HOME

更新日 :2024年01月26日

什器をメンテナンスして大切に使うという選択。買い替え前に要検討!

この記事をシェアする FaceBook X LINE Pinterest

 

店舗やオフィスで使われる什器。

使用しているといつの間にか汚れていたり、破損をしてしまうことがあります。

什器の汚れや破損は、見た目も悪く、店舗やオフィスのイメージを下げてしまう可能性があります。

今回は什器のメンテナンスの必要性やメンテナンスの方法について解説します!

什器メンテナンスの必要性

什器は使用していくうちに汚れてしまったり、経年劣化による破損や使用中に故障をしてしまうこともあります。

古くなってしまった什器の処分に困り、バックヤードに保管されているということもあるのではないでしょうか。

また、什器の処分には費用がかかります。

新しい什器を購入するというのもひとつの手段ですが、什器をメンテナンスして使うということは、長年使用してきた使い慣れた什器を再び利用することができ、資源もコストも無駄にならず、エコな方法です。

什器のメンテナンス方法

什器は定期的にメンテナンスすることで、店舗やオフィスの印象を良くすることにつながります。

什器クリーニング

快適な店舗やオフィスを維持するためには日々の清掃は欠かせません。

しかし、シミや蓄積した汚れなどは日々の清掃で取り除くことができないため、スタッフによる徹底清掃や業者によるクリーニングが必要になります。

ファブリッククリーニング

汚れが蓄積しやすい床のカーペットやイスの布地(ファブリック)部分をクリーニングすることで、店舗やオフィスが明るくなります。

・オフィスカーペット
・オフィスチェア
・パイプ椅子座面
・メッシュチェア
・応接ソファー
・ファブリックパーティション など

家具・電化製品クリーニング

定期清掃で日常の清掃では手が回らない什器を清掃しメンテナンスをすることで店舗やオフィスを衛生的に見た目にもきれいに保つことができます。

・オフィスデスク
・応接セット
・ブラインド
・キャビネット
・ロッカー
・ショーケース
・ディスプレイ棚
・天井照明機器 など

什器のリフォーム、リペア

大切に使い続けてきた什器はリフォーム・リペアすることで、什器を安全に長く使うことができます。

破損や不具合が解消されることで、什器が使いやすくなり働くスタッフやお客様への満足度も上がります。

リペアにより見た目が良くなることでお客様からの印象もよくなります。

リフォーム・リペア例

・布・革製家具品の張替
・木製製品は塗装やキズ補修
・テーブル、イス、ステージなどのぐらつき補正
・キャビネットなどのフレーム調整
・キャスター交換

什器メンテナンスや修理はどこに依頼をする?

店舗やオフィスの什器は購入している場合とリースやレンタルしている場合があります。

購入品の場合は什器の種類によりますが、基本的にはご自身の会社でメンテナンスを手配することになります。

オフィス什器

オフィスで使用される什器の不具合はオフィス家具メーカーやオフィス家具修理業者で修理などのメンテナンスを受け付けています。

店舗什器

店舗什器を扱う家具メーカーにて修理が依頼できます。

また、「店舗のメンテナンス業者」や「店舗の便利屋」などでは店舗のさまざまな修理に対応しています。

電化製品

電化製品の故障の場合は電機メーカーやにメンテナンスを依頼をしましょう。

飲食店などの設備では厨房設備会社などにも依頼が可能です。

レンタル品の場合

レンタル品什器は契約によっては、通常の使用内での破損や故障などは無償で交換をしている場合もあります。

まずはレンタル業者に相談をしてみましょう。

什器クリーニング

什器のクリーニングは清掃業者に依頼をすることができます。

清掃業者では、各什器に合わせた清掃方法でクリーニングをすることが可能です。

什器(じゅうき)とは

什器とは 一般的には店舗やオフィスなどで使用する家具や備品に対して使われます。

 店舗で使用する什器は「店舗什器」や「店舗家具」、 オフィス使用のものは「オフィス什器」や「オフィス家具」と呼ばれることもあります。

飲食店では、食器や調理器具なども什器に含まれます。

雑貨店やアパレル関係、スーパーなどの小売店では、多くの什器が使用されています。

代表的な什器としては以下のようなものがあります。

什器の例

店舗

・ショーケース
・ディスプレイ棚
・包装台
・レジ台
・ステージ
・マネキン
・テーブル、チェア
・ソファー
・照明
・ハンガーラック
・マネキン
・ミラー
・試着室(フィッティングルーム)
・平台
・ワゴン など

催事

・物産棚
・カウンター

飲食店

・食器
・食器棚
・テーブル
・椅子
・食品サンプル陳列棚
・冷蔵ケース
・メニュー台 など

オフィス

・デスク
・オフィスチェア
・パーテーション(間仕切り)
・書棚(書類棚)
・金庫
・キャビネット
・商談ブース
・受付カウンター など

設置目的や場所、陳列する商品などに応じて細かく名称を使い分けているのが特徴です。

このほかにも業種によりさまざまな什器があります。

まとめ

店舗やオフィスではさまざまな什器が使われており、定期的なメンテナンスが必要です。

破損や故障時のメンテナンスのほか、清掃やクリーニングなどの衛生管理も重要になります。

什器は毎日使っていると見慣れてしまい、小さな不具合や汚れは放置してしまいがちです。

メンテナンスを行うことで、従業員にとっても働きやすい環境となり、お客様の満足度があがることも多くあります。

定期的な什器のチェックを怠らないようにしましょう!

また、いざ業者に依頼するとなると、このようなお悩みが出てくるかもしれません。

・見積もり依頼後、業者からの連絡が遅い
・できるだけコストを抑えて依頼したい
・多くの業者とやり取りをして業者を選ぶのは面倒

業者による什器の清掃・メンテナンスを依頼するなら『ユアマイスター』にお任せください!

お問い合わせ、お見積もりは無料です。気になった方はぜひ下のリンクからチェックしてみてください!

早い!安い!簡単!

ハウスクリーニング施工案件数が
国内最大級のECプラットフォームを運営する

『ユアマイスター』だから、
清掃依頼のあらゆるお悩み、解決できます!

【早い】お見積もりのご依頼から最短30分でご連絡!
【安い】ご依頼内容による割引プランも!
【簡単】ユアマイスターとのやり取りだけでOK!