せっけんの3つの天敵とは?注意すべきは酸・水温・ミネラル成分だ!【茂木和哉】

茂木和哉

更新日:2018年10月23日

こんにちは!
茂木和哉です。

せっけんは合成洗剤と違い、水や汚れの性質や環境によって大きく影響を受けます。
また、影響を受けたせっけんは、本来の洗浄力を発揮できません。

では、せっけんは、どんなものから影響を受けるのか?
それは3つあります。

 


せっけんは、アルカリ性です。
アルカリ環境下でなければ、汚れを落とす成分としては働きません。

しかし、食器に付いた汚れのほとんどが酸性です。
また、皮脂汚れや汗なども酸性です。

そのため、汚れが多ければ多いほど、せっけんは中和されて、洗浄力が失われてしまいます。

 

水温
固形せっけんや粉せっけんは、水に溶けなければ、汚れを落とす成分としては働きません。
そのため、冷水で使う場合は、せっけんは溶けにくく、洗浄力が発揮できません。

洗たく用の粉せっけんをお使いの方でしたら、冬場のせっけんの溶け残りや汚れ落ちの悪さを、経験しているのではないでしょうか。

せっけんの洗浄力を引き出すためには、適度な温度で溶かすことが必要です。
しかし、最初からせっけん成分が溶けた状態の、液体せっけんについては例外です。

 

水の硬度分
水には、カルシウムやマグネシウムといった硬度分(ミネラル成分)が含まれています。
硬度分が多いものを硬水、そして少ないものを軟水と呼びます。

その硬度分に、せっけんは大きく影響を受けます。
影響を受けたせっけんは、洗浄力がない金属せっけんに変わります。
この洗浄力のない金属せっけんのことを、せっけんカスと呼びます。

硬度の高い硬水の方が、軟水よりも、多くの金属せっけんができてしまうので、その分、洗浄力が落ちてしまうのです。

 

せっけんを使うときには、気をつけてみてくださいね!

 


洗剤職人「茂木和哉」が書いた、年末の大掃除に必ず役に立つ1冊です!