにはどうするべきか」を理念に株式会社リバースプロジェクトを設立。

 

社会問題に立ち向かう!リバースプロジェクトを知っていますか?

 

 

リバースプロジェクトは、俳優としても活躍する伊勢谷友介さんと、今回インタビューをさせていただいた龜石太夏匡さんが、アーティストやクリエイターを集めて始めました。NPOやNGOではなく、株式会社として、社会課題を解決するためのビジネスを行なっています。2009年に創設され、今年で10期目を迎えます。

たった1つの理念は、「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」ということ。この壮大な理念に本気で向かっていく姿勢が注目されています。

現在は、衣・食・住・教育・芸術・町おこしといった様々な分野で様々な事業を展開中。
例えば、日本の制服をエシカルなものに変えていく「全日本制服委員会」、車のエアバッグを再利用してバッグを作る「『AIRBACK』Project」などがあります。

今回のインタビューでは、龜石さんの哲学の原点にもなっている「親父」のことから、リバースプロジェクトの根底にある考え方まで、たっぷり聞くことができました。

さっそく本題に入っていきましょう。

龜石さんの大切なものは「親父から受け継いだジャケット」

龜石さんの大切なもの1つ目は、インタビュー中にも着用していたジャケットです。
今見てもかなりおしゃれでかっこいいジャケットだったのですが、なんと30〜40年以上前に仕立てられたものだとか。どんな思い入れのあるものなのでしょうか?

− 大切なものについて教えてください。

今も着ている、このジャケットを紹介したいと思います。実は、親父が着ていたジャケットリメイクしたものなんです。

父親は俳優をやっていたのですが、その関係で家に仕立屋さんを呼んで、素材を選んでっていうのを子供の頃から見てたんです。親父が、30歳後半から40歳ぐらいのときですね。それで、自分がちょうど同じぐらいの年齢になった時に、親父が着ていたジャケットをリメイクして、自分で着るようになりました。

親父の生き方とか考え方とかを受け継ぐことはできるけど、実際に物として何かを受け継ぐことができないかなって考えた時に、服のリメイクを思いつきました。
伊豆の田舎に引っ込んでいる親父に、いらなくなった服を送ってよって言ったら、「お前なんかサイズ合うわけねぇじゃねぇか」って言われたけど、いや送ってよって言って。

それで、送ってもらったジャケットは、まず大きかった襟を変えて、ウエスト丈を詰めました。でも、肩幅とか、ボタンは変えていません。なので、意外と、そんなに変えなかったんですよね。そう考えると、自分も年をとって、親父の体型に近くなったのかな、なんて感じたりもするし。

 

− 大切なジャケット、どんな時に着ますか?

やっぱりね、「ここ一番自分に自信を持ちたい時」かなと思います。普段着に使うっていうことはなくて。大事なとき、ここ一番で、人前に出るときとかに着ますね。

人ってジーンズはいたら、ジーンズの気持ちになるし、喪服を着た時には喪服の気持ちになるんですよね、不思議なもので。着ているものって、実際に自分の力をより発揮させてくれるアイテムだと思うんです。テキトーな時って、テキトーな服着てますよね。

このジャケットは、僕に自信を与えてくれます。

 

− ジャケットを着ると自信が持てるのは、やはりお父様から受け継いだものだから、ということでしょうか?

もちろんそれもあるし、やっぱり自分の原点であるし、そこで培ってきたものというのが自分の全てだし、というのはなんか感じますよね。

やっぱり普通の父親と違って、僕が子供のころから、舞台に出て、テレビの撮影やって。京都にいることが多かったので、ほとんど東京にいなくて、月に3〜4回帰ってきたらいい方でした。
それでも、帰ってきた時には、哲学の話とか、国際情勢、環境、文学、政治の話を、酒を飲みながらしてくれました。幼稚園の子どもに話すような話じゃないですよね、本当に。

でも結果として、その時聞いていたことっていうのが、非常に自分の哲学に繋がっていたりするんです。


↑内側には「龜石」の文字の刺繍がありました!

 

− そもそもお父様のジャケットをリメイクをしようと思ったきっかけを教えてください。

やっぱり年老いていく姿をみたということですかね。

それまでは強くて大きい存在だったけれど、年に数回しか会わないような存在になると、会う度に年老いて行く姿を見るわけです。それが、すごく大きく感じたことですね。

親が元気でいること、生きていてくれることって当たり前じゃないんだなって思えた瞬間があって。今こうやって生きている時間軸の中で、当たり前だって思っていたものが当たり前じゃないんだってことに気づいたんです。それがきっかけですね。

 

やっぱり仕立てているものって、思いを込めて作っているはずです。だから、やっぱりその思いは受け継いでいく必要があると思います。

このジャケットも、親父の家の段ボールの中にぎゅうぎゅうに入ってて、もうただのいらない服だった。 でも、見方感じ方によって、それが価値があるものなのか、ただのゴミなのかっていうのが変わってくる。それが、大切に思えるか思えないかってことにつながるのかな、と思います。

 

− そのジャケットを着るようになって、何か気持ちの変化はありましたか?

やっぱり、父親に連絡する時間が増えたりとかはありますね。
伊豆なのですぐには行けないんですけど、予定を組みますよね。「よし、この8月夏の間に行こう」とか。

それと、もっと話を聞いておこうと思います。これまでもよく話をしていましたけど、もっと話を聞きに行きたい、自分がやっていることも伝えたいって思うようになりました。

子ども時代みたいに本当に長く過ごす時間って、減ってきているじゃないですか。あと何年、親父の話が聞けるかわからないから、話題はもう何でもいいなと思っています。そのとき親父が感じたこと、昔言ってたことでもいいし、僕らへの未来のメッセージでもいいし。

僕なんかより今だにずっと勉強してるし、読書量も半端ないです。だから、すごく話していて面白い。でも、もうそんなに話せないんですよ、疲れちゃって。お酒ももうそんなに飲めなくなっちゃいましたしね。


↑ジャケットの裏側にも素敵なデザインが入っています

 

− 龜石さんにとってのお父様のように、龜石さんが、誰かに何かを渡したり、受け継いだりということもありますか?

そうですね、過去に結構ありましたよ。パイドパイパー という洋服屋をやっていたとき、後輩に「あの時着てたジャケットください」とかって言われて。そういう時、僕は、すぐあげちゃうんですよね。そうすると彼らは、「ここ一番で着ます」って、同じことを言うんですよ。

それは何かって、その物に思い入れを持つことや、思い入れを持っていたことを知っていることって、すごい価値なんだってことですよね。

後輩の方々は、これから何らかの勝負をしなきゃいけなくなったときに、それを着ることでなにか勇気をもらえるんじゃないですかね。「あ、これは、龜石さんがあのとき着ていたやつだ」ってね。そういう思いって、今後、彼らが上に立ったときに、さらに下に受け継いで行くものだと思うので。

やっぱり、不安だらけで、できないかもって思うけれども、何でもいいから勇気が欲しいという時があるんじゃないでしょうか。

 

世界にたった2つ!オリジナルなエアバッグも紹介

龜石さんの大切なものの2つ目は、車のエアバッグを再利用して作られたリュックでした。世界に2つしかない、記念の品です。

− 大切なエアバッグには、どんなエピソードがありますか?

リバースプロジェクトの9周年パーティーを、この前やったんですけど、そのときに伊勢谷と僕が1個ずつもらったんです。

形が同じものは一般向けにも販売されています。でも、生地を黒く染めたり、リバースプロジェクトのロゴの刺繍を入れたりっていうのがオリジナルです。
「『AIRBACK』Project」っていうのをやっているので、それで作っていただけたという感じですね。

 

− 「『AIRBACK』Project」について教えてください。

日本のリサイクル技術ってかなり発達してて、車の鉄くずまで含めて90%後半ぐらいまでリサイクルできてるんですよ。
でもエアバッグシートベルトってリサイクルできていない。エアバックって、交通事故起こしてバーンって使われるよりも、廃車になって廃品工場でバーンと膨らんで捨てられることが多い。人の命を守るぐらいだから、エアバックの素材自体も、技術開発されて、技術が詰まっているのに。

なんかもったいないな、と思って。ある廃品工場に行って、エアバッグを回収して、バッグを作ってみたんです。でも、自分たちでやろうとしても、すごく硬いのでなかなかうまくいかないくて。

それで、マスターピースっていうブランドと組んで作ることにしました。エアバッグとシートベルトを素材提供して、デザインは元々あるものに、ちょっと僕らも手を加えて。まずは小さいロットで40〜50個ぐらい作りました。そしたら、完売して、また作ったら完売してっていう流れになってきて。

それから、BMWさんのプロモーションとしてエアバッグを使ってダウンジャケットを作ったり、スバルさんと一緒に特別仕様車のエアバッグでリュックを作ったり、ネクスコ中日本さんとコラボしたり。そうやって、エアバッグもどんどん進化してきたんです。その流れで、今回は、リバースプロジェクトオリジナルの、世界にたった2つのエアバッグができたというわけです。

 

龜石さんが語る、リバースプロジェクトの本質


↑エアバッグならでは独特の質感が魅力です

幅広く、様々な事業に取り組んでいるリバースプロジェクト。その根底にある、龜石さんの思いについて聞きました。

− リバースプロジェクトとして様々な事業を行っていますよね。全てに共通するような思いや考えはありますか?

例えば、エアバッグでも、100〜200個作って売ったからって、それでエアバッグの消費が飛躍的に増えるかっていうとそうでもなくて、大したことない。
でも僕らは、「全ては無限ではなくて有限なんだ」と伝えたいんです。食べ物も、水も、空気も、全てのこの地球にあるものが有限なんですよ。僕らの命が有限であるように。そしてこれは決して増えないんですよね。このキャパなんです。

緑は減っていく、人口は100億人になると言われている。そういう状況の中で、我々はどう想像力を働かせて、一体何ができるのか。決められた範囲の中で、どうやって想像力を働かせてサービスシステムを作るのか、っていうことが求められている。それが、僕らの時代だと思っています。

 

親父との話も同じで。親父とこうやって元気に話せることって、実は当たり前じゃないんだなって思う。限られているんだなって。じゃあそこの限られているもの、命尽きるものに対してどういう風に思いを馳せて、どうやって関わっていくのか。例えば、伊豆に会いに行くとか、このジャケットのようにゴミになって捨てられそうな衣装を大切にするとかね。

 

実は、全部同じで、どういう未来を想像してるかっていうことだけなんですよ。

例えば、僕らが何かプロジェクトを始める時、「そのストーリーは何?」とか、「背景は何?」とか、みんなやたらとそういうところを問い始める。これは何かっていったら、結局のところ「時間」なんですよ。限られた時間を与えられている中で、何を残していくか、この時間をどう使うかということなんです。

 

今、未来を悲観的にみようと思ったら、悲観的にみれると思います。環境問題も経済格差も紛争も拡大している。でも、未来を悲観的に考えて、大変だ大変だっていうことじゃなくて、どっかデザインされて、かっこよくて、なんか面白い。そういうところにどうやって落とし込むか、っていうのが、大事なところかなって思います。

 

10期目に入ったリバースプロジェクトが目指す今後の姿とは

リバースプロジェクトは、今年の11月から10期目に入りました。龜石さんは、今、新たなスタートラインに立ったと語っています。

− リバースプロジェクトの今後が気になる方も多いと思います!これからのリバースプロジェクトはどんなところを目指していきますか?

僕たちはクリエイターとかアーティストとかが集まって、ほぼほぼ会社経験0のところから始まったので、振り返らずに、ただ走ってきただけなんですよ。結果的にこれまでの10年は、個の力に依存してきたところがあって。結果として、この10年を通して、いろいろなことがあったけれども、リバーズプロジェクトのブランディングは色濃いものになった。

それに、不器用だったせいもあって、たった一つの「人類が地球に生き残るためにはどうしたらいいのか」っていう、言ってしまえば青臭くて、壮大な理念を頑なに守ってきた。

結果として、世の中で、ぶれずにやって行くことは、価値を生むんだということを感じた。しかも、自分たちにではなく、利他的に、社会に向いた状態でぶれずにやってくることができた。そして、それが結果的に自分たちに戻ってくる、自分たちの価値を高めてくれるんだってこともわかってきた。

これからの10年は、当たり前のことだけど、システムを作って、役割や責任を決めて、「会社を作る」っていうところをやっていきたいです。10年先の目指すべきところのポジションをとって、そこから逆算した5年後、3年後を目指していきます。

 

やっとスタートラインに立ったっていうのは、2つの意味があります。1つは、これだけのブランド力やネットワークがあって、仲間たちがいて、ここからまたスタートラインに立ったら、もっと面白いことができるんじゃないかということ。
そして、もう1つが、僕たちが10年間リバースプロジェクトとしてやってきたからといって、社会を変えることができたのかといったら、できてないということです。社会が良くない方向に向かっているのも事実。

僕はよく竹を割ったようなイメージをするんです。竹に割ろうとすると、ちょうど半分になりますよね。そして、その割れ目はどんどん広がっていく。未来に対して、一方を良い方向、もう一方を良くない方向ってしたときに、今は、良くない方向に進んでいるような感じがする。でも、まだ今なら、割れ目がそこまで広がっていない今なら、悪い方向に向かっているものを、良い方向に持っていくことができるんじゃないかなって。

これが20年、30年、40年って、このまま利己的に何も考えずに、もしくは考えているんだけど何も行動に移せずにいたとしたら、どうなるか。例えば、僕が今の親父ぐらいの年齢になった時に、もうたかが30年ぐらいしかないんですけど、そのときにふと気づいて、竹がかなり割れて、良い方向に戻せないぐらいになっていたら、俺いままで何してたんだろうって、絶望を感じると思うんです。その時自分が、経済的にどれだけ裕福で、社会的に地位がどれだけあるかとかわからないですけど、そんなことは関係なく。

 

日本に1億2千万人がいる中で、良い方向に変えることに本気でむかえる奴らがどれだけいると思う?ってなったときに、もともと考えている人っていうのも少ないのに、実際に行動できる人っていうのはまたまたさらに少人数になっていくんですよね。

でも少なからずそこに自分がいて、10年間やってこれたんだな、結果成功はしていないけど、でもなんかやってこれたんだな、っていうのは感じています。それは、自分の中で大きな責任として、変わらずにこれからも続けていきたい。そしてさらに、ここからは自分が目指した10年後に立ちたいなっていうのを思っています。本当の意味でスタートラインに立ったっていうのは、そういうことなんですね。

 

おわりに

大切なものをもっと大切にしたい人を応援する私たちと、人類が生き残れる地球の未来を考えるリバースプロジェクト。
全然違うように見えて、重なる部分が大きいことを感じました。

大切なものを大切にできることって、自分自身や大切な人を幸せにできることだけど、もしかしたら地球に生きる人類にとって最善の未来にも繋がっているのかもしれません。

龜石さん、今回は貴重なお話をありがとうございました!龜石さんとリバースプロジェクトを、私たちは今後も応援しつづけます。

関連記事

NEWカメラのレンズにもカビは生える?カバンにいれて持ち運ぶのはNG!

  久しぶりにカメラを取りだしたら、レンズがカビだらけだったという経験はありませんか? カビだらけとは言わないまでも、なんとなーく黒ずんでいた、なんて経験がある方も少なくないと思います。 実は、レンズのようなガ […]

NEWカメラのレンズクリーニングは自分でできる!コツと注意点を大公開!

  「写真を撮ろうとしたら、なんだか黒い汚れが!?」 なんてことがあると、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいますよね。 そんなカメラのレンズには、クリーニングが必要です。 そこで今回は、 ・レンズクリー […]

NEWマウスホイールのお掃除まとめ!カクカクスクロールをより滑らかに!

  パソコンで仕事をする人にとって欠かせないアイテム、マウス。 そんなマウスに必要不可欠なものといえばホイールですね。 ただなんかマウスホイールの調子が悪いなって感じた経験ありませんか? 動かすとカクカクしたり […]

NEWフローリングのへこみはアイロンにお任せ!5分で超簡単に直す方法!

  みなさん、おうちのフローリングにへこみはありませんか? よーく見てみると、意外とへこみってありますよね。 このフローリングのへこみ、実は超簡単に自分で直せるのです。 使うものは、なんとアイロン。 今回は実際 […]

ランキング

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

お風呂の鏡のお掃除はどうしよう?なにしよう?「新聞使用」が正解!

毎日使うお風呂。 毎日見るお風呂の鏡。 あなたのお家のお風呂の鏡、自分の姿がはっきり写りますか? 湯気で覆われているように白くくもっていませんか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみま […]

洗濯機の排水口掃除はパイプユニッシュor重曹!臭いや詰まりも改善

洗濯機の排水口から何か嫌な臭いが漂ってくる…。 洗濯機が脱水中に止まってしまったり、エラー表示が出たりする…。 あなたのお家の洗濯機のそんなトラブル、もしかしたら洗濯機の排水口のせいかもしれません。 長期間、洗濯機を使い […]

お風呂の排水口・排水パイプの掃除方法!臭いと詰まりをどちらも解消

  お風呂ので一番汚れが気になるところといっても過言ではない、排水口。 お風呂中のお湯が流れ着く場所です。お湯に流されて、汚れもたっぷりたまります。 排水口の汚れが原因で、お風呂中に嫌な臭いが漂ったり、排水パイ […]

キッチンの排水口のお掃除には重曹とお酢でつまりはもう詰まらない!

排水口のぬめり…… 排水口からの臭い…… 排水口の詰まり…… 毎日キッチンを使っていると、こんな問題が生じることがよくあります。 キッチンは朝昼晩と使うものなので、排水口の掃除までなかなか手が回らないですよね。 では、い […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

布団は部屋干しでもふかふかに!週に1回干すだけで快眠が手に入る!

  干したばかりの布団って気持ちいいですよね。 じめっと重かった布団も、日光に当てて干すとカラッと軽くなります。 毎日あんな布団で寝られたらいいのにと思いますが、実際は天気に左右されたり、花粉が気になったりして […]

ワイシャツの黄ばみを落とす最強の漂白剤の使い方!予防すれば完璧◎

いつの間にかワイシャツが黄ばんでいた経験、ありませんか?特に、襟や脇、袖は黄ばみやすい部分です。 実は、毎日ちゃんとお洗濯しているだけでは、黄ばみを予防することはできないのです。 黄ばんだワイシャツでは、第一印象も悪くな […]

油汚れの染み抜きには「クレンジングオイル」が一番効果的なんです!

「揚げ物を作っていたら、油が服に飛んでしまった…。」 「子供がオムライスを食べていて、服にケチャップをつけてしまった…。」 など、日常的に服に油のシミがついてしまうシーンってありますよね。 でも、みなさんは知っていますか […]

白いスニーカーの汚れを7つのアイテムで真っ白に!お酢が決め手です

白は汚れる! まあ常識ですよね。 ちょっと擦っただけでも灰色が付きますもん。 僕も一時期まっ白なスニーカーで生活してたんですがね、まあすぐ汚して怒られましたとも。   ということで今回は白スニーカー。 汚れが目 […]

【8割の人が知らない!】靴を自宅の洗濯機で洗う正しい方法を解説

会社が学校から帰る途中に、突然のゲリラ豪雨。 息を切らしながら走って帰ったけど、泥が跳ねて靴が汚れちゃった…。そんなこともありますよね。 そんなとき汚れてしまった靴をどうしていますか? え?そのまま? そんな […]

油性ペンの汚れに4通りの落とし方。油には油を!不安ならみかん!

新学期。新しい教科書に名前を書く時に、大活躍の油性ペン。 にじまず、書く材質を選ばないのが特徴。そのため、水で濡れやすいキッチン周りにも使えますし、学生から主婦の方にも愛用されているはず。 そんな油性ペンの1番の特徴は「 […]

羽毛布団を洗濯機で洗う方法|コインランドリーやクリーニングと比較

  寒くなってくると毎年押し入れから引っ張り出してくる羽毛布団。ふかふかのお布団にはついつい顔をうずめたくなりますよね…って、あれ。 なんか、臭い。前よりボリューム感がないかも。 なんてショックを受けてる方に質 […]

色移りの落とし方は50℃のお湯で洗剤2倍!本当に正しい情報大公開

あああ!しまった。 洗濯機の蓋を開けてみたら、中が大惨事になっていた。 こんな経験はありませんか? そう、色移り。 お気に入りの服に色が移っていた時なんか、とてもショックですよね。 普段は気をつけていても、ちょっと気を抜 […]

帽子・キャップの型崩れしない洗い方!他とはかぶらない方法で伝授!

帽子って、知らず知らずのうちに汚れや臭いがひどくなってしまいますよね。 特に夏の汗をかく時期。 でも、帽子を自宅で洗うって、あんまりピンとこないかもしれません。 しかし、ここでは帽子・キャップを自宅で型崩れの心配なく洗う […]

羽毛布団の洗濯はコインランドリーがおすすめ!乾燥時の注意点も解説

  軽くて、柔らかくて、暖かい。 と、良いこと尽くしの羽毛布団は、寒い季節には手放せない寝具の1つ。 でも、なんだか最近、ふんわり感がなくなったような…。 それに、前よりも暖かくないかもしれない…。 なんて感じ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

ファスナー・チャックの直し方を解説!5つの不具合もこれで全て解決

急いでファスナーを閉めたら動かなくなった……なんて経験、あるんじゃないですか? 『ガチっ』なんて音を出した後、うんともすんとも言わなくなることが結構あるんですよねぇ。 さて、こういうファスナーの故障ですが、大抵は曲がって […]

裾上げのやり方をズボンの種類別に解説!丈を決めるポイントも伝授!

もうちょっと裾が短かったら、このズボンは完璧なのになあ。 そんなお悩みはありませんか? そんなときに便利なのが「裾上げ」。 でも洋服屋さんで頼むと時間がかかってしまいます。取りに行くのも面倒臭いですよね。 だから、自分で […]

靴の臭いがたったの100円で消せるのならば試さずにはいられない話

どうも、隙あらば靴を脱ぐのであんまり足の臭いに困らない僕です。 たまに遠出すると脱げなくて大変なことになるんですけどねー。 さて、足の臭いってかなり気になりますよね。 しかも、どれだけ足を洗ったところで臭いが出るのは止め […]

スエードの靴の汚れの正しい洗い方とは?普段のお手入れ方法も解説

スエードの靴、あの独特の質感が素敵ですよね。なんだか温かみを感じる、良い生地だと思います。 でも一つ問題が…… 汚れが付きやすいんですよね。水に濡れればシミになり、使っているとテカテカしてきます。 しかも、スエードってお […]

靴磨きのコツを大公開!職人だけが知る革靴のお手入れ方法を徹底取材

お洒落は足元から、なんてよく言いますよね。 一生、大切にしたいと思っている革靴を、お持ちの方も多いはず。 ですが、せっかくの素敵な革靴も、お手入れができていなかったら台無しです。 よい革靴は、きちんと靴磨きをして、いつで […]

サビ落としはブラシ&サビ取り剤が最強!こすらず磨いて楽々完全除去

身の周りを見渡してみたら、色んなところでサビを発見してしまった…なんて経験、ありませんか? 例えば家の中に置いてあるスタンドラックにも発生するし、外に置いておいた自転車にもサビはつきやすいもの。 見た目はあまりきれいとは […]

おすすめ特集