芝生のお手入れはしっかり刈って水をあげる!時期を守って害虫対策も

■芝生のお手入れは夏芝と西洋芝に合わせた芝刈りと水やりを
■芝生のお手入れの目土入れ、雑草・害虫・病気への対策も紹介
■長寿の芝には「根切り」と「芝焼き」をしてあげましょう

雪の宿

更新日:2020年02月17日

芝生、いいですよねぇ。
学校のグラウンドによく寝転がったものです。

さて この芝生ですが……自分で育てるとなると手間が多いんですよね。
僕の実家にも生えてますが、だんだん面倒になってきます。

だってほら!見て下さいよ、この詰まったスケジュール!
やること無いの真冬ぐらいじゃないですか!

 

でも、雑草は生えっぱなしで色は黄色くて……なんてみっともない状態にしないために、ここを見てるんですもんね。

それでは、美しい庭を作る手助けとなりましょう。

芝刈りについて

一にも二にも、まずこれでしょう。

まずは注意点からいきましょうか。

 

手入れをする時期

芝生も生き物ですから、時期というものがあります。

 

夏芝と西洋芝があるのは知ってますか?
それぞれの季節で多く芝刈りをするようにしましょうね。

夏芝なら、 5月から10月頭くらいにかけての間は週1回ペースで芝刈りをしなきゃいけません。

西洋芝なら 4月 5月あたりと10月11月あたりになります。

用意するもの

・芝刈り機
・竹箒 or 熊手
・片手持ちタイプの芝生手入れ道具

さあ、詳しく解説いたします。

 

まずは芝刈り機が必要なでしょう。

買うのも迷うでしょうし、基準としては——

・居間くらいの大きさなら 電動式
・それより狭ければ 手動or電動式
・家がもう一つ建てれそうな広さなら ガソリン式

といったところでしょう。

 

後は切りくずなんかを集めるための竹箒もあったほうがいいですね。

あれです、魔法使いが乗ってそうなやつ。
硬い毛じゃないと集められないので、普通のほうきは避けてくださいね。

 

それと手で刈れるような道具
ハサミやバリカンがいいでしょう。

例えばこういうのですね。芝の刈り込み・キワ刈りに、軽くてコンパクトなグラスバリカン。両刃が稼働するのでスムーズに刈り進められます。
ハサミでももちろんいいですが、やっぱり楽ちんなのはグラスバリカンです♪

細かい動きができますからね。
芝刈り機じゃ届かないような細かいところを刈り込めます。

   手 順  

やっと本題ですね。

とはいえ難しい話はありません、やってみれば単純なものです。

1. 刈る
広いところから始めましょう。
角なんかは無理に刈る必要ないですからね。

目安は芝生の高さから3分の1
それ以上刈り込むと、新しい芝が生えるまで土だけの地面になります。

 

2. 細かいところを刈る
手持ちのもので、芝刈り機じゃ届かなかった部分を揃えていきます。

 

3. 残骸を掃き取る
刈った芝生や枯れ葉—―サッチと呼ばれるものを集めて捨てましょう。
残っていると菌が繁殖します。

なかなか土に還らないので、さっさと捨てるに限ります。

 

と、このぐらいですね。

時期じゃなくても、(伸びてきたかなー?)と思ったら刈ってしまいましょう。
(手入れをサボってなければ)3cmくらいの高さになるまで刈り込んでも大丈夫ですので。

 

注意すること

軸刈り、聞いたことありますかね?

植物には『成長点』という物がありまして、そこを中心にだんだん細胞分裂——縦に伸びていくをしていくのですよ。

 

芝生の場合は根元のほう——具体的には『茶色と緑の境目よりちょっと上』辺りにあります。

ここらが問題で……
茶色の部分は古くなった芝、枯れ葉みたいなものです。つまり、成長するほどに茶色い部分も増えていくのですよ。

というわけで、注意して貰いたいのは『放置するほど刈れる場所が高くなる』ってことです。

 

『成長点』を切ってしまえば、その芝は来年まで成長しなくなっちゃいます。
けれど当然、伸びれば伸びるほど『成長点』も高くなっていくわけですよね?

放置するほど『成長点』が上がり、刈れる限界も高くなるでしょう。

背の高い芝がたくさん並んでもっさりな感じから短くできなくなるのです。切ったら枯れちゃいますから。

 

おまけ

エッジ、と呼ばれるものがあります。
これは芝生とそうじゃない部分の境目です。

樹の根元だけ、芝生がキレイに切りそろえられてるのを見たことありませんか?

あれが『エッジを揃える』という行為です。

 

さっき紹介したバリカンなどでピシッと切り揃えると、美しく映えますよ。

 

水やり

気をつけるのは、時期ごとの水やり頻度ですかね。

まずはそこから行きましょう。

一週間に2回ぐらいのペースをおすすめします。

さほど気を使う必要はありませんが、忘れるとすぐ萎れるのでご用心を。

 

夏が一番面倒ですね。
なにせ昼間は水やりしちゃいけないんですから。

水をかけた際の水蒸気が溜まりすぎて芝生の呼吸を阻害しないよう、朝と夕方に水を撒きましょう。

涼しい間にやっておかないといけないのです。

 

秋・冬

基本的に、10月を越えれば水やりは必要ありません。
芝は根っこだけで寒さを凌ぐからです。

一面茶色だけになったなーと思ったら水やりストップですね。

 

水やりのしかた

当然かもしれませんが、雨が降ったら水やりはいりません。
そして、水やりをする時のイメージも雨です。

ホースで水をやると思いますが、シャワーノズルを取り付けましょう。

あれで斜め上に向けて、降り注ぐようにするとムラなく水やりをできます。

 

土を触って、しっとりしたな と思うぐらい からもう少し多めがベストかと。

 

目土入れ・肥料のこと

目土(めつち)いれ、聞いたことありますか?
知っている人は少ないかと思います。

手入れをしっかりして、長く育てていれば、新しい芽が出てくるでしょう。

けれど新芽というのは弱いもの、生えてきた中でも成長出来るのは一握りです。

 

原因は新芽が野ざらしにされるため。
土よりちょっと上から生えてくるからなのです。

対策は簡単、土をかぶせて新芽を埋めればいい。
これを『目土入れ』と呼ぶのです。——目(芽)を土に入れるってことなんでしょうかね?

 

目土入れをしてみる

夏芝——日本の芝なら春に、西洋芝なら秋に、と言われています。

新芽が出来る時期に関係しているのでしょうね……。

 

それと、目土入れをするのは3年に一度くらいでいいです。

だってほら、冷静に考えてみてくださいよ。
毎年やってたら高台になっちゃう。

 

使う土について

2つの内どちらかを、という感じですね。

候補は
・地面と似た種類の土
・砂利みたいな粗い土
のどちらかです。

 

地面と同質の土なら養分を補給できる、砂なら水はけを良くできると両方にメリットがあります。

これはもうどっちでもいいので、直感で決めちゃっていいんじゃないでしょうか。
コインでも投げときましょう。

 

目土入れする方法

手順というには陳腐ですが、まあ同じように解説するとしましょう。

 

1. 芝の表面を掃除する
まあざっと掃き取る感じです。
枯れ葉やらゴミやらを取り除くのです。

 

2. まんべんなく撒いていく
だいたい3mmぐらい増えるようにしましょう。
そんな厳密じゃなくてもいいんですけどね。

あと、踏みならしてデコボコしている場所があるでしょう。
その部分を埋めるようにするといいですよ。

 

3. 踏みならす
撒いた上から踏んで、土に定着させましょう。

これをしないと、水が新しい土の層で止まっちゃったりしますからね。

 

どうでしょう、理解できました?

慣れない文化だったかもしれませんが、忘れないようにしましょうね。

 

使う肥料について

窒素!リン酸!カリウム!  N!P!K!
……いやね、高校でさんざん憶えさせられたのを思い出したんですよ。植物に必要な三要素だって。
まあ、思い出したってことは忘れてたってことでもあるんですけど。

 

というわけで、その三要素——元素記号にしてN・P・Kが含まれた肥料を撒くのが手っ取り早いです。
まんべんなく撒くのを心がけて下さい。


こういうのです こういうの。有機質アミノ酸を含み、芝にとても優しい肥料です。これを撒くだけで、芝生の色味が明らかに鮮やかに。チッソ・リン酸・カリウムがきちんと含まれています♪

撒くのと撒かないのではかなり変わってくるので、試してみて下さい。

目土入れと同じく、2~3mmを目安にしましょう。

 

春と秋の 始まりと終わりに1回ずつってのが憶えやすいですかね。

 

害虫・雑草・病気

正直防ぎようがないんですけどねー。

手入れをしっかりすれば頻度は減るんですが……起きるときは起きるもんです。

さて、全部ずらっと並べていきたいところなのですが、そんなことをしたら雑草・害虫図鑑みたいなことになっちゃいます。

なので、ちょっとした知識程度に留めさせてもらいますね?

 

雑草

手で抜くのが一番簡単なのですが、生えまくっちゃうとンな事してられません。

そこで除草剤を使うわけですが……
雑草によって効くものが変わるんですよね。

なので、何が生えてるのか調べてから買わなきゃいけないのです。

 

注意すべきは、必ず芝生に使えるものを用意することです。
芝生を枯らしてちゃ世話ありませんからね。

『非選択制除草剤』なんていう手当たり次第に枯らす薬もあるので。

 

害虫

土の中で根っこを荒らすタイプのが多いですね。

様子がおかしな所を掘り起こしてみて、何がいるか調べて、対応した殺虫剤を撒くのが手っ取り早いです。
土が盛り上がってたり、不自然に変色してたりする所が怪しいです。

くれぐれも芝生に使える物を選ぶ、というのを忘れないように。

 

病気

春に芝が薄くなる病気(春はげ)、黄色い斑点が出る病気(さび病)と種類があります。

病気大全みたくなるので書き上げませんが、時期症状で検索をかければ出てくると思います。
『芝 8月 円形 褐色』みたいに。

 

肥料の少なさが原因の物もありますので、手入れはしっかり心がけましょうね。

 

何年も育て上げた芝生への手入れ

だんだん土が硬くなってくるんですよね。踏みならしたり、根が絡まったりして。

そうなると水はけが悪くなって、空気も通らなくなって……
地面を掘り起こす虫も駆除するので、枯れる一方になってしまいます。

そこで、2つできることがあります。

 

根切り・エアレーション

やる事はそのまま、長くなって土中で絡まった根を切り離し、硬くなった土をほぐしてやるのです。
ついでに通気性も良くなるので、エアレーションも兼ねて根っこを千切ってやりましょう。

使う道具はこいつ。

芝生の根切りに使える、ローンスパイクです。価格がとてもお手頃でお財布に優しいうえに、結構頑丈でしっかり根切りができます。これで根切りをするだけで芝が元気になるなら、ぜひ試してみたいもの。

足で踏み下ろす事で、地面に穴をあけるわけです。

これで大体等間隔ぐらいに根っこを千切ってやりましょう。

 

永らく使った芝じゃないと効果が薄いので、そこは覚えておいてくださいね。

 

芝焼き

野球場なんかでよくやられてます。

2月あたりの完全に根っこだけになった時期に、枯れ葉を全部燃やして片付ける、という荒技です。

メリットとしては虫の卵や病気も燃やし尽くす取りにくかった枯れ葉も消し炭に出来るってところです。

   手 順  

1. 燃えちゃいけない所を濡らす
芝生の端っこに水をかけたり、近くの植物に移らないようにしたりですね。
消火用の水を用意しておくように。

 

2. 風上に火をつける
こうすると、芝全体に広がってくれます。
あんまり風が強い日はダメですからね?

 

3. 炭を退ける
まあ箒で掃くだけです。
念のため、燃えクズは燃えやすい物の近くに置かないようにしましょうね。

 

念のため書いておきますが、ある程度の広さがある時だけ効果がありますからね。
ちょっとだけなら無意味ですよ?

 

おまけ

いやね、実家の駐車場が芝生になってるんですよ。

夏場になると、車の真下だけ芝生が枯れてるとこがありまして……。

 

夏だけなので、クーラーの排水に問題があるのかと調べてみたら、植物には何の影響もないらしいじゃないですか。

……どうやら、(エンジンで)熱された水、というのがダメだったようです。
熱すぎて枯れただけで、次の年はまた生えてきましたよ。

 

以上!経験にもとづく まめ知識でした!
……まあ、生き物に熱湯かけていいわけ無いですよね。

 

まとめ

アメリカの一部では、庭で芝生を育てるのが命令になってるとか。
景観を美しくするため、らしいですよ。

さて、もう一度お手入れを確認してみましょう。確かにびっしりですが、毎日やらなきゃいけないのは夏場の水やりくらいです。
色が濃くなってる所に気を配っていれば、そうそう枯れたりしないはずですよ。

 

手入れは多いですし、何年も育てる前提で書いちゃいましたし……大変そうでしょう?
それでも——それだけの事をしてでも保ちたいと思う美しさを持っているのが芝生なのですよ。

どうか、緑豊かな人生を。

関連記事

ダイソーは大掃除前に行くべし!掃除道具から洗剤までALL100円

  年末に近づくと、気になってくるのが大掃除ですよね。 最近はお家にいる時間も増えているので、年末に大掃除して新年を向かえることにこだわらずに、半年に一度や、寒くなる前の秋に大掃除をするという方も増えているようです。 大 […]

暮らしの3メディア初コラボ!お掃除グッズ総選挙2020開催決定!

 今回、年末の大掃除シーズンに向けて『ユアマイスタースタイル』『LIMIA』『暮らしニスタ』の3つのメディアのコラボレーションが決定しました! その名も「お掃除グッズ総選挙」 みなさんが「実際に使ってよかった」と感じた洗 […]

ふすまの張り替え方を解説!DIYならおしゃれなアレンジも楽しめる

襖(ふすま)。 畳や障子と並ぶ、和のテイストには欠かせないアイテムの一つでしょう。 障子が破れやすいのは周知の事実ですが、襖も紙なので破れやすいし汚れも目立ちます。 小さいころは色々やって、襖をステッカーだらけにしたもの […]

草刈りに最適な時期や手順、道具を紹介!業者さんに依頼する判断基準も解説

広いお庭や畑を持っている方、「雑草」に悩まされていませんか? 何度草むしりをしても、気が付くとまたポツポツと生えていたり…。 放っておいたらいつの間にか雑草だらけになっていた、なんてことも。 雑草が広範囲に生えている場合 […]

ランキング

エアコン掃除を自分で行う方法を解説!内部のカビはプロが徹底除去!

夏が始まり、エアコンをつけると…カビ臭い。 臭いだけでなく、カビを含んだ空気を吸って健康に悪影響が出てしまうのは嫌ですよね。 そこで必要なのは、エアコンのお掃除! エアコンを分解し、カビやホコリを取り除くことで、空気を綺 […]

アルカリ電解水は何がすごいの?掃除の効果・使い方・注意点を大公開

  毎日のようにしているお掃除。 お風呂のカビやトイレなどに洗剤をシュシュっとしますよね。 でも、冷蔵庫内や電子レンジ、食器棚などは食べ物を扱うのであまり洗剤を使いたくない…。 小さなお子さんやペットがいるご家 […]

洗濯マグちゃんを使ってみた!洗剤なしでシミ落ち・部屋干し臭もゼロ

  洗濯マグちゃん。 なんだかかわいらしいこの名前、みなさん知ってますか? 洗濯マグちゃん、洗濯マグちゃん…。 思わず口に出したくなってしまう語感の良さですが。 どこかの町のゆるキャラ?企業のPRマスコット? […]

【鏡面磨き】あなたの手で革靴が蘇る!職人のみ知るコツでピカピカに

上品に光る、革靴。 思わず目を奪われるくらい、魅力的ですよね。 革靴をまるで鏡のように光らせる鏡面磨きに、憧れのある方も多いはず。 今回は、革靴のお手入れの道なんと20年以上のプロに、鏡面磨きの方法を取材してきました! […]

オキシクリーンの使い方を大公開!オキシ漬けで家中の汚れを一網打尽

  コストコ発祥の超万能洗剤「オキシクリーン」。皆さんは使ったことがありますか? オキシクリーンとは海外でも大人気の万能クリーナー。なんと酸素の力で汚れを落としてくれる優れものです! 最近ではSNSで「オキシ漬 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

「茂木和哉」という洗剤を使わない方がいい3つの理由

私と「茂木和哉」の出会いは、ある穏やかな春の日、 突然に。 他の洗剤とは一線を画した茶一色のシブいパッケージ。 余計な説明は、何もない。 一目見た瞬間から今までのデザインとも一線を画す そのシンプルさに私は心を惹かれてし […]

【お風呂掃除総まとめ】浴槽・鏡など、6箇所の水垢とカビを完全除去

  お風呂掃除で気になる汚れといえば、「カビ」と「水垢」ではないでしょうか? ユアマイスタイル編集部では、全国の主婦のみなさん100人にアンケートを取り、お風呂掃除の悩みについて聞いてみました! なんと87%の […]

ウタマロクリーナーの使い方まとめ!家中9ヶ所のお掃除方法大公開!

  今主婦の間で大絶賛の洗剤、それがウタマロクリーナーです! 一度見たら忘れられない独特なフォルムと緑のボトル。 どこにでも使える万能性。 最近ではSNSでも話題になっています! でも、実際に使ってみないと真実 […]

換気扇を年末に大掃除!重曹であっという間にピカピカに

料理をするたびに汚れがたまる、換気扇。 普段は意識しませんが、いざ開けてみると、油やホコリにギョッとしてしまうことも…。 換気扇は、目に見えない内部に汚れが溜まっているので、分解してお掃除しなければなりません。 面倒だか […]

エアコンクリーニングは自分で行う?プロに頼む?実際に対決してみた

夏と冬に大活躍するエアコン。 使い始め、使い終わりにはきちんと掃除しないと、カビや臭いが発生してしまいます。 最近では、自分でエアコンを掃除するためのグッズなんかも売られているので、手軽に掃除できるのは、嬉しいですよね。 […]

ベッドクリーニングを頼んだらマットレスから10年の汚れが流れ出た

念願であったマットレスのクリーニングを頼んでみました! 今回、マットレスクリーニングをお願いしたのは、「あらうや」の平(ひら)さん。 上の写真の、セミダブルのマットレスをクリーニングしてもらいました。 毎日、家族で寝てい […]

風呂釜掃除はつけおきで簡単!プロの洗浄は専用機械で汚れがゴッソリ

湯船に浸かって、1日の疲れを癒す。 お風呂の時間は、最高のリラックスタイムですよね。 そんな、つかの間の休息を演出してくれるのがそう、風呂釜。 意外と知られていないですが、お掃除していない風呂釜には汚れがたまっています。 […]

洗濯機はお掃除クリーナーでカビ取り!月イチ槽洗浄でキレイを保とう

洗濯機から出した洗濯物に、なんだか黒いぴろぴろしたものがついている……! なんてことありませんか? それ、ワカメではありません。洗濯機の洗濯槽についてしまった、カビです。 カビがついた洗濯槽でお洗濯をしていると思うと、ぞ […]

布製ソファーの染み抜きは重曹と中性洗剤!油汚れはベンジンが効果的

突然ですが、自分で洗えるものってなんでしょうね。 服! まぁ、王道ですよね。 靴! 最近の洗濯機はものによっては靴も洗えるみたいで…優秀ですよね。 では、逆に自分で洗えないものは? 布団? サイズは大きいですが、実は自分 […]

エアコンの臭いはホコリ・カビ・雑菌!全てを除去するお掃除方法とは

久しぶりにエアコンをつけてみたら、もわっとした臭い風が部屋いっぱいに広がった。 という経験はありますか? 本当に気分が悪いですよね。そのニオイ、今すぐ取り除きましょう! 実はエアコンのニオイの原因とニオイを取り除くたった […]

車内清掃は家にある道具でかんたんキレイ!頑固な汚れはプロに依頼!

  車ってすごい発明品です。 ドライブしたり、音楽を聴いたり、コーヒーを飲んだり、ホットドッグを食べたり。まるで動くリビングのようです。 とっても居心地のいい車ですが、ちゃんと車内の清掃をしている人ってなかなか […]

トイレのタンクを掃除して黒カビを退治!臭いの元からシャットダウン

お家のトイレのタンク、開けたことありますか? 冷蔵庫のように、頻繁に開ける場所ではありませんよね。1年開けてない、なんて方もいるのではないでしょうか。 ですが、トイレのタンクは非常に汚れが溜まりやすい場所です。もし何ヶ月 […]

お風呂の頑固なカビには片栗粉×漂白剤!プロおすすめ予防法もご紹介

スポンジでゴシゴシしても落ちない…。 落としたつもりでも何日かたつと復活している…。 このように、お風呂のカビで悩んだことはありますか? ここで編集部が20代〜60代の女性100人に行なったアンケートを見てみましょう。 […]

ジャケットの洗濯方法を解説!素材別の洗い方でシワや型くずれを防ぐ

  ご家庭に1着はあるであろうジャケット。 最近では、フォーマルなものからカジュアルなものまで様々なタイプが出ており、オシャレには欠かせなアイテムになっています。 でも、どうやってメンテナンスしていいのか、どう […]

コインランドリーで布団を洗濯する前に見ないと損するコツと注意点!

毎晩、コップ1杯分の汗をかいている私たちを包み込んでくれる布団。 きちんとお手入れしないと菌の温床になりかねません。 でも布団のお手入れ方法って? 干すだけしかないよね…なんて言っている皆さんは要注意。 実は、布団は洗濯 […]

振袖のたたみ方を手順写真つきで解説!帯や草履のお手入れも忘れずに

憧れの晴れ着、振袖。 成人式のときに振袖を着る女性はとても多いですよね。 また、成人式だけでなく、結婚式の花嫁さんが着たり、結婚式に参列する人が着たりもする、特別な礼装です。 大切な振袖だから、シワにならないようにきちん […]

コートのクリーニングの相場は?ラクにお得に頼むなら宅配がおすすめ

  焼肉にいったらコートに臭いがついてしまった…。 もう暖かくなってきたから、気なくなったコートをクリーニングに出したい。 でも、コートのクリーニング代って高そう。ちゃんと汚れが落ちるの?家で洗った […]

ダウンジャケットは家で洗濯してクリーニングに出すコストもダウン!

寒いときには手放せませんよね。ダウンジャケット。 でも、走ったり、満員電車に乗ったりと、冬って意外と汗ばむことも多いと思います。 ダウンジャケットって、かさばるし、乾くのにも時間がかかって、あまり洗濯しない。そもそもどう […]

ぬいぐるみの洗い方完全版!初心者でも絶対ふんわり仕上げる方法とは

ぬいぐるみを集めるの大好きなひとー!はーい! わたしは大好きです。にこにこしていて、ふわふわのぬいぐるみ。お部屋にあるだけで、なごみますよね。 では、1つ質問です。 そんな、かわいいぬいぐるみたち、お洗濯していますか?し […]

長襦袢と帯の洗濯は縮みに注意。ちなみに言うと桐箱GOODで霧NG

長襦袢(ながじゅばん)は、素肌に直接着るものですから、汗汚れやニオイが気になりますよね。 頻繁に着物を着るようなら、長襦袢まで毎回クリーニングに出していたら出費がかさんで大変です。自分で洗えたらいのにな、なんて思いません […]

毛布は洗濯機で洗う!手洗い・コインランドリーの手順も合わせて紹介

冬場は気温が低く、洗濯物が乾きにくいこともあり、なかなか大きな洗濯物はしたくないですよね…。 しかし、毛布に限った話ではありませんが、冬場の寝具もきちんと洗わないと、カビや臭いの原因になってしまいます。 それに加え、人は […]

スーツのカビを自宅でキレイに!クリーニングに出す前にすべきこと!

「スーツにカビが生えている」 「スーツがカビ臭い」 そんな時、皆さんはどのように処置していますか? 慌ててクリーニングに出す前に、自分でできることもあるんです。 今回は、スーツのカビ取り方法とその防止策も合わせて紹介して […]

コートを洗濯する方法を全種類ごとに解説!自宅の洗濯機でも洗える?

冬の時期に手放せないもの第1位ではないでしょうか?コート。 頻繁に洗濯するものではないものの、やはり毎日着ていると汚れや匂いも気になってきますよね。 また、忘年会、新年会シーズンでお酒やタバコの匂いがついてしまうことも多 […]

カバン修理|革・グッチ|バッグの内袋も直す職人の神ワザを徹底取材

みなさんの家にも、1つくらいありませんか? 傷が入ったり、糸がほつれたりして傷んだカバン。 久しぶりに使おうと思って取り出してみたら、劣化してしまっていたカバン。 このまま使うのもみっともないし、捨てちゃおうかな……。 […]

ヒール巻き交換でめくれも剥がれも修理!職人技で後ろ姿に圧倒的自信

普段から履いているパンプス。勝負服用の高めのヒール靴。 足を綺麗に見せてくれたり、ちょっと自信を持たせてくれたりする、女性のファッションには欠かせないヒールですが…ふと見たら、ヒール部分の革がめくれていたり、剥がれていた […]

ネックレスの修理はチェーン切れがネックです?部品の種類ごとに解説

ネックレスって、ささいなことで簡単に切れてしまうもの。 洋服を脱ぐときにうっかり引っ掛けてしまったり、ネックレスをつけたまま寝て、起きたら切れていた、なんてことも。 特に小さなお子さんがいると、お子さんがネックレスを引っ […]

エルメス・グッチ・Diorのブランドバッグ修理は二子玉川美靴工房

HERMES(エルメス)のバーキン・ケリーをはじめ、GUCCI(グッチ)、CHANEL(シャネル)、LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)……大切にしている鞄や財布はずっと綺麗に使いたい。 誰もが思うそんな想いに応 […]

シャネルのバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が大集合

  女性の永遠の憧れ、シャネル。 「古い価値観にとらわれない女性像」をブランドのポリシーに、バッグや靴、化粧品、香水などを、幅広く展開しています。 個性的でおしゃれなデザインで、女性から愛され続けてきたシャネル […]

グッチのバッグ・財布・靴修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  とっても大切な、グッチのバッグや財布、靴。 どれだけ丁寧に扱っていても、壊れてしまうことってありますよね。 長く使っていると素材が変質したり、穴があいてしまったり…。 自分で修理しようとすると、せっかくのデ […]

リーガル靴修理|ソール・かかと・つま先ビフォーアフターが完全集結

  日本を代表する靴ブランドであるリーガル。 100年以上にも渡りグッドイヤー・ウェルト製法を貫き、日本人の足にフィットするものをと、木型からこだわっています。 ビジネスシーンの足元の定番ではないかと思うくらい […]

革靴のオールソール交換!靴底の張り替えの匠の技で厚み・美しさ倍増

  靴の、底。 履いているうちに、必ず削れてきてしまう部分ですね。 擦り切れて穴が開いてしまった…… 削れ過ぎて、見た目が悪くなってしまった…… など、靴底の状態が悪くなってしまった靴は、ありませんか? そんな […]

ルイヴィトンバッグ・財布修理|レザー、内袋、取手リペア事例が集結

  ショルダーベルトが切れてしまった。 ファスナーが壊れた。 シミがついてしまった。 そんなブランド品はありませんか? 切れた部分やシミは、修理の職人さんの技術で、元の姿に戻すことができます。 その仕上がりは、 […]

鞄クリーニングの職人の世界を追う!カビ・シミ・色落ちの実例を発見

みなさん、クローゼットの中に少し汚れていたり、色がはげていたりする鞄はありませんか? そういう鞄って、使う気にもならないし、でも捨てる勇気もなく、ずっと置いたままにしていることが多いと思います。 そのままクローゼットの肥 […]